リダイレクトとは?各リダイレクトの違いやSEO効果について解説

更新日: 公開日:
リダイレクトとは?各リダイレクトの違いやSEO効果について解説

リダイレクトとは、サイトやページに訪れたユーザーを、別のURLへ自動的に転送する仕組みのことです。

リダイレクトにはいくつかの種類がある他、リダイレクトを意識するタイミングが、サイト移転やURLの変更時などSEO上重要なタイミングのため、どのようにリダイレクトを用いればいいか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、リダイレクトの意味や概要、その種類や効果などについて、詳しく解説します。

この記事のポイント

  • リダイレクトとは、ユーザーを別URLに自動で転送する仕組みを指す
  • サーバーサイドとクライアントサイド(ブラウザ)で行われるリダイレクトの2種類があり、基本的にはサーバーサイドリダイレクトが推奨される
  • 301リダイレクトは、URLが恒久的に変更された場合に用いられ、302リダイレクトは一時的な転送を表す

そもそもリダイレクトとは?

リダイレクトとは、特定のサイトやページを訪れたユーザーを、別のURLに自動的に転送する仕組みのことを指します。

例えば、サイト制作者がこれまで使っていたURLを変更し、新しいページを作成したとします。この際、何もしないままだと、既存のユーザーは古いURLへとアクセスし続け、新しいサイトやページを閲覧しないという事態が発生します。

そこでリダイレクトが必要になるのです。
リダイレクトを設定することで、古いページから新規ページに自動的に遷移するため、ユーザーに新しいページを見せることができるようになります。
他にはPCサイトとスマホサイトで別のURLを持たせている場合などに、使用するデバイスによってURLを出し分ける目的などでもリダイレクトは活用されます。

リダイレクトの重要性

リダイレクトの目的の1つに、ユーザビリティが悪くならないようにすることがあります。

リダイレクトを行っていないままだと、旧サイトの更新されていない古い情報を見続ける可能性もありますし、旧サイトをクローズ(404)してしまった場合は新サイトに自分で移動しないといけないからです。
適切にリダイレクトを設定すれば、こういったユーザビリティの悪化を防ぐことができます。

また、SEOの観点から考えてもリダイレクトは重要です。
URLを変更した際にリダイレクトを行っていないと、Googleなどの検索エンジンは、新しいページを別ページとして扱ってしまうため、これまで積み上げた評価がリセットされてしまうからです。
正しくリダイレクトの設定を行えば、旧ページの検索エンジンの評価が新しいページに引き継がれるため、順位などのパフォーマンスを落とすことなく移転することができます。

リダイレクトの目的

リダイレクトの種類

リダイレクトには大きく分けて、.以下の2種類があります。

  • .htaccessやPHPを用いるサーバーサイドのリダイレクト(HTTPリダイレクト)
  • JavaScriptやmeta refreshを用いるクライアントサイドのリダイレクト

よく目にする301リダイレクトや302リダイレクトは、サーバーサイドのリダイレクトに当たり、SEOの文脈でGoogleが推奨する方法になります。

サーバーサイドのリダイレクト

.htaccessによるリダイレクト

.htaccessによるリダイレクトは、管理のしやすさ、設定のしやすさから最も推奨できるリダイレクト方法です。

ただし、.htaccessは、Apacheが使用されているサーバーであること、またサーバー上で.htaccessファイルにアクセスすることができるという条件が整っていないと、設定することはできないので注意しましょう。

1ファイルにまとめて記述できる他、ファイル別やディレクトリ別など細かく設定することができます。wwwの有無や末尾のスラッシュ(トレイリングスラッシュ)など一括の対応は.htaccessで行えると便利だと思います。

phpによるリダイレクト

PHPによるリダイレクトとは、htmlファイルの一番先頭にheader関数を記述することでリダイレクトする方法です。

なお、リダイレクト時のステータスコードを設定することができますが、デフォルトの場合は302リダイレクトになってしまうため、サイト移転時などは301リダイレクトを必ず設定しましょう。
URLごとに設定ができることは便利ではあるのですが、管理の観点からは.htaccessがおすすめです。

クライアントサイドのリダイレクト

JavaScriptによるリダイレクト

JavaScriptによるリダイレクトとは、リダイレクト元のページ内の「scriptタグ」にリダイレクト用の「JavaScript」を記述してリダイレクトを行う方法です。

