LPOとは?改善手順と改善点の検討項目を解説

更新日: 公開日:

LPOとは、ランディングページの構成や内容を見直し最適化して、コンバージョン率を高めることです。アクセスログを分析した上で改善すべき課題を洗い出し、改善策を実行することでコンバージョンと収益の最大化を目指します。

ここでは、LPOの概要や手順、SEOとの関係性について解説します。

この記事のポイント

      
  • LPOは、ランディングページを最適化してコンバージョン率を高めること
  • 基本構成を踏まえ、アクセス解析やユーザー調査で発見した課題を解消する構成や内容に改善する
  • ページの品質を高める施策は、検索エンジンの評価にも間接的に好影響をもたらす

意味:LPO(Landing Page Optimization)とは

LPO(Landing Page Optimization)とはランディングページの「最適化」、つまりサイト訪問者が商品購買や見積もり請求など収益につながる行動を取る割合(コンバージョン率=CVR)を高めるために、ランディングページ(LP)の構成や内容を工夫することです。

ランディングページの意味は2つあります。広義にはサイト訪問者が着地するページを意味し、狭義にはそのページ単体でコンバージョン獲得を目的とするWebページを意味しています。後者は「広告LP」といった用例で使われます。

LPOを行う目的

LPOの主な狙いはCVRの向上にあります。集客したユーザーのニーズに応じた情報を要領よく提示し、CVに誘導していくことで、Web集客施策の投資対効果(ROI)を上げる施策とも言えます。この過程で直帰率(そのページのみを見てサイトから離脱してしまうユーザーの割合)などがLPOの成果を測る主要なKPIになります。

LPOの手順

解決すべき問題点を洗い出し、仮説を立てる

ランディングページの現状を把握し、現在のコンテンツの提供の仕方が訪問者のニーズにきちんと対応できているのか調査しましょう。

狭義のLP(広告のランディングページなど)であれば、下記のような手順で進めることになります。

①アクセスログ分析、定性調査の実施

商品購入や登録を目的としたランディングページであれば、「CV数」「CVR」などを確認し、まずは現状のパフォーマンスを確認しましょう。

次に「直帰率」「PV・セッション」「ユーザーエクスプローラー」などを確認し、データ上ユーザーがどのような行動をとっているか確認しましょう。

これらを元に仮説を構築し、その上で「定性調査」を実施しましょう。録画ツールやユーザーテストなどを用いて、実際にユーザーがどのような行動をとっているのかを把握するのです。

②現状のランディングページがLPの基本構成を守っているか確認する

LPの基本構成には以下のような項目があります。

  1. メイン画像やキャッチコピー
  2. 共感メッセージ
  3. 解決策の提示
  4. 商品の強み
  5. 商品の実績や信頼性
  6. オファー

(※上記はあくまで一例なので内容や並び順は、LPや伝える相手、伝えたいメッセージによって変える必要があります。)

そもそも誰が読んでもよくわからない内容になっており、CVに貢献できていない場合は、ユーザーデータを確認する前に上記のような基本事項に立ち返り、修正するのも手です。

例えばダイエットサプリの場合、上記に沿って考えてみると以下のような構成になります。

  • 野菜の力でいつまでも美しいスタイルを!
  • 運動しても体重が減らない…痩せたいけど、運動は苦手だし、忙しい…そんなお悩みをお持ちではありませんか?スタイルの維持には運動によって脂肪を燃焼させる力が重要になります。しかし、脂肪燃焼力は年齢とともに減少してしまいます。
  • その脂肪を燃焼させる力をアップできれば家事など日常生活の中での運動で体重を減らせるのです。
  • そこでおすすめしたいのが我が社の○○ダイエットサプリ(△△円)です。
  • この製品は栄養素を豊富に含む野菜□□gを使用しています。1日一粒飲むだけなので続けやすいのも特徴です。
  • 50代主婦Aさんの声
  • お申込みはこちら…

改善すべき点に応じた施策を検討する

明らかになった問題点に応じて有効な施策を検討しましょう。以下に問題点と有効な施策例を示します。

例1

現状:まったくコンバージョンしていない。

仮説:ページ内の動線が少ない、もしくは購入したいと思うタイミングでボタンがないから。また、そもそも競合のプロダクトの方が魅力的な可能性あり。

解決策:ページ内の申し込みページなどへの動線の見直し。流入経路の確認。そもそものプロダクトの見直し。

例2

現状:滞在時間は長いものの直帰率が高く、CVRが目標より低い。

仮説:ユーザーが欲しい情報を見つけられないのでは。最後のひと押しになるようなコンテンツがない?

解決策:情報の並び替えやユーザーの気になりそうな情報の配置。

例3

現状:直帰率が高い。ページ滞在時間が少ない。

課題:ターゲットユーザーが流入していない可能性がある。

解決策:行動ターゲティング型LPO

訪問者の行動に基づいて訴求効果の高いコンテンツを表示することでCVRの上昇させることができます。行動ターゲティング型LPOとはサイト訪問者の行動履歴からターゲット顧客をセグメントに分類し、セグメントに応じたLPを作成します。セグメントの分け方は以下のように何種類かあります。

セグメントの分け方

LPOとSEOの関係

SEOとLPOは「集客」と「接客」という、いわば異なる狙いを持った施策ですが、サイトからの収益を最大化するというゴールに照らして見れば、それぞれがなくてはならない取り組みといえます。集客(流入)ができていなければ接客(CVR)が優れていても収益にはつながらず、逆もまた然りです。

またLPOの観点からページの内容をユーザーにとってより使いやすく、わかりやすく、品質を高めていく取り組みは、検索エンジンからの評価にも間接的・直接的に好影響をもたらします。そのため広義のLPO施策においては、SEOに関する視点も盛り込むことでそれぞれの効果を増幅させることも狙えます。

まとめ

LPOとはランディングページ最適化(Landing Page Optimization)のことで、ランディングページの構成や内容を工夫することで、サイト訪問者のコンバージョン率(CVR)を高める一連の施策を意味し、集客施策(SEOやネット広告)の投資対効果の改善にも寄与します。またLPOの文脈でのページの品質改善は、SEOの文脈とも重なる点が多く、どちらにも繋がる施策を打つことで、より効果を高めることができます。

※こちらの記事もぜひ参考にご覧ください。関連する施策をまとめています。

アクセス解析について簡単に知りたい方はこちら
アクセス解析とは?アクセス解析ツールの種類と解析からわかること

アクセス解析を活用して売上に繋げたい方はこちら
【初心者向け】 アクセス解析を売上につなげるカギは「目標設定」と「現状分析」

SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。
SEOとは?SEO対策を検索エンジンの仕組みと絡めて技術要件、コンテンツ制作など詳しく解説

※ナイルのCVR改善コンサルティングでは、SEOをはじめとした集客に関する知見をあわせもつメンバーによるサービスをご提供しております。

CVR改善コンサルティングのご案内

関連記事

[寄稿] 公開2週間で1日1万セッションを超えた、地域の祭りサイトのアクセス解析事例

Yahoo! SSL化の影響、対応策を徹底解説~SEO・解析の今後は?~

ABテストとは

ABテストとは

新着記事

本日のSEOニュース(2021年11月24日収集分)

noindexとcanonicalの併用に関して

本日のSEOニュース(2021年11月18日収集分)

コアアップデート実施(November 2021 Core Update)

オウンドメディア 企画書

オウンドメディアの企画書を通すには?社内プレゼンのポイントを解説

サイト内検索