canonical(カノニカル)とは?重複URLの正規化などのSEO効果について

更新日: 公開日:

canonical(カノニカル)とはページが重複している場合に、どのURLが正規URLになるのかを検索エンジンに示すための記述を指します。
データベースサイトのようなページ数が多いサイトだけではなく、オウンドメディアといった記事コンテンツがメインのサイトにおいても、canonicalは重要です。

ここでは、canonicalの概要や記述方法、注意点について、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • canonicalとは正規URLを検索エンジンに示すために用いるタグのこと
  • 重複したURLを放置しておくと、意図しないページがインデックスされる、リンクの評価が統合されないなどデメリットがある
  • canonicalだけに頼るのではなく、不必要な重複ページがそもそも生成されないようにすることがポイント

canonicalとは

canonicalとはコンテンツが重複している、もしくは内容が極めて類似しているURLが複数存在する場合に、正規URLがどのURLになるのかを検索エンジンに示すために用いる記述です。

例えば、正規URLが「https://www.seohacks.net/」の場合は、以下のように<head>タグ内に記載します。

<link rel="canonical" href="https://www.seohacks.net/" />

「www」や「/(スラッシュ)」、「index.html」などの有り無しでコンテンツの重複が起こる場合には、多くの場合301リダイレクトを用いてURLを正規化します。301リダイレクトを使用できないサーバーを使用している場合、またどうしてもユーザーがアクセス可能な重複ページを作らざるを得ない状況があった場合には、rel=“canonical”を用いてURLの正規化をします。

また、Googleの検索エンジンはcanonicalをヒントとして捉えるため、記載したURLと異なるURLを正規URLと判断する場合もあります。

なぜcanonicalが必要なのか?

Googleなどの検索エンジンは、検索キーワード等からユーザーの意図を汲み取り、関連性の高いページを検索結果に表示しようとしています。
しかし、サイト内に検索キーワードに対し関連性の高いページが重複していると、その中で最も有用と検索エンジンが判断したページを正規URLとし、それ以外のページはクロールされなくなっていきます。

こうした重複コンテンツをそのままにしておくと、以下のようなデメリットがあります。

  • 意図していないURLが正規URLになってしまう可能性がある
  • 内部/外部リンクのシグナルがバラけてしまう
  • 必要以上にページをクロールすることになり、サイト全体をクロールしきれなくなってしまう可能性がある
  • ページが分かれることで計測が困難になる

 

そこで、これらを未然に防ぐためにcanonicalを使用し、URLを正規化する事で重複コンテンツの問題を解消する必要があります。

参考:重複コンテンツによって生じる問題とその対策

そもそも正規URLとは

正規URLとは、Googleの公式ヘルプにて以下のように定義されています。

正規 URL とは、サイトの重複するページの中で Google が最も代表的と考えるページの URL です。
たとえば、同じページに複数の URL がある場合(例: example.com?dress=1234 と example.com/dresses/1234)、Google はそのうちの 1 つを正規 URL として選択します。
なお、これらのページは完全に同一である必要はありません。リストページの並べ替えやフィルタリングによるわずかな変化は重複と見なされます(価格による並べ替え、アイテムの色によるフィルタリングなど)。
正規のページは重複するページとはドメインが異なる場合があります。

引用元:重複した URL を正規 URL に統合する | Google 検索セントラル | Google Developers

つまり正規URLは、完全に一致しているページや、ほぼ似ているページなど、ページが重複している際に、どのページが代表なのか検索エンジンが判断したURLになります。
ポイントは検索エンジンが判断するという点であり、canonicalを使用しない場合はもちろん、用いたとしても最終的には検索エンジンが正規URLを判断します。

なお、この記事内で使用する「正規ページ」という表現は、正規URLが割り当てられているページのことを指します。

参考:URL正規化とは

canonicalを使用するべき重複しているケース

以下のような場合には、canonicalを使用しURLを正規化するのが望ましいです。

ユーザーにアクセスさせる必要のあるページが重複してしまっているケース

例えば、計測用のパラメータなどがURLにつくケースなどがあります。


https://www.example.com/hoge(正規URL)
https://www.example.com/hoge?utm_source=example

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/hoge" />

システム上、完全に一致するページが生成されてしまうケース

システムによっては、同じ内容のページが生成されてしまうこともあり、この場合も正規化を行います。


https://www.example.com/hoge?color=red(正規URL)
https://www.example.com/hoge?color=aka

