被リンクとは?増やす方法やSEO効果について解説

更新日: 公開日:
被リンクとは?増やす方法やSEO効果について解説

被リンクとは、外部のページやサイトからリンクしてもらうことです。「バックリンク」とも呼ばれます。

しかし、「たくさんリンクしてもらえれば、検索で上位に出る」という時代は終わり、今は被リンクの質が問われています。では、どのようにリンクをしてもらえれば、SEO効果は上がるのでしょうか。

ここでは、被リンクのSEO効果や確認方法、悪質な被リンクの対処方法について解説します。

この記事のポイント

  • 被リンクは外部サイトに運営サイトのリンクが貼られること
  • たくさんリンクしてもらえれば、検索上位になるという時代は終わり、今は被リンクの質が問われている
  • 購入したリンクは悪質なリンクとみなされる

被リンク(外部リンク・バックリンク)とは

被リンクとは、外部のウェブサイトから対象のウェブサイト・ページに向けて設置されたリンクのことを指します。外部リンク、バックリンクと呼ばれることもありますが、本記事では「被リンク」で統一します。

被リンクが設置される理由としては、

  • ウェブサイト・ページを紹介される
  • ウェブページの内容が引用され、出典として明記される
  • コンテンツについて言及される

などがあり、上記の目的で設置されるリンクが自然な被リンクとなります。

なぜSEOにおいて被リンクが重要視されるか

Googleが被リンクを検索順位の評価基準として重要視している理由は、検索エンジンがコンテンツの良し悪しを完全には理解できないためです。ユーザーから見て価値があるコンテンツには多くのリンクが張られるという思想のもとで、被リンクはウェブコンテンツの価値を示す基準として使われています。

これは、学術論文における引用の思想を背景にしています。アカデミックの世界において、質の高い論文はほかの研究者に参照されることも多く、多数の論文に引用されます。そのため被引用が多い論文は良い論文であるという評価がなされます。

ウェブにおける被リンクも同じことが言えます。質の高いサイトやページほどほかのサイトに多く引用・紹介がなされ、リンクが増えます。その結果「被リンクが多いページは良いページである」という発想になり、ランキング付けの評価基準として用いられています。

被リンクの価値は低くなったのか

近年コンテンツの重要性が叫ばれ被リンクの価値は低くなったとの声もあり、被リンクよりもページの内容や文字数のほうが重要であると言われることもあります。

しかし、検索エンジンはコンテンツの内容を人間のように評価はできないため、例えばユーザーにとって面白く斬新だと感じられるコンテンツだとしても、その価値を理解できません。

こうした場合に、被リンクによる評価も合わせることで、「人間が判断したコンテンツの質」も評価に含めることができるのです。したがって依然として被リンクは重要であると言えます。

被リンクの大前提を把握する

「外部からリンクしてもらえれば、アクセスが増える」というのは、それほど難しい理屈ではないように思います。しかし、今は、たとえ、多くのリンクを獲得しても、それだけで、検索上位になるとは限りません。今は、リンクの「質」が問われる時代になりました。被リンクとはどういった概念なのか、大前提に立ち返ってみましょう。

信頼の投票

そもそも、人はなぜリンクを貼るのでしょうか。そのページなり、サイトなりを、他の人にも見てもらいたいからになるでしょう。コンテンツの中身を精査して信頼したうえで、「ここには読むべき情報がある」と示すのが「リンク」という行為です。

いわば、リンクとは「信頼の投票」といえるでしょう。被リンクを獲得するとは、「他者からの信頼を獲得すること」にほかなりません。被リンクを獲得することは、信頼をたくさん投票してもらうこと。当然、ページは検索で上位に表示されやすくなります。

信頼できるページがたくさんあると判断されれば、ドメインが持つ価値も高まります。さらに、リンクをたどってウェブページが検出されやすくなる、という良い流れを生み出せます。

被リンクの獲得には、「SEO効果が上がり、ドメインパワーやクローラビリティも向上する」といったメリットがあります。

流入の獲得

被リンクを獲得すれば、リンクによってウェブページにやってくる人が増えるだけではなく、検索で上位に表示され、さまざまなキーワードによる検索流入につながる可能性があります。

