コンテンツマーケティングの目的と重要性を解説

コンテンツマーケティングの目的と重要性を解説

「コンテンツマーケティングを実施する目的は?」「具体的にどんな効果が得られるの?」

と思うことはありませんか。コンテンツマーケティングは定義も広く、具体的にどんな目的で実施すべきか悩むことも多いでしょう。

そこで今回の記事は、コンテンツマーケティングの目的の例を3つ紹介します。「コンテンツマーケティングが必要となった理由」にも踏み込んで解説しているので、ぜひ最後までご一読ください。

なお、「社内でコンテンツマーケティングの進め方を共有したい」と思っている方向けに、共有しやすいダウンロード資料を用意しています。以下から無料ダウンロードの上、ぜひご活用ください(無料)!

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

コンテンツマーケティングとは何か?わかりやすく解説!

コンテンツマーケティングとは、「ユーザーにとって、有益なコンテンツ発信を軸にしたマーケティング手法」のことです。

コンテンツを軸に集客につなげたり、リードナーチャリングに活用したりできるため、マーケティングを推進する上で重要な施策です。広告のコンテンツを作成して短期で成果を上げるときにも役立ちますし、SEOなどで長期を見越した戦略にも役立ちます。

では、コンテンツマーケティングの「目的」としては、何があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

コンテンツマーケティングは何のために行うのか?目的を3つ紹介!

コンテンツマーケティングを実施することで、どのような目的を達成できるのでしょうか。

ユーザーにとって有益なコンテンツを発信するという特性から、実現できることを紹介していきます。

コンテンツマーケティング 目的

【目的1】ターゲットユーザーと接点を作る

コンテンツマーケティングを行うことで、見込み顧客であるターゲットユーザーとの接点を作ることができます。

見込み顧客は非認知層、潜在層、顕在層に分けられます。

  • 非認知層:自社の商品・サービスのジャンルに興味がない層
  • 潜在層:自社の商品・サービスのジャンルに興味があっても、製品自体を知らない層
  • 顕在層:自社サービス・商品を知っており、購入に向けて比較検討をしている層

それぞれの顧客層に向けたコンテンツを発信することで、ターゲットユーザーとの接点ができます。非認知層に対するコンテンツマーケティングの目的は、コンテンツを通じて商材に関連するジャンルおよび、自社と商品・サービスについて認識してもらうことです。

非認知層には、コンテンツによって、商品・サービスとそれを取り巻くジャンルについてのよくある疑問や質問に答えたり、ターゲットユーザーの課題を解決する方法を提案したりします。

潜在層には、より詳細な情報を発信します。商品・サービスの特徴や競合との差異など詳しい情報を提供することが重要です。ターゲットユーザーが購入を検討する段階で、自社商品を第一に思い起こしてもらい、有力な選択肢に押し上げることを目的とします。

顕在層には、購入に向けて比較検討をしていますので、自社の商品・サービスを選んでもらえるように比較検討や購入事例の紹介といったコンテンツを発信するのが有効です。

ターゲットユーザーに商品・サービスを購入してもらったら終わりではなく、シチュエーションに応じて使用する方法やトラブル対応といったアフターサービスの情報を提供していくことが重要です。ユーザーとの長期的な関係構築を図りましょう。

【目的2】ブランド力を高める

コンテンツマーケティングは、ターゲットユーザーに有益なコンテンツを届けることで自社のファンになってもらい、継続的な購入への意欲を高めてもらう手法です。

例えば新サービス・商品を、自社サイトに掲載したとします。普段から広告、SNS、SEOなどでコンテンツ配信をしていれば、「よく目にするあの企業の新商品が出たんだ!」とユーザーの目に留まりやすく、集客や販売につながります。

このように、自社のブランディングを進める上でも、必要不可欠なのがコンテンツマーケティングなのです。

【目的3】求める人材を獲得する

コンテンツマーケティングは、企業の人材獲得にも活用できます。

少子高齢化に伴う人材の売り手市場が続いている昨今、求人企業が積極的に求職者にアプローチしていかなければ求める人材を獲得できません。求職者への積極的なアプローチは、従来的な求人広告よりも、オウンドメディアによるコンテンツマーケティングが適しています。

働き方も多様化している近年において、求職者は業務内容や待遇と並んで企業の理念や職場環境を重視しています。求人広告の既定の枠にとらわれることなく、自由に自社の魅力やスタッフの生の声を伝えるコンテンツを、オウンドメディアを通じて発信することで、ニーズとマッチする求職者を惹きつけることが期待できます。

また、今は求職活動をしていないユーザーでもコンテンツに接して魅力を感じ、求職時に自社を想起してくれるかもしれません。

コンテンツマーケティングはなぜ重要なのか?必要になった理由を3つ紹介!

