[寄稿]年間予算は1000万円未満?調査で明らかになったBtoB企業のWebマーケティングの実態

更新日:
[寄稿]年間予算は1000万円未満?調査で明らかになったBtoB企業のWebマーケティングの実態

はじめに

はじめまして、ガイアックスの中村です。BtoB企業にインバウンドマーケティングの導入を支援したり、「INBOUND marketing blog」の編集長をしたり、自社サービスのマーケティングを担当したりしています。

さて、このたび「BtoB企業のWebマーケティングの実態」というテーマで調査をしたので皆さまにご紹介します。SEOをはじめ、リスティング、コンテンツ作成、アクセス解析など、さまざまな施策・解析・改善を実施するWeb担当者の悩みや予算の実情に迫るとともに、私の所属する部署のマーケティングについても少し紹介(暴露)します。

BtoB企業Webマーケティングの実態調査レポートの無料ダウンロードはこちら(現在は終了しています)

【調査方法】
  1. 2015年3月~5月にインターネットリサーチを利用し実施
  2. 売上規模20億円以上のBtoB企業でWebマーケティング関連業務に従事する方々が対象
  3. 調査地域は全国47都道府県
  4. 有効回答数:330

\疑問や不明点はお気軽にご相談ください!/

課題が噴出するBtoB企業のWebマーケティングの現場

商材・サービスサイトで抱える問題点・課題を教えてください。

業務に必要な人材が不足していると45.3%の人が答えたように、日々のWebマーケティング活動に時間が足りないと感じている企業は一定数あるようです。効果測定が実施されていない(39.7%)との回答から知識面での課題も顕在化しています。また、戦略、予算、他部門との連携、理解や意欲の不足など、社内体制を問題視している人もいました。

この調査結果を見て個人的に思ったのは「意外に人材は足りている」ということでした。

私が所属するガイアックスのビジネスマーケティング事業部は、最近まで全体的なマーケティングを私一人で他業務との兼務で管理し、Webサイトやブログ、メルマガなどの各施策をそれぞれユニット化して、通常業務と兼務する担当者で回していました。常に「人が足りない」私たちの状況と比べて、非常に恵まれた環境にあることが羨ましくあります。

ようやく専任マーケッターとして1人が配属され、新たなマーケティング施策やそれ以外の取り組みにも着手できるようになってきました。私たちがそうであるように、いかに社内の理解を得て、予算を獲得できるかが、マーケティング部門の課題といえそうです。

それではBtoB企業がマーケティングにかける予算は、どの程度なのでしょうか。

100万円~1000万円というリアルなWebサイト年間予算

商材・サービスサイト1サイトあたりの年間予算(広告費を含む)を教えてください。

「1サイトあたり」という条件付きですが、年間の予算が1000万円未満という回答が過半数を超えました。商材特性によるもののBtoB企業ではまだWebマーケティングに投下する予算が少ない傾向にあるようです。

とはいえ、15%を超える企業で1億円以上を投下するという結果もあります。商材や売上規模に左右されるとはいえ、潤沢な予算が羨ましいです。

私の所属部署の年間のマーケティング予算は300万円程度。平均よりやや少なめでしょうか。

しかしながら広告をほぼ打っていない点と、制作を内製で実施できる強みがあるため、この予算で十分に勝負できるのだと思います。外注を活用する企業であれば、費用感は当然上がっていきます。

施策はコンテンツ拡充。被リンク中心のSEOから脱却か

これから注力したいWeb施策を教えてください。

多くの企業がコンテンツの増強に注目しているようです(57.4%)。ご存知の通りGoogleのペンギンアップデートやパンダアップデートに代表される検索結果の改善が進み、SEOの観点でもコンテンツに注目している企業も増えているように感じます。SEO HACKSでもそういった記事が紹介されているように、多くの企業ですでに認識されているのでしょう。

ガイアックスでも私が担当する「INBOUND marketing blog」や、ソーシャルメディアに関した情報を配信する「ガイアックス ソーシャルメディアラボ」というオウンドメディアは、集客を目的に運営しています。

コンテンツの公開時はソーシャルメディアで拡散し集客していますが、結果的にSEOにつながっています。2013年に公開した記事が、未だに流入に大きく貢献し、その理由が検索エンジンで上位表示されているためです。

良質な記事はユーザの興味を誘い、広く拡散されていきます。またそういった記事は検索エンジンにも好まれます。コンテンツに注力したい方は、その辺りを意識して取り組んでもらいたいです。

実態調査レポートの無料ダウンロードで、Webマーケティングの活動にリアルな数字情報を

今回紹介したデータをはじめ、Facebookの活用状況やマーケティングオートメーションの導入情報など、さまざまなデータを公開しています。ご自身のマーケティングへの参考資料として、営業提案資料の材料として、ぜひダウンロードしてご利用ください。

BtoB企業Webマーケティングの実態調査レポートの無料ダウンロードはこちら(現在は終了しています)

マーケティングでお悩みの方へ

ナイルでは皆様からWebマーケティングに関する無料相談を受け付けております。日頃疑問に思っていたことや、貴社サイトの課題など相談してみませんか?

まずは会社案内をダウンロード

無料相談に申し込む

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

SEO アウトソース

SEOのアウトソーシングとは?依頼前に知っておきたい知識や選び方

SEO 初心者 セミナー

SEO初心者がセミナー・ウェビナーで学ぶメリットとは?

“ホワイトハットSEOが上手くいかない”という人へのアドバイス

新着記事

【下書き_五十嵐】コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介

【2024年バレンタインギフト購買調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。