not provided とは

not provided とは

not providedとは

「not provided」とは、Webページを閲覧する際に、ユーザーがどのような検索ワードを使用してWebページにアクセスしたのかが不明(解析不可)であることを意味しています。

英単語を補うと、 「Search words was not provided.」=「検索ワードが(解析ツールに)供給されなかった。」 つまり、「検索ワードが不明」という意味になります。

\疑問や不明点はお気軽にご相談ください!/

not providedが増えた背景

現在、国内における検索エンジンのシェアは、Yahoo! および Google の2社が9割を占めていると言われており、その両社ともに、SSLという通信を暗号化する技術を採用しています。

「not provided = ユーザーが使用した検索ワードが不明」となる理由は、このSSL技術により通信が暗号化され、サイト閲覧者の通信情報を「アクセス解析ツール = 第三者」が取得できないためです。

ユーザーの検索ワードが「not provided」となるケースが増えている背景には、このSSL技術の普及が加速したことにあります。

以前は、重要なページ(企業サイトや個人情報を含む会員ページ)のみに採用されることが一般的だったSSL技術ですが、現在Googleでは「SSL技術が採用されていないWebページには、ユーザーがアクセスした際に警告文を表示する」などの対応がとられるようになりました。

また、「 “SSL技術を採用しているかどうか“ が検索順位の決定要素に考慮される」など、Webサイトを運営する上でも重要な要素となっています。

参考:SSL証明書(SSL化)とは

not providedになったキーワードを確認する方法

Google Analyticsで「not provided」となってしまう検索ワードについて、「どういった検索ワードを使ってWebページに “アクセスされたか“ 」ということは調べることができません。

しかし、Googleが提供しているツール「Google Search Console」を利用すれば、「Webページがどのような検索ワードが使用された時に “検索結果として表示されているか” 」を調べることはできます。 ただし、このツールで調査できる検索ワードはGoogle検索のみとなっています。

「Google Search Console」を使用して、上記を確認する手順

①Google Search Console にログイン
②画面左側の検索パフォーマンスを選択
③画面最上部にある「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」の中から、検索ワードに対して知りたい内容にチェックを入れる。
④③と同じ画面上部にある「クエリ」を選択
同画面をスクロールしていくと、それぞれの検索ワードに対する統計データを確認することができます。

サーチコンソール上でのクエリの見つけ方

SEOについて知りたい方はこちら

まとめ

「not provided」とはユーザーがどのような検索ワードを使用してWebページにアクセスしたのかが不明(解析不可)であることを意味しています。キーワードの確認を行う場合にはGoogle Search Consoleを活用して確認してください。

Google Search ConsoleやGoogle Analyticsを業務上で使っている中で、「目標などの設定ができていない」や「データの見方がわからない」とご不安になることもあると思います。もしお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。

マーケティングでお悩みの方へ

ナイルでは皆様からWebマーケティングに関する無料相談を受け付けております。日頃疑問に思っていたことや、貴社サイトの課題など相談してみませんか?

まずは会社案内をダウンロード

無料相談に申し込む

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

チャットボット 仕組み

【図解あり】チャットボットの仕組みを徹底解説!

チャットボット 失敗

チャットボットの失敗パターンから学ぶ成功させるコツ

maツール できること

MAツールでできることとは?主な機能や使い方を解説

新着記事

【無料テンプレート付き】ロジックツリーの概要やメリット、作り方解説!

【無料テンプレート付き】ロジックツリーの概要やメリット、作り方解説!

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。