自然検索キーワードとは?調べ方や分析方法について解説

公開日:
自然検索キーワードとは?調べ方や分析方法について解説

自然検索キーワードとは、検索エンジンに入力する言葉です。ここでは、自然検索キーワードの意味やウェブマーケティングにおける重要性、調べ方などについて、詳しく解説します。

自然検索キーワードとは検索エンジンに入力する言葉

自然検索キーワードとは、簡単に言ってしまえばGoogleやYahoo!といった検索エンジンに、入力する言葉のことです。例えば、旅行の計画を立てるとき、Googleで「地名 観光」といった言葉を入力して検索をしますが、この「地名 観光」が、検索キーワードになります。

そして、このように自然検索キーワードを用いて検索を行い、検索結果画面に表示されるサイトのことを、「自然検索」または「オーガニック検索」と呼びます。「自然検索で1位を狙う」ということは、特定の自然検索キーワードの検索結果画面において、最も上位に表示されるサイトを目指すということです。

また、自然検索キーワードのことを「検索クエリ」と呼ぶこともあります。検索クエリとは、ユーザーが検索エンジンの検索窓に入力した語句を意味しています。

ちなみに、自然検索の対となる「有料検索」という言葉があります。Googleの検索結果画面において、表示されているURLの左側に「広告」と表記されているサイトを見かけたことがある人も多いでしょう。この広告と書かれたサイトが有料検索であり、Googleなどの検索エンジンに対して広告料を支払うことで表示できる、広告スペースの一種と考えてもらえれば相違ありません。

SEOとは自然検索キーワードの対策を行うこと

自然検索からの流入を増やして、自社のビジネスの成果につなげるのが、SEOといわれる施策です。SEOとは、Googleなどの検索エンジンを利用したマーケティング活動を指し、検索エンジン最適化と訳されます。

検索エンジン最適化と聞くと、なかなか具体的なイメージをつかみにくいかもしれませんが、自然検索キーワードに対する対策を行い、検索結果画面に表示される順位を上げていく試みのことです。「SEOにもっと力を入れて…」などとよく言われますが、これは、自然検索キーワードをしっかりと分析して、サイトやページの改善を行い、自然検索の順位を上げていくという意味になります。

自然検索キーワードの調べ方

自然検索キーワードを調べる方法について紹介していきましょう。自然検索キーワードは、「Googleアナリティクス」と「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」を使うことで、調べることができます。

Googleアナリティクスで検索キーワードを調べる

Googleアナリティクスで自然検索キーワードを調べる方法は、下記になります。

メニューバーの「集客」→「キャンペーン」→「オーガニック検索キーワード」をクリックすることで、自然検索キーワードを表示させることが可能です。

どのような検索キーワードでサイトに訪れているのかが、把握できます。予想通りのキーワードや意外なキーワードが確認できるかもしれません。

しかし、気をつけなければならないのが、Googleアナリティクスでは、(not provided)や(not set)と表示されるワードが多いこと。(not provided)、(not set)の表示の意味は、下記になります。

  • (not provided):暗号化通信によってユーザーの検索キーワードが暗号化されてしまい表示できない

  • (not set):ユーザーの検索キーワードを拾えずに表示できない

近年、プライバシー保護の対策によって、自然検索キーワードを拾うことができず、(not provided)や(not set)で表示されるワードがかなり多くなってきています。そのため、より詳細なキーワードを知るためには、Google Search Consoleを使う必要があります。

Google Search Consoleで検索キーワードを調べる

Google Search Consoleで自然検索キーワードを調べるには、下記の方法になります。

メニューバー「検索結果」→「クエリ」をクリックするだけです。また、上部にある絞り込み条件を設定すれば、期間やクエリ、ページなど、さまざまな条件で絞り込みをかけることができます。

