PV(ページビュー)とは

SEO対策で使われる用語 「ページビュー(Page View)」 について解説しています。

PV(ページビュー)とは

PV(ページビュー)とは、ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標です。ブラウザにHTML文書(ウェブページ)が1ページ表示されたら1PVとカウントされます。PV数はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールをサイトに導入することで解析することができます。

PVのカウント方法を説明する画像。6名のユーザーがサイトに訪れた(トップページを開いた)時点でPV=6とカウントされます。そのうち、2名がAページを、1名がBページを、2名がCページを開いたのでPVは+5カウントされます。その後さらに1名がDページを、1名がEページを開いたのでPVは+2され、合計PVは13となることを説明している画像

上の図の場合、6名のユーザーがサイトに訪れた(トップページを開いた)のでこの時点でPV数は6とカウントされます。そのうち、2名がAページを、1名がBページを、2名がCページを開いたのでPV数は+5カウントされます。その後さらに1名がDページを、1名がEページを開いたのでPV数は+2カウントされ、合計PV数は13となります。

※図に記述してあるUUとは、何人がサイトを訪れたかの指標であるユニークユーザーの略称です。詳しくはSEO用語集UU(ユニークユーザー)のページをご覧ください。

アクセス解析でよく使用される用語として、特にUU数や訪問数(セッション数)と混同されますが、PV数はユーザーや訪問回数に関係なく、サイト内のページが表示されたのべ回数を積算して集計しています。PV数が5万PVでも、実は2千人のユーザーにしか見られていない可能性もあります。

UU(ユニークユーザー)数が「サイトの人気度」を測る指標であるのに対して、PV数は「サイトがどれくらい利用されているか」を測る指標として考えておくと良いと思います。

訪問別PV数(平均PV数)

訪問別PV数(平均PV数)とは1訪問(1セッション)毎のPV数の平均を表す数値です。訪問別PV数が多い程、ユーザーが1回の訪問でサイト内のページを多く閲覧していることになりますが、訪問別PV数がただ多ければ良いと認識されがちですが、最終的にそれが良いか悪いかはサイトの目的が達成しているのか、などの要素と併せて判断する必要があります。

例えば、不動産サイトやECサイト等の情報量の多いサイトでは、物件詳細ページや商品詳細ページなどを見て回る傾向があるため、訪問別PVは多くなりやすいです。訪問別PV数が多くて、そこからきちんと商品購入や問い合わせなど、目的とするコンバージョンに結びついていれば問題はありません。

しかし、

  • 回遊した後、欲しい情報(コンテンツ)が無いとユーザーが判断し離脱している
  • サイト内の導線が悪く目的ページに辿り着く前にユーザーが離脱している

などの理由で訪問別PV数は多いのにコンバージョンに結びつかない場合も起こりえます。これでは訪問数が多くても決して良いとは言えません。その場合は、アクセス解析ツールから得られるユーザーフローレポート(ユーザーがどこからどのようにサイトに入ってきて、どのようにサイト内を遷移しどのページでサイトから離脱したかなどの情報)やコンテンツレポート(サイト内でどのコンテンツが人気かなどの情報)を確認し、きちんと購入画面やお問い合わせフォームへ誘導するようなサイト構造に修正することが望ましいです。

まとめ

  • PV数はユーザーや訪問回数に関係なく、サイト内のページが表示されたのべ回数を積算して集計する指標。
  • 訪問別PV数(平均PV数)は実際のサイトの利用状況や閲覧状況を推し量ることのできる指標。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×