リスティング広告の費用や運用代行の手数料は?価格相場を解説!

更新日:
リスティング広告の費用や運用代行の手数料は?価格相場を解説!

「リスティング広告の費用の目安が知りたい」

「費用はどのように支払うの?」

「運用代行を依頼すると手数料はいくらかかる?」

 

この記事では上記のような疑問のある方に向けて、リスティング広告の費用相場や支払い方法、運用代行手数料の費用相場などについてまとめました。「適切な広告予算を決めたい」という場合は、ぜひ参考にしてください。

\リスティング広告をやさしく解説!資料ダウンロードはこちらから/

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索したキーワードに連動して表示される広告です。インターネット広告の中でも代表的な広告と言えます。検索結果の上部などで「広告」と書かれている部分がリスティング広告です(下図参照)。

リスティング広告 費用

リスティング広告の概要については以下の記事で解説しているので、さらに詳しく知りたい場合はこちらを参考にしてください。

 

リスティング広告の費用相場は月10~100万円程度

リスティング広告の費用相場は、多くの場合、中小企業は1ヵ月あたり10~100万円程度です。

リスティング広告は、基本的に「アカウント作成料」「登録費用」などは発生せず、初期費用は無料です。また、「広告を検索結果に表示するだけ」なら費用は発生しません。

 

では、どのタイミングで費用が発生するのかというと、「ユーザーが広告をクリックしたタイミング」です。1クリックあたりの金額はキーワードや他の広告出稿者の数など、さまざまな要因によって決定されます。リスティング広告は、基本的にユーザーが広告をクリックした回数だけお金がかかる仕組みなのです。

 

そのため、想定以上のクリックによって費用が広告予算や支払い能力を超えてしまわないよう、リスティング広告は設定限度額や、前払い(チャージ)金額の範囲内で運用することになります。

リスティング広告 費用

リスティング広告の費用の支払い方式

リスティング広告は、基本的に最低出稿金額は決まっていません。そのため、何円からでも配信を開始できます。

一方で、費用の支払い方式は媒体によって異なります。ここでは、リスティング広告の中でも代表的なGoogle広告とYahoo!広告、それぞれの支払方式を確認していきましょう。

Google広告の費用の支払い方式

Google広告の費用は使った分だけ請求される、後払い方式です。支払情報(カード情報)を登録しておくことで、利用金額が自動で決済されます。決済のタイミングは、「最後の決済から30日が経過する」または「あらかじめ設定した金額(限度額)に達する」のどちらかです。このどちらかが先に発生した時点で、自動的に決済が行われます。

 

Google広告の費用や始め方については、以下の記事でも詳しく解説しています。「まずはGoogle広告を始めたい」と考えている方はぜひ参考にしてください。

 

Yahoo!広告の費用の支払い方式

Yahoo!広告の費用は、利用する分を事前にチャージ(入金)する前払い方式となっています。広告がクリックされる(利用料金が発生する)と、料金がチャージ金額から消費されていく仕組みです。

 

またYahoo!広告では、チャージ金の不足を防ぐための、クレジットカードによる自動入金(月定額一括入金)サービスも用意されています。自動入金サービスを利用する場合の最低金額は、3,000円以上です(3,000円以上の金額であれば1,000円単位で設定可能)。

リスティング広告にかける費用の決め方

リスティング広告を始める際に、「1ヵ月の予算はどうやって決めるべきか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここではそのような悩みを解決するために、リスティング広告にかける費用の決め方について解説します。代表的なリスティング広告の費用の決め方2種類を、以下から確認していきましょう。

リスティング広告 費用

決め方1 目標件数とコンバージョン単価から算出する

決め方のひとつは「目標件数とコンバージョン単価から算出する」という方法です。

 

  • 目標件数:広告で販売したい商品数や問い合わせ数などのこと。コンバージョンとも呼ばれる
  • コンバージョン単価:コンバージョンを1件獲得するのにかかった金額のこと

 

この目標件数とコンバージョン単価を使用して、以下のような計算を行います。

リスティング広告 費用

こうすることで、ざっくりと必要な予算を把握することが可能です。

 

ただ、配信を行う中で、目標のコンバージョン単価でコンバージョンを獲得できないケースもあります。その場合は、

  • 目標とするコンバージョン単価を見直す(予算を増やす)
  • 配信キーワードを精査する
  • 広告文などの配信内容を見直す

といった改善を検討しましょう。

決め方2 キーワードのクリック単価とクリック数から算出する

もうひとつの決め方は、「キーワードとクリック単価から算出する」という方法です。

 

  • 「キーワード」とは……広告を配信する検索ワード
  • 「クリック単価」とは……広告1クリックあたりにかかる金額

 

