SEOライティングを外注するには?成功させるためのポイントを解説

更新日:
SEOライティングを外注するには?成功させるためのポイントを解説

SEOライティングの外注を検討する場合、どのような外注先を選択すればいいのか、迷うことはないでしょうか。

この記事では、SEOラインティングを外注するメリット、デメリットを踏まえて、依頼する際の注意点についても解説します。SEOライティングの外注を成功させるポイントが詰まっていますので、ぜひ最後までお読みください。

\コンテンツ制作代行プランの詳細はこちらから/

SEOライティングとは?

そもそもSEOとは検索エンジン最適化を意味しており、検索エンジンからサイトに流入するユーザーを増やす対策のことです。そして、SEOライティングとは、Googleといった検索エンジンで上位表示を目指すために、SEOを踏まえた文章を書くことを意味します。

例えば、タイトルや見出しには必ずキーワードを入れるのは、SEOライティングの基本テクニックの一つです。SEOライティングでは、検索エンジンに見つけてもらうために文章を工夫していきます。

ただし、その一方、文章を読むのはあくまでもユーザーです。そのため、ユーザーにとってもわかりやすく、かつ興味・関心を満たす内容でなければなりません。検索エンジンもユーザーメリットを第一に考えて、記事を評価することを明言しています。ユーザーが検索して知りたいと思っている事項について、過不足なく説明することが必要です。

つまり、ユーザーと検索エンジンの両方にとってもわかるように書く技術が求められるのが、SEOライティングなのです。ただ単に、良質な文章を書くだけでは不十分なのが、SEOライティングの難しいところです。

seo ライティング 外注

そんな専門性の高いSEOライティングを外注すれば、ユーザーと検索エンジンの両方から評価を得られるような、経験に基づいたノウハウを学ぶこともできます。新規記事の作成だけではなく、既存記事の書き換えも含めて、SEOライティングにおける外注の活用を視野に入れておくといいでしょう。

SEOライティング外注先 5つの分類

SEOライティングの外注先には、大きく分けて5つに分類できます。どのような外注先があるのか、確認していきましょう。

seo ライティング 外注

1 クラウドソース型

クラウドソース型は、クラウドソーシングを展開しているプラットフォームの登録ライターに外注する方法です。代表的なのは、クラウドワークスやランサーズになります。登録ライターのプロフィールや実績を見て、個別に発注していきます。

クラウドソース型のメリットは、価格の安いライターを選べば、コストを削減できること。ただし、クラウドソース型の場合、ライターによって品質のバラつきが大きいです。信頼して任せることができて、かつSEOの知識も豊富なライターと出会うのが難しい点は、大きなデメリットといえるでしょう。

2 ライティング代行型

ライティング代行型とは、制作会社に外注して、所属しているライターが執筆を代行してもらうという方法です。実績が豊富なライターに依頼ができ、専門性の高いライティングも対応してくれるというメリットがあります。

その一方で、やはりコストは高くなりやすい傾向があります。また、ライティングのプロは豊富ですが、SEOのプロがどこまでいるかは未知数であり、うまくマッチングしない可能性もあります。

3 SEO支援型

SEO支援型とは、SEOをトータルで支援するサービスの中に、SEOライティングが含まれている会社に依頼することをいいます。メリットはなんといっても、SEOを意識してライティングができること。ただし、その分、コストは高くなりがちです。SEOライティング代行のみの発注に対応していない可能性もありますので、事前に確認しておくようにしてください。

4 メディア運営支援型

メディア運営支援型は、オウンドメディアの新規立ち上げや改善をトータルで支援するサービスのなかに、SEOライティング代行が含まれているという形です。SEOだけではなく、ウェブマーケティング全体の改善が可能なので、本来の目的に沿ったSEOライティングを実施しやすいのは、大きなメリットになります。

5 マーケティング支援型

マーケティング支援型は、さまざまなマーケィング施策を行うことができ、その一部にSEOライティングを実施できるタイプの外注先を指します。そもそも、マーケティング施策のうち、記事の作成はごく一部であり、ホワイトペーパーやメールマガジン、ウェブサイト、ウェビナーなど、マーケティングの施策は幅広くあります。それだけにマーケティング施策を包括した視点を持ちながら、SEOライティングを活用できるのは、マーケティング支援型の強みです。

SEOライティングの外注費用・料金の相場は?

