【まるっと解説】CPCとは?意味や計算式、注意点、改善方法など

更新日:
【まるっと解説】CPCとは?意味や計算式、注意点、改善方法など

CPCとはクリック単価とも呼ばれ、クリック1回あたりにかかった広告費用を指す言葉です。リスティング広告などの広告では、このCPCが課金の対象となります。

この記事では、CPCの意味や計算方法、CPCが決まる要因、CPCを改善するための具体的な方法もお伝えしますぜひ参考にしてください。

また、「CPA」を下げるアイデア5つをまとめた無料のPDF資料をご用意しております。

もし広告の目的が「認知」ではなく「CV獲得」であれば、「CPA」を改善することが本質的な改善に繋がります

お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより資料をお申し込みください。

\CPA改善のアイデア5つを紹介!資料はこちら(無料)/

CPC(クリック単価)とは「1クリックあたりの広告費用」

CPC(Cost Per Click)とは、クリック1回あたりにかかった広告費用のことで、「クリック単価」とも呼ばれます。

cpc

例えばリスティング広告の場合、広告文がクリックされると、その時点で広告費用が発生します。ディスプレイ広告の場合は、バナーがクリックされた次点で広告費用が発生する仕組みです。

CPCを確認することで、「ウェブサイトの集客にどのくらい費用がかかっているか」を確認できます。そのため、CPCは広告の効果を測るための重要な評価指標になります。

CPCが決まる要因

「CPCがどのように決まるか」は、媒体によって異なります。ここでは、リスティング広告を例に挙げて解説します。

リスティング広告のCPCは、「他の広告主がどれだけのCPCで出稿しているか」によって決定されるのが一般的です。検索に使用されるキーワードによって、CPCは大きく上下します。例外もありますが、CPCの高いキーワードには以下のようなものがあります。

  • ビッグキーワードと呼ばれる検索回数が多いキーワード
  • 多くのサイトが出稿している競合の多い人気キーワード
  • 成約時に収益性が高いキーワード(「美容整形」や「キャッシング」など)

また、キーワードだけでなく「広告の品質」によってもCPCは変動します。Google広告のヘルプに以下のようにあるとおり、広告の品質が高いと、CPCは下がりやすいです。

クリック 1 回あたりの費用: 一般に、広告の品質が高いほうが、クリック 1 回あたりの費用は安くなります。

引用:広告の品質について(Google 広告 ヘルプ)

広告の品質は、Google広告では「品質スコア」とも呼ばれており、以下の3点を総合して算出されます。

  • 推定クリック率(推定 CTR): お客様の広告が表示された場合にクリックされる可能性の高さを示します。
  • 広告の関連性: お客様の広告がユーザーの検索の意図と一致する度合いを示します。
  • ランディング ページの利便性: お客様のランディング ページが、広告をクリックしたユーザーにとってどの程度関連性があり有用であるかを示します。

引用:品質スコアについて(Google 広告 ヘルプ)

そのため、CPCを改善する際は、上記の3点の改善を中心に進めると効果的です。なお、このような品質スコアを設けている理由としては、リスティング広告とはいえ、検索結果の一部であり、関係のないものや利便性の低い広告を表示させることは、ユーザーのためにならないからと考えられます。

平均CPCについて

平均CPCとは、1クリックあたり平均いくらの広告費用が発生しているかを指す言葉です。

「平均クリック単価」とも呼ばれます。

平均CPCの調べ方

平均CPCは、広告の管理画面や有料ツールで調べることが可能です。

平均CPCの計算方法

平均CPCは、以下の計算式で求められます。

かかった広告費用÷広告がクリックされた数=CPC

例えば100,000円の予算でリスティング広告を配信して、500回のクリックが発生したとします。この場合、CPCは以下の通りです。

かかった広告費用100,000円÷広告がクリックされた数500回=CPC200円

上限CPCとは

上限CPCとは、「1クリックあたりいくらまで広告費用を払える」かという上限数値のことです。

ウェブ広告では多くの場合、1クリックあたりに支払う金額の上限を設定できます。これは、多くのウェブ広告がオークション形式によって掲載を決定しているためです。

広告掲載のために行われるオークションは、上限CPCや広告の品質などの条件によって競われます。上限CPCを高く設定しておけば、表示回数を増やしたり、掲載順位を高めたりする点で有利になるでしょう。

