CPCとは?CPCが決定される要因と効率的な考え方

更新日: 公開日:

CPCとは、クリック単価とも呼ばれ、クリック1回あたりにかかっている広告費用を指す言葉です。主にクリック課金型の広告効果をはかる評価指標として用いられ、基本的には低ければ低いほど、より高い効果が出ていると言えます。

ここでは、CPCの概要と効率的な考え方について解説します。

この記事のポイント

  • CPCとは、クリック1回あたりにかかる広告費用のことで、クリック単価とも呼ばれる
  • CPCは「かかった広告費÷その広告で獲得したクリック数」で求め、低いほど広告効果が高いと判断できる
  • クリック数に焦点を当てた指標のため、売上などのコンバージョンの効果を見る場合には適さない

CPCとは

CPC(Cost Per Click)とはクリック課金型広告の効果をはかる評価指標で、クリック1回あたりの料金のことです。「クリック単価」とも呼ばれます。通常、Webページに掲載した広告(例えばリスティング広告)がクリックされ、広告主のサイトに訪問者が訪れると、広告主に課金されます。広告の種類・掲載場所は多様にありますが、CPCは効率的にお客様をサイトに連れてくる方法を見極める重要な指標の一つです。

CPCは「かかった広告費÷その広告で獲得したクリック数」で求めることができます。例えば、10万円の広告費で2万クリック獲得した場合のCPCは5円となります。

CPCの決定基準

リスティング広告では、CPCは検索回数と競合性のバランスによって決定されており、キーワードによってCPCは大きく上下します。例外もありますが、CPCが高いキーワードには以下のようなものがあります。

  • ビッグキーワードと呼ばれる検索回数が多いキーワード
  • 競合性が高いキーワード
  • 成約時に収益性が高いキーワード(「美容整形」や「キャッシング」など)

上限CPCとは

リスティング広告ではCPCは入札形式で決まるため、1クリックあたりに支払う金額の上限を設定することができます。

上限CPCを高く設定しておけば、表示回数を増やしたり、掲載順位を高めたりする点で有利になります。ただし、その後の広告のクリック回数や品質スコアに応じて広告の扱いは変化します。上限CPCはあくまで「上限」なので、実際に支払う額はそれよりも低くなります。

効果的なCPCの考え方

広告を掲載する目的によって、CPCの捉え方を変えることが必要です。例えば、商品やサービスの認知が目的の場合は、CPCを安くして多くの人をサイトに呼ぶことが重要です。

一方で、売上を上げることが目的の場合、クリック数よりもその後のコンバージョン(CV)が重視されます。CPCはどの広告からクリックをどれだけ効率よく獲得できているのか比較できますが、多くのインターネットビジネスではクリック数=コンバージョンではありません。たくさんクリックを獲得しても、ターゲット像が違うなどの理由で実際にはコンバージョンに繋がらない場合が多々あります。

広告の目的を明確にし、CPCという指標の意義を適切に捉えることが重要です。

SEOにおけるCPCの考え方

オーガニック検索はクリックに費用が発生しませんので、CPCが高いキーワードで上位表示を達成し、クリック数を獲得することができれば、SEOの効果は高いと言えます。

しかし、リスティング広告においてCPCの高いキーワードは、上位表示をするにあたっての難易度が高いことが多く、

  • 徹底したユーザー調査
  • より幅広い競合調査
  • 相当量の文字数が必要になる場合も
  • ユーザーの内容理解向上を目的として、通常よりも多めの画像、動画の作成
  • サイト全体での関連テーマのコンテンツ制作

など、通常のSEOよりも対策に工数がかかる場合があります。

こうした施策を適切に行なった上で、作っておしまいというわけでなく、ユーザーニーズの変化や競合を意識しながら、定期的な調整が必要になることも多々あります。

場合によっては広告を出稿していた方が、コストパフォーマンスが良かったという場合もあります。ターゲットとするキーワードのCPCだけを見て選ぶのではなく、対策に必要な工数など全体的な数値を踏まえ対策を検討するとよいでしょう。

まとめ

CPCとはクリック課金型の広告効果をはかる評価指標で、クリック1回あたりの料金のことを指し、クリック単価とも呼ばれます。

CPCが低いことはポジティブに見えますが、CPCだけでなくCPAなど他の指標も考慮し、施策を考えていくことが必要です。

SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。
SEOとは?SEO対策を検索エンジンの仕組みと絡めて技術要件、コンテンツ制作など詳しく解説

関連記事

CPMとは?メリットとデメリット、CPC・eCPMとの違いを解説

[寄稿] 初心者でも失敗しない、リスティング広告代理店の上手な選び方

[寄稿] 品質スコアを気にするインハウス担当者、気にしないリスティング広告代理店

新着記事

SEOは自社でできる?SEO内製化のメリットや注意点を解説

インハウスSEOの成功事例5選!どのような成果が出たかを解説

アフィリエイトリンクはGoogle検索エンジンから隠すべき?

サイト内検索