【資料DL数34倍!】オウンドメディア「SEO相談室」 3年間の成果事例を公開

公開日:
【資料DL数34倍!】オウンドメディア「SEO相談室」 3年間の成果事例を公開

本記事では、オウンドメディア運用3年で受注額9倍・資料ダウンロード数34倍にした成果事例を紹介します。

また、運用体制から、成果が出た7つの取り組みまでご紹介しますので、オウンドメディア運用に課題のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

オウンドメディアの運用や立ち上げに関するお悩みがありましたら、お気軽にナイルまでご相談ください。

無料相談・お問い合わせフォームはこちらから

ナイルのオウンドメディア「SEO相談室」

ナイルのSEO相談室

ナイルでは、Webマーケティング担当者に向けた情報を発信するオウンドメディア「SEO相談室」を運営しています。

オウンドメディア運営を通して得られた大きな成果は、「SEO相談室」の記事を起点とした「問い合わせ」が増加し、そこからの受注も比例して増えたことです

最近では「 『〇〇』 と検索したときに、SEO相談室の記事が出てきてナイルを知った」という方々から、サービスに関するお問い合わせを定期的にいただいています。また、数値面でも「セッション数」とあわせて、「問い合わせ獲得数」が大きく成長しました。

約3年間の具体的な成果

実際に、約3年間のオウンドメディア運用で得られた具体的な数値をご紹介します。

「PV数」は1.2倍、「セッション数」は1.3倍です。

  • PV数:1.2倍(※2020.6月~8月合計と2023.3月~5月合計の比較)

PV数

  • セッション数:1.3倍(※2020.6月~8月合計と2023.3月~5月合計の比較)

セッション数

また、問い合わせに繋がるために重要な「資料ダウンロード数」は34倍、「ブログ経由での資料ダウンロード数」は25倍と、それぞれ大きな成果が出ました。

  • 資料ダウンロード数:34倍(※2020.11月と2023.4月まで合計)

資料ダウンロード数

  • ブログ経由の資料ダウンロード数:25倍(※2020.11月~2023.4月まで合計)

ブログ経由資料ダウンロード数

オウンドメディアの運用体制

続いては、これらの成果を出した「SEO相談室」のオウンドメディア運用体制について説明します。

オウンドメディア運用にたっぷりとリソースをさける会社は、きっと多くないでしょう。実は、ナイルの「SEO相談室」も、代々正社員1名で運用しています。

せひ、リソース不足でオウンドメディア運用に課題を感じている、またはリソースがなく始められないといった方のご参考になれば幸いです。

マーケティング組織図

マーケティング体制図の赤枠部分が、「SEO相談室」運用を担当している部分です。マーケティング担当者1名と、2〜3名の業務委託チームで運用しています。

主な業務委託チームの役割は、サイト制作担当、コンテンツ編集担当、自社マーケターと連動したコンテンツ制作担当などです。この体制を構築してから、月約10本ペースで記事を公開できるようになりました。

運用体制ができた結果、その分の空いたリソースをメールマガジン、ウェビナーなど他のマーケティング施策の実施も並行して進めることができています。

\オウンドメディアの成果や運用体制の課題はお気軽に相談ください!/

オウンドメディア経由の問い合わせの種類

オウンドメディア経由の「問い合わせ」には、2つのパターンがあります。1つは、「問い合わせフォームから発生するパターン」。もう一つは、「オウンドメディアでできた接点から連絡を取ったのち、問い合わせに繋がるパターン」です。

もちろんWeb担当者なら、誰もが前者の問い合わせを増やしたいと思いますよね。しかし、前者の問い合わせを一気に増やすことは難しいでしょう。なぜなら、BtoBサービスの場合、決裁者が増えるため検討期間が長くなる傾向があるからです。

そこで重要なポイントになるのが、「お客様と接点を持ち続ける」ということです。問い合わせの前に、まず「資料ダウンロード」等から、お客様との接点を増やし、そこからリード獲得数を増やすことを目指しました。

言い換えると、問い合わせよりもコンバージョンポイントを下げ、下げたコンバージョンポイントにCVしたお客様へアプローチし、そこから接点を持ち続け、問い合わせ転換を目指したのです。

ブログ経由の問い合わせ、そしてハードルを下げたコンバージョンも重視したことが、結果として商談数、受注額の増加に繋げることができた大きなポイントでした。

※動画でもナイルのオウンドメディアの取り組みを公開しています!

オウンドメディアで成果が出た取り組み

ここからは、問い合わせパターン①「問い合わせ獲得で成果が出た取り組み」と、問い合わせパターン②「リード獲得で成果が出た取り組み」に分けて、具体的に7つご紹介します。

問い合わせ獲得施策

サービスページを増やす

問い合わせ獲得で成果を出すために取り組んだことは、「サービスページを増やす」ことです。

サービスページ

サービスページは、社内の確認フローも多く工数がかかりますよね。しかし、課題を持っているお客様、さらに外部に依頼したいと思っているお客様が検索するキーワードが多く上位に表示されるため、サービスページを作成することは最も問い合わせ獲得に有効なのです。

一方で、自社のサービスで何を解決することができるのか、お客様が判断するためにも必要な情報ですので、優先度高く作成するといいでしょう。

フォーム導線を増やす

フォーム導線

「SEO相談室」を見ていただくと、さまざまなポイントに問い合わせ、資料ダウンロード等の導線が置かれていることがわかります。導線を増やすことで、該当ページを見てもらえる機会が増えるのです

また、「電話番号」を載せると、問合せの際にテキストをまとめるのが面倒というお客様にとって、便利な導線になりますので、ぜひみなさまのサイトでも記載してみてください。

問い合わせフォームをシンプルに

皆さん、フォーム入力の項目が多すぎて、問い合わせを止めた経験が1度はあるのではないでしょうか。せっかく興味を持っていただいたお客様が、フォーム入力の障壁によって断念しているとしたら、これほどもったいないことはありません。

お客様の気持ちになって、できるだけシンプルなフォームにしましょう。取捨選択のポイントは、必要最低限の情報におさめ、後で聞けることは入れないことです。

少しづつチャネルを広げる

オウンドメディア運用でよくある失敗例は、はじめから全ての施策をやろうとするケースです。オウンドメディアからしっかり問い合わせを増やすのであれば、まずは記事制作、オウンドメディアの運用フローを構築しましょう。

そして、記事の拡散するためにSNSやメルマガ施策を強化したり、ウェビナーや共催ウェビナー数を増やしたりといった具合です。

大切なのは、ある程度上手くいってから、目的やチャネルの特徴を活かして、徐々に施策を進めていくことです。

記事制作の体制をつくる

続いては、リード獲得で成果の出た取り組みを3つご紹介します。初めに「SEO相談室」が取り組んだのは、記事制作の体制をしっかりと構築することです。

リード獲得施策

何を誰が担当するのか、またパートナーとして適任なライター、編集者の業務委託メンバー採用を進め、コンテンツ制作フローを作っていきます。そこからは、社内メンバーが旗振り役となり、安定的にコンテンツ制作できる土台を築きました。

メンバー選びは、かなり重要なポイントです。ただこちらの依頼をこなすだけではなく、腹を割って話せるメンバーかどうか、一緒に良い記事を作るためにしっかりと意見を言ってくれるメンバーなのか、といった視点は大切にしましょう。

ホワイトペーパーの数を増やす

ホワイトペーパー

冒頭でお伝えしたとおり、資料ダウンロード数を増やすことで問い合わせ転換数も大きく変わっていきます。ホワイトペーパーをダウンロードしていただき、リード獲得に繋げるためには、まずホワイトペーパー自体の数を増やしていきましょう。

ウェビナーの実施

次に効果的だった取り組みは、ウェビナーです。昔は3ヶ月に1回ほどでしたが、今では月2回、また共催ウェビナーの参加もできるようになりました。

ただ注意点としては、そもそもウェビナー実施するまでには、ウェビナーのご案内先となるオウンドメディア経由の問い合わせや、参加したお客様へご連絡がしっかりできるインサイドセールスの連携も必要になります。

ウェビナー参加者を有効商談に転換するために、インサイドセールスに取り組むことも大きなポイントです。その上でウェビナーを実施してきた結果、今ではウェビナー経由でご相談や問い合わせをいただけるようになりました。

まとめ

本記事では、「SEO相談室」3年間の運用での成果についてご紹介しました。

オウンドメディア運用は、とにかく地道な取り組みを日々積み重ねていくことが重要です。まずは、しっかりと記事制作、オウンドメディア運用フローを構築していきましょう。

オウンドメディアの集客がうまくいかない、そもそもコンテンツ制作を続けていくのが難しい、問い合わせに繋がらないという方は、ぜひお気軽にナイルにお問い合わせください!

オウンドメディアの立ち上げ・運用をプロが支援します

ナイルが提供するオウンドメディア支援サービス、記事制作・コンテンツ制作代行を詳しく紹介しています。「見積もりが欲しい」「オウンドメディアを作っていいか不安」とお考えでしたら、お気軽に無料相談をお申し込みください!

資料をダウンロードする

無料相談に申し込む

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

小さな価値観が大きなムーブメントを生む!大丸松坂屋百貨店 未来定番研究所

オウンドメディア コンテンツマーケティング

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いを解説!

【失敗しない】オウンドメディアの外注について| 費用相場から選び方、注意点を解説

【失敗しない】オウンドメディアの外注について| 費用相場から選び方、注意点を解説

新着記事

就活企業リサーチ行動調査

【就活における企業リサーチ行動調査】

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

【完全ガイド】Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

サイト内検索

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。