JavaScriptによるリダイレクトをGoogleは適切に処理できるため、サーバーサイドのリダイレクトができない際の第一候補になります。
なお、ユーザーがJavaScriptを無効にしている場合は当然適用されないので注意しましょう。

また、特に意識しないとパラメータやリファラ情報を拾えなくなり、どのページから訪問したのかがわからなくなってしまうため、計測に影響を及ぼします。
以下の参考サイトを元に開発部門と相談しながら実装をしましょう。

参考:やはり、お前らのJavaScriptでのリダイレクト実装は間違っている - Qiita

meta refreshによるリダイレクト

meta refreshによるリダイレクトとは、metaタグの「http-equiv属性」に“refresh”を設定することでリダイレクトを行う方法です。そのため、htmlリダイレクトやmeta refreshリダイレクトとも呼ばれることもあり、昔は良く見られるリダイレクトの方法の一つでした。

しかし近年では、HTMLの基準を定めるW3C やGoogleからも非推奨とされており、あまり見かけることもありません。基本的には.htaccessやPHP、JavaScriptによるリダイレクトもできない場合の最後の手段として使うようにしましょう。

参考:meta refreshとは?SEOにおけるデメリットと使用時の注意点

リダイレクトの種類まとめ

少し長くなってしまったのでまとめます。

リダイレクトにはサーバーサイドとクライアントサイドで行うリダイレクトがあり、確実性やSEOの観点ではサーバーサイドのリダイレクトが推奨されております。
またサーバーサイドのリダイレクトは「.htaccess」「PHPリダイレクト」が代表的であり、管理などの観点から「.htaccess」が最も推奨されます。

一方、クライアントサイドのリダイレクトには「JavaScriptリダイレクト」「meta refresh」の2種類がありますが、それぞれデメリットもあるため、サーバーサイドリダイレクトが使用できない場合の候補、特に「meta refresh」は最後の手段としましょう。

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

続けて、SEOで特に重要な「301リダイレクト」と「302リダイレクト」のそれぞれの違いについて確認していきましょう。ちなみに上述通りどちらもサーバーサイドのリダイレクトになります。

301リダイレクト

301リダイレクトとは、URLが恒久的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコードです。

サイトを丸ごとリニューアルしてURLが変更された場合や、SSL化をしてhttpからhttpsに変更した場合など、元のURLを今後使うことがない場合に設定します。

検索エンジンも「新URLが表示すべきページ」だと認識し、基本的には速やかに新URLにインデックスが移行され、前のページの評価もそのまま引き継がれます。

参考:301リダイレクトとは?SEOに与える影響と設定時の注意点について解説

302リダイレクト

302リダイレクトは、URLが一時的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコードです。

一時的な変更と意味の通り、検索エンジンも「いつか元のURLに戻る可能性がある」と判断し、インデックスが新URLに変わるまでには301リダイレクトに比べ、時間を要します。

そのため、302リダイレクトはA/Bテストでリダイレクトテストを実施する際、PCとスマートフォンのURLが異なる場合などに使用するのが適切であり、サイト移転時などは301リダイレクトが推奨されます。
なお、302リダイレクトでもページ評価は引き継がれますので、安心してください。

参考:302リダイレクトとは

リダイレクトを正しく活用しよう

リダイレクトは正しく設定しないと、せっかくこれまで頑張ってきたSEOの評価を手放すだけなく、ユーザービリティを大きく下げることにも繋がります。
サイトリニューアルやSSL化など、URLを変更する機会は決して少なくないからこそ、リダイレクトの重要性をしっかりと理解し、対応に抜け漏れが発生しないようにしましょう。

リダイレクトに関し、お困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

SEOについてさらに詳しく知りたい方は「SEOとは?超わかりやすく解説!効果が出る11個の対策を紹介」もご覧ください。

関連記事

国内の検索エンジンとSEOの歴史を振り返る(~2014年)

リスク回避としてのSEO。「あえてSEOを意識する」べきタイミングとは

リスク回避としてのSEO。「あえてSEOを意識する」べきタイミングとは

キーワード選定方法のコツとは?利用すべき無料キーワードツールと4つのステップ

キーワード選定方法のコツとは?利用すべき無料キーワードツールと4つのステップ

新着記事

これからのSEOマーケターが成果を出すために必要なこと―JADE伊東氏×ナイル土居

SEO アウトソース

SEOをアウトソースするメリットと注意点とは?

リスティング広告 seo

リスティング広告とSEOはどっちが効果的?その違いを徹底比較

サイト内検索