なお、上限CPCはあくまで「上限」なので、実際に支払う額はそれよりも低くなることがほとんどです。

CPCを考える際の注意点

CPCは広告の効果を測るための重要な評価指標ですが、広告の目的が「認知」ではなく「CV獲得」の場合、「CPCを下げること」を目標にしてはいけません。

たとえCPCを下げても、CV数が下がったりCPAが高騰したりしては、本末転倒だからです。目的が「CV獲得」なら、重要視して改善するべき指標は「CPA」です。

CPAを改善するためにCPCを改善するのであれば良いのですが、「CPCの改善」そのものを目的にすることは避けたほうがいいでしょう。

なおCPAに関しては、以下の記事も参考にしてください。CPAの意味や具体的な改善方法などについて解説しています。

\CPA改善のアイデア5つを紹介!資料はこちら(無料)/

CPCの4つの改善方法

ここからは、CPCの4つの改善方法をお伝えしていきます。

ひとつずつ確認していきましょう。

cpc

方法1 広告の品質を改善する

まず第一に、広告の品質を改善することが大切です。

多くの広告媒体では、CPC(Cost Per Click:1クリックあたりの費用)には広告の品質が影響しています。広告の品質を改善することで、CPCを下げることが可能です。Google広告にも、以下のような記載があります。

クリック 1 回あたりの費用: 一般に、広告の品質が高いほうが、クリック 1 回あたりの費用は安くなります。

引用:広告の品質について(Google 広告 ヘルプ)

具体的な方法として挙げられるのは、「ユーザーがクリックしたくなるような広告を作成する」ということです。「期間限定キャンペーン」「サービスの強み」「サービス利用のベネフィット」など、さまざまなテーマでの訴求を試み、反応の良かった広告を微修正して横展開していく方法がおすすめです。

cpc

方法2 入札戦略を利用する

CPCを抑えるための入札戦略(自動入札)を利用することも、改善方法のひとつとして挙げられます。

Google広告であれば「クリック数の最大化」、Facebook広告なら「平均目標達成単価上限」などがおすすめです。

これらの入札戦略を活用することで、CPCが下がるよう媒体側が自動で調整してくれます。近年の広告媒体は非常に賢くなっており、人が手動で調整するよりもCPCを抑制できるケースも多いです。

方法3 ターゲティングを見直す

CPCが高騰しがちなターゲティングへの配信があれば、ターゲティングを見直してみましょう。

CPCが高くなってしまっているターゲティングへの配信を止めることもひとつの改善方法です。

【ターゲティング見直しの例】

「化粧品に興味関心がある人」のターゲティングのCPCが高騰している

→化粧品ブログなどの「配信面」へのターゲティングに切り替える

 など

リスティング広告の場合は、除外キーワードの設定を積極的に行うと良いでしょう。

方法4 上限入札単価を下げる

「設定している上限単価を下げる」というシンプルな方法もあります。

しかし、あまりおすすめできる方法ではありません。上限単価を下げることでCPCは下がるものの、下記のデメリットが発生してしまう可能性が高いためです。

  • 掲載位置が悪くなり、クリック率が下がる
  • 表示回数、ひいてはクリック数が減る(場合によってはクリック数がほぼ0まで激減する)

基本的には、上記の方法1〜3を試してみることを推奨します。

SEOにおけるCPCの考え方

オーガニック検索はクリックに費用が発生しません。

そのため、CPCが高いキーワードで上位表示を達成し、クリック数を獲得することができれば、SEOの効果は高いといえます。

しかし、リスティング広告においてCPCの高いキーワードは、上位表示をするにあたっての難易度が高いことが多く、下記の場合は通常のSEOよりも対策に工数がかかるケースが多いです。

  • 徹底したユーザー調査
  • より幅広い競合調査
  • 相当量の文字数が必要になる場合も
  • ユーザーの内容理解向上を目的として、通常よりも多めの画像、動画の作成
  • サイト全体での関連テーマのコンテンツ制作

こうした施策を適切に行なった上で、「作っておしまい」ではなく、ユーザーニーズの変化や競合を意識しながら、定期的な調整が必要になることも多々あります。場合によっては「広告を出稿していたほうがコストパフォーマンスが良かった」ということもあるでしょう。

ターゲットとするキーワードのCPCだけを見て選ぶのではなく、対策に必要な工数など全体的な数値を踏まえ対策を検討してください。

CPCと似ている言葉一覧

CPCと似ている言葉を以下の一覧表にまとめました。

CPCに似ている用語は複数あるため、「ややこしい」「覚えづらい」と感じている方は、ぜひ参考にしてください。

略称 正式名称 意味
CPM Cost Per Mille

コスト・パー・ミル

表示1,000回あたりの広告費用
CPA Cost Per Action/Cost Per Acquisition

コスト・パー・アクション/アクイジション

1CV(コンバージョン)あたりにかかった広告費用
CPO Cost Per Order

コスト・パー・オーダー

1件の注文(オーダー)を獲得するまでにかかった費用
CTR Click Through Rate

クリック・スルー・レート

広告が表示された数のうちクリックされた割合
CVR Conversion Rate

コンバージョン・レート

広告がクリックされた数のうちCVした割合
PPC Pay Per Click

ペイ・パー・クリック

1クリックごとに費用が発生する仕組み

使用例)PPC広告

CPCを理解して広告の改善を目指そう

CPCは、広告がもたらす効果を図るための重要な指標です。

広告を配信している目的に合わせてCPCを確認し、運用を進めていきましょう。CPCが高騰しがちな場合は、ぜひこの記事で紹介している改善方法を試してみてください。

また、ナイルではCPAを下げるアイデア5つをまとめた無料のPDF資料をご用意しております。

  • 運用型広告のCPAを下げるコツ
  • 他の広告手法を試してみる
  • CPAを下げるためのアクション

等について解説しております。

お気軽に以下のバナーをクリックして、ダウンロードフォームより資料をお申し込みください。

青木 創平(あおき そうへい)
監修:ナイル株式会社青木創平

大規模データベース型サイトなどの技術的に複雑なSEOのプロジェクトに携わることが多いです。その他ではECサイトや、BtoBのサービスサイトなどのプロジェクトを担当しております。他にはABテストのサポートなども携わっております。

プロフィールページへ

著書:SEO初心者が知っておきたいGoogle機能の基礎知識

関連記事

リスティング広告 やり方 始め方

もう悩まない!リスティング広告のやり方・始め方完全ガイド

広告 内製化

広告運用を内製化するには?メリットとデメリットも解説

広告代理店 とは

広告代理店とは?その役割や種類、業務内容について解説

新着記事

検索順位が落ちたときの 対策を教えます

【対談】検索順位が落ちる3つのパターンと対策をSEOコンサルタントが回答!

BtoBビジネスでSEO対策が重要な理由とは?

BtoBビジネスでSEO対策が重要な理由とは?効果的な進め方も紹介

マーケティングファネルの活用例3選を紹介! MARKETING FUNNEL Awareness(意識・認知) Interest(興味・関心) Decision(決断) Action(行動) 顧客の旅に関する認識、関心、意思決定、アクションのインフォグラフィック

マーケティングファネルの活用例3選!分析して課題解決につなげよう