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/hoge?color=red" />

サイト移転時に、何らかの理由でリダイレクトの設定が一切出来ない場合

基本的には301リダイレクトを用いるのがベストであり、使用できない場合でもJavaScriptやmeta refreshの使用が望ましいですが、その全てが使用できない場合にはcanonicalによるサイト移転を行います。


https://www.example.com/hoge(正規URL)
http://www.example.com/hoge

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/hoge" />

なお、301リダイレクトによるサイト移転時にも新URL(移転後のURL)を対象とした、canonicalの設定を行ってください。

PCサイト、スマホサイトなどの関係性を検索エンジンに伝えたい場合

PCサイトとスマホサイトのURLが異なる場合にも、canonicalを使用します。
また、その際はcanonicalだけでなく、alternateタグを使用しますので、覚えておきましょう。


https://www.example.com/hoge(正規URL)

https://sp.example.com/hoge

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/hoge" />
<link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)"
href="https://sp.example.com/hoge">

その他にもcanonicalを使用することは多々ありますが、基本的に重複している際に使用すると覚えておきましょう。

canonicalの使用方法

今回は正規ページAと重複ページBの2つがある想定で解説していきます。
この場合、ページBの<head>タグ内に rel=”canonical”を記述します。

canonicalの使用方法

rel=“canonical”の記述例

<head>
<link rel="canonical" href="http://www.example.com/hoge" />
</head>

canonicalの記述は必ず絶対パス(省略なしのURL)で書きましょう

<link rel="canonical" href="/hoge" />

のような相対パスはNGです。
また、検索エンジンに出来るだけ早く読み込まれるように<head>タグ内の上部にrel=“canonical”を配置するのが望ましいです。

HTTPヘッダーを使用するケース

HTMLを用いるケースであれば、rel=“canonical”を記載することをオススメしますが、PDFなどHTML以外で正規化を行う必要がある際には、HTTPヘッダーにcanonicalの記載を行います。

Link: <http://www.example.com/hoge/dl-content.pdf>;rel="canonical"

この場合も絶対パスを使用してください。

rel=“canonical”の間違った使用例

Googleウェブマスター向け公式ブログでは間違った使用例が紹介されています。

間違い 1: 複数ページにまたがるコンテンツの 1 ページ目を rel=canonical のリンク先とする
間違い 2: 絶対 URL のつもりで相対 URL を記述してしまう
間違い 3: rel=canonical を意図しない形で指定している、または 2 つ以上指定する
間違い 4: カテゴリ ページまたはランディング ページで特集記事への rel=canonical リンクを指定する
間違い 5: <body>タグ内に rel=canonical を入れる

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : rel=canonical 属性に関する 5 つのよくある間違い

canonicalは強制力をもたない検索エンジンへのヒントではありますが、上記のように誤って記載したり、間違ったURLを記載したりすると、順位などに影響を及ぼす可能性もありますので、慎重に設定しましょう。

補足:自己参照canonical

自己参照canonicalとは、正規ページの<head>タグ内にrel=“canonical”で正規URLを記述することを指します
Web上では追跡用パラメーターが意図せず振られるといったケースや、正規のURLではないURLに対してユーザーから外部リンクが設置される、ソーシャルで拡散されるといったケースが多く存在します。

例:https://www.example.com/hoge?utm_source=***

このようなURLでのリンクが発見された場合、何も対策を取っていなければ、正規URLを含めた複数の同一ページが検索エンジンの評価対象となってしまい、適切な評価を得られない可能性があります

そこで、自己参照canonicalを用いてあらかじめページ内に自分のURL(上記例の場合、https://www.example.com/hoge のURL)をrel=“canonical”で記述しておきます。そうしておく事で上記のようなケースであっても、正規化したいURLに検索エンジンからのページ評価がまとめられることとなります。

まとめ

canonicalは重複したページが存在する際に、正規URLを検索エンジンにヒントとして示すタグです。適切に使用することで、検索エンジンの評価も統合することができるなどメリットもあります。
しかし、意図しない重複ページが多数生成されているケースや、選択肢を選ぶ順番によってURLが複数パターン表示されるケースなど、そもそも不要なURLが生成されているという場合もあり、全てcanonicalで対応するのではなく、まずはサイトのインデックス状況を、サーチコンソールで確認してみましょう。

このような重複コンテンツやクローラビリティ、インデックスなどの課題でお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。まずはお気軽にご相談ください!

こちらの記事も参考にご覧ください。
SEOについてさらに詳しく知りたい方はこちら

SEO対策の基本であるタイトルタグの付け方を知りたい方はこちら

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

関連記事

相互リンクとは?Googleの見解とSEO効果について

URLパラメータツールでクローラを制御する

URLパラメータツールでクローラを制御する

h1とは?HTMLにおけるh1タグの意味とSEO効果について

h1とは?HTMLにおけるh1タグの意味とSEO効果について

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索