【目的で選ぼう】Web広告にはどんな種類があるのか、詳しく解説!

更新日:
【目的で選ぼう】Web広告にはどんな種類があるのか、詳しく解説!

Web広告は取り組みやすい集客施策であり、多くの企業で利用されています。ただ、Web広告の種類はさまざまで得られる効果も異なるため自社サイトに合った広告選びが重要です。

そこで今回の記事では、Web広告を利用するときにスムーズな選択ができるよう、それぞれの種類や特徴、強みを解説していきます。

また、BtoB企業のマーケティングの基本について、わかりやすく解説した無料のPDF資料をご用意しております。

お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより資料をお申し込みください。

\BtoB企業のマーケティングをやさしく解説!/

そもそもWeb広告とは何か

Web広告とは、インターネット(Web)上のメディア(媒体)に掲載されるすべての広告のことです。

別名、インターネット広告、オンライン広告、デジタル広告とも呼びます。Webメディアは、広告枠を持つWebサイト、検索エンジンの検索結果ページ、メール、SNS、動画などさまざまです。

デジタルデバイスの進化と普及、通信環境の整備も相まって、もはやインターネットと社会生活は切り離せないものとなっています。Webメディアを通じてWeb広告を目にする機会は、日常的な光景といっていいでしょう。

Web広告のニーズが高まっている背景は?

Web広告は現在、急速に市場規模を拡大させています。

電通が発表した調査レポート『2021年 日本の広告費』にもあるように「マスコミ四媒体広告費(新聞・雑誌・ラジオ・テレビメディア広告)」を「インターネット(Web)広告費」がはじめて上回ったことは多くのニュースにも取り上げられました。

参考:「2021年 日本の広告費」解説-広告市場は大きく回復。インターネット広告費がマスコミ四媒体の総計を初めて上回る(ウェブ電通報/株式会社電通)

コロナ禍以降、広告全体の落ち込みが見られるなかでもWeb広告はプラス成長を達成しました。これは、さまざまな経済活動がWeb上に移行し、従来型広告からWeb広告へのシフトと考えられます。

また、従来型広告の弱点であった「一度掲載すると途中変更しづらい」「どれだけ効果があったか、測りづらい」「広告コストが割高になってしまう」「消費行動につなげづらい」「年齢や性別など、望む属性へのリーチがしづらい」などの課題も、Web広告ならば克服できます。

「広告本文やキーワード、デザインを柔軟に変えられる」「シミュレーションや効果測定ができる」「少ないコストから始められる」「ユーザーの行動を促進できる」「ターゲットを絞った掲載・配信ができる」といった点は、Web広告の大きな特徴です。

さらに広告配信の自動化や最適化が進み、短期間で効果を得やすくなったのも、Web広告が急成長した要因に挙げられます。

Web広告には、どんな種類と特徴がある?

Web広告には数多くの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。

広告をかけたい商品やサービス、掲載の目的に応じてどのWeb広告を用いるのが最適なのかは変わってきます。また、運用を行うのにも知識が必要です。ここからはWeb広告の種類と出稿・課金方法などを解説します。

より多くのユーザーにリーチしたい場合、おすすめのWeb広告

Web広告の中でも、多くのユーザーにリーチしやすいタイプを紹介します。

それぞれ特徴があり、活用方法によっては特定ユーザーへのリーチも可能です。

Web広告 種類

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、WebサイトやSNS、スマホアプリに入る広告のことです。

パソコンやスマートフォンでコンテンツを見ていると、広告で動画が流れるのはよく目にすることでしょう。Yahoo!Japanのトップページに表示される広告も同様です。年齢や性別、地域、過去のWebサイト閲覧履歴などをもとに、細かなターゲティングを行うことができます。

Web広告 種類

そのため、まだ商品やサービスを知らない潜在ユーザーへの認知に適しています。また目を引くビジュアルの広告など視覚的なアプローチもできるでしょう。

ユーザーが広告をクリックすることで初めて広告料金が発生する「クリック課金型」なのも、ディスプレイ広告の特徴です。ただし、検索意欲が高い人を対象とはしないため、離脱が多くなる点には注意しましょう。

SNS広告

SNS広告とは、TwitterやFacebook、Instagram、LINEといったSNS上に掲載されるWeb広告のことです。

急速な普及を遂げるSNSは、年代層やライフスタイルに応じて利用者が異なります。SNSの特徴を十分に加味した広告掲載を行えば、より高い効果が得られるでしょう。

Web広告 種類

また性別・年齢だけではなく、学歴や趣味、フォロー状況など、他のWeb広告では設定が困難な細かなターゲティングができるのも特徴です。

例えば、SNSを開くと「ビジネス系インフルエンサーも利用するTwitterならば、専門分野のノウハウ記事やセミナー告知といったビジネスマーケティングに応用しやすい!」といったPR文を見たことがあるかもしれません。ただし、適切な運用をしないと特定ユーザーに配信し続けてしまう点には注意が必要です。

YouTube広告・動画広告

YouTube広告・動画広告とは、動画コンテンツを配信するWeb広告のことです。

テキストや画像と比較して伝えられる情報量が非常に多いため、効果を出しやすい広告といえるでしょう。YouTubeをはじめとする動画プラットフォームやニュースサイトでテレビCMのように差し込まれる「インストリーム広告」があります。

Web広告 種類

特に注目度が高いのは、YouTube広告です。ユーザーの趣向に合わせた広告配信が行え、より高い効果を得られます。ただし、動画を途中でスキップされて最後まで視聴しない可能性は踏まえておきましょう。

また、Yahoo!Japanのトップページやキュレーションサイトのバナー部分に表示される「インバナー広告」もそうです。

SNSのタイムライン上に掲載される「インフィード広告」、ユーザーがWebサイトを閲覧中に表示・再生される「インリード広告」なども動画広告に含まれます。

純広告(バナー広告)

純広告とは、Webメディアの広告枠を購入して掲載するバナー広告のことです。

メディア側の設定や契約内容にもよりますが、ある程度の期間、広告掲載が続くため、商品やサービスをまったく知らない低関心ユーザーへのアプローチが可能となるでしょう。

Web広告 種類

Yahoo!Japanなど、メジャーなWebメディアであれば露出度も高く、大きな効果を得られます。その一方で、広告枠の単価も上がり、多くの費用を伴うことは注意しなければなりません。

アドネットワーク広告・DSP

アドネットワーク広告とは、多くのサイトが集約された広告配信ネットワークのことです。

ネットワークを通じて、複数のWebサイトにまとめて広告を配信できる手法です。DSP(Demand-Side Platform)と呼ばれるツールを利用して、ひとつのプラットフォームのみで管理できます。

最大のメリットは、「一括」の広告配信となるため作業効率を高めることができる点にあり、DSPによって配信ジャンルを絞り込むこともできます。ただ、メディア選定には限界があり、意図しないWebサイトに広告が配信されてしまうリスクも含んでいます。

リワード広告

リワード広告とは、広告を見たユーザーに対して「リワード/報酬」が支払われる仕組みのことです。

具体的には、アプリ内で動画を視聴したり、アンケートに答えたりすることで、報酬として何らかのポイントをユーザーが獲得できます。報酬はユーザーだけではなく、メディアにも支払われるため「アフィリエイト広告」の一種ともいえます。

「アプリのインストール数を早く伸ばしたい」など、短期間でのブランディングや認知拡大、ユーザー獲得に有効なWeb広告です。ただし報酬が目的になるので、ユーザーの継続率は低くなりがちになります。

ネイティブ広告

ネイティブ広告とは、Webサイト上で一見すると、広告ではなく記事や投稿であるかのように見えるWeb広告のことです。

「ネイティブアド」とも呼ばれます。自然な広告表示ができることからユーザーに煩わしさやストレスを与えず、潜在ユーザーへのリーチも行いやすいWeb広告です。

ただ、「記事だと思ってクリックしたら、広告だった」と反感を買う恐れがあります。また、掲載するWebサイトになじむコピーやデザインを作成するためには、工夫と労力が必要です。

\Web広告以外の集客施策も検討したい方は要チェック!/

特定ユーザーにリーチしたい場合、おすすめのWeb広告

Web広告の中でも、より特定ユーザーにリーチできるのが以下のWeb広告です。

より即効性の高いWeb広告ともいえます。

Web広告 種類

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!をはじめとする検索エンジンの検索結果ページに表示されるテキストのことです。

ユーザーが検索したキーワードに関連した広告が表示されるため、当該商品やサービスに興味を持ちやすく、より購買意欲の高いユーザーを集めやすい点がメリットです。

Web広告 種類

出稿後、すぐに上位表示されるため即効性も高く、広告費はユーザーが広告をクリックした時点で発生します。表示されただけでは料金がかからない点もメリットでしょう。

一方、競合が多い検索キーワードを指定するとクリック単価が上がり、表示回数も減ってしまうため、キーワード選定は戦略的に行う必要があります。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、アフィリエイターと呼ばれる発信者が自身のWebサイトやブログに商品・サービス内にリンクを貼る広告です。

広告経由でユーザーが購入に至るなど、広告主があらかじめ設定した成果(コンバージョン)を達成した際、サイト運営者に報酬が支払われます。

Web広告 種類

広告主とアフィリエイター、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる広告仲介メディアの3者がいて成り立ちます。「成果報酬型広告」と呼ばれることからもわかるように、費用が発生するのは成果が出た場合のみです。

成果が出れば、費用対効果は高いといえます。その一方で、「効果が出るまで時間がかかる」「意図しないWebサイトに商品・サービスが掲載されてイメージを損なってしまう」というデメリットや難しさもあるでしょう。

記事広告・タイアップ広告

記事広告とは、Webサイト内の記事で自社の商品・サービスをPRしてもらう手法のことです。

広告主とメディアが連携して制作を行う広告としてタイアップ広告とも呼ばれ、メディアの信頼性やブランド力を利用して自社の商品・サービスをより的確に紹介できます。

Web広告 種類

そのため、記事の読者から信頼を得やすい点がメリットです。低関心ユーザー、潜在ユーザーの双方にリーチすることも可能です。

その一方で、記事の作成には相応の労力を要します。また掲載後、効果が表れるまで時間がかかるケースもあります。記事のクオリティを担保し、内容に信ぴょう性を持たせないと望んだ効果は得られない点にも注意しましょう。

すでに接点のあるユーザーにリーチしたい場合、おすすめのWeb広告

これまで取り上げたWeb広告と異なり、すでに接点を持つユーザーに直接的にリーチできるWeb広告もあります。

ひとつずつ説明していきます。

Web広告 種類

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、過去にWebサイトを訪問したユーザーに対して表示させるWeb広告のことです。

Yahoo!では「リターゲティング」ですが、Googleでは「リマーケティング」と呼ばれます。Webサイトを訪れたということは、ユーザーはすでに商品・サービスに興味や関心を持っている可能性が高く、コンバージョンにつながりやすくなるでしょう。

ただし、注意点としては、繰り返し表示される広告にユーザーが嫌悪感を抱く可能性があることです。また、行動を追跡するため監視されているような印象を与えてしまうかもしれません。

メール広告

メール広告とは、メールに広告を掲載する手法のことです。

「メールマガジンのヘッダー・フッター部分に広告文やリンクを掲載する」「メールの内容すべてが広告になっている」いずれかのパターンがあります。

メール自体、何らかの接点を持つユーザーに配信されるため、自社の商品・サービスを一度利用したり、知っていたりする方に向けたアプローチが行えます。

もちろんメールを開封してもらえなければ効果は得られませんが、消去さえされなければ、ずっとメールが残り続ける点もメリットといえるでしょう。

\ナイルのメルマガも参考にしてみてください/

確かな戦略のもとWeb広告を運用しよう

Web広告には、それぞれメリットとデメリットがあります。Web広告の運用目的を明確にし、戦略立てた掲載・配信を行わなければ、「まったく効果が上がらなかった」というケースも起きかねません。

また一度設定しても、効果やトレンドを踏まえて定期的な見直しが必須となります。LP(ランディングページ)の作成など「広告をクリックしてもらった後」の準備や対策もしっかり行うことが大切です。注意点を踏まえながら、より効果的なWeb広告の運用を目指していきましょう。

ナイルでは、はじめてリスティング広告に取り組む人向けの資料をご用意しております。リスティング広告はユーザーの検索に合わせて表示をコントロールできるため、比較的CVRが高い傾向にある広告です。

これから取り組むという方、ぜひ以下のバナーをクリックして資料をメールでお受け取りください。ダウンロード無料です!

関連記事

カスタマージャーニーマップの作り方は?5つのステップで解説

カスタマージャーニーマップの作り方は?5つのステップで解説

「API」とは?

IT基本用語の「API」とは?定義と活用法について解説

スマートアドセールス

SAS(スマート アド セールス)とは?CM枠を1本から購入できる方式を解説

新着記事

BtoBに最適なWeb広告9選!

BtoB広告に最適な手法9選!実施時に重要なポイントや注意点も解説

BtoBマーケティングの手法25選!

BtoBマーケティングの手法25選!戦略立案〜リード選定まで徹底解説

検索順位が落ちたときの 対策を教えます

【対談】検索順位が落ちる3つのパターンと対策をSEOコンサルタントが回答!