クレジットカード業界がWebマーケティングで注力すべきこと

更新日: 公開日:
クレジットカード業界がWebマーケティングで注力すべきこと

ナイルはこれまでに金融業界のWebマーケティング支援を多数手掛けてきました。なかでも特に注力してきたのが、クレジットカード業界です。

本記事では、クレジットカード業界でWebマーケティングを実施する際に知っておきたい知識を紹介すると共に、具体的にどのような戦略で臨めばいいのかについて解説します

この記事のポイント

  • クレジットカード業界とWebマーケティングは、ユーザーが自らWebでリサーチするため、相性がいい
  • Webマーケティングの方向性は、SEOやコンテンツマーケティングに取り組むことと独自の経済圏を築くことの2つになる
  • 銀行系クレジットカードはビッグワードを狙いたい、店舗提携カードは大型出費が見込める時期を意識したい

 

クレジットカード業界とWebマーケティングは相性がいい

カード業界2

金融系商材であるクレジットカードとWebマーケティングは、非常に相性の良い組み合わせです。クレジットカードの申し込みを行う場合、多くのユーザーがWebで情報を集めるため、適切なWebマーケティングを実施することで、大きな成果が見込める可能性があります。

理由の一つは、クレジットカードはとにかく商品数が多いことが挙げられます。まず、クレジットカード会社の数が多いことに加えて、クレジットカード会社が発行する「プロパーカード」や、カード会社が企業と提携して発行する「提携カード」があります。さらに一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとランクもあります。そして、ユーザーのライフスタイルや、よく利用する店舗やECサイトなどによって、最適なクレジットカードが変わってきます。 つまり、自分にもっとも適してクレジットカードを手に入れるためには、ユーザー自身がしっかりリサーチをする必要があるのです。

もう一つの理由はユーザー心理があります。クレジットカードは「お金」に関するものなので、ユーザーには「損をしたくない」という心理が強く働きます。知識がないまま、うかつに手を出すと損をするかもしれないと思い、ユーザーは問い合わせや購入の前に、情報収集を行う傾向があります。しかし、クレジットカードの情報を収集するのは意外と大変です。テレビCMでは情報が少なすぎますし、書籍では逆に情報量が多すぎてピンポイントで知りたい情報にたどりつけません。

そこでユーザーが行うのが「Web検索」です。Webで検索すれば知りたい情報にすぐアクセスでき、手に入る情報の内容もテレビCMよりも詳細です。商品の種類が多く、お金に関することなので「損をしたくない」という気持ちが働く。これがクレジットカードとWebマーケティングの相性がいい理由です。

Webマーケティングを行っている金融系企業は少ない?

クレジットカードなど金融系商材とWebマーケティングは相性がいいと述べましたが、Webマーケティングといってもその手法はさまざまです。Web広告もあればコンテンツマーケティングやSEO施策もあります。

しかし、金融系企業の多くはWebマーケティングといっても、リスティング広告やアフィリエイトといったWeb広告のみを行っていることがほとんどです。ナイルでは、クレジットカード会社や保険会社からのお問い合わせを多数いただきますが、そうした企業さまの多くは、LPを作成してWeb広告を掲出するというWebマーケティングしか実施されていない傾向があります。

多くの金融系企業では、広告費として年間に億単位の費用を使っています。仮にリスティング広告に月々2000万円を支払っているとした場合、年間の費用は2億4000万円。アフィリエイトに月5000万円を支払っているなら年間の費用は6億円となります。

もちろん、これらの費用はユーザーの獲得コストとして見合ったもので、Web広告も重要なWebマーケティング施策の一つですから、引き続き力を入れることは重要です。

しかし、これらの予算のたった1%でもいいので、自然検索流入やサイト内導線の改善といったSEO施策に充てることもご検討いただきたいと思います。こうした施策は一度成果が出ると、費用を少しずつ減らしても成果を維持できる可能性があります。SEOは将来への投資として非常に有効なWebマーケティング施策なのです。

