ウェブマーケティングとは?戦略立案から具体的な手法まで徹底解説

ウェブマーケティングとは?戦略立案から具体的な手法まで徹底解説

インターネットが普及した現在は、ウェブマーケティングの実施は必須ともいえるマーケティング方法です。

この記事では、そもそものウェブマーケティングの定義やメリット・デメリット、ウェブマーケティング戦略の立案方法、用いられる具体的な手法まで詳しく解説します。

マーケティングでお悩みの方へ

ナイルでは皆様からWebマーケティングに関する無料相談を受け付けております。日頃疑問に思っていたことや、貴社サイトの課題など相談してみませんか?

まずは会社案内をダウンロード

ナイルに無料相談する

ウェブマーケティングとは

ウェブマーケティングとは、ウェブサイトやウェブサービスを用いて行うマーケティング手法を意味します。

ウェブを通じて集客を行うことで、自社のブランディングや商品・サービスの購入を促進させます。ウェブマーケティングの大きな特徴は、効果測定が容易に行える点です。

どれくらいの人がどのページに訪れて、どれくらいの時間滞在していたのかなどの、ユーザー行動を数値で分析しながらマーケティングを行えます。また、通常の営業活動と異なり、24時間どこからでも接客できるのも強みのひとつです。

ウェブマーケティングとデジタルマーケティングの違い

ウェブマーケティングと似た言葉に「デジタルマーケティング」がありますが、この2つは扱う範囲が違います。

デジタルマーケティングは、デジタルで得られるあらゆるデータを活用するマーケティングのことです。そのため、来店データや販売履歴など、インターネットを介さないウェブ以外のリアルな活動データも取り扱う対象となります。

デジタルマーケティングとウェブマーケティングの相関図(デジタルマーケティングの中に、Web集客・カスタマーサービス・Web- CV施策をするウェブマーケティングがある)

一方ウェブマーケティングは、オンライン広告やSEOなどの手法を用いて、ウェブサイト上で実施するマーケティング活動のことです。ウェブに限定しないデジタルマーケティングと比べると、狭い領域であることがわかります。

  • 「デジタルマーケティング」は、ウェブ以外の情報もデジタル化して活用するマーケティング
  • 「ウェブマーケティング」は、デジタルマーケティングに含まれる手法のひとつで、ウェブ上での活動に限定される

デジタルマーケティングとその具体的な手法については、以下の記事でも詳しく解説しています。併せて参考にしてください。

現代の主流はウェブマーケティング

ウェブマーケティングは、現代のマーケティングの主流となっています。

インターネットの分野は、ますます多様化しユーザーにとっても企業にとっても欠かせない情報発信と収集のツールです。

総務省の「令和3年版 情報通信白書」によると、下記のように、2020年時点でのインターネットの利用状況がわかります。

  • 2020年の個人のインターネット利用率は83.4%
  • インターネットの利用目的として「商品・サービスの購入・取引」を挙げている人は6割近い

参考:インターネットの利用状況(令和3年版 情報通信白書のポイント/総務省)

ここから読み取れることは、ウェブにふれる人口が非常に増えていることに加え、ウェブ上での消費活動がメジャーになっているということです。

このほかにも経済産業省の調査から、EC市場もBtoB、BtoCともに増加していることが読み取れます。こういった調査結果から、現代において、ウェブマーケティングはどのようなビジネスにおいても非常に重要なマーケティング手法になっているといえるのです。

参考:P7. 3分野合計の国内 BtoC-EC 市場規模及び経年推移(令和3年度 電子商取引に関する市場調査 報告書/令和4年8月 経済産業省)

ウェブマーケティングの3つのメリット

ここからは、ウェブマーケティングを実施することで得られる3つのメリットについて解説します。

ウェブマーケティング3つのメリット(ターゲットを細かく絞る図)

メリット1 効果測定がしやすい

冒頭でもお伝えしましたが、「効果測定がしやすい」という点は、ウェブマーケティングの大きな特徴でありメリットです。

インターネットを介さないオフライン広告などと比較して、ユーザーのとった行動などのデータが可視化できるため、効果測定がしやすくなります。

実施した施策が実際にどのような効果をもたらしているのかを数字で確認できるため、施策改善にもつなげやすい点は大きなメリットです。

メリット2 ターゲットを細かく絞れる

ウェブ広告媒体は、利用者(ユーザー)のデータを保有していて、詳細なターゲティングが可能です。

性別・年齢・興味関心・ウェブサイトの訪問履歴などの条件を設定して、自社のターゲットとなるユーザーを絞り込んだ上で広告を配信できます。

コンバージョンにつながりそうなユーザーに限定して広告を配信するなど、効率的な運用が可能という点は大きなメリットです。

メリット3 少額から始められる

ウェブマーケティングの中でも、ウェブ広告は少額からでも始められます。

テレビCMや新聞広告の場合、まとまった費用が必要になることがほとんどです。例えば、テレビCMであれば1回放映を依頼すると、制作費込みで100万円程度かかることもあります。

一方、ウェブ広告では、「クリックされた分だけ」「視聴された分だけ」という単価設定ができるため、少額から運用を開始できる場合が多いです。ウェブ広告媒体の中には最低出稿金額を定めていないものもあるため、自身で毎月の広告費を決めることができます。

広告費用を捻出することが難しいと感じているベンチャー企業や、スモールスタートを切りたい企業にとっては大きなメリットといえます。

ウェブマーケティングの2つのデメリット

ウェブマーケティングには、デメリットといえる点もあります。

ここからは、ウェブマーケティングの2つのデメリットについて解説します。

ウェブマーケティング2つのデメリット (スキルを活かし、精力的に業務をこなす女性)

デメリット1 スキルやノウハウが必要

ウェブマーケティングに取り組むためには、SEOやウェブ広告などの専門的な知識が必要になります。

さらに、マーケティングに関する知識も欠かせません。また、ネット上での炎上やイメージダウンを避けるためにも、最低限のネットリテラシーが必要です。知識やスキルがない状態から始める場合は、開始までのハードルが高くなるのがデメリットといえます。

デメリット2 最新情報のキャッチアップが必要

ウェブマーケティングの業界は、技術や手法などの移り変わりが激しいです。

ウェブ広告や管理画面の仕様変更に加えて、ユーザーの動向や社会情勢・トレンドの変化によって「どのような手法が成果を出しやすいか」ということも目まぐるしく変わっていきます。

例えば、ウェブ広告を始めてから配信結果だけをチェックするような運用体制にしていると「いつの間にか古い手法のまま施策を行っていた」という事態になることも珍しくありません。

効率的かつ効果的な運用を続けていくためには、ウェブマーケティングに関する情報を常にチェックし、アップデートしていく姿勢を持つことが大切です。

ウェブマーケティング戦略の立て方4Step

ここからは、ウェブマーケティング戦略の立て方を4つのステップに分けて解説します。

順番に見ていきましょう。

ウェブマーケティング戦略の立て方4Step

STEP1 対象となるユーザー像を考える

まずは、自社の商品やサービスを届けるべきユーザー像を明確にする必要があります。

年齢や性別はもちろん、どのくらいの年収があり、どのような家族構成で、どんな悩みを抱えているのか、またどういった手段で情報を得ているのか、といったイメージを膨らませていくことが重要です。

できれば、実際の顧客に対して、インタビューした情報を加えて、より現実に沿ったユーザー像にするのがおすすめです。なお、このように作成したユーザー像のことを「ペルソナ」と呼びます。

ユーザー像が明確になると、ウェブ上でどのような内容のコンテンツを作ればいいのかが見えてきます。対象となるユーザーの気持ちになり、とことん考え抜くようにしましょう。

具体的なユーザー像「ペルソナ」に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。設定方法や設定時の注意点についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

STEP2 競合をリサーチする

ウェブマーケティングにおいて欠かせないのが、競合のリサーチです。

ターゲット層が自社の商品やサービスの利用を検討した場合に、どんな商品・サービスが比較対象となりそうなのか、実際のユーザーの立場となって、ウェブ上で検索して情報収集するといいでしょう。

検索結果の上位に出てくる会社はどんな商品やサービスを展開しているのかを調査して、ユーザーとの接点の持ち方やウェブサイトの作り込みについて把握し、自社の戦略立案の参考にします。

STEP3 自社の強みや課題を確認する

ユーザー像を定めて、競合のリサーチもできたら、あらためて自社の強みや課題について、明確にする必要があります。

他社と比べてみて、自社の商品やサービスは、どんなところに強みがあり、どのような課題があるのかをウェブサイト上の口コミサイトや、SNSでの声をチェックしてみるのもいいでしょう。「 STEP1 対象となるユーザー像を考える」でも紹介しましたが、自社の強みや課題を明確にする上でも、顧客インタビューは効果的です。

「なぜ自社の商品・サービスを利用しているのか」、「どのような点に満足しているのか」、「不満があるのか」などをインタビューすることで思わぬ発見が得られるでしょう。

STEP4 リソースに合わせて優先順位を決める

自社の強みや課題が明確になれば、どんな方法でユーザーに情報発信をしていくべきか、具体的な施策を考えていきます。

このときに注意したいのは、優先順位をつけることです。施策を検討していくうちに、あれもこれもと盛り込みがちですが、リソースには限りがあります。複数の施策が出そろった時点で、成果に近い施策に目星をつけて、優先順位を設定した上で実行に移しましょう。

ご質問は、下記のボタンよりお気軽にご連絡ください。

ウェブマーケティングで用いられる施策

ウェブマーケティングには、さまざまな施策があります。

ここではウェブマーケティングに用いられる主な施策を、「集客」「認知度」「リード獲得」「接客」の4つに分けて解説します。

効果
ウェブマーケティング施策
1)集客アップ
  • SEO
  • ウェブ広告
2)認知度アップ
  • SNS
  • オウンドメディア
3)リード獲得
  • ウェビナー
  • ホワイトペーパー
  • メールマガジン
4)スムーズな接客
  • チャットボット
  • ポップアップ
  • カスタマーサポート

集客アップのウェブマーケティング施策2選

まずは集客の手法、「SEO」と「ウェブ広告」の2つについて解説します。

集客アップのウェブマーケティング施策2選(SEOの最適化が不十分で、対策を考える女性)

【集客アップ1】 SEO(検索エンジン最適化)

ウェブマーケティングによる集客を考えたとき、まず検討しておきたいのがSEOです。

SEOは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略で、商品やサービスに関係するキーワードを検索したときに、自社サイトのページが検索上位にくるように最適化を行う手法です。

どんなキーワードを含めたコンテンツを作成すれば検索上位にくるのか、コンテンツの切り口や見せ方を考えていきます。王道のSEO対策は、ユーザーが求める情報をわかりやすくコンテンツ化することです。

それと併せて、検索エンジンからサイトを正しく読み取ってもらうための、サイト構造やリンク構造なども最適化していく必要があります。さらに、SEOにおける最新情報をしっかりキャッチアップしているかどうかも、重要なポイントです。

以下の記事では、検索エンジンが順位を決める仕組みなど、SEO対策の仕組みや技術について詳しく解説しています。SEOに関する最新情報も紹介しているので、併せてご覧ください。

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

SEOの疑問を一気に解決するお問い合わせバナー

【集客アップ2】 ウェブ広告

ウェブ上に広告を配信する「ウェブ広告」には、以下のような種類があります。

【ウェブ広告の種類】

  • リスティング広告(検索連動型広告):入力したキーワードと関連するテキスト広告が表示
  • ディスプレイ広告:ウェブサイトやアプリ上に画像・動画などの広告を表示
  • SNS広告:TwitterやInstagramなどのSNSに広告を表示
  • 動画広告:YouTubeなどに動画形式の広告を表示

それぞれの広告には、特徴や長所があります。例えば、リスティング広告は、予算内でキーワードに即した広告を掲載してくれます。費用対効果が算出しやすく、費用をかければすぐに始められる手軽さも魅力です。

また、ディスプレイ広告や動画広告は、画像・動画による視覚的なアプローチができるため、テキストのみの広告より訴求力が高いといわれています。

SNS広告は、SNSの投稿に馴染む形で表示されることが多く、広告らしさを薄められるため、ユーザーに受け入れられやすい点が長所といえます。自社商品やサービスにマッチした媒体を選別して、どのようなバナー広告を配信するのか、しっかり吟味するようにしましょう。

ウェブ広告については、以下の記事でより詳しく解説しています。「より多くのユーザーにリーチしたい」「すでに接点のあるユーザーにリーチしたい」など目的に合ったおすすめのウェブ広告も紹介しているので、こちらもご一読ください。

認知度アップのウェブマーケティング施策2選

次に、認知度アップに最適なウェブマーケティングの手法について解説します。

認知度アップのウェブマーケティング施策2選(ニュース記事を配信する女性)

【認知度アップ1】 SNS(ソーシャルメディア)

SNSとは、Facebook・Twitter・Instagram・Tik Tok・LINEなどのソーシャルメディアのことです。

SNSを活用したマーケティングは、利用者が増加したことを考えると、今や主要なウェブマーケティング施策といっていいでしょう。

SNSは自社の情報を自由に発信できるだけではなく、ユーザーとのコミュニケーションを図れるのが特徴です。自社の商品やサービスの特性を踏まえた上で、どのSNSのプラットフォームを活用して、どのようなコンテンツを発信すべきか検討しましょう。

また、LINEのサービス「LINE公式アカウント」では、友だち登録したユーザーと擬似的に1対1でやり取りすることが可能です。認知度アップに加えて、見込み顧客を獲得する手法としても活用できます。

【認知度アップ2】 オウンドメディア

オウンドメディアとは、企業が自社で運用するメディアのことです。

主に集客や採用、ブランディングなどを目的に運営されます。自社が持つノウハウや有益な情報を発信することで、幅広いユーザーにアクセスしてもらい、自社やサービスなどの認知度をアップさせます。

オウンドメディアを運用し、成果を出すことは簡単なことではありません。しかし、うまく活用すれば企業の成長に大きく貢献する媒体となります。

下記の記事では、オウンドメディアの作り方や、成功させるためのポイント、具体的な事例まで詳しく解説しています。オウンドメディアについて詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

リード獲得の手法3選

ここからは、リード獲得のためのウェブマーケティング手法を3つ解説します。

リード獲得のウェブマーケティング施策3選(栄養士による健康食品を使った栄養療法がテーマのオンラインセミナー)

【リード獲得1】 ウェビナー

ウェビナーとは、オンライン上で開催するセミナーのことです。

「ウェブセミナー」や「オンラインセミナー」ともいいます。自社のことを知らなくても、ウェビナーのテーマに関心のある人たちと接点を持てるのが大きなメリットです。うまく関係性を構築できれば、自社の商品やサービスに興味を抱いてもらえる可能性もあります。

以下の記事では、ウェビナーの集客を増やすポイントについて詳しく解説しています。「ウェビナーの集客で失敗したくない」「ウェビナーでの集客方法のコツを知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

【リード獲得2】 ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、企業が持つノウハウなどを資料にまとめたものです。

PDFやスライド形式に資料をまとめて、ダウンロードの際に氏名・会社名・メールアドレスなどの情報をフォームに入力してもらうことで、見込み顧客の情報を獲得できます。BtoBでよく使われる手法のひとつです。

以下の記事では、ホワイトペーパーの意味や目的、営業資料との違いについて詳しく解説しています。ターゲット別におすすめしたいホワイトペーパーの内容も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【リード獲得3】 メールマガジン

メールマガジンは、登録してくれたユーザーに対して定期的に情報を届けて、サービスや商品の購入につなげるウェブマーケティング手法です。

登録してもらう際に、名前やメールアドレスを入力してもらうことで、見込み顧客の獲得になります。役立つ情報などを定期的に発信して、見込み顧客との関係性を構築していきましょう。

以下の記事では、効果的なメールマガジンの作り方をステップ別に解説しています。併せて参考にしてください。

接客の手法3選

最後に、ウェブマーケティングにおける接客の手法について解説します。

接客のウェブマーケティング施策3選(オンライサポートの顧客サービスで問題解決支援をする女性)

【接客1】 チャットボット

チャットボットとは、​チャット上での人の問いかけに自動で答えを返すプログラムのことです。

質問と回答を事前に用意しておく「シナリオ型」と、ユーザーとのやりとりを学習する「AI型」の2つがあります。

チャットボットでユーザーの声を広く拾うことも、効果的なウェブマーケティングにつながります。人的リソースの削減にもつながるため、今後ますます注目されていくでしょう。

【接客2】 ポップアップ

ウェブサイトの画面上に、飛び出すように表示されるウインドウのことを「ポップアップ」といいます。

「クーポン」や「利用案内」などを表示させて、商品の購入や会員登録などの行動を促すことが可能です。

ポップアップの種類には、特定のページを開いたときに表示されるタイプや、ブラウザバックや画面スクロール、ウィンドウを閉じるなど特定の行動をしたときに表示されるタイプなどがあります。

ウェブサイト閲覧の邪魔をしないデザイン・内容・タイミングを考えて設置することで、効果を得られるでしょう。

【接客3】 カスタマーサポート

チャットやビデオ通話を用いて、オンライン上でスタッフとコミュニケーションがとれるカスタマーサポートの仕組みを導入することで、ウェブ上での接客が可能になります。

ユーザーが抱いている不明点・不満点に対して、リアルタイムで柔軟に対応できるため、顧客満足度の向上に大きく貢献するでしょう。

ウェブマーケティング実施後に必要な4つの対応

ウェブマーケティングは、施策を実施した後にどのように対応するかも非常に重要です。

ここからは、ウェブマーケティング実施後に必要な4つの対応について解説します。

ウェブマーケティング実施後に必要な4つの対応(PDCAを回し、戦略を見直し、LPOとEFOの最適化に励む4人のスタッフ)

対応1 PDCAサイクルを回す

まず、ウェブマーケティング戦略立案の際に抽出した課題が、実施した施策によって解決できているかを確認しましょう。

データ分析などを行い、実施前の状況と比較します。そこから得られたデータをもとに、さらなる改善のためにどのような行動を取るべきか考案し、次の施策に移りましょう。

具体的な行動の例としては、施策の変更・ターゲティングの修正などが挙げられます。改善施策を実施した後は、どのような効果があったのか分析を行う、といったようにPDCAサイクルを回していきましょう。

ウェブマーケティングで成果を出すためには、データを元にPDCAサイクルを回すことは必須といえます。

以下の記事では、ウェブサイトの改善を成功させるための準備と施策について解説しています。よくある失敗パターンや改善施策のポイントなど、ウェブマーケティングにおいても参考になる情報を多く掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

対応2 定期的に戦略を見直す

ウェブマーケティングでは、設定した戦略を定期的に見直すことも大切です。

顧客の価値観やニーズの変化、競合の台頭などの可能性が考えられるためです。四半期、半年、1年など、区切りをつけて見直しを行いましょう。

特に競合が実施しているマーケティングは定期的にチェックすることをおすすめします。競合が実施している優れたマーケティング手法は、自社でも効果的な可能性があるためです。

ウェブサイトのリニューアルや新たな施策を実施しているかなど、競合の動向チェックは非常に大事です。必要に応じて戦略に反映していきましょう。

対応3 ランディングページ最適化(LPO)を実施する

検索や広告などからアクセスしたユーザーが最初に訪れるページが「ランディングページ」です。

そして、重要なランディングページのパフォーマンスを改善していく施策のことを「ランディングページ最適化(LPO:Landing Page Optimization)」と呼びます。

ランディングページ上で、コンバージョンにつながる行動の割合を高めるために、ユーザーのニーズに合わせて最適化します。

例えば、ランディングページの画像を一般人から著名人に変えたり、画像ではなく動画に変えたりして、ユーザーの関心を引きつけるのもLPOのひとつです。

以下の記事ではランディングページ最適化について詳しく解説しています。ランディングページ最適化を行う手順や、SEOの関係についても説明しているので、併せて参考にしてください。

対応4 入力フォーム最適化(EFO)を実施する

問い合わせや購入するための入力フォームは、コンバージョンにつながる重要なページです。

この入力フォームを改善していく施策を、「入力フォーム最適化(EFO:Entry Form Optimization)」と呼びます。

入力項目が多かったり、決済するまでの手順が複雑だったりすることで、入力フォームから離脱した経験がある方も多いのではないでしょうか。

入力フォームでは、必要最低限の情報を取得できるようにしながら、いかにユーザーがストレスなく入力できるかが大事です。入力フォーム最適化の施策を定期的に行い、ユーザーの離脱を防ぎましょう。

以下の記事では、入力フォーム最適化について詳しく解説しています。実施する際に気をつけておきたい7つのポイントや、ツール導入についても説明しているので、併せてお役立てください。

ウェブマーケティングに取り組もう

ウェブ上で行うウェブマーケティングは、ビジネスの成長において欠かせないものです。

ウェブマーケティングにはさまざまな手法があります。それぞれどのような目的に最適なのかを理解して、自社に合った目的の手法を選ぶことで、高い成果が期待できるでしょう。

ただし、幅広い知識やスキル、実施後の対応などは欠かせません。社内に適切な人材がいない場合は、ウェブマーケティングの専門家にアドバイスをもらったり、外注化したりするといったことも検討してみてください。

マーケティングでお悩みの方へ

ナイルでは皆様からWebマーケティングに関する無料相談を受け付けております。日頃疑問に思っていたことや、貴社サイトの課題など相談してみませんか?

まずは会社案内をダウンロード

ナイルに無料相談する

関連記事

Googleアナリティクス4(GA4)

Googleアナリティクス4(GA4)1問1答!よくある疑問を解決

”個客の動き”をKPIに反映。ユーザーエクスプローラによるサイト改善の4ステップ

SATORI

「SATORI」にはどんな機能がある?使い方を詳しく解説

新着記事

検索順位が落ちたときの 対策を教えます

【対談】検索順位が落ちる3つのパターンと対策をSEOコンサルタントが回答!

BtoBビジネスでSEO対策が重要な理由とは?

BtoBビジネスでSEO対策が重要な理由とは?効果的な進め方も紹介

マーケティングファネルの活用例3選を紹介! MARKETING FUNNEL Awareness(意識・認知) Interest(興味・関心) Decision(決断) Action(行動) 顧客の旅に関する認識、関心、意思決定、アクションのインフォグラフィック

マーケティングファネルの活用例3選!分析して課題解決につなげよう