SEOで使われる用語「CMS(Contents Management System)」について解説します。

意味 : CMS(Contents Management System)とは

CMSとは、HTMLCSSのようなWebサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。CMSを導入することで、Webページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもWebサイトを運用することができます

 

CMSの特徴

メリット

上記で述べたようなHTML?に関する知識が不要、ということだけではなく、デザインやHTMLマークアップの品質が標準化されるということもメリットと言えます。多くの運営スタッフが関わってサイトを運営する場合には特に大きな恩恵を受ける要素です。技術的には、URL変更に伴うリンク切れが発生しなくなる、などメンテナンス上のメリットもあります。

また、コンテンツの更新コストが減り、技術的なハードルも下がりますので、必然的に同じリソースでもサイトの更新を増やすことができ、マーケティング上、SEO対策上でも間接的にメリットがあると言えます。

デメリット

使用するCMSによって仕組みが異なるため、初期の段階である程度使いこなすために知識や慣れが必要となる点が大きなデメリットです。既存の静的なサイトをCMSに移行するのであればある程度の初期コストが必要になります。

また、全てのページを自動的に同じデザインで管理するため便利な反面、CMSの仕様に合わせてサイトを運用する必要があるという制約を受けてしまう点もデメリットの1つと言えるでしょう。

 

CMS選定のポイント

CMS選定には様々な選定基準がありますが、ここでは主要なものをいくつか紹介していきます。

サイト規模

ページ数やサブドメイン数が多く管理するのに時間と技術を費やす大規模なサイトは運営コストを大幅に抑えられるという面でCMS導入による恩恵も大きなものとなります。

また大規模サイトはコンテンツ量も増えるためリンク切れが起こる可能性が多くなりますが、CMSを導入することでリンク切れがなくなり、ユーザーもスムーズにページを閲覧することができるというメリットもあります。

コンテンツ管理

多くのWebサイトでコンテンツの増加がみられる一方で、リソースの不足や更新頻度といったコンテンツ管理に関する課題が問題になっています。CMSの導入はHTMLやCSSの専門知識のない人にもコンテンツの更新を可能にし、このような問題を解決します。

また、コンテンツ内容により詳しい人が更新を行えるためコンテンツ内容の正確性の向上も期待できます。

 

CMSが適する場合

サイトのデザインやタグが統一化されていない

CMSを導入することでWebサイトのデザインやHTMLマークアップの品質を一定に保つことができるため、現状統一されていないWebサイトでも標準化することができます。

更新者の入れ替わりが激しく、その度に教育が必要となってしまう

社員だけでなく、インターンやアルバイトがWebページの更新を行っている場合、担当者が変わるごとに技術的な教育に時間を割いたり、今までの更新と多少のズレが出てきたりする場合があります。技術的に標準化されたCMSを導入することで、このようなコストを削減することができます。

サイト規模が大きい、または更新頻度が高く運営にコストがかかってしまう

CMSで必要になる大きなコストは初期費用だけであり、更新にかかる費用は人件費だけになります。特に更新頻度の高いサイトの場合はコストを大幅に削減することができます。

 

代表的なCMS

「WordPress」

代表的なCMSとして、最も多くのシェアを持っているWordPressがあります。WordPressの大きな特徴としては、無料で誰でも利用できるほか、その情報の多さ、プラグインの豊富さがあげられます

プラグインとは、WordPressのプログラムに追加機能を簡単に付与することが出来る仕組みのことです。プラグインを活用することで、個別の機能開発コストをかけなくともより幅広い技術的な要求にこたえられるケースが多く、そのため汎用的なWebサイトのフォーマットとして広く利用されるようになっています。

参考:WordPressって何?という人が読んでも5分で何となく分かる記事

「baserCMS」

もう一つの代表的なCMSとしてbaserCMSがあります。baserCMSの大きな特徴は、無料で誰でも利用できるほか、その使いやすさにあります。

日本で作られたこのシステムはソースコードのコメントなどが日本語で書かれ、日本人にもわかりやすい設計になっています。また、シンプルでわかりやすい構造なため、パソコンがあまり得意ではない人でも簡単に管理できます。

基本的な機能であるページ管理・更新機能はもちろん、コーポレートサイトに必要なメールフォームやお問合せフォームなどのプラグインも簡単にできるのも特徴としてあげられます。

 

まとめ

CMSは、種類によってその内容は異なるものの、様々なメリットを持っています。正しい方法でCMSを導入することでコスト面だけでなくユーザビリティの観点からも高いパフォーマンスが期待できます。多くのWebサイトで当たり前のようにCMSが使われているなかで、まだCMSの恩恵を受けたことがない方はいずれ導入を検討されても良いかもしれません。

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×