クレジットカード業界のWebマーケティング2つの方向性

カード業界3

クレジットカード業界のWebマーケティングの方向性としては大きく2つあります。

まず、サービスサイト以外のサイトを立ち上げ、SEOやコンテンツマーケティングに取り組むのも有効なマーケティング施策です。SEOはクレジットカードとの相性が良く、どのカードを契約するか迷っている潜在顧客を取り込むことが期待できます。

もう一つの施策は、独自の経済圏を築いていくという方向性です。ECやアプリで還元されたポイントを使えるようにするなど、その他のサービスとの連携が問われるため、企業によって向き不向きはありますが、実施できるのであれば強力な施策といえます。

クレジットカード業界の具体的なWebマーケティング施策

ここからはさらに、銀行系クレジットカードと店舗提携カードについて、具体的なWebマーケティング施策の考え方を確認していきましょう。

 

銀行系クレジットカードの考え方

銀行系のクレジットカードであれば、「クレジットカード」に「はじめて」「学生」「社会人」といった単語をかけあわせたキーワードを狙ってSEO対策を実施するのが有効です。銀行系はすでにドメインが強力なので、ビッグキーワードでも戦うことができるのです。

また、コンテンツ制作に関しては、検索で訪れたユーザーの疑問を解消するために、社内の専門家に取材をしてきちんと自社の言葉で記事をつくっていけるといいでしょう。社外のライターがWebの情報を集めて書いた記事も見かけますが、つぎはぎの記事ではなかなか検索ユーザーの疑問にずばり回答できる内容になりません。また、クレジットカードの情報は難解な内容も多いので、Webの記事を参照して作成すると一種の伝言ゲームになってしまい、誤解を招く恐れもあります。

オリジナルの文章で、読者の疑問を解消できる記事を作成することで、Googleの評価が高まり、上位表示が期待できるでしょう。

 

店舗提携カードの考え方

百貨店やECサイトといった店舗と提携したクレジットカードの場合、大型出費が見込める時期がチャンスになります。百貨店やECサイトが発行しているクレジットカードは、ポイント還元率こそ高いものの、なかなか作成してもらうことができません。カードをつくることを面倒だと感じるユーザーが多いですし、すでにメインカードを持っている場合、複数のカードを持つことになって管理が煩わしいと感じるユーザーも多いからです。

そこでクレジットカードを契約して受けられる待遇や貯まるポイントが、「契約する手間」を上回っていることを、コンテンツ作成などでしっかり伝える必要があります。「○万円も使うなら、もっとポイントの貯まるカードで支払ったほうがお得かも」とユーザーに考えてもらうのです。

また、「指名検索」(会社や商品サービスの名前で直接検索すること)を確実に押さえることも、コンバージョンを増やすうえで重要な施策です。指名検索してくれるユーザーは、そのまま自社のクレジットカードに興味を持ってくれている状態です。ていねいに情報をまとめたコンテンツを提供することで、検索したユーザーが申し込んでくれる可能性が高いといえます。

自社のクレジットカードの名前で検索したときに、自社サイトよりもアフィリエイトサイトが上位に表示されることがありますが、これはコンバージョンやブランディングの観点からあまり好ましい状況ではありません。せめて重要な指名検索では1位表示されるように、titleタグや記事の中身、内部リンクなどのSEO施策に取り組む必要があるでしょう。

SEOに予算・リソースを割けない場合、「指名検索」だけは押さえましょう

 

Webマーケティング施策でユーザー獲得につなげる

クレジットカードはWebマーケティングと非常に好相性な商材ですが、多くのクレジットカード会社はWeb広告が中心で、それ以外のWebマーケティング施策が不十分です。SEOやコンテンツ制作など、Web広告に比べればはるかに低予算で実施できるWebマーケティング施策を行うことで、より効率よくユーザー獲得につなげることが期待できるでしょう。

 

ナイル流SEOについて詳しく知りたい方はこちら

広告なしでも売上アップ。ナイル流SEO資料のダウンロード

 

記事監修

寺田 祐也(てらだ ゆうや)

川野 紗和穂(かわの さわほ)

サイト内検索

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら