インデックスとは?確認方法とSEO上での効果

インデックスとは、作成したWebページが検索エンジンのデータベースに登録されることです。

ここでは、インデックスの概要や、より効果を出すための注意点などについて、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • インデックスとは、作成したWebページが検索エンジンのデータベースに登録されること
  • Webページがインデックスされることで、はじめてSEO対策が活きてくる
  • SEOで重要なのは、インデックスの数ではなく、“質の高い”インデックスである

 

インデックスとは検索エンジンのデータベースに登録されること

インデックスとは、検索エンジンのデータベースに、ウェブページが登録されることです。

インデックス(index)とは非常にさまざまなシーンで用いられる用語で、それぞれ異なる意味で使われます。本来インデックスとは「索引」「見出し」などの意味をもつ言葉です。

データベースに関わるシーンで用いられる際には、格納されたデータをより早く検索したり抽出できるように作られたりする索引データのことを言います。

SEO用語で「インデックス」とは、クローラーが収集したウェブページのデータを検索エンジンデータベースに整理された状態で格納されることを「インデックス化」「インデキシング」などといいます。

SEOでは常用語として「インデックス化される=インデックスされる」と表現しています(特にこのあたりの厳密な言葉の使い方に細かくこだわる必要はないとは思いますので当サイトでもその使い方で統一しています)。

インデックスとはページがGoogleのデータベースに登録されること

実際には検索エンジンクローラーがウェブページのデータを収集した後にそのままの形でインデックス化されるわけではなく、一旦「インデクサ」と呼ばれるプログラムによって検索エンジンにとって処理がしやすいデータに変換する中間処理が行われ、その変換されたデータがインデックス化されます。

参考:インデクサの役割と中間処理 | SEO検索エンジン最適化

SEO上での効果

検索エンジン上での露出を増やすにあたっては、何より公開したウェブコンテンツが正しく検索エンジンにインデックスされていることが大前提にあります。データベースに登録された、つまりインデックスされたページが、検索結果に表示されているからです。

いくらランキングを向上させるための施策を講じたところで、そのページがインデックスされておらず、そもそもランキングの対象にすらなっていなければその施策に何の価値もありません。

特に大規模なサイトで、構造が複雑になったりサイト階層が深くなったりしりやすいサイトである場合には、クローラーが適切に(狙い通りに)より早くデータを収集しインデックスできるように配慮するのは必要不可欠です。クローラーへの配慮をおろそかにした結果、せっかく公開したページがなかなかインデックスされなかったり、正しく認識されなかったりすることは特に珍しいことではありません。

大規模サイトや更新が頻繁にあるサイトは特にクロールされやすいように施策を打つべき

例えば、大学受験生がいくら頑張って受験勉強を行ったところで、願書の提出を忘れてしまったらどんな大学でも不合格どころか受験資格すらありません(※筆者経験談)。

検索エンジンも同様に、まずはウェブウェブページを正しくインデックスさせられる、ということがSEOの大前提になります。

SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。
SEOとは?1,500社を見て分かった効果が出る10個のSEO対策を分かりやすく解説

SEO効果が期待できるインデックス対策

インデックス対策を行うことでどのようなSEO効果が期待できるのでしょうか。ここではSEOのために行うべきインデックス対策の具体的な方法について紹介します。

インデックス数を増やすことが目的ではない

基本的にインターネット上に存在するページについては、まったくインデックスされないということはありません。ただし、ページ数が多く、サイト構成が複雑になっていると、末端のページがインデックスから漏れてしまうことはあるようです。

注意したいのは、インデックス数を増やすことがSEOの目的ではないということ。SEOの目的は重要なページを検索結果の上位に表示することです。もっとも、インデックスされないと上位表示どころか検索結果に表示されませんから、重要なページについてはインデックス対策をしっかり行うべきでしょう。

