病院・クリニックの医療サイトでSEOを実施するためのポイント

更新日:
病院・クリニックの医療サイトでSEOを実施するためのポイント

病院・クリニックといった医療関連のサイトで、集患を考えたとき、SEOの実施を検討しておきたいところです。具体的にどのようなSEO施策を打つべきなのでしょうか。

ここでは、病院やクリニックのサイトに関するSEOのポイントをご紹介します。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

病院・クリニックサイトのSEO基本方針

病院やクリニックサイトのSEOには、いつくかの基本方針があります。具体的なSEO施策について、しっかり把握しておきましょう。

医療 SEO

指名検索に対応する

指名検索とは、サービス名、会社名、人名などの固有名詞を入力して検索することを意味します。病院・クリニックであれば、「病院名」「クリニック名」となります。指名検索を行っているということは、「病院・クリニックをある程度知っている」という状態です。しっかり指名検索で、自社サイトのページが検索上位にくるように、SEOを実施しましょう。

具体的には、以下の流れで指名検索のSEOを進めていきます。

1. 流入キーワードを確認する

どんなキーワードで検索して、自社サイトに訪れているのか、現状把握を行います。Google Search Consoleを使って流入キーワードを確認したり、サジェストキーワードを確認したりして、流入キーワードを把握していきましょう。

2. ランディング状況を確認する

流入キーワードのなかで特に重要だと思うキーワードを選定したら、そのキーワードでの自社サイトの検索順位を確認します。

3. 対応するページを最適化する

キーワードに対応するページがない場合、新たなページ作成を検討してみてください。すでにページがあるのに検索順位が上位にない場合、類似ページに情報を追加したり、titleにキーワードを含めたりするなど、キーワードに対して適切なページになっているかチューニングを行います。

\指名検索対策のコツを資料で解説!/

地域のキーワードを重視する

病院やクリニックのSEOにおいて、「地域名×専門科」というキーワードで評価されることは非常に大切です。しかし、いきなり「○○ 小児科」のキーワードで1位を獲得するのは至難の業です。

そこで取り組みたいのが、病院・クリニックの強みとなりうるキーワードを含めた検索で、1ページ目に表示されることです。具体的には「調布 小児科 クレジットカード可」といったキーワードで検索上位を目指します。また、サイトのタイトルタグや見出しタグに、地名を含めることもポイントです。

Googleマイビジネスを活用する

Google検索された際、Googleマップ上に正しく表示されるためにも、Googleマイビジネスへのオーナー登録は必須です。費用は一切かかりません。

Googleマイビジネスのオーナー登録後、病院・クリニックの詳細情報を管理・更新することが可能となります。外観などの画像も掲載できます。より正確な情報発信につながるうえに、Googleマップに表示されやすくなったり、「地域名×専門科」の検索にも効果があったりすると考えられます。

また、Googleマイビジネスに表示される口コミは、ユーザーの閲覧頻度も高いため、コメント返信をしておくといいでしょう。一方で、口コミにネガティブな内容を書き込む業者も存在するため、注意が必要です。

モバイルフレンドリーに対応する

モバイルフレンドリーに対応することも考えておくべきことです。Googleは、「スマホなどのモバイル端末で検索した場合、モバイル端末向けのサイトを用意したホームページを優遇する」アルゴリズムが実装されていることを公言しています。スマートフォンからの閲覧に対応できているか、確認してください。

病院やクリニックサイトで注意すべきこと

病院・クリニックサイトの情報発信では、注意すべきポイントがいくつかあります。それぞれご紹介しましょう。

YMYLに該当することを認識する

病院・クリニックサイトが発する情報は、ユーザーの生活に影響を与える可能性があるため、「YMYL」(Your Money or Your Life)に含まれます。YMYLとは、「Your Money Your Life」の略で、ユーザーのお金や健康、人生に重大な影響を与える可能性があるページを指しています。YMYLは、Googleの検索品質評価ガイドラインに例が記載されており、医療系の情報を扱うこととなる病院・クリニックサイトも該当します。

安心・信頼できるコンテンツを掲載すること

YMYLに該当するジャンルで重要視されているのが、「E-E-A-T」と呼ばれる評価基準です。Experience(経験:経験や体験があるか)」Expertise(専門性:特定ジャンルを掘り下げられているか)、Authoritativeness(権威性:受賞歴や文献など他者から実績が評価されているか)、Trustworthiness(信頼性:発信されている情報に信頼があるか)という4つの項目があります。

病院・クリニックサイトにおいて、もっとも気を配るべきポイントといえるでしょう。

E-E-A-T評価を高めるためには、より質の高いコンテンツを制作する必要があります。具体的には記事に監修をつける、専門分野の医療ライターに依頼するといった方法です。

また、出どころのわからない情報は信用できないので、引用元はしっかり明記することが肝心です。引用には、公的機関等の客観性・信頼性のある情報を用いるようにしましょう。

見込み患者とのアプローチにもつながる

このように、病院やクリニックサイトにSEOを取り入れることで、集患率の向上を図ることが可能となるでしょう。また、すぐに予約・問合せをして患者さんとなってくれる人だけではなく、「○○エリアに良い病院があることを知っておきたい」という見込み患者へのアプローチにもなります。

なお、ナイルでは、集客だけではなく成果につなげるためのSEOコンサルティングが可能です。医療業界のサイトでも実績が豊富にありますので、ぜひ一度、ご相談ください。

事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

無料で資料を受け取る

無料相談に申し込む

支援実績やコンサルティングの詳細は、ナイルのSEOコンサルティングサービスをご覧ください。

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

2013.3.27 SEOセミナー開催レポート:「ペナルティ解除はやるべきことを着実に、ただひたすらに泥臭く」

2013.3.27 SEOセミナー開催レポート:「ペナルティ解除はやるべきことを着実に、ただひたすらに泥臭く」

ページ表示速度はSEOに影響する?計測方法と5つの改善方法を解説

ページ表示速度はSEOに影響する?計測方法と5つの改善方法を解説

10倍はかどるSEOの進め方

弊社メンバーが執筆『10倍はかどるSEOの進め方』が10/19に発売

新着記事

就活企業リサーチ行動調査

【就活における企業リサーチ行動調査】

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

【完全ガイド】Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

サイト内検索

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。