コンバージョンとは?CVの定義と関連指標を解説

更新日: 公開日:

コンバージョンとは、例えば問い合わせや資料請求、商品購入など、Webサイトにおける目標を達成することです。この数字をいかに高めていけるかが、Webサイト運営における最重要点であり、そのための施策を常に模索していかなければなりません。

ここでは、コンバージョンの概要とその関連指標について、詳しく解説します。

この記事のポイント

  • コンバージョンとは、Webサイトにおける目標の達成を指す
  • 問い合わせや資料請求、商品購入など、サイトによってコンバージョンの種類はさまざま
  • 単なるコンバージョン数だけでなく、コンバージョン率や獲得単価などに注目することも大切

 

コンバージョンとは

コンバージョン(conversion/CV)とは、Webサイトにおける目標の達成を指します。サイトによってコンバージョンは異なります。例えば、ECサイトであれば商品の購入、企業サイトや商品情報サイトであれば問い合わせや資料請求、Webメディアであれば例えば広告主への送客がコンバージョンに相当します。企業サイトや商品情報サイトであれば問い合わせや資料請求、Webメディアであれば例えば広告主への送客がコンバージョンに相当するでしょう。

一つのサイトに複数のコンバージョンポイントがあることは普通ですし、コンバージョンが必ずしも収益に直結したものである必要はありません。ユーザーが、Webサイトを運営する上での“目標”を満たす行動を取ってくれることをコンバージョンと言います。

たとえばこのサイトであれば、もっとも重要なコンバージョンは「コンサルティングに関するお問い合わせを完了してもらうこと」ですが、「メルマガへの登録」や「セミナー参加の申込み」などもサイトのコンバージョンと設定しています。このようにコンバージョンはビジネスやサイトによって様々な形があり得ます。

コンバージョンとその関連指標

Webサイトへのアクセスがいくら増えても、それが最終的に利益に結びつかなければ意味がありません。そのためコンバージョンは集客施策の効果を検証する上で、一般的に重要な指標になります。

コンバージョンに関わる指標としてよく用いられるものに、以下の3つが挙げられます。

Webサイトの運用目的によって、どのような指標を重視するべきかは変わります。これら以外にも、たとえば広告掲載料による収益を重視するメディアなどであれば、コンバージョンよりもPV(ページビュー)UU(ユニークユーザー)それ自体が重要指標になることもあります。

アクセス解析について知りたい方はこちら

アクセス解析を活用して売上に繋げたい方はこちら

サイト内検索

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら