SEMとは?SEOとリスティング広告の違いについて

更新日: 公開日:
SEMとは?SEOとリスティング広告の違いについて

SEMという言葉について、聞いたことがあるけれど、どんな意味なのか正しく理解していない方は多いのではないでしょうか?

この記事では、SEMについて詳しく解説するとともに、混同しやすいSEOやリスティング広告との違いについても説明します。

SEMとは検索エンジンマーケティングのこと

SEM(Search Engine Marketing)とは、「検索エンジンマーケティング」を意味します。検索エンジンを活用したマーケティング戦略および施策全般をSEMといいます。

GoogleやYahoo!といった検索エンジンでは、検索されるキーワードによって、検索結果の表示内容は大きく異なります。SEMでは、検索エンジンを経由して、サイトやランディングページに集客し、自社の商品・サービスの購入や問い合わせにつなげる施策を展開して行うことが重要です。

SEM、SEO、リスティング広告の関係とは?

SEMと混同されやすいSEOやリスティング広告は、SEMに内包されている施策になります。SEOとは「検索エンジン最適化」を意味し、ユーザーがキーワードを検索した際、自社サイトへの流入を増やすために行う施策です。また、リスティング広告とは、ユーザーの検索結果に応じて表示する広告のことです。それぞれの関係を図に表すと以下のようになります。

SEM

SEOとリスティング広告の違いについて

SEMは、大きく分けてSEOとリスティング広告の2つがあります。SEOとリスティング広告について、それぞれどのような特徴があるのか、確認していきましょう。

SEOとは

SEOの具体的な施策には、サイトの構造を改善する「内部施策」、被リンクを獲得する「外部施策」、ユーザーの検索意図に沿った「コンテンツ制作」があります。どのような施策なのか、それぞれ簡単にまとめていきます。

内部施策

内部施策では、サイトの構造をわかりやすくするために、HTMLタグの最適化やURL正規化などを行います。

外部施策

外部施策は、自社サイトが外部のサイトから、どれくらいリンクを張られているかという点に注目します。外部から獲得したリンクが多いと、検索エンジンの評価は向上します。この被リンクを獲得することを外部施策といいます。

コンテンツ制作

コンテンツ制作とは、検索数が多く、需要の高いキーワードに沿った良質なコンテンツを作ることで、情報を探しているユーザーを自社サイトへ呼び込む施策です。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索したキーワードに応じて表示される広告を指します。リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに基づいて表示されます。そのため「検索連動型広告」ともいわれています。さらにリスティング広告では、ユーザーが実際にクリックすることにより課金される、PPC(Pay Per Click)という仕組みが使われています。

リスティング広告には、検索連動型広告以外にも、コンテンツ向け広告と呼ばれるものがあります。しかし、SEMに含まれるのは検索連動型広告のみになるため、しっかり把握しておきましょう。

SEM

SEOとリスティング広告の違いは?

SEOとリスティング広告にはどのような違いがあるのでしょうか。さまざまな観点から比較していきましょう。

1 クリック率(CTR:Click Through Rate)

クリック率とは、コンテンツや広告が表示された回数に対して、どのくらいの割合でユーザーがクリックしたかを表したものです。

クリック率は、SEOが高く、リスティング広告は低いという傾向が見られます。SEOで検索順位を上昇させることによって、クリック率が高くなるためです。しかし、検索結果画面では、オーガニック(自然)検索よりもリスティング広告のほうが上位に表示されています。それでもSEOにより表示されたオーガニック検索のほうが高いクリック率を示す傾向があるのが特徴です。これは、ユーザーが広告を避ける傾向があるためです。

2 即効性

即効性については、SEOよりもリスティング広告のほうが高い傾向にあります。

リスティング広告は、広告費用を出せば、すぐに検索結果画面に表示されます。いくら課金しているのか、それに対するCV数はどうなっているのかといったことが把握できるため、スピーディーな改善が可能です。

SEOは、自社サイトのページが検索結果の上位に表示されるまでに、時間がかかってしまいます。さらに実施したSEO施策が、効果的であるかはわかりません。SEOに取り組む場合は、長期的かつ継続的な対策が求められます。

3 継続性

継続性は、SEOは高く、リスティング広告は低い傾向にあります。これは前述の即時性における特徴が、それぞれ反対に出るためです。SEOの場合は、一度、検索結果の上位に表示されると、長期的に継続される可能性が高いです。リスティング広告は、費用を出さなければ検索結果に表示されなくなります。

4  コントロール性

表示結果の順位のコントロール性については、SEOよりもリスティング広告が高くなります。

リスティング広告は、予算やキーワード、リンク先など、要素となる外部要因を、いつでも変更できます。わかりやすく言えば、費用をかければ検索結果の上位に、自社サイトのページを表示させることが可能になるのです。

SEOは、ユーザーの検索ニーズを把握することが求められます。ユーザーが、どのような検索ワードを使用するのか、どのような情報を求めて検索しているのかといった検証が必要です。同時に、自社コンテンツには掲載されていないものと、競合他社には掲載されているものを比較し、内容を改善しなければなりません。さらに検索エンジンのアルゴリズムは、途中で変動することがあります。それにより、長期において上位表示されていたページが、下位になることもあり得るのです。

■SEOとリスティング広告の比較

SEO リスティング広告
クリック率 高い 低い
即効性 低い 高い
継続性 高い 低い
コントロール性 低い 高い

SEOとリスティング広告を活用しよう

SEMとは、検索エンジンを活用したウェブマーケティングの戦略です。SEOやリスティング広告の特徴を把握して、使い分けをしていきましょう。

なお、ナイルでは、集客だけではなく成果につなげるためのSEOコンサルティングが可能です。リスティング広告を実施するサポートもできますので、ぜひ一度、ご相談ください。

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

また、SEO成功事例・法則資料をまとめた資料もご用意しております。

  • SEOの基礎知識
  • 効果的なSEO戦略の立て方
  • キーワード戦略の考え方
  • ナイルのコンサルティングサービスのご紹介

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

本日のSEOニュース(2021年2月24日収集分)

本日のSEOニュース?(2021年2月24日収集分)

ベニスアップデートで流入低下→コンテンツSEOで全国からの集客に成功した美容クリニックの事例

事前にAMPページをGoogleサーバーに保存してあり、リクエストされたらそれを呼び出す

AMP(アンプ・Accelerated Mobile Pages)とは?アンプ化によるSEO効果を解説

新着記事

ホワイトペーパー ダウンロード

ホワイトペーパーのダウンロード数を伸ばす方法とは?

ホワイトペーパー 意味

ホワイトペーパーの意味は?営業資料との違いや種類を解説

リード 獲得 単価

リード獲得単価(CPL)とは?活用方法から改善のコツまで解説

サイト内検索