【入門編】Google アナリティクス 4(GA4)の使い方について解説

【入門編】Google アナリティクス 4(GA4)の使い方について解説

新たなGoogle アナリティクスの規格として、Google アナリティクス 4(以下、GA4)がリリースされました。導入すべきか迷っている方がいるかもしれませんが、2022年3月に、2023年7月でのユニバーサルアナリティクスのサポート終了も明言されました。

これまで「GA4はちょっと」と遠ざけていた方、これを機に少しずつ使い始めてみませんか?

ここでは、GA4の導入方法や具体的な使い方について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ナイルのSEO相談室では、企業や団体ウェブサイト向けのGA4解説資料をご用意しておりますメールで資料のPDFファイルを配信しておりますので、保存していつでも読み返しできます。

情報収集中の担当者様も、お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより資料をお申し込みください。

\GA4の要点を押さえる!無料のスライド資料はこちら/

Google アナリティクス 4(GA4)とユニバーサルアナリティクスの違い

2020年10月にリリースされたGA4は、従来のGoogle アナリティクスである「ユニバーサルアナリティクス(UA)」とは大幅な変更が加えられています。GA4は、サイトとアプリを横断した計測や分析が可能になるなど、より深くユーザー行動を分析する機能が搭載されているのです。

GA4とユニバーサルアナリティクスには、どのような違いがあるのでしょうか。大前提として、GAとユニバーサルアナリティクスは、アカウント構造が異なります。ユニバーサルアナリティクスのアカウント構造が「アカウント>プロパティ>ビュー」であるのに対し、GA4では「アカウント>プロパティ>データストリーム」という構造になっているのです。

googleアナリティクス4 使い方

googleアナリティクス4 使い方

ユニバーサルアナリティクスでは、プロパティごとにデータ収集用のトラッキングIDが発行されていましたが、GA4ではデータストリーム単位で発行されるようになりました。データストリームとは、GA4のプロパティでデータ収集する範囲を指定します。

GA4は、一つのプロパティの中にウェブサイトやiOSアプリ、Androidアプリといったデータストリームを内包することで、ウェブサイトとアプリを横断した計測ができるようになったのです。

Google アナリティクス 4(GA4)を導入する方法

すでにGoogleアナリティクスのアカウントを保有している方がGA4を導入する場合、3つのステップで設定が完了となります。「プロパティの作成」「データストリームの作成」「トラッキングコードの設置」の各工程について簡単にご紹介いたします。

なお、ユニバーサルアナリティクスとGA4は併用して利用することができるので、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを削除せずに、GA4のプロパティを追加することをおすすめします。

googleアナリティクス4 使い方

STEP1 プロパティの作成

まずは、GA4のプロパティを作成します。「管理(歯車マーク)」をクリックし、中央のプロパティ欄にある「プロパティを作成」をクリック。

「プロパティ名」「レポートのタイムゾーン」「通貨」を設定し、次に「ビジネスの概要」に表示されるビジネス情報を入力することで、プロパティの設定が完了します。

STEP2 設定

次に、GA4のプロパティでデータ収集する範囲を指定するためにデータストリームを作成します。GA4プロパティを作成するとデータストリーム作成画面が表示されるので、GA4の設定を進めましょう。

「ウェブ」「Androidアプリ」「iOSアプリ」の中からデータストリームを設定したいプラットフォームを選択して、入力してください。

STEP3 トラフィックコードの設置

GA4のプロパティやデータストリームの設定が完了したら、GA4のトラフィックコードを設置します。

・Googleタグマネージャーを使用しない場合

サイトのHTMLコードにアナリティクスコードを直書きする場合は、GA4管理画面の「プロパティ>データストリーム>グローバルサイトタグ」を選択して、表示されているコードをの先頭に貼り付けます。

・Googleタグマネージャーを使用する場合

Googleタグマネージャーを使用する場合は、「プロパティ>データストリーム」で「G-」から始まるトラッキングIDをコピーした上でGoogleタグマネージャーにアクセスします。Googleタグマネージャーでタグを作成し「Googleアナリティクス:GA4設定」を選択し、「測定ID」にコピーしたトラッキングIDを貼り付けます。また、GA4で全ページ測定する場合はトリガーを「All Pages」に設定します。

Google アナリティクス 4(GA4)のイベントを使う

GA4を使う上で、「イベント」について把握しておく必要があります。イベントとは、ユーザーがウェブサイトに訪れて、ページを表示したり、リンクをクリックしたりしたときに、計測されるデータです。イベントは、GA4の左メニューにある「エンゲージメント」内の「イベント」をクリックすることで、確認できます。

googleアナリティクス4 使い方

主なイベントは下記になります。

・page_view:ページが読み込まれると計測される

・first_visit:ウェブサイトにユーザーが初めてアクセスしたときに計測される

・session_start:ユーザーがウェブサイトを利用してセッションが開始されたときにのみ計測される

参考:[GA4] 自動的に収集されるイベント

 

