KGI・KPIとは

マーケティング全般で用いられる「KGI」と「KPI」について解説しています。

KGIとは

マーケティングには大きく分けて2つの重要な指標があります。ひとつがKGI (Key Goal Indicator/重要目標達成指標)です。これは組織やプロジェクトの最終的なゴールとなる目標を定量的に示すものです。
KGIには、サイトにより、売上高や成約数などが当てはまります。

KPIとは

もう一つの重要な指標がKPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)です。KPIとは、KGIを達成するためのプロセスが適切に伸長しているかを中間的に計測するものです。

WebマーケティングにおけるKPIには以下のような指標が挙げられます。

KPIになる指標は無数に存在し得えますが、その中から自分のサイトに合った適切な指標を選ぶことが大切です。

KGIとKPIの違い

企業目標やプロジェクトの最終ゴールそのものがKGIです。それに対し、KPIはプロセスの進捗の達成度を定量的に表したものです。

たとえば、あるECサイトが月額100万円の売り上げを目指していたとします。

この「月額売上100万円」がKGIです。

そして、この売上を達成するためには、以下のことが必要だと考えられます。

  • 訪問数10%UP
  • コンバージョン率0.5%UP

このようなKGIを達成するための中間的な指標がKPIです。

KPIの立て方

では、どのようにKPIを設定すればよいのでしょう。ここでおすすめするのが、ロジックツリーです。

ロジックツリーとは

ロジックツリーとは、物事を木の枝のように段階的にブレイクダウンしていく際に有益なツールです。
ロジックツリーを用いることで、「漏れなくダブりなく」あらゆる観点から物事をみることが可能となります。

2種類のロジックツリーが存在します。

1つは「Why」を軸に掘り下げていくWhyツリー。もうひとつは「How」を軸に掘り下げていくHowツリー。KPIを設定する際には、このHowロジックツリーを用いてみるとよいでしょう。

KGIがロジックツリーの最上層部におかれます。そして、KGIを達成するには「How」すなわち「どうすればいいのか」という疑問を段階的に問い、ブレイクダウンしていきます。
こうすることで、最終段階で、何をしたらいいのかという具体的な施策に基づくKPIを立てることが可能となります。

KPIを設定する際のポイント

ロジックツリーでKPIを立てたら、最後に以下の点を満たしているかどうか確認してみましょう。

具体的な施策に繋がるKPIであるとこと

KPIを具体的に設定することで、KGIを達成するために何をすればよいのかが明確になります。またKPIが施策と結びついていれば、施策の成果を定期的に検証でき効果的です。?

KGIに直結する指標であること

当たり前なことですが、KGIに直結しない指標であっては、事実上の意味がありません。その指標がゴールを達成する上で、無駄のない効果的な指標か確認しましょう。?

数値化できる指標であること

KPIを数値にすることで、目標の達成がはっきりと可視化されます。曖昧な目標設定は避け、数値化できるKPIを立てましょう。数値でKPIを設定することで、プロジェクトの途中で、現状の達成度の検証が可能となります。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×