この場合は、Googleのキーワードプランナーというツールを利用して、キーワードの想定クリック単価と想定クリック数を確認します。その上で、以下のように計算を行います。

リスティング広告 費用

この方法で費用を算出する場合は、「コンバージョン単価が大体いくらになるか」まで考えて計算する必要があります。

そこまでシミュレーションを行わないと、想定以上にクリック単価が高くなってしまう可能性があるためです。業界の平均や自社サイト全体のコンバージョン率などから想定のコンバージョン率を見積もり、しっかりとシミュレーションを行いましょう。

\リスティング広告をやさしく解説!資料ダウンロードはこちらから/

リスティング広告の運用代行手数料の費用相場

自社での広告運用が難しいと感じた時は、運用代行を依頼することもひとつの方法です。

リスティング広告の運用代行にかかる費用の相場は、広告費の20%程度です。例えば、1ヵ月の広告費が50万円の場合、手数料は10万円となります。また手数料のほかに、初期費用を設定している会社もあります。これは、いちから広告運用を始める際にはアカウント開設やタグの設定、大量の広告入稿など、多くの作業が発生するためです。

 

リスティング広告の運用代行については、以下の記事でより詳しく解説しています。費用相場はもちろん、運用代行を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

 

大きな損失を防ぐために「撤退ライン」を決めよう

リスティング広告を始める際は、自社で運用を行う場合も、運用代行を依頼する場合も、具体的な「撤退ライン」を決めておくことが、大きな損失を防ぐことにつながります。

リスティング広告 費用

ただし、運用開始の初月から撤退ラインを適用することは危険です。理由として、以下の2つが挙げられます。

 

  • リスティング広告は「配信結果を見る→配信前の仮説と照らし合わせる→差分の原因を考える→改善する」、いわゆるPDCAサイクルの流れで効果を改善する工程が必要なため
  • Google広告やYahoo!広告の機械学習機能によって配信が最適化されるまでに、ある程度の期間と掲載実績(クリック数やコンバージョン数)が必要なため

 

場合にもよりますが、3ヵ月程度は様子を見ることがおすすめです。

長期的な集客には「SEO対策」がおすすめ

ここからは、リスティング広告とよく比較される集客方法「SEO」についてお伝えします。SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにホームページの内容を理解してもらえるように最適化することです。SEOを実施することで検索結果での順位が上がり、多くの人がホームページに訪れてくれる可能性が高まります。

 

リスティング広告は比較的短期で効果が出る集客方法ですが、SEOは中長期的に実施する集客方法です。効果が出るまでに数ヵ月以上の時間はかかりますが、「自社の資産となる高品質なウェブサイトが構築できる」「作れば作るほど右肩上がりに集客しやすい」といった、リスティング広告にはないメリットもあります。

 

「検索結果からの集客」という観点では同じではあるものの、「広告はそもそも見ない」というユーザーも存在するため、リスティング広告と並行して実施するのがおすすめです。リスティング広告とSEOの詳しい比較内容やそれぞれのメリット・デメリットなどについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

また、「SEOに興味がある・試してみたい」と感じた方に向けて、弊社ではSEOの実践的なノウハウをまとめた「SEOの成功事例・法則」(無料)を配布しています。以下から、ぜひダウンロードしてみてください。

価格相場を把握して適切な予算を設定しよう

リスティング広告を始めるにあたって、「予算をいくらに設定するか」は広告の成功・失敗に関わる非常に重要なポイントです。少なすぎれば十分な結果が得られず、多すぎれば利益が少なくなってしまいます。一方で、まずは配信を実施して、結果から柔軟に調整・改善していくという心構えも大切です。費用相場をある程度把握したら、実際に配信しながら予算を調整していきましょう。

関連記事

CM 制作会社 大坂

【大阪】おすすめしたいテレビCM制作会社20選!

タイムcm 料金

タイムCMとは?メリットや料金について解説

ゴールデンタイム CM

ゴールデンタイムのテレビCMとは?どれくらい費用がかかるかを解説

新着記事

検索順位が落ちたときの 対策を教えます

【対談】検索順位が落ちる3つのパターンと対策をSEOコンサルタントが回答!

BtoBビジネスでSEO対策が重要な理由とは?

BtoBビジネスでSEO対策が重要な理由とは?効果的な進め方も紹介

マーケティングファネルの活用例3選を紹介! MARKETING FUNNEL Awareness(意識・認知) Interest(興味・関心) Decision(決断) Action(行動) 顧客の旅に関する認識、関心、意思決定、アクションのインフォグラフィック

マーケティングファネルの活用例3選!分析して課題解決につなげよう