ただし、被リンク数だけが、重要なわけではありません。被リンクは検索エンジンの数あるランキング要素の一つです。信頼性が高いと判断されれば、被リンクの数がたとえ少なくても、サイトが上位表示することもあります。

逆に言えば、被リンクの数がたとえ多くても、信頼性がないと判断されれば、サイトが上位表示されることは難しいです。それどころか、被リンクの内容によっては、検索順位が下がることすらあるのです。

これも、さきほど挙げた大前提に立ち戻れば、理解は難しくありません。被リンクとは「信頼の投票」です。信頼が投票されていない、見せかけだけの被リンクは、むしろサイトに悪影響を及ぼすことを、頭に置いておいておきましょう。

 

被リンクを確認する方法

被リンクを確認する手段としては、次の2点があります。

1. Search Consoleを利用する

Googleが公式に提供している以下のツールを利用することで、自身のサイトに設置されているリンクを抽出することができます。

2. サードパーティツールを利用する

 

Google以外から提供されている以下のようなツールでも被リンクの抽出が可能です。

良いリンク

リンクには良いリンクと悪いリンクがあります。Googleが評価するのは良いリンクであり、悪いリンクは逆に評価を落としペナルティを受ける可能性もあるので注意しましょう。

良いリンクとは、一言でいうと「ユーザーが自然な形で貼ったリンク」のことです。例えば、自サイトのテキストの専門性や信頼性が高い場合、同様のテーマの別のサイトから引用という形でリンクされることがあります。

良いリンクとは、一言でいうと「ユーザーが自然な形で貼ったリンク」のこと

こうしたリンクは自然に貼られたものであり、不自然さがありません。Googleはこのような自然に貼られたリンクを高く評価するのです。

自然なリンクにはほかにもコーポレートから自社サービスサイトへのリンクや、ビジネス上でつながりのあるほかの企業や団体から貼られたリンクなどがあります。いずれも自然なリンクとして評価を高めてくれます。

自然な被リンクの獲得方法

 ウェブサイトの信用が高まるような被リンクをしてもらうには、どうすればよいのか。いくつかポイントを挙げたいと思います。

魅力的なコンテンツを作る

読みたいと思われるようなコンテンツを作る。これが被リンクを獲得する一番の近道です。検索順位が思うように上がらないと、ついSEO対策という手段が目的になってしまい、コンテンツ作りがおろそかになることがあります。なぜ、そのウェブサイトを作ろうと思ったのか、当初の目的を見失うことなく、魅力的なコンテンツ作りに注力しましょう。

ユーザーのニーズを理解する

ウェブサイトは「自分が発信したいもの」にこだわりがちです。たくさんの人に見てもらいたいならば、今のユーザーが求めている情報や、サイトの性質上、求められる情報を発信することが大事です。独りよがりになっていないか、できるだけ厳しい目で見てみましょう。

例えば、関連キーワードやサジェストキーワードから、ユーザーの検索意図を探れば、自分のウェブサイトに何が求められやすいのか見えてくるはず。SNSなどで調査して、ユーザーがどんなことで悩みがちなのかを、把握しておくのも有効でしょう。

コンテンツの見せ方を工夫する

わかりやすいページほど、被リンクを獲得できる可能性が高まります。現状のページを見直してみて、見せ方次第で、より多くの人に読んでもらえないか、検討してみましょう。

例えば、テキストばかりになってしまうと、たとえ、面白い内容が含まれていても、被リンクは獲得しにくいといえます。図版や写真などを効果的に用いることで、リンクされやすくなるでしょう。

パッとみて分かるだけの情報量を意識し、より効果的なコンテンツの見せ方はないかどうかを考えてみてください。

専門性を強化する

ウェブの情報は玉石混交なだけに、専門的な情報ほどユーザーも安心して、人に薦めることができます。「この情報なら誰にも負けない」という分野を切り拓けば、おのずと被リンクは増え、検索上位になる可能性が上がるでしょう。

被リンクが量から質に変わった今、専門性を磨くことは、今後ますます求められます。ほかのサイトでは見られない専門性を生かした深堀りができると、「信頼の投票」がなされるはずです。まだ誰も知らない有益な一次情報なら、さらに価値は高まります。

コンテンツの届け方を意識する

被リンクで重要なのは、コンテンツの内容だけではありません。「どういう形で、ユーザーの目に触れるのか」も大切です。

検索されるのか、メールで知らせるのか、SNSで発信するのか。どういった経路で、コンテンツを届けるのかを考えておきましょう。「コンテンツの届け方」を意識することで、被リンクにつながりやすくなります。

「みんなが注目している記事」としてリンクしてもらうのか、「知る人ぞ知る記事」としてリンクしてもらうのか。さまざまな方法があります。逆の立場で「自分がどういうときにリンクをするのか」を考えて、ウェブコンテンツをPRしていきましょう。

悪いリンク

悪いリンクとは、どのようなものでしょうか。実は悪いリンクについてはGoogleのガイドラインに明記されています。つまり、このガイドラインの悪いリンクに当てはまるようなリンクをしないようにすればペナルティを受けることはないのです。ここからはガイドラインで示されている悪いリンクについて詳細に説明していきます。

悪いリンクとは、購入したリンクや自演したリンク、質の低いリンクなどを指す

購入したリンク

間違いなくペナルティの対象となるのが購入したリンクです。他サイトからリンクを貼ってもらえるとGoogleの評価につながるのは前述したとおりですが、意図して増やせるものではありません。そこでリンクを販売する業者からリンクを購入して、見かけ上の被リンクを増やすという手段が以前は横行していたのです。購入したリンクでもかつては意味がありましたが、現在ではGoogleのアルゴリズムが進化し、不自然なリンクは見抜かれペナルティを受けることがあります。

ペナルティを受けると検索結果の上位に表示されないどころか、検索結果から消えてしまう可能性もあるので、リンクの購入は絶対にやめましょう。

関連性の低いサイトからのリンク

同じテーマを扱っている信頼性の高いサイトからのリンクは、質の高いリンクとして評価されます。逆に関連性の低いサイトからのリンクには注意が必要です。例えば、SEO目的でリンクをただ羅列したようなサイトや、同様にリンクを並べたリンク集サイトなどからのリンクはGoogleには評価されません。現在は検索エンジンのクロール技術が発達しており、「どのような文脈でリンクしたか」まで検索エンジンが理解するからです。

ワードサラダ

ワードサラダからのリンクも悪いリンクであり、SEO対策にはなりません。ワードサラダとは、単語や文章を自動生成で並べただけのサイトです。人間の目には明らかに文章が破綻しているのですが、昔の検索エンジンはそこまで判断ができず「しっかりコンテンツがあるサイト」だとみなしていました。そうしたサイトからリンクをもらうことでGoogleの評価を高めていたのです。しかし、この方法はもう通用しません。ワードサラダはペナルティを受け検索結果の対象外となっています。ワードサラダからいくらリンクを貼ってもらったとしても、SEO対策としてはまったく無意味なのです。

隠しリンク

隠しリンクとは、サイトのなかにこっそりリンクをまぎれこませる方法です。例えば、背景色と同じ文字にしてリンクを貼ったり、ほとんど目に見えないサイズまでフォントを小さくしてリンクを貼ったりと、ユーザーに見えないようにリンクを仕込むのが隠しリンクです。人間の目には見えなくてもHTMLにはリンクを示すソースが記述されているため、昔の検索エンジンは欺かれていたわけです。

こうした行為は現在ではスパムとしてしっかりチェックされます。その結果、ペナルティを受けて検索結果から除外されてしまうこともあります。隠しリンクは悪いリンクの典型ですので、行わないよう注意してください。

リンク精査と削除について

現在は人工リンク施策を行っていなくても、過去に実施していた、あるいは外部から勝手にリンクを設置されているなどの理由で、悪質なリンクが貼られる可能性があります。サイト運営者側の意図していないものであっても、一定の基準以上の悪質な被リンクを獲得するとペナルティとなるため、定期的に自身のサイトの被リンクの状態を確認する必要があります

このように、自身のサイトに貼られたリンクを分類する作業を「リンク精査」と呼びます。

精査の結果見つかった人工リンクは設置元に依頼して削除してもらうことがSEO上は望ましいです。それが難しい場合、Googleに対し自身のサイトを評価する際に特定のリンクを考慮に入れないように依頼することができ、これを「リンク否認」と呼びます。

自社サイトが以下のような状態の場合はリンク精査・否認を検討してもよいでしょう。

  • 過去に人工リンク施策を行っていた 
  • サイト内部に変化がないにもかかわらず、順位が大きく低下した
  • 同程度のコンテンツを持っている競合サイトに比べ、順位が明らかに低い

参考(外部サイト):バックリンクを否認する- Search consoleヘルプ

リンク精査についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

リンク否認ツールの使い方・注意点・使用事例などまとめ|ナイルのSEO相談室ブログ

外部リンクを含めた、SEO課題点チェックを希望されてる方はこちらをご覧ください。

SEO課題点チェック・改善方針提案-ナイル株式会社-ナイルのSEO相談室

被リンクとSEOのいびつな関係

被リンクとSEOにはいびつな関係があります。これまでの歴史を紐解いていきましょう。

人工リンクが有効だった歴史

人工リンクとは、金銭で購入された、人の手で作り出されたリンクのことで、「リンク購入型のSEO」とも呼ばれます。

かつては、人工リンクもまた検索順位を上げるうえで、有効な手段でした。しかし、今ではGoogleも対策を講じています。わざわざ費用をかけて人工リンクを行ったところで、むしろマイナスとして作用するので、注意が必要です。

また、「相互リンク集」というページで、相互リンクを募っているサイトもかつてはありましたが、今はあまり見られなくなりました。同様に、こちらがリンクを貼ると、自動的に向こうもリンクを貼るようなサイトも、なくなりつつあります。

被リンクが「量」から「質」へと移行し、もはや見当違いな被リンクはマイナスしかないことが周知されてきたからでしょう。

人工リンクを使用する大きなリスク

リンクは「純粋に他サイトを紹介したい」という動機から始まったものです。それにもかかわらず、人工リンクがまかり通ってしまうのは、大きな問題です。たとえ質が低いサイトであっても、リンクさえ貼られていれば、上質なサイトよりも、検索で上位に出てきてしまうからです。

これでは検索サイトが成り立たなくなるので、Googleでも「人工的なリンクで構築されている」と思われるサイトには、警告メッセージを行ったり、評価を下げたりしています。

また、前述したとおり、相互リンクについても、内容が問われます。コンテンツが自動生成されたり、ページにオリジナルコンテンツがなかったりすれば、ペナルティの対象となります。アフィリエイトサイトのなかには、ほかのサイトから内容をただコピーしたコンテンツや、信頼性が低い情報が多いコンテンツなどが含まれているものもあります。そうしたサイトからは、むしろ被リンクされないほうが、望ましいです。

良質な被リンクが好循環を生む

そもそも被リンクをGoogleがランキング付けに利用しているのは、コンテンツへの読み手の評価も加味するためです。それを逆手にとって順位上昇を狙う人工リンクはペナルティの可能性が非常に高く、実施すべきではありません。ユーザーに紹介されうる良質なコンテンツを作ることで、自然な被リンクを獲得していくことを目指していくべきです。

SEOについてさらに詳しく知りたい方はこの記事も読んでみてください。

被リンクはSEO上重要です。もしお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。

関連記事

ROI・ROASとは?それぞれのメリット・デメリットや違いを解説

ROI・ROASとは?それぞれのメリット・デメリットや違いを解説

医療 SEO

病院・クリニックの医療サイトでSEOを実施するためのポイント

今をトキメク大学生16人にSEOとか検索について色々聞いてみた

新着記事

SEO アウトソース

SEOをアウトソースするメリットと注意点とは?

リスティング広告 seo

リスティング広告とSEOはどっちが効果的?その違いを徹底比較

集客 導線

集客導線の考え方とは?入り口と出口に分けて8つの方法を解説!

サイト内検索