ナレッジパネルとは?ナレッジパネルの仕組みと表示方法について

更新日: 公開日:

ナレッジパネルとは

ナレッジパネルとは、Googleの検索アルゴリズムの仕組みの一つで、単に検索キーワードを含む情報を検索結果に表示するのではなく、

人物や作品、場所などあらゆる物事について、それぞれの情報の関係性や属性を認識、把握したうえで、それを反映した検索結果を表示する機能です。

ナレッジパネルとナレッジパネル表示機能

ナレッジパネル導入以前は、検索キーワードに対応したページを検索結果に表示するだけでしたが、

導入後は検索キーワードが場所なのか、人物なのか、作品なのかなどを識別し、それについての基礎情報、関連情報をサマリーとして検索結果上に直接表示することができるようになりました。

例えば、「孫正義」と検索すると、通常の検索結果に加え、孫正義氏の基本情報、生年月日、設立団体、著書などが検索結果上に表示されます。

「孫正義」の検索結果

ナレッジパネル表示の例

ナレッジパネル表示は検索キーワードに関連する様々な情報をユーザーに提供してくれます。

食材の例

りんごの検索結果

作品の例

ファイトクラブの検索結果

選手の例

本田圭佑選手の検索結果

まとめ

ナレッジパネルは日々進化しており、Googleはインターネットに存在する情報の関連性や属性を理解を深め、我々ユーザーに情報を提供してくれます。

Googleを利用していて今までナレッジパネルを意識したことがなかった方は、実際に検索してみると、新たな発見があるかもしれません。

関連記事

YMYLとは?Googleがより高い質を求める領域について解説

E-A-Tとは?コンテンツのE-A-Tを高める考え方

被リンクから”オーサーランク”へ評価軸が変更、、って本当?? マット・カッツ氏の動画を解説してみる

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索