インデックスとは

SEOで使われる用語「インデックス(index)」について解説しています。

インデックスとは

インデックス(index)とは非常に様々なシーンで用いられる用語で、それぞれ異なる意味で使われます。本来インデックスとは「索引」「見出し」などの意味をもつ言葉で、データベースに関わるシーンで用いられる際には、格納されたデータをより早く検索したり抽出できるように作られる索引データのことを言います。

SEO用語でインデックスと言えば、クローラーが収集したWEBページのデータを検索エンジンデータベースに(処理しやすいように整理された状態で)格納されることを「インデックス化」「インデクシング」などといいますが、日本のSEOでは常用語として「インデックス化される=インデックスされる」と表現しています。(特にこのあたりの厳密な言葉の使い方に細かくこだわる必要はないとは思いますので当サイトでもその使い方で統一しています)

実際には検索エンジンクローラーがWEBページのデータを収集した後にそのままの形でインデックス化されるわけではなく、一旦「インデクサ」と呼ばれるプログラムによって検索エンジンにとって処理がしやすいデータに変換する中間処理が行われ、その変換されたデータがインデックス化されます。
参考(外部サイト):インデクサの役割と中間処理

SEO上での効果

検索エンジン上での露出を増やすにあたっては、何より公開したWEBコンテンツが正しく検索エンジンにインデックスされていることが大前提にあります。いくらランキングを向上させるための施策を講じたところで、そもそもランキングの対象にすらなっていなければその施策に何の価値もありません

特に大規模なサイトで、構造が複雑になったりサイト階層が深くなりやすいサイトである場合には、検索エンジンクローラーにより適切に(狙い通りに)より早くデータを収集してもらいインデックスさせるための配慮は必要不可欠です。クローラーへの配慮をおろそかにした結果、折角公開したページがなかなかインデックスされなかったり、正しく認識されないといったことは特に珍しいことではありません。

例えば大学受験生がいくら頑張って受験勉強を行ったところで、願書の提出を忘れてしまったらどんな大学でも不合格どころか受験資格すらありません(※筆者経験談)。検索エンジンも同様に、まずはWEBページを正しくインデックスさせられる、ということがSEOの大前提になります。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×