SEMとは?SEOとリスティング広告の違いについて

更新日: 公開日:

SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンマーケティングの略で、検索エンジンを利用して展開するマーケティング手法の総称です。

ここでは、SEMの概要と具体的な手法について、詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • SEMとは、検索エンジンマーケティングの略
  • SEMの代表的な手法に、SEOとリスティング広告がある
  • SEOの強みは継続性と費用対効果、リスティング広告の強みは確実性と即効性

SEMとは

SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンマーケティングの略語であり、検索エンジン経由でWebサイトへの来訪者を増やす、来訪者を増やして彼らから得る利益を増やすなど、検索エンジンを利用して展開されるマーケティング手法のことを指します。

SEMとSEOの違い

SEMの文脈で、しばしば「SEM=リスティング広告であり、SEOとSEMはそれぞれ違うもの」とみなしてしまうケースが少なくありません。

しかし正確にはSEMはある特定のサイトに対し、検索エンジン経由の訪問者を獲得するマーケティング手法であり、SEOとリスティング広告(検索連動型広告)はその手法の一つです。

SEMの種類、内容

SEMの手法として、SEO(検索エンジン最適化)と、リスティング広告(検索連動型広告)の2つがあります。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」を意味する言葉で、Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の最適化施策を総称したものです。

SEOについての詳しい説明は、こちらをご参照ください。

関連:SEO対策の全体像を知りたい方は以下の記事も読んでみてください!
SEOとは?SEO対策を分かりやすく徹底解説!


リスティング広告とは

リスティング広告は、「Google」と「Yahoo! JAPAN」の2大検索エンジンがメジャープレイヤーであるサービスで、主に検索したキーワードに応じて表示される広告のことを指します。

リスティング広告と言われると検索キーワードに対応して広告が表示されるため、一般的に検索連動型広告と呼ばれています。広告が表示されるだけでは広告費が発生せず、実際にユーザーがクリックすることで課金される(PPC:Pay Per Click)ことが特徴です。

リスティング広告の配信手法は他にもあり、コンテンツ向け広告などがあります。
しかし、厳密な定義をすると、SEMに含まれるのはユーザーが検索したキーワードに応じて表示される検索連動型広告のみとなります。

コンテンツ向け広告など、リスティング広告についての詳しい説明は、こちらをご参照ください
リスティング広告とは

SEOとリスティング広告との違いは

それでは、同じSEMの集客施策である、SEOとリスティング広告の2つで比較してみます。

SEOにせよリスティング広告にせよ、どちらも「検索エンジンを通じて、WEBサイトの内容に関連するキーワードで検索したユーザーを誘導する」という意味では全く同じです。ただし、2つの施策には一長一短があり、WEBサイトのフェーズや業態によって使い分ける必要があります。SEOとリスティング広告を比較してみます。

  • 即効性
    SEO:検索結果の上位に表示されるまで時間が掛かる
    リスティング:費用を出せばすぐに表示される

  • 継続性
    SEO:若干の順位の変動はあるが、一度上位に表示されれば表示され続ける
    リスティング:費用がなくなれば検索結果に表示されなくなる

  • 必要なコンテンツ量
    SEO:コンテンツ量によって流入は左右される
    リスティング:コンテンツ量に関わらず費用によって出稿可能

  • 費用対効果
    SEO:上位に表示される期間が長ければ長いほど費用対効果は下がる長期的な視野が必要
    リスティング:リスティングは逆に費用対効果は一定(CPCが一定であるということが前提で)

  • 検索結果掲載の不確実性
    SEO:上位に表示されるかは不確実
    リスティング:費用を出せば表示される

SEOの最大のメリットは、継続性と費用対効果です。リスティングが継続的に一定の費用がかかってくる反面、SEOでは一度上位に表示されれば継続的に検索結果に表示されます。上位に表示される期間が長くなればなるほど費用対効果は下がってくるという点です。

リスティング広告のメリットは、確実性と短期的な成果です。リスティング広告は費用を掛けることで、短期的に確実に検索結果に表示させることが出来ます。SEOは検索結果の上位に表示させるまでに時間は掛かかり、上位に表示されるかどうかも不確実です。

まとめ

しばしば、「Webマーケティングは、SEMとSEOが重要だ」と語られることがあるなど、SEM、SEO、リスティング広告は混同されがちです。

実際には前述のとおり、SEMは検索エンジンを用いたWebマーケティングであり、SEOとリスティング広告(検索連動型広告)はその手法の一つです。「SEM≒リスティング広告(検索連動型広告)+SEO」と考えていただければわかりやすいと思います。


参考

あわせてこちらの記事もご覧ください

SEOとリスティングについて、どちらを優先するか迷われる方におすすめ
[寄稿] SEO?リスティング広告?限られた予算の中で投資するならどっち?

SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方に。
SEOとは?1,500社を見て分かった効果が出る10個のSEO対策を分かりやすく解説

関連記事

noindexとは/noindexタグの書き方や注意点について

noindexとは/noindexタグの書き方や注意点について

ソフトウェア業界のWebマーケティングで気をつけたいSEOの考え方

アンカーテキストとは?ユーザー最優先でSEOを意識しすぎないのがポイント

アンカーテキストとは?ユーザー最優先でSEOを意識しすぎないのがポイント

新着記事

SEOは自社でできる?SEO内製化のメリットや注意点を解説

インハウスSEOの成功事例5選!どのような成果が出たかを解説

アフィリエイトリンクはGoogle検索エンジンから隠すべき?

サイト内検索