外注する場合、気になるのは、SEOライティングの料金の相場ではないでしょうか。SEOライティングの外注費用の相場は、制作会社によってピンきりです。1記事数千円から数万円まで、制作会社ごとに幅広い見積もりが提示されることになるでしょう。クラウドソーシング型であれば、質が高いかどうかは別として、1記事数千円から依頼することが可能です。

1記事あたりの料金は高いかどうかは1つの指標として大切ですが、それよりも実際に成果につながるかどうかといった視点を持つことが大切です。いくら外注費用が安くても、修正工数がかかり、検索順位もとれない記事を作っても意味がありません。外注先がどのような実績があって、どのような成果を出しているのか、といった点を加味して、外注先を選択してください。

ナイルならSEO支援、メディア支援、マーケティング支援が可能

ナイルの場合は、SEO支援、メディア支援、マーケティング支援といった視点を踏まえて、SEOライティングを行うことができます。もちろん、SEOライティングのみの発注も可能です。記事内容によって、詳細なお見積もりを提出させていただきますので、気軽にお問い合わせください。

ナイルに無料相談する

SEOライティングを外注するメリット

専門性の高いSEOライティングを外注することには、さまざまなメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、それぞれ具体的に見ていきましょう。

seo ライティング 外注

メリット1 時間を短縮できる

SEOライティングの大変さは、何といっても時間がかかることです。ユーザー目線でわかりやすい文章を書くだけでも、簡単なことではありません。SEOライティングの場合は、さらに、検索エンジンに評価される文法で書かなければなりません。キーワード調査や競合サイト調査なども必要なため、一つの記事を作成するのにも、多くの時間をとられることになります。

SEOライティングを外注できれば、制作にかかっていた時間を短縮することができます。その分、社内のリソースをサイト分析や今後の戦略立案に、時間を割くことができます。もちろん、SEOライティングの外注先との密なコミュニケーションが必要ですが、制作を重ねるに連れて、効率は向上するでしょう。

メリット2 品質が担保される

SEOライティングを行うには、専門知識が必要です。日々アップデートされる検索エンジンのアルゴリズムも頭の片隅に置きながら、検索エンジンに伝わり、かつユーザーに向けて読みやすい文章で書く必要があります。

SEOライティングを外注できれば、専門性の高い外部ライターが、これまで蓄積したノウハウと検索サイトの最新情報をもとに、質の高い記事を作成してくれます。また、わかりやすく、情報に過不足がない記事を書いてもらうことができるのも、外注のメリットです。

メリット3 記事を量産できる

オウンドメディアの運営においては、質の高い記事を作成することが重要ですが、同時に一定量の記事を発信し続けることも求められます。定期的に記事を発信することが、ユーザー接点を生み出すだけではなく、サイトのドメインの評価を高めることにつながっていくからです。しかし、更新を滞らせることなく、コンスタントに記事を作っていくのは、簡単なことではありません。

SEOライティングを外注すれば、専門のライターがSEOを意識した記事を、次々と量産してくれます。毎月、安定した記事数を公開することで、サイトの情報発信力が増していきます。

メリット4 ノウハウを得ることができる

SEOライティングを行うには、専門性の高い知識が必要ですが、外注することでSEOを意識した記事を作成することができます。そして、外注先とやり取りしているうちに、どういった点に気をつければ、SEOに沿った記事になるのかが、段々とわかってくるはずです。

つまり、外注することで、専門性の高いSEOライティングのノウハウを社内で得ることができるというわけです。その上、記事の成果を分析することで、どんな内容だと評価されるのかが見えてくるため、SEOライティングのノウハウを把握するのに大きなプラスになるはずです。

SEOライティングを外注するデメリット

SEOライティングを外注することは、メリットばかりではありません。いくつかのデメリットがあることを踏まえておきましょう。

seo ライティング 外注

デメリット1 費用がかかる

外注することになれば、当然のことながら、費用が発生します。SEOライティングの場合は、1記事単位もしくは月額で、原稿料を支払うことになります。

また、オウンドメディアの場合は、定期的に記事を更新していく必要がありますので、外注費が継続して発生します。予算が十分ではなく、途中で外注が難しくなると、更新が滞ってしまい、オウンドメディアそのものの存在意義がなくなってしまいます。あらかじめ、SEOライティングに外注費がかかることを踏まえて、予算を確保しておくようにしましょう。

デメリット2 コミュニケーションのコストがかかる

外注先とコミュニケーションコストがかかるのは、デメリットとして把握しておくべきです。1つの記事ができるまでに、外注先とさまざまなやりとりが必要です。SEOライティングにはどんな目的があるのか、どのような要素を記事に盛り込むべきなのか、記事の執筆前からすり合わせていきます。外注先と密なコミュニケーションを取らなければ、良質な記事を作ることは不可能です。

さらに、自社がどんな業界でどんな位置づけにいるのか、どんな競合がいて、どんな課題があるのかについても共有しておくと、SEOライティングの方向性がよりはっきりしてくるのでおすすめです。

デメリット3 質にばらつきがある

SEOライティングでは、ユーザーと検索エンジンの両方から評価されるような記事を作らなければなりません。SEOとライティング、それぞれの習熟したスキルが必要であり、ともに兼ねそろえた熟練のライターが必要になってきます。SEOライティングのスキルがどのくらいのレベルなのか、発注前には明確に見えてきません。それゆえ、制作会社やライターによって、記事の質にばらつきがでやすいことは、外注のデメリットだといえます。

もし、質が低い記事が納品されてしまった場合、修正のやり取りで工数がかかり、記事の公開日を遅らせる必要が出てくるかもしれません。また、SEOに沿っていない記事になっていた場合、そのまま公開した場合は、集客にも失敗して、ただ費用がかかっただけという結果にもなりかねないので、注意しましょう。

デメリット4 成果が見えづらい

SEOライティングが実際に効果につながるまでには、数ヵ月の期間を要します。記事をコンスタントにアップし続けて、Googleに評価されたり、ユーザーに認識されたりするまでに、時間がかかるためです。成果がすぐに見えづらいのも、SEOライティングのデメリットといえます。

SEOライティングを外注する際のポイント

SEOライティングを外注する際には、いくつかのポイントがあります。それぞれ押さえておきましょう。

seo ライティング 外注

過去の実績と経歴を確認する

SEOライティングを外注する前に、制作会社やライターにどんな実績があるのか、過去に書いた記事を必ず確認するようにしてください。文章がわかりやすいかどうかをチェックすると共に、実際に検索してみて、上位に表示されているかも確認しておきたいポイントです。

また、ライターの経歴にも着目します。何年くらいライター歴があり、どんな媒体で書いてきたのか、どんな分野を得意としているのか、あらゆる角度から検討することが大切です。

コミュニケーション力を測る

SEOライティングを外注するにあたっては、密なコミュニケーションが欠かせません。SEOライティングの目的を理解してもらった上で、記事の細部を詰めていくことが大切です。メールのやりとりなどを通して、コミュニケーションに問題がないかをチェックするようにしてください。

判断基準の一つが、レスポンスのスピードです。なかなか返事が来ないようだと、仕事が始まってからも、ヤキモキすることが多くなると思われます。外注して仕上がってきた記事に修正をお願いするような場面も出てきます。その都度、ストレスになることがないように、コミュニケーションがスムーズな外注先を選びましょう。

リソース状況を確認する

SEOラインティングを外注する場合には、制作会社やライターのリソース状況を確認すること。1ヵ月でどのくらいのボリュームの記事数が対応できるのか、1記事あたりどれくらいの日数が必要なのか、できるだけ詳細に詰めておきましょう。

SEOライティングを依頼時に伝えるべきこと

SEOライティングを外注する際には、伝えるべきことがいくつかあります。主に共有しておきたいことは下記になります。

  • 目的

  • ターゲット像

  • 最終的なゴール

  • 文体(です・ます調、である調)

  • 校正ルール

  • 表記統一

  • 文字数

  • 制作スケジュール

これらも要素を共有しながら、SEOライティングで、後々トラブルにならないようにしましょう。

SEOライティングの外注先はしっかり選ぼう

SEOライティングを外注することで、時間をかけることなく、質の高い記事をコンスタントに作成することができます。しかし、外注先の力量によっては、かえって記事作成に時間がかかり、記事の質が低いという問題が発生することが起きかねませんので、注意してください。よい外注パートナーを見つけることができれば、質の高い記事を安定的に更新することが可能になります。

なお、ナイルでは、SEOライティングの代行プランをご用意しております。さまざまな記事を作成したいけれど、記事を書くリソースがない場合は、お気軽にご相談ください。

関連記事

オーガニックサーチ オーガニック検索 自然検索

オーガニック検索からの流入を増やすための方法

Google(グーグル)のSEO対策で押さえるべき3つの評価ポイント

Google(グーグル)のSEO対策で押さえるべき3つの評価ポイント

SEO 業務

SEO業務にはどんなものがある?SEO担当者が把握しておきたいこと

新着記事

ホワイトペーパー メリット

ホワイトペーパーを活用する5つのメリット

GA4導入状況に関するアンケート調査

GA4導入状況に関するアンケート調査【2022年7月実施】

seo対策 意味ない

SEO対策は意味がないって本当?成果が出ない原因と成功ポイントを解説