多くの企業がコンテンツマーケティングに取り組むのは、市場の動向という外的要因の影響も挙げられます。

ここからは、今なぜコンテンツマーケティングが重要視されているのか、その理由を解説します。

コンテンツマーケティング 目的

【理由1】企業の一方的な売り込みにユーザーは反応しない

ユーザーの情報を求める姿勢が能動的になるに伴い、テレビCMなどのマス広告やテレアポ、営業マンの頻繁な訪問などに代表される売り込み型のマーケティング手法も急速に力を失ってきています。

インターネット上でも、バナー広告を目立つところに掲載してユーザーにクリックさせる手法は、通用しにくいのが現状です。もはやユーザーはあからさまな広告には反応しません。

だからこそ、企業が伝えたい情報を一方的に伝えるのではなく、ユーザーが知りたい情報を発信することで、ユーザーとの接点を作るコンテンツマーケティングが注目されているのです。

【理由2】インターネット広告費は高騰の一途をたどっている

コンテンツマーケティングは、ユーザーの目線に立ち、インターネット広告よりも安価に取り組むことができます。

多くのユーザーが情報の入手先としてインターネットを活用していることに伴い、インターネット広告費も年々増大しています。しかし、ユーザー側は自身の求める情報ではないインターネット広告に対して、クリックしなかったり、不快に感じるものをブロックしたりといった行動を習慣的に取っているのです。

こういった背景から、インターネット広告への大量のコスト投下ではなく、コンテンツマーケティングを積極的に行う企業が増加しています

【理由3】ユーザーの消費行動はより能動的になっている

ユーザーは比較サイトや口コミサイトなどで、求める商品・サービスの情報を収集しています。

そのため、企業は自社サイトで漫然と情報を発信しても、ターゲットユーザーに自社の商品やサービスと出会ってもらうのは難しいでしょう。

ターゲットユーザー像を掘り下げ、思考や行動を予測して、有益な情報を発信することで自社の商品やサービスをユーザーに知ってもらう、コンテンツマーケティングの戦略性が効果的なのです。

コンテンツマーケティングの実践方法を紹介!

コンテンツマーケティングを実行するときは、以下の流れで進めるのがおすすめです。

  1. 体制を作る
  2. 戦略を立てる
  3. 戦略を戦術に落とし込む
  4. コンテンツを作る
  5. 効果測定と改善を繰り返す

コンテンツマーケティングは、片手間で進められるようなものではありません。社内外の体制構築を含めて進めることが重要となるため、社内でどの程度のリソースが確保できるかまずは確認することをおすすめします。

いきなり外注するのが難しい場合は、「インハウスSEOの体制の作り方」を参考に内製化を検討してもよいでしょう。その上でコンテンツ制作を行い、データをもとにPDCAを回していきます。

コンテンツマーケティング戦略は、具体的な戦術に落とし込む方法があります。戦略の立て方は、以下の記事が参考となりますのでご覧ください。

コンテンツマーケティングのよくある4つの疑問を解説!

最後に、コンテンツマーケティングを進めるときのよくある疑問にお答えします。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

コンテンツマーケティング 目的

【疑問1】今までの手法とは何が違うのか?

「企業が知ってほしい情報」だけでなく、「顧客が知りたい情報」を伝える手段としてコンテンツマーケティングが注目を集めています。

今までは、企業が発信したい情報を発信することで見る側に良さが伝わり、商品の購入やサービスの導入につながっていました。

現在は、誰でもインターネット上で必要な情報を調べられる時代です。 顧客自身が必要な機能、メリット、効果などを比較検討できることから、「比較検討された上で、自社商品・サービスを選んでもらう工夫」が必要となります。

【疑問2】コンテンツマーケティングに役立つツールはある?

無料から有料のツールまでいろいろありますが、まずは無料でできるツールを押さえておくことをおすすめします。

例えばデータ計測・分析に使う、「Google AnalyticsやSearch Console」などです。以下でサクッとわかる説明をまとめているので、ぜひご一読ください!

なお、これからコンテンツマーケティングを始める方には、本も参考にするとよいでしょう。以下でおすすめ専門書を7つ紹介しているので、併せてご一読ください!

【疑問3】コンテンツマーケティングのメリット・デメリットは?

「コンテンツマーケティングが良いことはわかったけれど、デメリットはないの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

以下のようなデメリットは、始める前に念頭においてください。

▼コンテンツマーケティングのデメリットの例

  1. 成果が出るまでに時間がかかる
  2. 継続的にコンテンツを作り続ける必要がある
  3. 必ず成果が出るとは限らない

とはいえ、上記のことはプロに相談することで解決できるケースも多く、長い目で見れば以下のようにメリットのほうが多いといえるでしょう。

▼コンテンツマーケティングのメリットの例

  1. やり方次第で低予算でスタートできる
  2. 集客効率がいい
  3. 過去のコンテンツが資産となる
  4. ソーシャルメディアと相性がいい
  5. 外注でリソースを確保できる

なお、メリット・デメリットの詳細については、以下で詳しくまとめています。コンテンツマーケティングを実施する前にぜひ見ておいてください。

【疑問4】コンテンツマーケティングで成功した事例はある?

コンテンツマーケティングに成功した事例は、たくさんあります。

参考として、弊社で支援した成功事例を2つご紹介します。

▼事例1:ゼロからはじめるクレジットカード(三井住友カード株式会社)

  • インハウスSEOが行えるくらいの社内体制の構築をサポート
  • アウトソースの柔軟性も活かせる状況を整備
  • 質の高いコンテンツマーケティングの継続的な実施を実現

ゼロからはじめるクレジットカード~初心者のための使い方・作り方~

 

▼事例2:アンテロープキャリアコンサルティング株式会社

  • 現状のデータを分析し、コンバージョン率が低い原因を整理
  • 仮説を立てて検証し、成果が出た施策を共有して内製化を実現
  • 検索結果の露出状況が、30~50程度から60~90近くまでアップ

アンテロープキャリアコンサルティング株式会社

 

ほかにも、コンテンツマーケティングの成功事例はいろいろあります。ぜひ以下もご一読ください!

コンテンツマーケティングは腰を据えて取り組もう

コンテンツマーケティングは、最初にお伝えしたように以下のような目的を実現できる可能性を秘めています。

  • ターゲットユーザーと接点を作る
  • ブランド力を高める
  • 求める人材を獲得する

企業のマーケティングを取り巻く状況や期待できる成果を考えると、企業は今後コンテンツマーケティングを実施することが不可欠です。しかし、コンテンツを着実に発信してユーザーと関係性を築き、目的を達成するにはある程度の時間がかかります。

しっかり腰を据えて自社のブランド力を高め、より多くのユーザーとつながることを目指して、コンテンツマーケティングに取り組みましょう。

とはいえ、0から調べてコンテンツマーケティングを進めていくのは大変なことです。これからコンテンツマーケティングを進めようと思っている方に向けて、弊社のノウハウをまとめた資料をご用意しています。ぜひご活用ください(ダウンロード無料)。

  • コンテンツマーケティングの流れ
  • コンテンツマーケティング成功の秘訣
  • 投資対効果を最大化するための効果測定の考え方

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

オウンドメディア外注のメリット

オウンドメディア運営を外注するメリットは?選び方のポイントを解説

月間はてブ6,000超えの「Books&Apps」に聞く、SNSで広がる記事の作り方

モノ・コト・トキの三原則【コンテンツづくりの三原則 第11回】

新着記事

webコンサルティングとは

Webコンサルティングは何をしてくれる?導入のメリットを解説!

岸 穂太佳が執筆した『現場のプロが教える! BtoBマーケティングの基礎知識』発売中!

ecサイト

ECサイトとは?実際の運営ポイントまで解説