オウンドメディアとは?重要な理由や効果、始め方をやさしく解説

オウンドメディアとは?重要な理由や効果、始め方をやさしく解説

オウンドメディアは企業が運営するメディアのことで、マーケティング施策を進める上で重要な架け橋です。広告やSEOなどからオウンドメディアに集客したり、メールマガジンなどから記事を紹介してナーチャリングを進めたりすることもできます。

しかしほかにもマーケティング施策があるなか、なぜオウンドメディアをやるべきなのかイメージしづらい方も多いのではないでしょうか。

本記事では、オウンドメディアの概要や重要視されている理由、取り組むことで得られる効果などについて解説します。記事中盤から「オウンドメディアの始め方」や「成果を出すためのコツ」も解説しているので、ご一読ください。

なお、オウンドメディアの構築は専門知識が求められることも多いです。もしも構築にお悩みの方は、以下から問い合わせください。

オウンドメディアの立ち上げ・運用をプロが支援します

ナイルが提供するオウンドメディア支援サービス、記事制作・コンテンツ制作代行を詳しく紹介しています。「見積もりが欲しい」「オウンドメディアを作っていいか不安」とお考えでしたら、お気軽に無料相談をお申し込みください!

資料をダウンロードする

無料相談に申し込む

オウンドメディアとは

冒頭でもお伝えしたとおり、オウンドメディアは「企業が自社で運営するメディア」のことです。

オウンドメディアは「企業が自社で運営するメディア」のこと

 

広義にはパンフレットやカタログ、ホワイトペーパーなども含まれますが、日本では企業が運営するウェブメディアのことを指すのが一般的です。本記事では、企業が運営するウェブメディアについて重点的に解説します。

オウンドメディアを運営する主な目的

オウンドメディアは、自社やサービスの認知度向上を狙ったり、見込み顧客のリードを獲得して売上につなげたりすることを目的にする場合が多いです。

下記の図を、参考にしてください。

オウンドメディアの目的

 

例えばSEO記事(検索流入を目的とした記事)を制作してメディアが育つと、Googleなどから安定的な検索流入が見込めます。

さらに、資料のダウンロードや問い合わせにつながることもあり、顧客との接点作りにも効果的です。

ほかにも、自社の活動を積極的に発信することで採用活動やブランディングにつなげるなど、長期的なマーケティングを行うのに適しています。

オウンドメディアの運営は、目的によって目指すべき指標は変わってきます。

今後オウンドメディアを運営するのであれば、下記の記事にてそれぞれの運営目的に合わせた指標を解説しているので、こちらもぜひご一読ください。

オウンドメディア以外のメディアの種類

オウンドメディア以外にもメディアの種類は色々あります。

中でも企業がマーケティング戦略として使うWebメディアを「トリプルメディア」と呼び、オウンドメディアもそのひとつです。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

トリプルメディアの違いと特徴

 

メディアの種類を完璧に押さえる必要はありませんが、今後オウンドメディアを含めた集客施策を進める上で、違いについては理解しておくことをおすすめします。

オウンドメディアが重要視されている理由

オウンドメディアが重要視されている理由は、以下の2つです。

オウンドメディアが重要視されている理由

理由1 オンラインで集客する仕組みを構築できる

1つ目の理由は「オンラインで集客する仕組みを構築できる」ことです。具体的に言うと、以下のようなオンライン集客を実現できます。

  • リスティング広告やSEO記事を経由して「検索エンジン」から集客
  • 記事に訪れた人に「資料ダウンロード」や「メールマガジンへの登録」を訴求

つまり、オウンドメディアに人を集めて、見込み顧客との接点を持てるというわけです。

オウンドメディアが育つまで時間はかかるものの、成果が出てくると安定的な集客が実現できるため、集客以外の施策やプロダクト改善などに注力できます。

理由2 作ったコンテンツが資産になる

2つ目の理由は「作ったコンテンツが資産になる」ことです。オウンドメディアは記事を作って集客する都合上、制作した記事が資産になります。

例えば広告の場合、出稿する期間が長くなるほど費用がかかりますし、出稿が終わった時点で役割は終了です。また、SNSの場合は、瞬間的な集客にはつながりますが、一度の投稿で集客し続けることは困難です。

一方で、オウンドメディアで検索エンジンから集客を行う「SEO記事」を作った場合、その記事が検索結果に表示され続ける限り、検索流入が見込めます。

このような理由から、広告やSNSなど特定の方法だけで集客するのではなく、オウンドメディアも組み合わせて集客を強化する企業が増えています。

オウンドメディアに取り組むことで得られる3つの効果

オウンドメディアに取り組むことで得られる効果は、次の3つです。

オウンドメディアに取り組むことで得られる3つの効果

効果1 SEOを強化できるため検索流入が見込める

オウンドメディアでは、SEO記事を制作して検索エンジンからの集客を強化できます。

SEO記事は、簡単に言うと「インターネットで検索したときに表示される記事」のことです。検索する「キーワード」ごとに検索ボリューム(月に検索される数)が決まっており、キーワードごとに記事を書いて検索上位に表示されると検索流入が見込めます。

例えばオウンドメディア関連のキーワードの場合、以下のようなキーワードがあります。

キーワード 検索ボリューム
オウンドメディアとは 7,200
オウンドメディア 成功事例 960
オウンドメディア マーケティング 280

 

この場合「オウンドメディア 成功事例」で検索したとき、月に960回読まれる可能性があるというわけです。

厳密にはあくまでも予想値であるため、検索ボリュームほど読まれないこともあります。また、検索結果に表示されても、自社の記事を必ずクリックして読んでもらえるとは限りません。

とはいえ、順位の高い記事を積み重ね、クリックしたくなるタイトル名をつけていくことで、検索流入が見込めます。

なお、SEOの詳細については下記記事で解説しているので、ご一読ください。

効果2 メールマガジンの登録や資料ダウンロードなどのCVにつながる

オウンドメディアは、オウンドメディアに訪れるユーザを増やすためだけのものではありません。記事に訪れた人を営業につなげるためのアシストを行う役割も持っています。

具体的に言うと「メールマガジンの登録」や「資料ダウンロード」、「問い合わせ」などです。マーケティング用語ではコンバージョン(CV)と呼ばれており、オウンドメディア経由でどのようにCVさせるかが、その後のマーケティングに大きく響いてきます。

例えばメールマガジンを登録してもらうことができれば、定期的にメールマガジンを配信して顧客にアプローチが可能です。メールマガジンの開封率を見つつ興味関心度の高いユーザにだけ、無料相談のお誘いをするメールを送った場合はどうでしょうか。

無料相談から自社サービスの導入につながる可能性があり、営業のアシストが可能です。

ほかにも、自社のサービスや商品を記事内で紹介することで、問い合わせにつながるケースも少なくありません。このように、いわゆるリードの獲得にもオウンドメディアは貢献します。

効果3 制作する記事によってはブランディングも強化できる

オウンドメディアで制作する記事は、SEO記事だけではありません。有識者にインタビューした上で作る「取材記事」や自社ならではの色を出した「コラム記事」、自社サービスや商品を使う人に取材をした「導入事例記事」などもあります。

特にコラム記事の場合は、自社の想いを乗せた記事を作ることも可能です。

例えば営業支援や業務効率化につながるツール「CRM(顧客管理システム)」を扱っている会社の場合、サービス提供している中で意識していることや実体験にもとづいた効率化ノウハウなどを記事化できます。

また、自社のビジョンや顧客に対する想いを、記事の中で伝えることも可能です。

すると、「営業の効率化支援に強く、顧客に丁寧な対応でサービス提供している企業」と認知されるようになり、ブランディングが強化できます。このように、オウンドメディアは記事を通じたブランディングにも有効です。