これらは、「自動的に収集されるイベント」になりますが、ほかにも「測定機能の強化イベント」「推奨イベント」「カスタムイベント」があります。

 

・測定機能の強化イベント

プロパティの設定画面で計測を有効にすると自動的に計測されます。

例:scroll(スクロール)、click(サイトからの離脱クリック)、video_start(動画閲覧開始)など

参考:[GA4] 拡張計測機能

 

・推奨イベント

Googleが定義したイベントパラメーターの中で、使用したいイベントを手動で設定します。主にコンバージョン関係のイベントが該当します。

例:purchase(購入完了)、login(ログイン)など

参考:[GA4] gtag.js 実装ガイド

 

・カスタムイベント

自分自身で、手動かつ自由に設定するイベントです。

\後で読み返しできるGA4の解説資料はこちら(無料)/

 

Google アナリティクス 4(GA4)の基本的な使い方

GA4には、ユニバーサルアナリティクスのようなレポート機能がありながら、新たな機能が実装されています。GA4に慣れるためにも、まずは基本的な使い方についてチェックしていきましょう。

ユーザー属性を確認する

どんなユーザーがウェブサイトに訪問してくれたのか、「ユーザー>ユーザー属性」で確認することができます。ユーザーの国、言語、性別といった情報を把握します。

googleアナリティクス4 使い方

流入経路を確認する

どこからユーザーが訪問したのか、「集客>トラフィック獲得」をクリックすることで、確認することができます。

主な流入経路としては、organic(自然検索による流入)、referral(リンクからの流入)、display(ディスプレイ広告からの流入)、facebook.com(Facebookからの流入)、t.co(Twitterからの流入)があります。

googleアナリティクス4 使い方

セッションを確認する

GA4でセッションの算出方法は、これまでと変更されていますので、注意が必要です。

まずは「探索」から「空白」ボタンをクリックします。「変数」の列の下部の「ディメンション」「指標」の見出し横の「+」アイコンをクリックして、それぞれ「ランディング ページ」「セッション」を検索・選択して保存します。

googleアナリティクス4 使い方

それぞれ追加「変数」列に追加された後、「①ランディング ページ」「②セッション」の順にダブルクリックすると画面中央にURL単位でセッション確認表が生成されます。

googleアナリティクス4 使い方

なお、GA4とユニバーサルアナリティクスとで、セッションの定義が異なるため、GA4の方が「セッション値」が少なくなる傾向があります。

キャンペーンソースがセッション中に変更された場合、GA4では新しいセッションが作成されないのに対し、ユニバーサルアナリティクスでは新しいセッションが作成されるためです。また、セッションが日付をまたぐ場合、ユニバーサルアナリティクスでは各日で1カウントされますが、GA4は1セッションとみなされるのも、セッション数が少なくなる理由です。

参考:[GA4] セッション数の算出方法

ページのスクロール数を確認する

GA4からページのスクロール数を確認できるようになりました。「エンゲージメント>ページとスクリーン」をクリックすると、表示画面の中に「ユニークユーザーのスクロール数」という項目があります。ここの数値がページのスクロール数になるため、どのページの読了率が高いかをチェックすることが可能です。

googleアナリティクス4 使い方

クロスデバイスユーザーを確認する

「探索>テンプレートギャラリー>セグメントの重複」から、クロスデバイスユーザーの確認が行えます。デフォルトでは「モバイルトラフィック」「タブレットトラフィック」「年齢:25-54歳」のセグメントが表示されていますので、取得したい条件に合わせて設定しましょう。3つのセグメントが重複している数が、同一ユーザーが別デバイスからアクセスしている数になります。

googleアナリティクス4 使い方

Google アナリティクス 4(GA4)で深い分析をしよう

GA4には、ユニバーサルアナリティクス以上に詳細な分析ができる機能が搭載されています。まずはGA4の基本的な使い方を把握して、操作に慣れておくといいでしょう。

なお、ナイルでは、GA4の導入からサイト分析まで、お任せいただくことが可能です。状況をヒアリングした上で、サイト分析に何が必要なのか、どのように進めればいいのか、ご提案させていただきます。ぜひ一度、ご相談ください

 また、GA4のことがサクッとわかる資料もご用意しております。

  • GA4と現在のGoogle アナリティクスの違い
  • 最低限設定しておきたいポイント解説(キャプチャ付き)
  • GA4を設定しておかないとどうなってしまうのか

といった内容を解説しており、具体的な内容は資料内で紹介しております。メールで資料のPDFファイルを配信しておりますので、いつでも読み返しできます。

情報収集中の担当者様も、お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより無料のスライド資料をお申し込みください。

関連記事

知名度とは

知名度を上げるには?テレビCMが与える影響を解説

cpa

【正しく理解しよう】CPAとは?意味や計算法、重要性、改善方法を解説

テレビCM メリット

テレビCMのメリットとは?どのような効果があるか解説

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る