クローラーというロボットがサイトに来るとインデックスされる

クローラーがウェブページを回りやすいように設計することがインデックス促進のポイント

では、どうすればページがインデックスされるのでしょうか。Googleはクローラーと呼ばれるロボットをインターネット上で動かしており、クローラーがウェブサイトを巡回することでページをインデックスしていきます。つまり、クローラーがきちんとページに訪れるように誘導してやることがインデックス対策では重要なのです。

XMLサイトマップの設置方法

ウェブサイトにやってきたクローラーはリンクをたどりウェブサイト内を巡回し、たどり着いたページをインデックスしていきます。このとき、サイト内の構造がわかりやすくなっていると、ページからページへと巡回しやすくインデックスもスムーズに行われます。クローラーの巡回を手助けするのがサイトマップです。

XMLサイトマップはクローラーにとっての地図になる

サイトマップというと、ユーザーのためにサイト内のページ構造をわかりやすく一覧にしたページだと思われるかもしれません。そうしたユーザー向けのサイトマップは「HTMLサイトマップ」と呼びます。もちろんHTMLサイトマップを設置することも重要なのですが、実はサイトマップにはもう一つあるのです。それが、クローラーにサイトの情報を伝えるための「XMLサイトマップ」です。

XMLサイトマップは、サイトの更新日や更新頻度などを記載しておき、ウェブサイトと同じサーバに設置します。XMLサイトマップは、基本的にユーザーの目には触れません。XMLサイトマップを参照するのは検索エンジンのクローラーです。XMLサイトマップでサイト情報をクローラーに伝えることでインデックスを促す効果が期待できます。

Google Search ConsoleでURL再検査を行う

クローラーはリンクをたどって定期的に巡回し、インデックスを行います。そのため、リンクされていないページや公開して間もないページはなかなかインデックスされないことがあります。

そんなときは、インデックスを促すためにGoogle Search Consoleを活用しましょう。まず、該当ページのURLがインデックスされているかどうかを検査します。Google Search Consoleを開き、「URL検査」を選択。該当ページのURLを入力して「テスト」ボタンをクリックすれば、そのページが現在インデックスされているかどうかがわかります。インデックスされていなければ、「インデックス登録をリクエスト」ボタンをクリックします。

インデックス数とSEOの関係

低品質な記事が大量にインデックスされても上位表示されない。重要なのは質。

サイト内でインデックスされたページの数は多ければ多いほどSEO的に有利なのでしょうか。実はインデックスされたページの数はSEOにまったく関係ありません。SEOで大事なのは「質の高いページ」がたくさんあり、インデックスされていることです。価値の低いページを大量に作り、すべてインデックスさせたとしても、その数をもってサイトの評価が上がることはないのです。

参考:低品質ページを大量生産しても検索エンジンの評価は上がらない、高品質コンテンツだけを作る | 海外SEO情報ブログ

参考Does a site rank better if it has a lot of indexed pages?– YouTube

ですから、インデックスの前にサイト内のコンテンツを見直し、質の高い記事を多く作ることをまずは意識しましょう。質の高いコンテンツができたら、それらをインデックスしていくという流れで進めましょう。SEOは何よりも質の高いコンテンツありきです。「インデックスさえすれば検索順位が上がる」というような魔法は存在しません。

Javascriptデータのインデックスの注意点

JavaScriptのインデックスは静的なHTMLとは別プロセスで行われます。先に静的なHTMLのみFirst waveとして先にインデックス登録が行われ、JavaScriptのデータはSecond waveでインデックスされます。新しいページをリリースした際などに確認する際は、ページ自体がインデックスされていてもJavaScript によって生成されるコンテンツのインデックスは、静的なHTMLのインデックスとタイムラグがある点に気を付けてください。

画像はJavaScriptによるnoindex挿入をGoogleは推奨せず、JSレンダリングはセカンドウェーブのインデックス | 海外SEO情報ブログより引用しています。

Google Search Consoleのスクリーンショット

 

 


◎「ビジネスの成果」につながったSEO事例

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

SEO事例一覧へ


 

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら