E-A-T(専門性・権威性・信頼性)とは?SEOにおける重要性を解説

「E-A-T」とは、ウェブページやサイトの「専門性・権威性・信頼性」を意味しています。GoogleはこのE-A-Tの重要性について「検索品質評価ガイドライン」で公式に言及しています。SEOにおけるE-A-Tの重要性や、E-A-Tを高める方法について解説します。

E-A-T(専門性・権威性・信頼性)とは?SEOにおける重要性を解説

「E-A-T」とは、ウェブページやサイトの「専門性・権威性・信頼性」を意味しています。GoogleはこのE-A-Tの重要性について「検索品質評価ガイドライン」で公式に言及しており、SEOにおいてE-A-Tを重視したコンテンツ作りは必要不可欠といえるでしょう。そこで今回は、SEOにおけるE-A-Tの重要性や、E-A-Tを高める方法について解説します。

E-A-Tとは?

E-A-Tとは、Googleの「検索品質評価ガイドライン」で定義されている、ウェブサイトを評価する基準のひとつです。SEOにおいて、上位表示難易度の高いキーワードでコンテンツ作りをする際や、ドメインパワーを高めるためには、サイト内に質の高いコンテンツを充実させる必要があります。

その質の高いコンテンツ作りに欠かせない要素が、「E-A-T」でそれぞれ以下になります。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness (権威性)
  • Trustworthiness (信頼性)

この3点を意識したコンテンツ作りを続けることで、難易度の高いキーワードでも、上位表示を狙いやすくなります。ここではまず、3つそれぞれの要素が、SEOにおいて具体的にどのような意義を持つのか見ていきましょう。

E-A-T

Expertise(専門性)

専門性とは、そのウェブページやサイトが、何かしらの専門性に特化していることを指します。E-A-Tの3つの要素のなかでも、SEOを考えたコンテンツ作りにおいて特に重視すべきものがこの専門性です。もちろん、メインコンテンツの品質を高く保つことも必要ですが、専門性の高いサイト作りを実践することで、おのずとほかの2つの要素である権威性や信頼性も高まります。

特定のテーマやトピックに特化して、専門性の高い情報を発信し続けることで、Googleから高い評価が得られ、検索順位の上昇も期待できるでしょう。さまざまなトピックに関するコンテンツが散らばったサイトよりも、あるトピックに特化したサイトのほうが、そのキーワードのテーマにおいても専門性が高く、上位獲得を狙いやすいのです。

検索上位を獲得できれば、自然と多くのユーザーの目に触れるようになり、サイト自体の認知度も高まります。それにともなって、サイトの権威性や信頼性も向上していくでしょう。

E-A-TのE(専門性)とは

Authoriatativeness(権威性)

SEOでは、サイトの権威性も重視されます。権威性とは、サイトやコンテンツを作成した人・企業が、特定のジャンルにおいて優れていることを指します。サイトの権威性を示すにあたって有効的なのが、被リンクの獲得です。例えば、」転職関係のサイトを運営しているのであれば、他の転職やキャリアに関するメディアから外部リンクを貼ってもらうことで、権威性を高めることができます。

E-A-TにおけるA(権威性)とは

Trustworthiness(信頼性)

信頼性とは、そのサイトやコンテンツの情報が信頼できるかどうかです。Googleはコンテンツの関連性だけではなく、ウェブ上におけるそのサイトの評判も加味して、そのサイトが上位表示されるに足る信頼性を持っているかどうかを判別しようとします。

また、サイトの信頼性を高めるためには、運営者情報や著者情報を明記することが大切です。

E-A-TにおけるT(信頼性)とは

SEOにおけるE-A-Tの重要性

GoogleはE-A-Tを意識したコンテンツ作りを行っているサイト、つまりあるテーマに関する専門性が高く、権威性があり、信頼性も高いサイトを高く評価し、上位表示させています。そのため、SEOにおいてE-A-Tを考慮することは欠かせません。

YMYLとは?

「YMYL」に関連するジャンルのサイトは、特にE-A-Tが重視されます。YMYLとは、”Your Money or Your Life”の略語で、直訳すると「あなたのお金・あなたの生活」という意味です。

ここでは、YMYLとはどのような領域を指すのか確認しておきましょう。

YMYLとは

YMYLに該当するウェブページの領域

Google検索品質評価ガイドラインにおいて、YMYLは「お金や生活関連のトピックを扱うウェブページ」と定義されており、これに該当または関連する分野のウェブページは、特にE-A-Tが求められます。YMYLに該当するウェブページの領域としては、次のような情報があります。

  • 重要なニュース・時事情報
  • 政治や法律に関する情報
  • 金融・財務情報
  • 健康と安全に関する情報
  • 医療情報
  • ショッピング情報 など

Googleはページ評価をする際に、上記の分野のコンテンツの専門性や信頼性、権威性を特に重視しています。YMYLに該当するページのうち、専門性や信頼性の低い情報を掲載しているページはGoogleからの評価も低くなりやすく、検索結果の上位獲得も難しくなるでしょう。

YMYLに該当するキーワードは特に難易度が高い

YMYLの分野に該当・関連するキーワードは、特にE-A-Tが重視され、上位獲得が難しいとされています。これは、すでに検索結果の上位に専門性・権威性・信頼性の高い企業サイトが多く、SEOをするとなるとそれなりの工数が必要となるためです。

E-A-Tを高める方法

SEO効果を狙うためには、サイト設計を通して、Googleにそのサイトやコンテンツの制作者のE-A-Tが高いことを伝える必要があります。ここでは、E-A-Tを高めるためにできる、おもな施策をご紹介します。

E-A-Tを高める方法

テーマに特化したウェブサイトにする

E-A-Tを高めるためには、あるテーマに特化したウェブサイトの構築をすることが第一です。例えば「クレジットカード」のサイトであれば、「クレジットカード 選び方」「クレジットカード 年会費」など、クレジットカードに関する情報に特化させる必要がありますし、「筋トレ」というテーマに特化したサイトにしたい場合は「筋トレ 初心者」「筋トレ メニュー」などの記事を盛り込んで、コンテンツを充実させていきます。専門領域が狭くてもいいので、まずは特化させたいテーマを決めてサイト構築を進めましょう。

記事の公開日・更新日を表示させる

サイト内の記事を、毎日のようにリライトすることはできません。しかしここで踏まえておきたいのは、「記事内容が古い=評価が下がる」わけではなく、「あたかも新しい内容のように見える」ことが低評価につながるということ。記事の公開日や更新日を公開し、ユーザーが「この情報はいつの時点のものか」を明確に理解できるようにすることが大切です。

定期的なリライトを行う

ユーザーが最新情報を知りたいテーマや、トレンド性の高い内容の記事は、定期的なリライトが必要です。Googleのガイドラインにも、トピックによっては、記事内容を適切に更新すべきと記載されています。これは、情報が古くなることで誤った内容に変化したり、ユーザーを誤解させたりするリスクを低減するためと考えられます。

公式サイトや公的機関から引用する

コンテンツを書くにあたって、情報を引用する場合は、公的期間や企業サイトなどの信用できる引用元を参照しましょう。信頼性の低い情報や適切でない情報は、ユーザーに不利益な情報提供になる可能性があり、Googleの評価が下がることにつながります。

サイトの信頼性の低下にもなりえるため、個人ブログやまとめサイトなどからの情報の引用は避けましょう。

専門家の知識を入れる

専門家の情報をもとにコンテンツを作成すれば、専門性だけでなくオリジナリティや信頼性も高い記事にすることができます。専門家が記事を執筆する、あるいは記事の監修を行う方法は、ユーザーにとっても有益な情報になります。二次情報の記事ではないため、Googleからの評価も期待できます。

外部リンクを貼る・貼ってもらう

権威性のあるサイトから外部リンクを貼ってもらう、または権威性のあるサイトから引用して外部リンクを貼る方法も有効です。外部リンクの獲得は、E-A-T という言葉が登場するよりも前から、SEOにおいて効果が高いとされてきました。しかし、外部リンクを獲得することは難しく、そのためにも有益で専門性の高いコンテンツを継続的に更新する必要があります。

なお、SEO効果を得るために自作自演でリンクを獲得したり、業者からリンクを購入したりすることは、Googleのガイドラインに違反した手法であり、ペナルティのリスクが高いため避けましょう。

E-A-Tを心がけたサイト設計と運営を

E-A-Tはサイト内コンテンツの内容だけではなく、サイト運営者やコンテンツ制作者の情報や評判も影響します。Googleからの評価を高めるためにも、専門性・権威性・信頼性を意識したサイト構築やコンテンツ作りを継続することは非常に大切です。ユーザーとGoogleの両方に、適切にE-A-Tの高さを伝えられるサイト設計および運営を心がけましょう。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら