noindexとは/noindexタグの書き方や注意点について

更新日: 公開日:

noindexとは、検索結果にページを表示させないようにするため設定するタグのことです。noindexを設定することで、検索エンジンにインデックス登録が行われなくなります。
しかし、基本的にSEOはページがインデックスされることが前提のため、インデックスさせたくない時とはどのような場合なのでしょうか?ここでは、noindexの使い方や使用例、注意点について解説します。

この記事のポイント

  • noindexは検索エンジンのロボットを制御し、インデックス登録させないために使用する
  • 設定方法はrobotsメタタグ、HTTPレスポンスヘッダーの2通りがある
  • むやみに使用すると流入が減少するので、「困ったら使わない」くらいで良い

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

noindexとは

noindexとはURLを検索エンジンにインデックスさせたくない時に用いる記述です。よって、noindexが設定されているURLは、原則としてどのようなキーワードで検索しても検索結果に表示されることがなくなります。検索回避メタタグと呼ばれることもあります。

noindexの設定方法

noindexの設定方法には、2通りあります。

①robotsメタタグに記述する方法
ページに直接記載する方法で、HTMLの<head>タグ内に以下の記述を行います。

<meta name="robots" content="noindex" />

また、特定のクローラーに対してのみnoindexを指示することも可能で、name属性の値を変更することで、特定のロボットに対してのみ設定することも可能です。

<meta name="googlebot" content="noindex">

関連:メタタグとは

②HTTPレスポンスヘッダーを使用する方法
PDFや画像などHTMLに記載できない場合などは、こちらを使用します。

HTTP/2 200 OK
(…)
X-Robots-Tag: noindex
(…)

noindexを設定するメリット

noindexを設定するメリット、目的は大きく以下の3つが挙げられます。

ユーザーニーズを満たすことのできないページの制御

サイトを運用していると「検索結果が0件のページ」などが生成されることがありますが、こうしたページをインデックスさせて、検索結果に表示させても、多くの場合ユーザーの役に立たないため、noindexをするとよいでしょう。
また、noindexされたページは一般的にクロールの頻度が下がるため、ユーザーニーズの満たせないページのnoindexはクローラビリティの最適化にも繋がります。

重複しているページの制御

サイトのページ数が多いと、

  • https://example.com/?q=seo
  • https://example.com/seo
  • https://example.com/search/seo
  • https://example.com/category1

のように、URLは異なるものの、表示される画面は全て同じというページを生成することがあります。
重複ページはcanonicalなどを用い、正規化を行いますが、
https://example.com/?q=seo
などの特定のパターンは全てnoindexを設定し、検索結果に出ないようにするなど、重複ページの制御に用いることもあります。

サイトとしては必要なものの、検索流入は見込めないページの制御

「申し込みありがとうございましたページ」や「ログインが必要なページ」などは検索エンジン経由での流入は見込めないものの、サイトの機能としては必要になります。
そういったページにnoindexを設定することで、クローラビリティの最適化や、サンクスページなどコンバージョンに関連するページにユーザーがランディングし、分析に悪影響が出ることを防ぐことができます。

noindex時のクロールに関して

noindexを設定することで、検索結果には表示されなくなりますが、ロボットによるページの巡回(クロール)は行われます。
また、noindexと混同されがちなものにrobots.txtによるdisallowがありますが、そちらはロボットのクロール自体を禁止する点がnoindexとは異なります。
よって、noindexを設定されていてもロボットのクロールは行われるため、そのページにページランクはつきますし、noindexが指定されているページからのリンクも評価される場合もあります。

参考:Google Counts Links On Noindexed Pages? It Depends.|Search Engine Roundtable

noindexフローチャート

noindexを設定する際には以下のフローにあてはめると思考が整理され便利です。

noindex設定の流れ

そのページ自体は必要か

ユーザー、運用の面ともに不要なページに関しては、削除しステータスコード404が返されるようにしましょう。

例)掲載期間が大幅に過ぎたページ、イレギュラーで生成されたページなど

そのページをクロールさせる必要があるか

ページは必要なものの、検索エンジンにクロールさせる必要がない場合はrobots.txtにてdisallowを設定しましょう。

例)サイトの管理者ページ、検索流入が見込めないサイト内検索結果ページのような無限に生成される可能性のあるページなど

そのページをインデックスさせる必要があるか

ページが必要でクロールはさせてよいものの、インデックスはさせなくてよいという場合は、noindexを設定しましょう。

例)申し込み後のサンクスページ、管理者ページ、ステージング環境下のページなど

また、noindex設定時とステータスコード200を返す場合でも、ページ内のリンクを検索エンジンに辿らせたくない場合はnofollowを設定して下さい。

noindexを使用する際の考え方

上記で紹介した他にも、ECサイトや不動産物件情報サイトなどページ数の多いサイトでは、状況によって「URLはアクセスできても、売り切れなどでコンテンツがなくなっている/1件など極めてわずかになる」ことがあります。
そういったサイトにおいては、例えば、該当する商品が1件以下のページにnoindexを設定することで、「キーワードの受け皿として、ユーザーを満足させることのできないコンテンツを多くインデックスさせている」といった状態を防ぐことができます。

(ユーザーの検索意図によっては1件でも知りたいケースや、0件であることを知りたいこともあります。そのため、「◯件以下はnoindex」と決め打ちで対応するのではなく、◯件しかないとユーザーが満足しないのでは?という発想で設定しましょう。なお、noindexの付与に迷う場合は、インデックスさせることを推奨します。)

他にも作成中のページやテストページなどの完成していないページが検索結果に表示されるのを防ぐために使うことがあります。この場合、本番環境にアップロードする際はnoindexを外すのを忘れないよう注意する必要があります。

注意点

検索結果に表示させないということは自然検索流入が0になるなど、マイナスの効果を及ぼします。そのため、闇雲にnoindexを使用することは流入の減少も招くため注意が必要です。

noindexを設定する場合、そのページはrobots.txtでdisallowの対象にはしないでください。検索エンジンがクロールできないと、そもそもnoindexが設定されているのか認識できないからです。

参考:noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする - Search Console ヘルプ

そして、1番注意するべき点は不要なnoindexがついていないか確認することです。システムの設定や公開前後の外し忘れなど意外とnoindexがそのままになっていることがあります。慢心せず丁寧にチェックしましょう。また、自信のある記事が検索結果に表示されていないなど、明らかにおかしいページはnoindexが設定されていないか、robots.txtでブロックされていないかなど確認しましょう。

まとめ

noindexは正しく設定すればインデックスを制御し、不要なアクセスやクローラビリティの最適化に繋がりますが、意図せず設定してしまった場合はいつになっても流入が増えないなど大きくマイナスになる可能性があります。
設定時には上記のフローチャートや、本当にnoindexする必要があるのかを考えながら設定していきましょう。



◎SEO事例

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

SEO事例一覧へ


\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

関連記事

【初心者向け】クローラビリティを改善し、サイトのコンテンツを検索エンジンに正しく発見・認識させる

モバイルSEOとは?検索順位の改善方法を徹底解説

ドメイン変更によるSEOへの影響は?失敗を避けるための変更手順を解説

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索