オーガニック検索とは?検索結果上での自然検索枠と広告枠の違い

更新日: 公開日:

オーガニック検索(自然検索/Organic Search)とは、検索結果画面に表示されるリストのうち、広告枠ではない部分のことを指す言葉です。ここでは、オーガニック検索について、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • オーガニック検索とは、検索結果画面に表示されるリストのうち、広告枠ではない検索結果のこと
  • SEO対策とは、オーガニック検索における表示順位を高めるための施策
  • オーガニック検索以外の部分は広告枠と呼ばれ、入札単価などによって表示順位が変動する

オーガニック検索とは

オーガニック検索(自然検索 / Organic Search)とは、検索結果画面(SERPs)に表示されるURLのリストのうち、リスティング広告のような広告枠を含まない部分を指します。

オーガニック検索とは

この図のうち、青い枠で囲われた部分がオーガニック検索(自然検索)枠となります。

検索エンジンのランキングアルゴリズムによってURLをランキング付けされるのはこのオーガニック検索の部分ですので、SEO対策とはこのオーガニック検索における表示順位を高めるための施策になります。

一方のリスティング広告枠は、キーワード毎の入札単価や広告自体の品質を図る指標(品質スコア)などの要素によってリアルタイムで表示順位が変動します。

オーガニック流入(自然検索流入)とは

オーガニック流入/(自然検索流入)とは、上記で説明したオーガニック検索枠からのサイトへの流入のことを指します。

上記画像はGoogleのものですが、オーガニック流入はGoogleに限定するものではなく、Yahoo、Bing、DuckDuckGoなど様々な検索エンジンからの流入を含みます。Googleアナリティクスがオーガニック検索ソースにしている検索エンジンは以下より確認して下さい。

参考:オーガニック検索ソースについて – アナリティクス ヘルプ

※個人的にはこんなに検索サイトがあったのかと驚きました。

まとめ

オーガニック流入はクリック課金型のリスティング広告とは異なり、クリックに費用がかかりません。

とはいえ、オーガニック流入とリスティングのどちらも一長一短なため、自社サイトの状況に合わせて、オーガニック流入とリスティング広告を使い分け、「検索結果」からの流入を最大化していきましょう。

【1000社以上のコンサル実績】

ナイルのSEO成果事例を見る

サイト内検索

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら