Cookie(クッキー)とは?SEOとの関係性や影響について

更新日:
Cookie(クッキー)とは?SEOとの関係性や影響について

Cookie(クッキー)とは 

Cookie(クッキー)とは、ホームページを訪問したユーザー情報をブラウザに一時的に保存する仕組みのひとつです。

Cookieを使用することで、同じWebサイトを訪問した際にサーバー側で同じブラウザ(ユーザー)であることが識別できます。

ショッピングサイトで商品をカートに入れてWebサイトを一度閉じても再度サイトに訪問した際にカートに商品が残っていたり、以前ログインしたことがあるWebサイトにログイン情報が保存されていたりするのはCookieが利用されているためです。

 

Cookieには、1st party Cookie(ファーストパーティークッキー)と3rd party Cookie(サードパーティークッキー)の2種類があり、発行元のドメインが異なります。

1st party Cookieは訪問しているWebサイトのドメインから発行され、それ以外の広告などのドメインから発行されていてサイト間を横断してユーザー情報の保存が可能なのが3rd party Cookieです。

\疑問や不明点はお気軽にご相談ください!/

キャッシュとの違い

キャッシュとは ブラウザが一度表示したWebページのデータを保存する機能です。キャッシュデータを保存しておくと、2回目に同じWebページに訪問したときに表示するスピードが上がり、より閲覧しやすくなります。

参照:キャッシュとは

 

Cookieとキャッシュは履歴を残すという点で似ていますが、保存する情報が異なります。

Cookieはユーザー自身がWebブラウザで入力やお気に入りなどのアクションをしたデータを保存するのに対し、キャッシュはユーザーが見たWebサイトの情報を保存します。

Cookieを利用するメリット

ユーザーとしてのメリットは以下のようなものがあげられます。

  • ユーザー登録をしてログインをするサイトで毎回のログインが楽になる
  • サイトの機能に対する設定を保存できるので都度設定する手間が省ける

 

Webマーケティング担当者としてのメリットは以下のようなものがあげられます。

  • アクセス解析をする上で重要なユニークユーザーを判断することができる
  • リターゲティング広告の配信が可能になる

Cookieを利用するときの注意点

Cookieはユーザーにとってもサイト運営者にとってもメリットのあるものである一方で、重要な個人情報が含まれることもあるため、漏洩した場合のリスクも大きく、セキュリティーやプライバシー保護の観点で 、世界中でCookieの利用を制限する動きが始まっています。

2018年にはGDPR(EU一般データ保護規則)が施行されました。GDPRとは個人データのEU域外移転が原則禁止される規則で、保護される個人データの対象の一つにCookieなどのオンライン識別子も含まれています。

2019年には日本でも個人情報保護委員会にてCookie情報の利用を規制することが検討されています。

そして実際にGoogleは脱Cookieの道を本格的に歩み始め、2022年までに段階的にChromeにおけるサードパーティCookieのサポートを終了することを発表しました。

Googleは閲覧にCookieを必要とするページをインデックスできない可能性が高い

2018年9月、Googleのジョン・ミューラー氏は、Twitterで「GooglebotがCookieを使用する例はないか」という質問に対して、「GooglebotはほとんどCookieを使用していません。ページを閲覧する上で、Cookieが必要な場合、そのようなページはインデックスできないことはほぼ確実ですので、調査で気づいたら、修正してください。」と回答しています。

参考(リンク先は英語): https://twitter.com/JohnMu/status/1036902732240744449

 

また、redditでもジョン・ミューラー氏は「Googlebotは通常Cookieを保持しませんが、Cookieを使用する場合もあります。よって、コンテンツを変えるためにCookieを使用している場合、それは良くないアイデアのように思います。」と言及しており、「Cookieを保有してないとそのページを見ることができない」といった仕様はインデックスを念頭に考えると、避けたほうが良いと考えられます。

しかし、ジョン・ミューラー氏は同じ箇所で、「Cookieを使用して通常のコンテンツに位置情報を反映させるような使い方は問題ありません」と述べており、元となるコンテンツがGooglebotに認識される場合は、パーソナライズのようなCookieの活用自体は問題ないと捉えてよいでしょう。

参考(リンク先は英語): https://www.reddit.com/r/bigseo/comments/9ba3ui/personalization_outside_of_login_state_likely_to/

集客・コンバージョン数を増やしたい方へ

ナイルのSEOコンサルティングは流入数の改善はもちろん、売上に貢献するコンバージョンも増やします。予算未定でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい!

サービス紹介をダウンロードする

ナイルに無料相談する

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

ホワイトペーパー 外注

【裏技も紹介】ホワイトペーパー外注のコツと依頼時に知っておくべきポイントまとめ

UIやユーザビリティという問題とSEOは「別物」として切り離して考える

【保存版】ユニバーサルアナリティクスって何が違うの?その機能や移行方法など徹底解説

新着記事

【下書き_五十嵐】コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介

【2024年バレンタインギフト購買調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。