URL正規化とは?よく見る正規化されていないパターンとその対処法について

更新日: 公開日:

URL正規化とは、重複するページの中で、どのページのURLを検索エンジンに評価してもらうのかを示す施策のことです。
URL正規化がされていない場合、意図しないページが検索結果に表示されてしまう、検索エンジンに余計なページをクロールさせてしまうなど、SEOを意識する上で不利に働く可能性があります。

ここでは、URL正規化が必要な事例や、URL正規化の方法について解説します。

この記事のポイント

  • URL正規化とは、サイトの重複するページの中でどのページのURLを、検索エンジンに評価するべきURLかを示すことを指す
  • URL正規化を行う際は、canonicalやリダイレクトなどの状況に合わせ使用する
  • クローラビリティの改善など、特に大規模なサイトで有効

URLの正規化とは

URL正規化とは、サイト内で重複、もしくは類似するページの中から、どのページのURLが、検索エンジンに対し評価してもらいたいURLなのかを、canonicalリダイレクトなどで示す一連の施策を指します。

URLの正規化が行われていない場合、正規URLは検索エンジン任せになるため、場合によっては意図していないページが正規URLになる場合もあります。
例えば、SNSシェアによって記事がバズった場合、計測用のパラメータが付与されていたURLが正規URLとなり、パラメータが付与されていないURLが重複コンテンツとなってしまうことがあります。

また、サイト内に多数の重複するコンテンツがある場合、インデックスさせるべきページをクロールしきれなくなってしまうなど、サイトのセッション数などに影響を及ぼすこともあります。

よって、サイトの規模の大小に限らず、URLの正規化は基本的に実施するべきです。

参考1: 重複コンテンツによって生じる問題とその対策
参考2:URL正規化の方法、、の前に考えるべきこと

よく見られる正規化されていない例

URL正規化が行われていない状態として、よく見られる例と、簡単な確認方法を4種類紹介します。
サイトによって適切な対応は異なりますので、以下を参考に自社サイトでの最適な正規化をご検討下さい。

URL末尾のindex.htmlのあり/なし

確認方法

https://www.hogehogehoge.jp/
https://www.hogehogehoge.jp/index.html

このように2種類のURLにアクセスした際に、両方のURLで正常にコンテンツが表示される(されてしまう)場合、URLの正規化が必要になります。

一般的な対処方法

どちらか不要なURL(メインで使用していないURL)にアクセスしたユーザーを、オリジナルのURLに対して301リダイレクトで転送するよう設定します。
このようにURLが異なるものの、表示されるコンテンツが完全に一致し、かつ片方のURLのみ保持すれば良い場合はcanonicalではなくリダイレクトを用います。

www.の有り無し、サブドメイン

確認方法

https://www.hogehogehoge.jp/
https://hogehogehoge.jp/

どちらか不要なURL(メインで使用していないURL)にアクセスしたユーザーを、オリジナルのURLに対して301リダイレクトで転送するよう設定します。

一般的な対処方法

どちらか不要なURL(メインで使用していないURL)にアクセスしたユーザーを、オリジナルのURLに対して301リダイレクトで転送するよう設定します。
考え方や対応は上記と同じですね。

PC用とスマホ用で、コンテンツは同じだがURLが異なる

確認方法

  • PCからアクセスするユーザーは、https://www.hogehogehoge.jp/
  • スマートフォンからアクセスするユーザーは、https://sp.hogehogehoge.jp/

 

ユーザーが使用する端末に応じ、別のURLが振り分けられるが、それぞれのコンテンツはデザインこそ異なるものの、内容は共通していると言った場合、URLの正規化が必要になります。
いわゆるセパレートURLですね。

一般的な対処方法

この場合、PC向けページとは別にスマートフォン向けページが存在することを伝える必要があります。

  1. まずはPC向けページの要素内に、スマートフォン向けのURLに対して、link rel=“alternate”と、自己参照canonicalを記述します。
  2. その次にスマートフォン向けページのコンテンツがPC向けページと同一であることを伝えるために、スマートフォン向けページの要素内に、PC向けページのURLに対して、link rel=“canonical”を記述する。

 

※ユーザーの使用状況としてはスマートフォンが主流ではありますが、正規化に関しては上記の通りで問題ありません。

商品一覧ページなどでソート順序によって別のURLが出力される

確認方法

https://www.example.com/hoge?color=red&gender=mens
https://www.example.com/hoge?gender=mens&color=red

たとえば商品の一覧ページなどで、選択、ソートを行う順番によってURLが2パターンに分けられてしまう場合がありますが、この場合も重複URLとなります。

一般的な対処方法

  1. 異なるURLが出力されるような仕様を修正する。(必ず性別→カラーの順でパラメータが付与されるようにし、生成されるURLを1パターンにする)
  2. 生成されるURLのHTMLに、正規ページを指定したcanonicalを記述する。

計測用のパラメータが付与される場合

確認方法

https://www.hogehogehoge.jp
https://www.hogehogehoge.jp?_ga=1.23456789

このように2種類のURLをアクセスした際に、canonicalなどで正規化がされていない。

一般的な対処方法

  1. 生成されるURLのHTMLに、正規ページを指定したcanonicalを記述する。
  2. 末尾の「ga」を正規化すべきURLパラメータとしてSearch Consoleの「URLパラメータ」に登録する

まとめ(正規化の方法の整理)

ここまでURLの正規化を解説してきましたが、以下のルールを基本として覚えておくと対応しやすいでしょう。

  • ユーザーがアクセスするURLが1つで構わない場合 →301リダイレクトによる正規化
  • ユーザーが異なるURLで同一のコンテンツにアクセスしなければいけない場合 →canonicalによる正規化
  • 重複するURLがパラメータによって生成される場合 →Search Console「URLパラメータ」の設定による正規化
  • デバイスごとに重複するURLが発生する場合 →alternateとcanonicalによる正規化

 

以上で示した例は全てではありませんが、URL正規化は特に大規模なサイトにおいて、内部改善上の重要なポイントとなります。ぜひご自身のWebサイトなどについてもご確認ください。

このようなURL正規化やクローラビリティ、インデックスなどの課題でお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。まずはお気軽にご相談ください!

こちらの記事も参考にご覧ください。
SEOについてさらに詳しく知りたい方はこちら

SEO対策の基本であるタイトルタグの付け方を知りたい方はこちら

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

関連記事

IPアドレスとは?構成の種類とIP分散によるSEOへの影響

IPアドレスとは?構成の種類とIP分散によるSEOへの影響

MFIとは

MFIとは?MFI移行の確認方法と対策について

Googleしごと検索(Google for Jobs) とは

Googleしごと検索(Google for Jobs) とは

新着記事

本日のSEOニュース(2021年11月24日収集分)

noindexとcanonicalの併用に関して

本日のSEOニュース(2021年11月18日収集分)

コアアップデート実施(November 2021 Core Update)

オウンドメディア 企画書

オウンドメディアの企画書を通すには?社内プレゼンのポイントを解説

サイト内検索