\「専門用語が難しい…」と思われましたら本資料も併せてご覧ください/

オウンドメディアの始め方

ここからは、オウンドメディアの始め方を解説します。手順は、以下のとおりです。

オウンドメディアの始め方

ステップ1 WordPressなどでメディアを構築する

まずは、WordPressなどのメディアを構築できるCMSを利用し、オウンドメディアを構築していきましょう。WordPressは最もよく使われているCMSの1つで、レンタルサーバーなどを契約すると簡単にインストールができます。

また、AzureやAWSなどのクラウドサービスを利用して構築することも可能です。自社の情報システム部などと連携しながら、サーバーにWordPressをインストールして構築していくことをおすすめします。

なお、WordPressの特徴や利用するメリット、細かい設定方法などについては下記記事で詳しくまとめているので、ご一読ください。

ステップ2 オウンドメディアの目的を決める

メディア構築の準備ができたら、オウンドメディアの目的を決めましょう。目的がうまく決められない場合は、以下4つの分類から考えることがおすすめです。

オウンドメディアの目的がうまく決められない場合に参考にして欲しい4つの例

 

なお、立ち上げてすぐ売上に直結する運営はなかなか難しいものです。まずは集客を目的にオウンドメディアを育てつつ、検索流入が増えてきたタイミングで目的を切り替えていくことがおすすめです。

なお、弊社では「集客」を目的にオウンドメディアを始めました。そのために、まずはコンテンツをしっかり作成できる体制構築を目指し、体制が整ってから「PV(ページビュー)」や「SS(セッション数)」といった数字を追い始めました。

オウンドメディアの目的や考え方については、以下の記事をご一読ください。

ステップ3 記事を届けたいペルソナを明確化する

オウンドメディアの目的が決まったら、記事を届けたいペルソナを明確にしましょう。ペルソナとは、自社サービスを届ける具体的な顧客像を言語化したものです。

ターゲットと似ていますが、ペルソナの方がより深掘りしています。

ターゲットとペルソナの違い解説図

 

「ここまで細かく考えなくてもいいのでは?」と思うかもしれません。しかし、ペルソナ設定はSEO記事を作成する際のキーワード選びやコンテンツ作成に役立つため、オウンドメディアを始める段階で考えておくのがおすすめです。

ペルソナの解説図

 

例えば弊社が支援した「製造業向けの商材を扱う企業」のオウンドメディアでは、ユーザーインタビューを実施した上でペルソナを設計しました。その結果として生まれたのが、「製造業の大企業に所属し、イノベーター気質があって、これからリーダー層を任されていく」という設定のFさんです。

ペルソナが明確になっているからこそ、「そろそろMBAやPMOを取るかもしれない」と想像でき、コンテンツ作りの優先順位を決められました。

なお、ペルソナの具体的な整理方法や作成時に気をつけるポイントについては、下記記事で詳しく解説しています。

ステップ4 競合メディア考慮してコンセプトを決める

すでに競合サービスがオウンドメディアを展開していることも多いため、コンセプトを決めた上で差別化することが重要です。コンセプトがないと、他社の二番煎じとなりかねません。

競合メディアを分析した上で、自社ならではのオウンドメディアのコンセプトを決めましょう。

コンセプトを設計するときは、以下の流れがおすすめです。

オウンドメディアのコンセプト設計4ステップ

 

特に自社の強みを明確化し、オウンドメディアで解決したい課題と組み合わせてコンセプトを作ることが重要となります。例えば「商談率が悪く困っている方(課題)に向けて、質の高い営業方法(解決策)を学べるメディア」にするなどです。

ちなみに、弊社では「SEOやウェブマーケティングなどのコンサル業を提供する企業として、SEOに役立つ情報や、コンテンツ、CM、広告などのマーケティング情報を発信する」というコンセプトでオウンドメディアを運営しています。

コンセプトの具体的な設計方法が気になる方は、下記記事をご一読ください。

ステップ5 記事制作を行うチームを作る

コンセプトまでできたら、記事制作を本格的に進めていくために「記事制作チーム」を作りましょう。チームを作る際は、以下の流れで進めることがおすすめです。

  • 社内で執筆できる従業員がいるか整理する
  • 記事執筆に使える予算を整理する
  • SEO業者や制作会社などを調べてパートナーを選定する
  • 外部パートナーも踏まえて記事制作チームを作る

チーム作りで伝えたいポイントは「すべて自社で行う必要はない」ということです。

実際に、ナイルでは代々一人の正社員がオウンドメディアを担当しています。一人の担当者でオウンドメディアを運営できている理由は、外部の方に協力いただいているからです。

記事の作成や運営は外注して進める企業も多いため、チーム作りの際はすべてを自社で行おうとせず、外注も視野に入れておくことをおすすめします。

なお、外部パートナーにどこまで何を依頼できるのかイメージできない方は、以下の記事をご一読ください。

ステップ6 記事のキーワードやテーマを決める

記事制作のチームが作れたら、実際に記事制作を進めていきます。とはいえいきなり文章を書きだすわけではなく、記事のキーワードやテーマを決めていくのが最初のステップです。

キーワードの選定方法はいろいろありますが、いきなり技術的なキーワード選定を頑張ろうとすると覚えることが多く、ハードルが高くなってしまいます。まずはカスタマージャーニーを活かしたキーワード選定がおすすめです。

カスタマージャーニーとは、以下のように「認知」「情報収集」「比較検討」などの段階に分けて顧客の「行動」や「状況」を考える方法です。

カスタマージャーニーからSEOキーワードを考える一例

また、ターゲットが検索しそうなキーワードも段階に分けて整理すると、選ぶべきキーワードを見つけやすくなります。

キーワード選定の具体的な流れや考え方については、下記の記事で解説しています。

ステップ7 記事執筆を行い入稿して公開する

キーワードが選定できたら、実際に記事を執筆しWordPressに入稿して公開します。

WordPress入稿は操作になれるまで時間がかかることもあるので、最初は外部パートナーと手を組みながら一緒に進めていくことがおすすめです。慣れてきたタイミングで内製化に振り切ると、外注費を抑えてオウンドメディアの運営ができます。

なお、記事公開時はSNSアカウントなどで情報発信したり、メールマガジンなどから既存顧客に届けたりと、どのように見てもらうかを考えることも大切です。

SNSを活かした集客については、下記の記事をご一読ください。

オウンドメディアで成果を出すためのコツ6つ

オウンドメディアは、ただ運営していれば成果が出るわけではありません。闇雲に記事を書いても検索流入が増えないということもあるので、戦略的に進めていきましょう。

ここでは、オウンドメディアで成果を出すためのコツを6つ紹介します。

コツ1 質の高い記事を安定的に作れるようにする

1つ目のコツは「質の高い記事を安定的に作れるようにする」ことです。何を当たり前のことをと思ったかもしれませんが、質の高い記事を継続して作成するのは簡単ではありません。

そもそも、質の高い記事とはどのようなものなのでしょうか?具体的には、下記のような7つの条件を満たしていると、高品質な記事と言えます。

高品質な記事の7つの条件

 

もしも高品質な記事作成に必要な条件や具体的な進め方を知りたい方は、下記の記事もご一読ください。

コツ2 フェーズごとにKPIを決めて運営する

オウンドメディアに限らず、マーケティング施策を打つときは「目標」を立てるのではないでしょうか。特にKPIと呼ばれる数値目標を管理し、目的達成のために施策を打っていくことはよくあります。

オウンドメディアでKPIを考えるときは、フェーズごとに切り替えていくことが重要です。具体的に言うと、以下のフェーズに分けて考えていくことをおすすめします。

フェーズ KPIの例
立ち上げ初期(〜1年)
  • 月の記事数
  • 月のPV数(ページの閲覧数)やUU数(ユーザ数)
中期(1年〜1年半)
  • 検索順位
  • ユーザのSS数(再訪回数)
後期(〜2年)
  • 目標ページへの到達数
  • CV数(問い合わせ、メールマガジン登録、資料ダウンロードなど)

 

なお、オウンドメディアのKPIについて詳しく知りたい方は、下記記事で解説していますので、併せてご一読ください。

コツ3 記事の実績データを分析して改善を行う

オウンドメディアは、記事執筆すれば順位がつくとは限りません。順位がついたとしても検索結果の1ページ目に表示されるとは限らず、なかなか読んでもらえないこともあります。

検索上位に表示させたいのであれば、定期的にデータ分析して改善していくことが重要です。

例えば対象のキーワードで検索結果を見たとき、自社で作成した記事が14番目に表示されていたとします。この場合は、競合上位の記事を見つつ「上位記事と比べて自社記事に足りない点」を探し、コンテンツを見直さなければなりません。

単純に見出しレベルで情報量が足りていないケースや、見出しのレベル感は変わらないものの記事の質(記事内に図解が多く読みやすいなど)で負けており、競合上位の方がわかりやすい記事になっているケースもあります。

また、仮に1位や2位などの検索順位がついた場合も、数ヵ月たったときに順位が落ちてしまうかもしれません。順位をキープするためにも、定期的な分析がとても重要です。

なお、オウンドメディアの分析については下記記事でまとめていますので、併せてご一読ください。

コツ4 PV数やユーザ数だけではなくCV数も考慮する

集客や売上目的のオウンドメディアで成果を出したいのであれば、PV数やユーザ数などの「見られた数」だけではなく、営業のアシストにつながる「CV数(資料ダウンロード数や問い合わせ数)」などを追っていくことが重要です。

例えば月間10万PVでも、問い合わせ数が3件であれば、売上につながる商談の数が足りず、目的を達成できません。

一方で月間PVが半分の5万でも、問い合わせ数が30件であれば、10万PVのときよりも10倍もの数の顧客と接点ができ、商談や売上につなげられます。

このようにCV数は商談数や売上などに直結するため、ある程度オウンドメディアが育ってきたタイミングで追っていくことが重要です。

なお、コンバージョンについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご一読ください。

コツ5 記事からCVにつながる関連コンテンツを作る

コツ4に関連して、CVにつながる関連コンテンツの制作もとても重要です。例えばオウンドメディアからは「ホワイトペーパー」と呼ばれる、お役立ち資料のダウンロードを促します。

しかし、資料と関連が薄いキーワードで書いた記事にダウンロードボタンを置いても、まずクリックされません。少なくとも関連があること、もしくは資料を記事化するようなイメージで「CV先との関連が高い記事」を用意することが重要です。

例えば「SEO初心者向けマニュアル」を作ったとします。この場合は「SEO 初心者」や「SEO とは」のような、SEOで悩んでいる人向けの記事にダウンロードボタンを設置した方が、クリックされやすくなるイメージです。

なお、ホワイトペーパーの詳細については下記記事で詳しくまとめているので、気になる方はご一読ください。

コツ6 有識者に相談して改善案をもらう

オウンドメディアの運営はフェーズによって悩みも変わりますし、扱うジャンルや競合上位メディアの状況などによって、どのようなキーワードを取っていくべきかが変わります。

そのため、長く運営を続けて記事を作成し続けているにもかかわらず、なかなか成果が出ないケースも珍しくありません。

成果が出ずに悩み続けるよりも、プロに相談した方が効率的に成果を出しやすくなるのでおすすめです。もしもSEO経由での集客を考えている方は、以下から問い合わせください。

オウンドメディアを始める前の他社事例を紹介

最後に、3社のオウンドメディア事例を紹介します。

それぞれ、運営の目的やコンセプトが異なるオウンドメディアです。自社でどのようなオウンドメディアにするべきか悩んだときは、ぜひ参考にしてみてください。

オウンドメディアを運営した< 3社の成功事例 >(会社のオウンドメディアに成功し、充実した表情のビジネスパーソンたち)

【事例1】NYLE ARROWS(ナイル株式会社)

はじめに紹介するのは、採用系のオウンドメディアの事例として株式会社NYLEが運営している「NYLE ARROWS」です。

NYLE ARROWSでは、自社の社員へのインタビューを主に行っており、「どのような人たちが働いているのか」「どんな理念の会社なのか」「どのような取り組みを行っているのか」などを発信しています。

NYLE ARROWS(ナイル株式会社)(2023年7月)TOP画面キャプチャ

出典:NYLE ARROWS(ナイル株式会社)(2023年7月)

採用系のオウンドメディアでは、求職者目線でコンテンツを作成するのが重要です。

そのため、求職者が気になりそうな「どのような働き方ができるか」「どんな人たちが働いているか」が伝わるコンテンツづくりを意識しましょう。

【事例2】サイボウズ式(サイボウズ株式会社)

サイボウズ株式会社が運営する「サイボウズ式」は、自社の情報やビジネスに役立つ情報を発信しているオウンドメディアです。

組織のあり方」や「働き方」など、ビジネス向けの発信を中心としています。

サイボウズ式(サイボウズ株式会社)(2023年7月)TOP画面キャプチャ

出典:サイボウズ式(サイボウズ株式会社)(2023年7月)

自社の発信だけではなく、読者に役立つ情報を発信することで、ブランディングや読者との信頼関係を築くオウンドメディアとして参考になる事例です。

【事例3】北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)

最後に紹介する事例は、株式会社クラシコムが運営している「北欧、暮らしの道具店」というオウンドメディアです。

北欧、暮らしの道具店はECサイトと一体型のオウンドメディアになっており、商品の情報と併せて商品の魅力や活用方法を紹介するコンテンツも発信しています。

北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)(2023年7月)TOP画面キャプチャ

出典:北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)(2023年7月)

商品情報に加えてユーザーに役立つ情報も提供しているため、オウンドメディアのファンを増やしたいと考えている企業に参考になる事例です。

また、ECサイトと一体型のオウンドメディアのため、自社商品の販売などを行っている企業にもいいでしょう。

オウンドメディアは集客する上で強力な武器となる

ここまでオウンドメディアの概要や重要な理由、始め方や成果を出すコツなどについて解説しました。オウンドメディアは広告やSEOなどの集客の入り口としても使えますし、資料ダウンロードを促してその後の営業活動にパスを出す役割もあります。

育つほどにオンライン営業を支える強力な武器となるので、少しずつでも取り組むことがおすすめです。とはいえ、オウンドメディアを育てるには「安定的に高品質な記事を作って行くこと」がとても重要となります。

もしも社内で記事制作のノウハウがあまりない、リソースがあまりないなどお悩みの方は以下から問い合わせください。

オウンドメディアの立ち上げ・運用をプロが支援します

ナイルが提供するオウンドメディア支援サービス、記事制作・コンテンツ制作代行を詳しく紹介しています。「見積もりが欲しい」「オウンドメディアを作っていいか不安」とお考えでしたら、お気軽に無料相談をお申し込みください!

資料をダウンロードする

無料相談に申し込む

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

hondana3

【#ナイルの本棚】2020年5~6月の紹介書籍まとめ

小学館の女性メディアが月間1,950万UUに急伸!その基盤となった「ブランド第一主義」とは?

SEOライティングで上位を狙うには?5つの心構えと10のポイント

SEOライティングで上位を狙うには?5つの心構えと10のポイント

新着記事

【下書き_五十嵐】コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介

【2024年バレンタインギフト購買調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。