特定のページで獲得しているキーワードを確認するときに利用すれば、より深く、自社サイトを訪れているユーザーの自然検索キーワードを分析することが可能です。

自然検索キーワードを分析する意義

自然検索キーワードを分析する最大の意義は、「ユーザーの求めているものを知ることができる」という点です。例えば、前述した「地名 観光」のような自然検索キーワードは、入力した人はその土地の観光スポットを探しているのだと、想像することができるでしょう。また「SEOとは」という自然検索キーワードであれば、SEOとはどういう意味なのかをユーザーは知りたいと考えていると予測できます。

このように、自然検索キーワードには、ユーザーの求めているものや知りたいこと、悩んでいることが色濃く反映されます。そして、「地名 観光」で調べているということは、観光スポットが知りたいはずだ。観光スポットを知れば、その近隣のお土産屋さんや飲食店の情報も知りたいはず。泊まりを想定している場合、ホテルの情報もあった方が喜ばれるだろう。こういった発想で、ユーザーが求める情報を考えていくことで、サイトに訪れるユーザーの満足度を高めることができるのです。

自然検索の順位が上昇するメリット

自然検索キーワードを分析・対策するSEOによって自然検索の順位が上がれば、サイトにさまざまな恩恵をもたらしてくれます。

ここからは、自然検索の順位が上昇するメリットについて解説していきましょう。

自然検索キーワード google アナリティクス

サイトの訪問者数の増加

検索順位の上昇は、そのままサイト訪問者数の増加につながります。例えば、検索ボリュームの月間平均が5,000のキーワードに対して、サイト上にページを作って、検索順位が1位になっているとします。検索順位1位のクリック率を20%とすると、月間の訪問者数は、下記の計算式のとおりです。

5,000(検索ボリューム)×20%(クリック率)=1,000(訪問者数)

さらに、ほかの検索キーワードからの流入も考えられますので、検索上位になることで、サイトの訪問者が増えることが時間できるでしょう。

継続的な流入でブランディング強化

検索順位が上がれば、それだけ多くのユーザーが、自社サイトに訪問してもらうことになります。継続的にサイトを訪問してくれることで、サイトや企業が認知されるきっかけになり、ブランディングにつながっていきます。

広告費の削減になる

自然検索での順位が上がり、ユーザーが検索してサイトを訪れてくれるようになれば、有料広告を行う必要がなくなり、広告費の削減になります。もちろん、自然検索の順位を上げるのは簡単なことではなく、ユーザーを喜ばせるコンテンツを制作するための人件費や制作費は必要にはなってきます。

しかし、広告だけで訪問者数を稼いでいるだけだと、費用対効果が悪くなってきたときに、打ち手がなくなります。そのためにも、自然検索からの流入を確保しながら、広告を仕掛けるといったように、バランスを考えて施策を打つことが大切なのです。

自然検索キーワードを分析してみよう

自然検索キーワードを調べることで、自社サイトに訪れているユーザー像をつかむことになります。ユーザーは、日々さまざまな考えや思いを持って、情報を探すために検索行動を起こしています。自然検索キーワードと真剣に向き合い、ユーザーの思考をより深く理解していくようにしましょう。

なお、ナイルでは、集客だけではなく成果につなげるためのSEOコンサルティングが可能です。自社でSEOを実施するインハウスSEOに向かうためのサポートも可能です。ぜひ一度、ご相談ください。

関連記事

塾 SEO

学習塾のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

2016年、SEOは何が変わる? 2015年ニュースの振り返りから

【家具EC事例】内部リンク設計でカテゴリページへの検索流入が1157%改善したSEO事例

【家具ECサイトのSEO事例】内部リンク設計でカテゴリページへの検索流入が1,157%改善

新着記事

SEO アウトソース

SEOをアウトソースするメリットと注意点とは?

リスティング広告 seo

リスティング広告とSEOはどっちが効果的?その違いを徹底比較

集客 導線

集客導線の考え方とは?入り口と出口に分けて8つの方法を解説!

サイト内検索