コンテンツマーケティングの目的と重要性を解説

コンテンツマーケティングの目的と重要性を解説

コンテンツマーケティングを実施するには、まずは目的の設定が重要になります。ここでは、コンテンツマーケティングは何のために行うのか、なぜ行うべきなのかについて解説します。

コンテンツマーケティングは何のために行うのか?

コンテンツマーケティングを実施することで、どのような目的を達成できるのでしょうか。ユーザーにとって有益なコンテンツを発信するという特性から、実現できることを紹介していきます。

コンテンツマーケティング 目的

ターゲットユーザーと接点をつくる

コンテンツマーケティングを行うことで、見込み顧客であるターゲットユーザーとの接点をつくることができます。見込み顧客は非認知層、潜在層、顕在層に分けられます。それぞれの顧客層に向けたコンテンツを発信することで、ターゲットユーザーとの接点をつくれます。

非認知層は、自社の商品・サービスに関するジャンルへの潜在的な関心はあるものの、自社・他社も含めて商品・サービスの存在を認識していないユーザーです。潜在層は、自社の商品・サービスに関するジャンルへのニーズはあるが、商品・サービスについての知識は少ないユーザーに相当します。顕在層は、商材購入への意思があり、自社商材と他社商材を比較検討しているユーザーです。

非認知層に対するコンテンツマーケティングの目的は、コンテンツを通じて商材に関連するジャンルおよび、自社と商品・サービスについて認識してもらうことです。コンテンツによって、商品・サービスとそれを取り巻くジャンルについてのよくある疑問や質問に答えたり、ターゲットユーザーの課題を解決する方法を提案したりします。

潜在層には、より詳細な情報を発信します。商品・サービスの特徴や競合との差異など詳しい情報を提供することが重要です。ターゲットユーザーが購入を検討する段階で、自社商品を第一に思い起こしてもらい、有力な選択肢に押し上げることを目的とします。

顕在層は購入に向けて比較検討をしていますので、自社の商品・サービスを選んでもらえるように比較検討や購入事例の紹介といったコンテンツを発信するのが有効です。ターゲットユーザーに商品・サービスを購入してもらったら終わりではなく、シチュエーションに応じて使用する方法やトラブル対応といったアフターサービス的な情報を提供していくこと。ユーザーとの長期的な関係構築を図りましょう。

ブランド力を高める

コンテンツマーケティングは、ターゲットユーザーに有益なコンテンツを届けることで自社のファンになってもらい、継続的な購入への意欲を高めてもらう手法です。したがって、自社や商品・サービスのブランディングは、コンテンツマーケティングの最も得意とするといえます。コンテンツマーケティングの目的を集客のみに置いて一過性の成果を上げることに留まるのではなく、ブランド力を高めて永続的な効果を生み出すことに置くことをおすすめします。

求める人材を獲得する

コンテンツマーケティングは、企業の人材獲得にも活用できます。少子高齢化に伴う人材の売り手市場が続いている昨今、求人企業が積極的に求職者にアプローチしていかなければ求める人材を獲得できません。求職者への積極的なアプローチは、従来的な求人広告よりも、オウンドメディアによるコンテンツマーケティングが適しています。

働き方も多様化している近年において、求職者は業務内容や待遇と並んで企業の理念や職場環境を重視しています。求人広告の既定の枠にとらわれることなく、自由に自社の魅力やスタッフの生の声を伝えるコンテンツを、オウンドメディアを通じて発信することで、ニーズとマッチする求職者を惹きつけることが期待できます。また、今は求職活動をしていないユーザーでもコンテンツに接して魅力を感じ、求職時に自社を想起してくれるかもしれません。

コンテンツマーケティングはなぜ重要なのか?

多くの企業がコンテンツマーケティングに取り組むのは、市場の動向という外的要因の影響も挙げられます。ここからは、今なぜコンテンツマーケティングが重要視されているのか、その理由を考察します。

企業の一方的な売り込みにユーザーは反応しない

ユーザーの情報を求める姿勢が能動的になるに伴い、テレビCMなどのマス広告やテレアポ、営業マンの頻繁な訪問などに代表される売り込み型のマーケティング手法も急速に力を失ってきています。インターネット上でも、バナー広告を目立つところに掲載してユーザーにクリックさせる手法は、通用しにくいのが現状です。もはやユーザーはあからさまな広告には反応しません。だからこそ、企業が伝えたい情報を一方的に伝えるのではなく、ユーザーが知りたい情報を発信することで、ユーザーとの接点をつくるコンテンツマーケティングが注目されているのです。

インターネット広告費は高騰の一途をたどっている

多くのユーザーが情報の入手先としてインターネットを活用するに伴い、インターネット広告費も年々増大しています。一方、ユーザーは自身の求める情報ではないインターネット広告に対して、クリックしなかったり、不快に感じるものをブロックしたりといった行動を習慣的に取っています。したがって、費用対効果を考えるならば、インターネット広告への大量のコスト投下はあまりおすすめできる手法ではありません。その点、コンテンツマーケティングは、ユーザーの目線に立ち、インターネット広告よりも安価に取り組むことができるので、積極的に行う企業が増加しているのです。

ユーザーの消費行動はより能動的になっている

ユーザーは比較サイトや口コミサイトなどで、求める商品・サービスの情報を収集しています。そのため、企業は自社サイトで漫然と情報を発信しても、ターゲットユーザーに自社の商品やサービスと出会ってもらうのは難しいでしょう。ターゲットユーザー像を掘り下げ、思考や行動を予測して、有益な情報を発信することで自社の商品やサービスをユーザーに知ってもらう、コンテンツマーケティングの戦略性が効果的なのです。

コンテンツマーケティングは腰を据えて取り組もう

企業のマーケティングを取り巻く状況や期待できる成果を考えると、企業は今後コンテンツマーケティングを実施することが不可欠になると考えられます。しかし、コンテンツを着実に発信してユーザーと関係性を築き、目的を達成するにはある程度の時間がかかります。しっかり腰を据えて自社のブランド力を高め、より多くのユーザーとつながることを目指して、コンテンツマーケティングに取り組みましょう。

なお、ナイルでは、さまざまなコンテンツを作成し、情報発信していきたいけれど、記事を書くリソースがないお客様にコンテンツ制作代行のプランをご用意しております。また、コンテンツマーケティング全体の戦略設計からお任せいただくこともできますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

スペースを通じて「新しい体験を売る」〜”活用事例集”としてのオウンドメディア「BEYOND」

コンテンツマーケティング 費用

コンテンツマーケティングにはどれくらい費用がかかる?

シド・フィールドの三幕構成【コンテンツづくりの三原則 第9回】

新着記事

コンテンツマーケティング 目的

コンテンツマーケティングの目的と重要性を解説

コンテンツマーケティング 費用

コンテンツマーケティングにはどれくらい費用がかかる?

コンテンツマーケティング 効果

コンテンツマーケティングの効果をアップする方法を解説

サイト内検索