リスティング広告とは?特徴とメリット・デメリットを解説

更新日: 公開日:
リスティング広告とは?特徴とメリット・デメリットを解説

リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれ、検索キーワードに応じて検索結果上に表示される広告のことです。サイトの閲覧数や成果を伸ばすため、リスティング広告の出稿を検討している企業様も多いのではないでしょうか。

ここでは、リスティング広告のメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

この記事のポイント

  • リスティング広告とは、検索キーワードに応じて表示されるWeb広告の一種
  • ユーザーがクリックすると課金されるシステムのため、予算や目標に合わせて使うことができる
  • 特定の商材でクリック単価が高騰し、大幅な予算が求められるケースもある

 

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索キーワードに応じて検索結果上に表示される広告を指します。検索連動型広告とも呼ばれ、ユーザーがクリックするごとに課金される(PPC:Pay Per Click)のがその特徴です。Google 広告(旧Google AdWords)やYahoo!プロモーション広告が有名です。

リスティング広告

 

Google 広告 – 気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう

リスティング広告には本来「コンテンツ向け広告」も含まれる

しかし、リスティング広告は本来は「コンテンツ向け広告」も含みます。コンテンツ向け広告とは、配信先のコンテンツのテーマやユーザーの属性などに合わせて表示される広告のことです。特定のページを閲覧したユーザーを追跡して広告を表示させる「リターゲティング広告」もここに含みます。

Yahoo!知恵袋

Yahoo!プロモーション広告でサイトへの集客アップ | Yahoo! JAPAN

検索連動型広告と異なり、テキストだけではなくバナーなどの画像訴求ができることも特徴の1つです。

 

リスティング広告の特徴

※ここからは、主に検索連動型広告について解説します。

メリット

    • すぐに露出開始できる

Google 広告やYahoo!プロモーション広告の審査を通過すればすぐに始めることができ、比較的早く成果に結びつけることが可能です。そのため、仮説の検証も素早く行うことができます。

    • 希望するユーザー層にターゲティングできる

キーワードをもとにターゲットを絞ることで、自社のサービスに対して興味・関心の高いユーザーに絞り込んで広告を出稿することが可能です。

    • クリック課金である

掲載した広告がクリックされない限り広告費がかからないため、予算や目標に合わせてユーザーをサイトに誘導することが可能です。また、クリック単価が明確で費用対効果が見えやすいため、アクセス解析などの効果検証もしやすいです。

デメリット

    • 限られた予算内では運用幅が限定される

少額からでも回せるのがメリットと言えますが、やはり予算が大きい方が運用に幅を持たせられます。また、特定の商材ではクリック単価が非常に高騰しており、それ相応の資金がなければ表示すらされないという可能性もあります。

    • 運用コストがかかる

これはデメリットではありませんが、当然ながら、リスティング広告を運用し続ける限りその運用にはコストがかかります。代理店に運用を依頼する場合は運用フィーや折衝コストが、自社で運用する場合にも運用担当者のコストが発生します。

関連記事:SEMとは?
関連記事:SEOとは?

SEOとリスティング広告は比較されることも多く、どちらに優先して取り組むか悩ましい部分もあるかと思います。迷った際には合わせてこちらの記事もご覧ください。
[寄稿] SEO?リスティング広告?限られた予算の中で投資するならどっち?

また、SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方はこちらの記事がおすすめです。
SEOとは?SEO対策を検索エンジンの仕組みと絡めて技術要件、コンテンツ制作など詳しく解説

 

サイト内検索

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら