Webコンサルティングは何をしてくれる?導入のメリットを解説!

公開日:
SEO
Webコンサルティングは何をしてくれる?導入のメリットを解説!

「Webサイトへのアクセス数を伸ばしたい」「離脱を減らし、商品やサービスの購入や利用へとつなげたい」

このような、お悩みはありませんか。

Webサイトのどこを改善すれば良いのか、専門知識がなければ施策を見つけることは容易ではないでしょう。またSEO対策などの実施にも多くのリソースを割かなければなりません。

そんなとき、Webコンサルティングの力を借りることができれば、自社内にノウハウやリソースを持たない際に、助け舟を出してもらえ、必要最小限のコストでより良い効果を上げることができます。

今回の記事では、Webコンサルティングの必要性とメリット、自社に合った見つけ方までを紹介します。

Webサイトの集客率を高めたい場合は、以下をご参考にしてください(ダウンロード無料)。

\サイトリニューアルで気をつけるべきポイントはこちらから/

Webコンサルティングは、なぜ必要なのか?

現代は、インターネットが発展してWebコンテンツの多様化・複雑化が急速に進んでいます。

Webサイトの現状や目指すべきところを分析・抽出し、全体を見通した上で、費用対効果を考慮した確かなWeb戦略を組み立て、的確に運用しなければなりません。

webコンサルティングとは

そのためにWebコンサルティングが、大きな役割を担います。「リスティング広告に費用を投資すればよい」「SEO対策をしておけば大丈夫」と単純にはいかない時代だからです。

Webサイトの世界において、今や曖昧で不適切な取り組みでは結果を出すことはできません。これまで以上にWebサイトの課題解決には、豊富なデータやノウハウに基づく高度な施策が必要になります。

Webコンサルティングに依頼できる内容は?

Webコンサルティングには、「何を」「どこまで」「どのように」任せることができるのか、依頼可能な領域を紹介します。

自社内でどこまでできているのかを踏まえながら、依頼を検討するようにしましょう。

webコンサルティングとは

Webサイトへの訪問者やアクセス数UP

Webサイトへの訪問者やアクセス数を増やすための施策考案、実施を依頼できます。

具体的には、「SEO対策」「コンテンツマーケティング」「リスティング広告」「Web広告」「SNS広告」「リマーケティング広告」「DSP広告」などです。

一時的または継続的に費用負担が生じる施策もあるため、費用対効果も考えなければ、最適な施策を決めることができません。また、施策を実施した後には、どれだけ集客が図れているのかを分析する必要も出てきます。

Webコンサルティングへの依頼内容も、「施策のみ考えてもらうケース」「施策立案~運用まで行ってもらうケース」「施策立案~運用~効果検証のトータルに手がけてもらうケース」などさまざまです。

コンバージョン改善など、最適なWebサイトの運用

上記を実行しサイト訪問者やアクセス数を増やしてから、次に必要なのはユーザーにWebサイトを効果的に利用してもらう対策です。

訪問者がいくら増えても、到達したページが使い勝手の悪いものではユーザーが離れてしまいます。ユーザーが有意義に自社サイトを利用しているかを、Googleアナリティクスなどを用いてWebサイトの訪問・離脱状況を分析します。

そして、ユーザーがアクションを起こしやすいように、Webページの構成やカート・問合せフォームの改善を行います。ウェブページのパターンをいくつか用意したABテストの実施なども含め、地道な作業を重ねてブラッシュアップをし、最適な運用へとつなげるのがWebコンサルティングの使命です。

Webサイトやコンテンツの新規制作

既存のWebサイトへの集客や運用を行うのではなく、一からWebサイトやコンテンツを制作するケースもあります。

新規制作の場合、まずはWebサイトを必要としている対象企業・商品・サービスの特徴をしっかり理解するとともに、競合の分析を進め、ユーザーニーズを調査します。そして「強み」を把握した上でサイト設計を行い、Webサイトを制作します。

このように、単にWebサイトを制作するだけではなく、対象企業のビジネス全般を分析し、幅広いサポートを行う側面もあるため、企業の総合的なコンサルティング業務ともいえるのです。

\コンテンツ制作代行プランの詳細はこちらから/

Webコンサルティングを導入するメリットは?

Webコンサルティングを導入すると、具体的にどのようなメリットが得られるかを紹介します。

メリットをしっかり理解して、「何を」「どこに」依頼するかを明確にしましょう。

webコンサルティングとは

自社が持たないノウハウを得られる

Webサイト集客施策ひとつをとっても数多くの選択肢があり、Webサイトの構築・運用に必要なスキルやノウハウは広範囲におよびます。

自社内ですべての対応を手がけることは簡単ではなく、専門知識は常にブラッシュアップをしなければなりません。自社サイトの課題は、Webコンサルティングを導入すれば解消することが可能です。

また、無駄な施策にコストをかける必要もなくなるでしょう。長期的な視点で考えれば、Webコンサルティングに依頼したほうがコストが抑えられる可能性もあります。

自社のリソース不足を補える

仮にWebコンサルティングを自社内で実行するとなると、「Webサイト制作や運用、更新を行う専門部署の開設」「専門知識を持った人材の雇用」「自社内でのリソースの割り振り」など、マンパワーが必要となります。

既存業務にあたる人員を結果的に減らさざるを得なかったり、事業そのものを停滞させてしまったり、さまざまな悪影響を生むことが懸念されます。

Webコンサルティングの導入によってリソース不足を補うことが可能です。すべての課題を依頼しなくても、一部の制作・運用代行を依頼することで、リソース不足を補うことは十分可能でしょう。

成果が出るまでの時間を短縮できる

Web集客施策やWebサイト制作などによって効果を上げるには、分析・実行・検証・改善というPDCAサイクルを回すことが不可欠です。

Webコンサルティングを利用すれば、専門知識によって効率的かつ短期間でのPDCAサイクルの実現が可能となります。成果につながる取り組みをいち早く実践できるため、無駄なく最大限の効果を得たい企業にとって、大きな手助けになるでしょう。

常に最新情報を入手できる

Webの世界はさまざまな変化や、仕様変更が起こりがちで、1年前の当たり前が今年に入り変わってしまうということも頻繁にあります。

SEOを例に考えてみましょう。GoogleなどのWeb検索結果表示には、検索アルゴリズムが用いられています。検索アルゴリズムは不定期にアップデートされるため、検索順位は常に一定ではありません。

重大な仕様変更を見逃すと、「検索上位から急に下位へと落ちてしまった」ということが起きてしまいます。そうならないようにアップデートの内容を反映した対策が求められますが、すべての施策で最新情報を追いかけるのは至難の技です。

そこで活用したいのがSEO対策の専門家です。素人では理解しづらいアップデート内容や傾向といった情報をいち早くつかみ、的確な対策をスピーディーに行うことができます。

Webコンサルティング会社の選び方

Webコンサルティングを手がける会社の実力は多様にあり、どの会社に依頼するかによって、得られる結果も大きく変わってきます。

Webコンサルティング会社を選ぶ際には、下記の項目をチェックして自社に最もふさわしいパートナーを見つけましょう。

  • 過去のWebコンサルティング実績をきちんと公開しているか
  • 制作、運用などのサービス内容が十分であるか
  • コンサルティング費は予算内に収まるか、費用面の相談もしやすいか
  • 担当者とは円滑なコミュニケーションがとれるかWebコンサルティング会社

なお、ナイルでは、豊富な経験・データに裏付けされたコンサルティング力で、サイト改善の支援が可能です。大きく3つのステップに分けて、対応させていただきます。

  • 調査・設計:現状のヒアリングやKPIの設定、ツールの導入などを行う
  • 分析:アクセスやヒートマップの分析、ユーザー行動観察などを行う
  • 改善:施策の効果検証や定例レポーティング作成、継続施策の提案などを行う

状況をヒアリングした上で、段階的にサイト改善を行っていきます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

関連記事

コアアップデートからの回復に関するアドバイス

meta-description(メタディスクリプション)の基本を解説!

meta description(メタディスクリプション)の基本を解説!/SEOで押さえたい6つのポイント

ディレクトリとは?のイメージ

ディレクトリとは?データ管理の理想的な構造でウェブサイトを最適化しよう

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る