SEMとは?SEOとリスティング広告の違いについて

更新日:
SEMとは?SEOとリスティング広告の違いについて

SEMとは、検索エンジンを活用したマーケティングのことを指します。インターネットでの検索が一般化した現代では、ビジネスの発展に欠かせない施策です。本記事では、SEMの概要や具体的な施策内容、実践方法をまとめています。SEMについて理解を深めたい方は、ぜひ参考にしてください。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

SEMとは検索エンジンマーケティングのこと

SEM(Search Engine Marketing)とは「検索エンジンマーケティング」のことで、検索エンジンを活用したマーケティング施策を指します。後述する「SEO」「リスティング広告」などをまとめて「SEM」と呼ぶことが多いです。

また、リスティング広告自体を「SEM」と呼ぶケースもあり、海外では多く見られますが、このページでは、上記の定義に沿って話を進めます。

SEMは多くの場合、検索エンジンを経由してウェブサイトに集客し、自社の商品・サービスの購入や問い合わせにつなげることを目的に実施されます。

SEMとSEOの違い

SEMとよく似たワードで混合されやすいですが、SEOはSEMの施策の1つです。

GoogleやYahoo!などで検索すると、キーワードに応じた「自然検索結果」だけでなく、「広告」も表示されます。SEOはその中の「自然検索結果において上位表示を狙う施策」です。下の図のような関係になります。

SEM(検索エンジンマーケティング)とは

図のように、SEMの施策の1つとしてSEOが位置し、ほかにはリスティング広告なども含まれます。

それぞれの施策に特徴があり、どちらか一方だけを使用するのではなく、目的に合わせて組み合わせることがポイントになります。

次にそれぞれの施策内容を紹介します。

SEMの2種類の施策

ここでは、SEM施策である以下の2種類について解説していきます。

SEM

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」のことです。自然検索結果で上位を目指し、サイトへの検索流入を増やす施策を指します。

下図のように、検索結果の表示画面において「広告」と表示されていない箇所が、自然検索結果(オーガニック検索)と呼ばれています。

SEM

SEOの基礎知識や仕組みについては、以下の記事にまとめています。詳しく知りたい場合は、こちらも参考にしてください。

内部施策

内部施策では、検索エンジンがサイトの構造、内容をわかりやすくするために、HTMLタグの最適化やURL正規化などを行います。

検索エンジンは我々と同じようにページを見るわけではないので、少しでも見やすくしてあげるイメージです。

外部施策

検索エンジンの多くは、外部サイトから貼られたリンクをそのページの評価の1つとして用います。たくさんのリンクを獲得しているということは、そのサイトが信頼に足りるだろうというイメージです。

外部施策は、この被リンクを獲得することを指します。しかし、評価対象だからといって、被リンクを購入するような施策や、むやみやたらにリンクを貼り付けるようなことはやめましょう。

ペナルティ(手動対策)の対象となり、検索結果にまったく出てこなくなる場合もあります。

検索する人のニーズに合ったコンテンツを作成する

検索エンジンがもっとも評価対象とするのが、コンテンツの中身です。

コンテンツが検索する人の探している内容でなければ(関連性が低ければ)、検索エンジンが評価することはありません。

SEOにおいては、「検索キーワードのニーズに沿った良質なコンテンツを作ること」がもっとも重要な施策になることを押さえておきましょう。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて、ユーザーが検索したキーワードに連動して掲載されるテキスト型の広告のことです。「検索連動型広告」とも呼ばれ、インターネット広告を代表する広告手法と言えます。以下の画像のように、検索結果の上部で「広告」と書かれている部分がリスティング広告です。

SEM

リスティング広告については、以下の記事に詳しい仕組みやメリット・デメリットについて記載しています。併せて参考にしてみてください。

\リスティング広告をやさしく解説!資料ダウンロードはこちらから/

SEOとリスティング広告の違いと有効なケース

SEM施策を実施するにあたって「SEOとリスティング広告、どちらが良いの?」と悩まれるマーケティング担当の方は多いのではないでしょうか。双方、検索結果からサイト流入を増やすという点では同じですが、その特徴や有効なケースは大きく異なります。ここでは、両者の違いや使い分けについて解説していきます。

SEOとリスティング広告の違い

SEOとリスティング広告の違いについて、表にまとめました。

比較項目
リスティング広告
SEO
上位表示の即効性
開始と同時に表示させることが可能
上位表示に数ヵ月の時間を要する
上位表示の確実性
予算を投じれば上位表示は確実
上位表示は不確実
流入獲得の継続性
×
予算を投じなければ表示がされなくなる
一度上位表示されると上位表示が続く
費用対効果
費用対効果は一定
中長期的に費用対効果が高まる
運用コスト
×
配信しているあいだ運用しつづけなければならない
上位表示された後の運用の手間が少ない
施策実施の柔軟性
予算やキーワードなど柔軟に変更できる
×
対策ワードの変更などは困難
ブランディング効果
×
期待できない
期待できる

 

SEOは上位表示の持続性が高いことが特徴です。「一度上位表示されれば安定的・継続的なサイトへの集客が見込め、長期的な費用対効果に優れている」などのメリットがあります。しかし「サイト改善やコンテンツ追加などの対策に時間と労力が必要」「対策したとしても上位表示できるとは限らない」などのデメリットも存在します。

一方でリスティング広告は、早ければその日のうちに広告表示が可能です。また「成果に応じて予算やキーワードなど施策を柔軟に変更できる」といったメリットもあります。デメリットとしては、「コストをかけ続けなければならない」ことです。

SEOが有効なケース

上記を踏まえて、SEOは以下のようなケースにおいて有効といえます。

  • 予算や成果創出までの時間に余裕がある
  • 安定した集客の柱が欲しい
  • 高額商材など、時間をかけて比較検討される商材である
  • 長期的な集客が見込めるメディアを作っていきたい
  • リスティング広告の競合が多い

リスティング広告が有効なケース

一方で、リスティング広告が有効なケースは以下が挙げられます。

  • 予算や時間に制限があり、短期的な成果が必要である
  • リリース直後や新商品発売時など、一気に露出を増やしたい
  • キャンペーンなど限られた期間のみ宣伝を行いたい
  • 商圏が狭いなど、ターゲットが限られている
  • SEOの競合が強い

ビジネスの課題や現状、競合の対策状況などに応じて、施策を使い分けていきましょう。

SEMを成功させるための4つのポイント

最後に、SEMを成功させる4つのポイントを紹介します。それぞれのポイントについて確認していきましょう。

SEMを成功させるポイント

ポイント1 目的を明確にする

まずは最終的なゴールであるKGI(最重要達成目標)を明確にすることから始めましょう。ゴールを明確にすることで、最適な施策の種類や内容が定まります。ここで重要なのは、具体的な数値でKGI掲げることです。なぜなら「ウェブサイト経由の売上を増やす」といった抽象的な目標では達成基準が曖昧になってしまうためです。「ウェブサイト経由の売上を前年度比150%に増やす」といったように、具体的な数字目標を立てましょう。

KGIを定めたら、それを達成するために必要な中間目標(KPI:重要業績評価指標)を設定します。例えば「ウェブサイト経由の売上を前年度比150%に増やす」がKGIだとすると、「自社サイトへの流入2倍」「コンバージョン率10%アップ」などのKPIが挙げられます。

ポイント2 集客したいターゲットを絞る

次に、競合調査や市場調査を加味しながら、サイトに集客したいターゲットを絞りましょう。ターゲットの明確化により、ユーザーに最適なメッセージを届けることが可能となります。

ターゲットを具体的にイメージするには、ペルソナの設計が効果的です。ペルソナとは、氏名や性別、出身地、職業や趣味など、ターゲットとなる1人の人物を具体的にイメージしたものです。ペルソナ設計の具体的な手順については、別途資料でまとめています。無料でダウンロードできるため、以下のリンクよりお気軽にご覧ください。

ペルソナ設計の方法

ポイント3 ターゲットのニーズを整理する

次に、ターゲットユーザーのニーズを整理します。これがSEMにおいて対策するキーワードや提供するコンテンツを決める判断材料となります。ターゲットユーザーが「どんな悩みを持っていて、どんな検索行動を行うのだろうか」「どんな情報を欲しているのだろうか」と想像していきましょう。

例えば、あなたの会社が赤ちゃん用品のレンタルサービスを提供していたとします。この場合、サービスに直結する「ベビー用品 レンタル」などのキーワードのみの対策では、顕在層のみのアプローチにとどまりかねません。

ターゲットユーザーのさまざまなニーズを整理することで、例えば「離乳食 進め方」「赤ちゃん 夜泣き ひどい」などのキーワードも候補として挙がるでしょう。これにより多方面からサイトへの流入が確保でき、潜在層へのアプローチが可能となります。

ポイント4 サイト流入後の行動を分析する

マーケティングを実施する際は、PDCAを回すことが重要です。SEMにおいても、サイト流入後の分析を通じて、施策の分析・改善を行いましょう。Googleアナリティクスなどのサイト分析ツールを用いれば、コンバージョンにつながるページやキーワードを確認することができます。

なおナイルでは、「Googleアナリティクス4」の概要や設定方法についての資料を無料配布しています。以下のリンクよりお気軽にダウンロードください。

\サクッと分かる!GA4の資料ダウンロードはこちらから/

SEMを実施しよう

SEMは、SEOやリスティング広告、MEOなどの検索エンジンを活用したマーケティング施策です。ビジネスの特性や目的に合わせて、施策を使い分けましょう。

SEMにおいて、長期で安定したサイト集客を狙うならSEOがおすすめです。「SEOをこれから始めたい」と考えている方や、「すでに始めている施策が間違っていないか確かめたい」と感じている方は、ぜひお気軽にダウンロードしてみてください(ダウンロード無料)。

  • SEOの基礎知識
  • 効果的なSEO戦略の立て方
  • キーワード戦略の考え方
  • ナイルのコンサルティングサービスのご紹介

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

ROI・ROASとは?それぞれのメリット・デメリットや違いを解説

ROI・ROASとは?それぞれのメリット・デメリットや違いを解説

クレジットカード業界がWebマーケティングで注力すべきこと

オーガニック検索とは?検索結果上での自然検索枠と広告枠の違い

オーガニック検索とは?検索結果上での自然検索枠と広告枠の違い

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る