【決定版】SEOライティングで上位表示を狙う!5つの心構えと6つのコツ

【決定版】SEOライティングで上位表示を狙う!5つの心構えと6つのコツ

SEOライティングには、セオリーがあります。

しかし、セオリーに準じて、すでに上位表示されているページをただ真似するだけでは意味がありません。ユーザーの検索意図に応じて、その意図を満たすコンテンツを作成することが大事なのです。

今回の記事では、SEOライティングの基礎知識から成功するコツ、おすすめのツールや本を紹介しながら、一歩踏み込んだ解説をしていきます。

SEOライティングと併せて、SEOの基礎知識を身につけることも重要です。

「初心者必見!ゼロから理解できるSEOの基礎知識と実践方法」では、SEOライティングの際に役立つノウハウをまとめています。ぜひ無料ダウンロードの上、ご活用ください。

資料の無料ダウンロードはこちらから

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、SEO(検索エンジン最適化)を踏まえた文章の書き方です。

Googleなどの検索エンジンで上位表示をし、ウェブサイトへの流入数を増やすことを目的とします。

気づきを与えるコラム記事などと異なり、明確な悩み、興味を持った読者を意識して記事を書くことが重要です。

そのため、ユーザーの検索意図から大きくそれた内容を書いてしまうと、素晴らしいコンテンツであっても検索上位表示が難しくなる点に注意しなければなりません。

また、上位表示されているからといって、その記事が最もユーザーの検索意図を満たしているわけでもありません。

あくまで、その時点でのユーザー行動、興味を踏まえた検索エンジンの評価にすぎず、新しい興味関心が生まれている可能性や、そもそも1位の記事でもユーザーのニーズを満たしきれないこともあるからです。

そんなユーザーの検索要求を満たすためには、ユーザーの潜在的な検索意図も考慮することが重要です。

「〇〇 おすすめ」というキーワードで検索しているからといって、おすすめの理由だけを知りたいとは限らず、あえて購入しない理由や、マイナスポイントなどをまとめるのが有益に働く場合もあります。

SEOライティングは、検索結果を意識したコンテンツ作成になりがちですが、「その検索でユーザーが求めているものは何か」という答えは、検索結果にはありません。

しっかりと、ユーザーに目を向けたコンテンツ制作を優先することが大切なのです。

SEOライティングとは? 1. ユーザーの ニーズを満たすように書く 2. 検索エンジンが 評価しやすいように書く

\SEOの基礎知識を資料にまとめました!無料ダウンロードはこちらから/

SEOライティングの手順をざっくり解説

SEOライティングでは、まず検索ニーズがあるキーワードを選ぶところから始めます。

キーワードをもとにして、ユーザーの検索意図を考えながら記事に書く内容を決めましょう。

SEOライティングの手順をざっくりと解説すると、下記の流れです。

【SEOライティングの手順】

  1. 検索キーワードを選定する※
  2. ターゲット設定とその検索意図を考える
  3. 記事の構成案を作成する
  4. コンテンツ記事を執筆する
  5. 記事が完成したら推敲する
  6. 記事コンテンツを公開する

※キーワードは、検索ボリュームや競合記事を参考にしながら決めていきます。

SEOライティングの流れ 検索ニーズがあるキーワードを選ぶ ユーザーの検索意図を考えながら記事を書く

なお、キーワードの決め方については、下記の記事で詳しく解説しています。検索需要のあるキーワードを見つけるポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

SEOライティングに取り組む前の5つの心構え

SEOライティングに取り組む前に、心掛けるべきことが5つあります。

テクニックだけでは、ユーザーに寄り添ったコンテンツは作成できません。以下は、検索結果に影響する項目もあるため、一つひとつチェックしていきましょう。

SEOライティングに取り組む< 5つの心構え >(クリエイティブ・コンテンツ・ライティングのイメージ図)

Googleの理念と検索エンジンについて理解を深める

まずは、Googleの検索エンジンについて理解を深めるところから始めます。

具体的には、Googleが掲げている理念や、検索順位を決める指標などです。

特に、Googleの理念を理解しておかないと、制作すべきコンテンツの方向性を定められず、検索順位が上がるコンテンツを作成できません。

Googleは、企業としての使命を以下のように明言しています。

Our mission is to organize the world’s information and make it universally accessible and useful.

私たちの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

引用: Our mission is to organize the world’s information and make it universally accessible and useful.(About Google)

上記の使命により、私たちコンテンツ制作側はユーザーにとってわかりやすい形で情報を提供することが求められているといえます。

また、Googleがページをクロールインデックスする仕組みについても理解しておくことが重要です。

SEOのクローラーとインデックスの関係(クローラー:インデックス作成を目的に、ウェブページ内を巡回して情報を取得するロボットのこと→インデックス:クローラーが巡回したウェブページ情報を、検索エンジンのデータベースに登録すること)

クローラーとインデックスの関係」の詳細は、下記の記事も併せて参考にしてください。

ユーザーファーストを強く意識したコンテンツである

検索エンジンへの対策だけではなく、ユーザーファーストのコンテンツを作成することが最重要です。

検索結果で上位表示させることがSEOライティングの目的なので、どうしてもユーザーではなく検索エンジンを攻略しようと考えてしまいがちです。

SEOライティングによくある失敗事例が、対策キーワードを入れすぎて、ユーザーが読みにくい文章になっていることです。

作ろうとしている記事がユーザーの求めている情報になっているのかを、強く意識しないといけません。

もちろん、検索エンジンは人が読んで満足するのはどういった記事かを完璧には判断できません。そのため、検索エンジンを意識した工夫は必要になります。

それでも、検索エンジンは日々進化し、ユーザーニーズをくみ取ろうとしています。

検索上位の記事に含まれていない要素でも、ユーザーにとって必要なキーワードは設定することを推奨します。

記事を作る上では、検索エンジンにだけ気をとられないようにし、ユーザーが満足するかを軸に置いて、コンテンツ作成に取り組んでみてください。

SEOライティングの心得は 検索エンジンを攻略するのではなく ユーザーに向き合うことを第一に考える

ユーザーニーズを考えた独自のオリジナル要素がある

ユーザーの満足度を高める上で重要なのが、「オリジナル要素を入れて質の高いコンテンツに仕上げる」ことです。

SEOライティングはどうしても似通った内容になりがちのため、ユーザーにとっては新しい情報を得にくくなります。

そこで、「このページでしか読めないオリジナル要素を入れることで、ユーザー満足度が高まります。

オリジナル要素を入れるために最初にやるべきことは、ユーザー自身も気づいていないが必要としそうな情報について考えることです。

例えば、ユーザーが記事を読んだ後に「あれ、この内容を解決するには何をすればいいのかな?」と疑問に思いそうな情報も同じコンテンツに含めれば、満足度の高いものとなります。

数ある競合記事にない情報であれば、立派なオリジナル要素となるでしょう。

また、後述する「経験」「独自性」「専門性」「権威性」を満たすことを意識すると、自然とオリジナリティが出てきます。

「SEOライティングのオリジナル要素」とは、主観的な意見ではなくユーザーの必要性に応じた、エビデンスがもととなるオリジナル論であることを念頭に置きましょう。

逆説では、ユーザーニーズ不在のオリジナルに意味はないということです。

「SEOライティングのオリジナル要素」とは ユーザーニーズを考えた 独自調査やエビデンスがもととなるオリジナル論のこと(Truth and Evidence イメージ図)

経験・専門性・権威性・信頼性を満たした文章である

Googleは「E-E-A-T」を、コンテンツの質を評価する上で重視しています。

E-E-A-Tとは、Experience(経験)Expertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った言葉です。

「E-E-A-T」とは< Experience(経験)・Expertise(専門性)・Authoriatativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性) >

E-E-A-Tが満たせるコンテンツの作り方の一例を、下記にて紹介します。

【E-E-A-Tを満たすコンテンツの作り方一例】

  • Experience(経験)
    ⇒実際に体験した人の体験談を集める
  • Expertise(専門性)
    ⇒専門家や知見のある人へインタビューをする
  • Authoritativeness(権威性)
    ⇒運営者の実績を積み上げる
  • Trustworthiness(信頼性)
    ⇒引用元や参照元を明記し、情報の正確性をはっきりさせる

どんなにほかの上位表示記事を読んでも、発信者に経験、知識がないコンテンツは信頼性に欠けてしまいます。また、ユーザーの興味まで理解することもできません。

自身の経験と専門性が最大限発揮できる領域のコンテンツを作り、発信していきましょう。

E-E-A-Tについて、詳しくは下記の記事で詳しく解説しています。E-E-A-Tを満たすために具体的にやるべきことも紹介していますので、ぜひご一読ください。

要件シートを書きコンテンツ目的をしっかり把握する

SEOライティングでは、コンテンツを作成する目的を把握しておかないと、読者に伝わらない記事となってしまう恐れがあります。

ここでいう目的とは、発信者がユーザーに対して「資料ダウンロードをしてほしい」「問い合わせをしてほしい」「サービスについて理解してほしい」などが当てはまります。

目的を決める際は、下記の要素を考えておくと自然と導き出せるようになります。

【コンテンツ作成の目的を決める3要素】

  1. ウェブサイトの分野が明確である
  2. ターゲットのペルソナが明確である
  3. 閲覧後のユーザーの姿が明確である

コンテンツ作成がスムーズに進む!< 3つの要素 >(START→①ウェブサイトの分野が明確→②ターゲットのペルソナが明確→③閲覧後のユーザーの姿が明確→GOAL(「ユーザーニーズの情報を発信」と発言するビジネスマン)

上位表示を狙うべき対策キーワードは、記事の目的やターゲットの属性などを踏まえて選定します。

これらの大前提を理解していないと、SEOライティングで目的を達成するのが難しくなるでしょう。

要件シートを作成する

ナイルでは、「要件シート」と呼んでいる、サイトの目的を把握できるシートを提供しています。

このシートを活用することで、コンテンツ作成に必要な情報をまとめられます。下図が、実際のシートです。

■基本要件シート(見本)
基本要件シート記入例

 

■記事要件シート(見本)
記事要件シート記入例

見本のように、各記事の、「記事テーマ」「検索キーワード」「記事概要」「記事作成の目的」「想定される言及項目」「文字数」といった要素をライティング前に固めておくことが可能です。

要件シートは、SEOライティングの土台となるものです。この土台がしっかりしていれば、ライティングの方向性がブレずに書き進められます。

仕上がった原稿が目的に沿っているのか、全体の流れは合っているのか、チェックする際にも使えます。

この要件シートは羅針盤のような役割を果たしてくれます。以下より無料でダウンロードができますので、コンテンツの目的に沿ったSEOコンテンツを作成するために、ぜひ活用してみてください。

\成果につながる記事を作る!資料ダウンロードはこちらから/

SEOライティングに取り組む5つの準備

ここからは、SEOライティングでコンテンツを提供するためにやるべき5つの準備を紹介します。

これらの内容を押さえておくことで、成果につながりやすいSEOライティングが行えるようになります。ひとつずつ確認していきましょう。

SEOライティングに取り組む< 5つの準備 >(魅力的なコンテンツの作成とストーリーを書くクリエイティブ・ライターのコンセプト図)

【準備1】自社商品とサービスの知識を深める

まずは、メディアで訴求するサービスや商品に対する理解度を深めることから始めましょう。

多くの場合、SEOコンテンツの作成は、あくまで自社サービスを宣伝する手段のひとつです。

逆にいえば、訴求するサービスや商品について理解していないと、コンテンツ内で伝えたいことが定まらなくなってしまいます。

また、サービスや商品の想定ターゲット層にコンテンツを届けられず、訴求に至らないことも考えられます。

例えば、「サッカーのフリーキックを上手に蹴るコツ」というコンテンツを作成したメディアがサッカースクールであれば、サービスの訴求につなげられるでしょう。

しかし、サッカーに関連していないメディアが掲載した場合、ユーザーへ商品やサービスを訴求するのは難しいです。

ユーザーが求めている情報を届けるためにも、メディアで訴求するサービスや商品についてしっかり理解することが求められます。

【準備2】SEO関連の基礎知識を身につける

SEOライティングで検索順位の上位に表示させるためには、SEOの基礎を身につける必要があります。

【SEOの基礎】

  • 検索エンジンがどのようにしてウェブサイトの情報を集めているか
  • どのように検索順位を決定しているか
  • 上位表示されるメディアはどのような傾向か

など

SEOの情報は常に変動していますが、本質的なことはほとんど変わりません。SEOの仕組みや勉強方法については、下記の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

また、Google検索セントラル」「Google検索品質評価ガイドライン」の確認も大切です。これは、検索エンジンに関するGoogleからの一次情報のため、評価対象のコンテンツ作成に役立ちます。

【準備3】記事の作り方 4工程の予定を立てる

ユーザーが理解でき、満足度の高い記事を作成するためには、押さえるべきポイントがあります。

記事を作る際は、下記の流れで進めていきましょう。

【記事作成のステップ】

  1. コンテンツの全体像を確認する
  2. 記事の構成を作る
  3. 記事を作成する
  4. 文章を推敲する(編集・校正・校閲)

など

記事の作り方について、詳しくは下記の記事で解説しています。記事を作るために、さらに具体的な作業を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【準備4】CMSの入稿方法と流れを押さえる

記事を作成したらCMSに入稿し、最終確認をして公開します。

現在、世界で最も使われているCMSがWordPressです※1。日本では、さらに約8割のトップシェアで使用されています※2。

コンテンツ記事の作成をスムーズにするために、入稿時に使う画像の挿入方法や文字の装飾方法など基本となる部分をしっかり押さえておきましょう。

また、プラグインを使いこなせるようになると表現の幅が一気に広がります。

CMSは、ページ公開までのスピードが早くなり、便利です。セキュリティ面などを確認しながら、積極的に導入を検討してみてください。

※1:W3Techs - World Wide Web Technology Surveys(W3Techs)

※2:Distribution of content management systems among websites that use Japanese(W3Techs)

WordPressについて、詳しくは下記の記事で解説しています。WordPressの仕組みについても理解できるため、ぜひ参考にしてください。

ご質問は、以下のバナーよりお気軽にご連絡ください。

\本記事に関するどんなことでもお答えします!/

【準備5】検索順位等の分析ツールを用意する

SEOライティングは記事を公開したら終わりではなく、定期的に順位を確認する必要があります。

順位次第でリライトするか、追加でコンテンツを作成するか決めることになります。順位を確認する上でおすすめのツールは、「Google Search Console」です。

Google Search Consoleは、キーワードごとの検索順位だけではなく、検索エンジンで表示された回数クリック数まで調べられます。

▼Google Search Consoleの検索パフォーマンス画面
Google Search Consoleの検索パフォーマンス画面キャプチャ

記事を公開した後の戦略を立てるためにも、Google Search Consoleは使えるようにしておきましょう。

Google Search Consoleの導入方法は、下記の記事にて画像付きで詳しく解説しています。まだ導入していない方は、ぜひ参考にしてください。

SEOライティングに取り組む6つのコツ

SEOライティングで検索順位を上げながら、ユーザーの求めるコンテンツを作成するために押さえるべきポイントがいくつかあります。

明日から取り入れられるものも多いので、ひとつずつ押さえておきましょう。

SEOライティングに取り組む< 6つのコツ >(細かく良質な記事を作成するライターの手元。周囲に文献の本が置かれ、検索順位が上がる、コンテンツ作成に関するコンセプト図)

【コツ1】タイトルや見出しに狙いたいキーワードを含める

タイトルや見出しに「狙いたいキーワード」を含めることで、検索エンジンのクローラーがコンテンツの情報を判断しやすくなります。

タイトルは短い文字数で内容を伝えて、クリックしてもらえるような魅力的なものにしましょう。

目安として、30文字前後に収めるのがベストです。また、タイトルのなるべく左側に対策キーワードを入れるように心掛けましょう。

見出しについては、下図を参考に、h2にはメインキーワードを、h3にはサジェストキーワードを無理のない範囲で含めるように意識してみてください。

▼キーワード「年収 上げたい」のタグ構成
キーワード「年収 上げたい」のタグ構成

サジェストキーワードまで見出しに含めると、メインキーワード以外のキーワードからも検索流入が見込めるようになり、アクセス数の増加につながります。

【コツ2】タイトル(h1タグ)後の階層構造を明確に入れる

記事内の見出しは、本文の主旨をユーザーに伝えることと検索エンジンにページの構造を伝える両方の役割があります。

検索エンジンに、記事の階層構造を認識してもらうためには「hタグ」を活用します。大見出し(h1)は記事のタイトル部分で、本文では基本的に使いません。

また、下図のように見出し(h2)の下に小見出し(h3)を入れて記事を整えていきます。

HタグのHTMLコード:h1大見出し、h2中見出し、h3小見出し

基本的には、文章の論理構造が破綻していなければOKです。また、見出しには「使い方」のような表現ではなく、「〇〇ツールの使い方」のように省略しない表現を使うとよいでしょう。

【コツ3】ユーザーが欲しい情報は結論ファーストで答える

検索から記事にたどり着いたユーザーにとって、納得できる答えになっているかを意識して執筆をします。

その一環として、ユーザーが知りたい情報は、結論ファーストで記載するのが親切です。

例えば、「●●と××の違い」という記事があったとしたら、前半で「●●とは?」「××とは?」といった情報が延々と書かれていたら、ユーザーが離脱する可能性が高まります。

検索したユーザーが知りたい情報は、「●●と××の違い」ですので、その答えを下図のように記事の前半の位置で書くことが望ましいです。

ユーザーが知りたい情報 △ユーザーが知りたい情報が 後半に出てくる ◯ユーザーが知りたい情報が 前半に出てくる

【コツ4】ユーザーが読みやすく伝わる文章執筆を心がける

ユーザーへしっかり伝えるためには、読みやすい文章を執筆することが大切です。

検索エンジンは文章の読みやすさまでは判定できないため、SEOには影響しませんが、ユーザーが読みやすい文章にこだわる必要はあります。

書籍と違ってウェブメディアは、ユーザーが少しでも文章が読みにくいと感じたらすぐに離脱してしまいます。

当然ながら離脱されてしまったら、コンテンツ内で伝えたいことも伝えられない上に、サービスや商品の訴求にもつなげられません。

読みやすい文章にするポイントを、下記にまとめました。伝えたいことを伝えられない事態を防ぐために、意識して書きましょう。

【読みやすい文章になる6ポイント】

  1. 箇条書きを活用する
  2. 代名詞を極力使わない
  3. 一文一意を意識する
  4. 文章が長くなりすぎないようにする
  5. 冗長表現を控える
  6. 表記ゆれがないか確認する

【コツ5】写真や図版などのビジュアル要素を随所に入れる

テキストばかりが続く記事になると、どうしても最後まで読むのがつらくなるので、ビジュアル要素を随所に入れることをおすすめします。

ビジュアル要素を入れる △テキストだけの記事は読みづらい ◯写真・イラスト・表が入った記事は読みやすい

ビジュアル要素には、以下のものが挙げられます。

【読みやすさに効果的なビジュアル要素】

  • 写真
  • イラスト
  • 図版
  • 表組み
  • 要点を太字・マーカーで装飾する

また、画像ファイルにはalt属性(オルト属性)を記述することも、SEOの観点では有効です。alt属性とは、画像表示の代わりとなるテキスト情報のことです。

ページの検索順位に影響することはほぼありませんが、画像検索においてはクローラーがalt属性のテキストを参考にしているので、しっかり対応しておくべきです。

記載方法は下記のように、HTMLにて画像URLの後に「alt=(テキスト情報)」を追記します。

【HTMLで画像にalt設定をするコード】
<imgsrc="画像URL" alt="画像の代替テキスト" >

【コツ6】記事執筆を終えたら公開前に最終チェックをする

執筆を終えたらすぐに公開するのではなく、最終チェックを行います。

執筆を終えたとしても、思っている以上に誤字脱字は多いものです。また、事実誤認の記載がないように裏どり調査も必要です。

推敲は、下記の方法があります。誤字脱字や読みづらい箇所がないかをチェックしましょう。

【原稿の推敲方法】

  • 音読する
  • ほかの端末で読んでみる
  • 紙に印刷する
  • 校正ツールを活用する

最終チェックを怠って公開してしまうとユーザーが読みづらいと感じ、離脱につながってしまう恐れがあります。

執筆を終えた達成感から公開したくなる気持ちはわかりますが、面倒がらずに最終チェックは必ず行いましょう。

SEOライティングで使うべきおすすめツール6選

ここからは、SEOライティングをする上で、役に立つおすすめのツールを6つ紹介します。

うまく活用できれば質の高いコンテンツを作成できるだけではなく、作業の効率化にもつながります。

ひとつずつ、見ていきましょう。

SEOライティングに取り組む< おすすめツール6選 >(記事を虫眼鏡でチェックするイメージ図)

【ツール1】見出し(hタグ)抽出

「見出し抽出」は、検索キーワードの上位10記事に記載されている見出しを抽出してくれるツールです。

見出し(hタグ)抽出(ラッコツールズ工房)画面キャプチャ出典:見出し(hタグ)抽出(ラッコ株式会社)※2023年8月時点

上位記事に記載されている内容が大まかにわかるので、検索意図を理解するのに活用できます。

CSVファイルへエクスポートにも対応しているので、情報を整理しながら自分なりに分析し、コンテンツの企画を考えるという使い方も可能です。

【ツール2】ラッコキーワード

「ラッコキーワード」は、メインキーワードに対するサジェストキーワードを調べられるツールです。

サジェストキーワードとは、検索キーワードで検索したユーザーが「次に調べるであろうキーワード」のことを指します。

ラッコキーワード画面キャプチャ出典:ラッコキーワード(ラッコ株式会社)※2023年8月時点

つまり、サジェストキーワードも加味してコンテンツを作ることで、ユーザーが必要としている情報を網羅的に提供できるようになるのです。

ユーザーが、自社のサイトで検索行動を終わらせられれば、検索エンジンからも高い評価を受けます。ユーザー満足度の高いコンテンツを作成するために、ラッコキーワードを活用してみてください。

【ツール3】CopyContentDetector®

作成したコンテンツがコピペでないことをチェックするときに役立つツールがコピペチェックツール「CopyContentDetector®(株式会社ニューシステムクリエイト)」です。

Googleは、コピーコンテンツと判断したサイトの評価を大きく下げる可能性が考えられます。

また、コピーコンテンツは明確な著作権の違反にあたるため、コピー元のメディアから訴えられるリスクもあります。

コンテンツ作成を外部に委託した場合でも、競合記事からコピペして納品してくるケースもなくはないのです。

そのため、コピーコンテンツであることを知らずに公開する事態を防ぐために、事前にコピペチェックツールでチェックする必要があります。

公開後のトラブルを未然に防ぐために、コピペチェックツールでコピーコンテンツでないことを確認した上で、公開するようにしましょう。

【ツール4】so-zou.jp

執筆後の文章校正におすすめのツールが、「so-zou.jp」です。

一度に10,000文字まで校正が可能で、誤用や不適切な表現、冗長表現などを指摘してくれます。

文章校正(テキスト処理ツール_so-zou.jp)画面キャプチャ出典:文章校正(テキスト処理ツール/so-zou.jp)

執筆者が気づかなかった読みにくい箇所が指摘されるため、読みやすいコンテンツを作成する上でおすすめのツールです。

ただし、あくまで機械的に指摘しているだけなので、ツールに従うよりも自分で考えて当該箇所を修正するようにしましょう。

【ツール5】Ahrefs

競合分析をするのであれば、「Ahrefs」がおすすめです。

Ahrefsは、月額$99〜(日本円にして約1万円〜※その日の為替レートにより変動)の有料ツールですが、競合分析をする上で豊富な機能が搭載されています。

AhrefsTOP画面キャプチャ出典:Ahrefs(株式会社フルスピード・Ahrefs Pte.Ltd)※2023年8月時点

【Ahrefs搭載機能】

  • 運用しているサイトの順位および被リンクのチェック
  • キーワードの検索ボリューム数
  • 悪質な被リンクの有無
  • 指定ページに対する流入キーワードの調査

上記のように非常に便利な機能はあるものの、費用がかかるので、メディア立ち上げの段階ではほかの無料ツールで代用するのでもよいです。

しかし、無料ツールにはない便利な機能もあり、おすすめのツールといえるのでメディアの成果が出てきた段階で導入を検討してみてください。

【ツール6】ChatGPT

コンテンツのアイデア出しに有益なツールが、AIツールの「ChatGPT」です。

ChatGPTの特徴は、気になる話題をツールに書き込むことで、AIが自動で返信してくれることです。

Chat GPT TOP画面キャプチャ参照:ChatGPT(OpenAI LP)※2023年8月時点

メディアに関連するジャンルについてChatGPTに聞いてみると、思わぬアイデアをもらえることもあります。

基本的に無料で利用できるので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

【ChatGPTのおすすめの活用方法】

  • アイデアを出してもらう
  • 専門家の立場でフィードバックしてもらう
  • 情報を伝えて文章を整えてもらう

ただし、注意点としてChatGPTで自動生成される文章をそのまま使うことは、推奨できません。

ChatGPTで生成された文章は事実と異なる内容もまだまだ多いため、編集、調査なしに0から文章を書けるかというとまだそのレベルではないといえます。

また、社会問題にもなっているように、AIで作成した文章はオリジナルではなくなってしまうので、使い方としては、アイデアやヒントを出すツールのひとつという位置づけでうまく利用しましょう。

SEOライティングを学べるおすすめ本

SEOライティングを学ぶには、体系立てられた書籍を活用するのがおすすめです。

以下に、厳選した3冊を紹介します。

SEOライティングに取り組む< おすすめ本 3選 >(数冊の本から選択して読み始めるビジネスパーソン)

『SEO対策のための Webライティング実践講座』

SEO ライティング

「SEO対策のためのWebライティング実践講座」では、SEOの基本的な概念を解説した上で、SEOライティング76のテクニックを網羅しています。

SEOライティング初心者はもちろんのこと、すでにSEOライティングを手がけている編集者やライターにとっても有益な内容です。

目的別で、ウェブサイト制作のポイントが解説されているのもうれしい点です。

『SEO対策のための Webライティング実践講座』
鈴木良治(技術評論社)/2,178円(税込)/256ページ/Kindle版有

『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション』

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション

「沈黙のWebライティング」では、謎のウェブマーケッター「ボーン片桐」のハードボイルド物語によって、SEOライティングのノウハウを学べます。

「温泉旅館のオウンドメディアで記事制作するなら」などかなり具体的な例で解説されているため、SEOライティングで何をすればいいのかが明確に把握できます。

取材記事やバズ記事についても網羅されているため、SEOライティングを学ぶならおすすめの一冊です。

なお、沈黙のWebライティング」は2022年4月にアップデート・エディション(改訂版)が発売されました。

『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション』
松尾茂起、上野高史(エムディエヌコーポレーション)/2,310円(税込)/640ページ/Kindle版有

『SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』

SEO ライティング

「SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64」は、全日本SEO協会認定SEOコンサルタントによってSEOライティングの法則が盛り込まれています。

売れるための書き方に特化しているため、成果につなげるために何をすればいいのかがわかります。

『SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』
ふくだたみこ(ソーテック社)/2,178円(税込)/296ページ/Kindle版有

なお、本記事で紹介した以外にもWebライティングについて学べる書籍はたくさんあります。

下記の記事では、SEOライティングを学べるおすすめ書籍をほかにも紹介しています。気になる方はぜひご一読ください。

SEOライティングで大切なのは読者目線で執筆すること

SEOライティングは検索エンジンはもちろん、ユーザーへの対策もしなければ検索順位が上がらず、読まれずに終わってしまいます。

ユーザーへの対策で特に大切なのは、読者目線で執筆することです。

ユーザーの検索意図は何か」「ユーザーが必要としている情報は何か」といったことを徹底的に突き詰めることで、ユーザー目線のコンテンツに仕上がっていきます。

また、ユーザーが必要としている情報を掲載するだけではなく、読みやすい文章や図解などで見やすくすることも大切です。

検索エンジンの評価ポイントを押さえながら、ユーザーが必要としている情報を考え抜いて、コンテンツを作成していきましょう。

もしSEOライティングや記事制作体制についてお悩みがありましたら、お気軽にナイルまでご相談ください。

集客やCVに貢献するSEO記事をプロが制作します!

経験豊富なナイルの編集者と専門ライターが、流入やコンバージョンを獲得する記事を作成いたします。納品前にナイルが3度チェックするので、手直しや修正の手間を取らせません。資料では制作フローや事例・実績、料金を紹介しています!もし具体的な悩みをプロに相談したい、見積もりが欲しいといった方は、お気軽に無料相談をお申し込みください!

サービス資料をダウンロードする

無料でナイルに相談する

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

【プロが解説】ブログのSEO対策14選│開設前に知っておくべきノウハウ全まとめ

【プロが解説】ブログのSEO対策14選│開設前に知っておくべきノウハウ全まとめ

思わずダウンロードしたくなるアプリのプロモ動画に隠された9の秘密

フードポルノ(foodporn)とは?

フードポルノ(foodporn)とは?

新着記事

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

動画で学ぶGA4

動画で学ぶWebマーケティング【Googleアナリティクス4/サイト分析編】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。