不動産サイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

更新日:
不動産サイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

あなたが「家やマンションを購入したい」「引越しを考えている」といった場合、まずどういった行動を起こすでしょうか?おそらく高い確率で、住みたい場所や不動産に関連したキーワードを入力し、検索をかけるのではないでしょうか。

今や不動産会社にとってSEOは必須中の必須です。とはいえ、SEOは戦略がないと上手くいきません。ここでは、不動産サイトのSEOを効果的に実施するためのポイントを解説していきます。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

不動産サイトのSEO基本方針

不動産サイトは、どのようなSEOを行うべきなのでしょうか。まずは、「どのようにして、不動産サイトが検索されているのか」を理解する必要があります。いくつかのポイントを解説していきましょう。

不動産 SEO 集客

キーワードが具体的である

不動産物件に対する希望は千差万別。予算や家族構成、勤務先へのアクセス、周辺環境など何を優先するかは人それぞれです。したがって、物件を探すモチベーションが高いユーザーほど、「具体的なキーワードで検索を行う」という傾向があります。

例えば、一人暮らしでペットOKの物件を探す場合、「○○市 △△駅 ペット可 単身」といったキーワードで検索するでしょう。一方で、まだ住まい探しが漠然としている場合、「○○市 不動産」「○○市 賃貸」といったキーワードが用いられます。そのため、不動産サイトでは、具体的なキーワードに対してSEOを行うことが基本となります。

口語体の検索が多い

不動産サイトのSEOでありがちなのが、「専門用語の対策を考えてしまう」ことがあります。例えば「仲介」という用語は、不動産業界では当たり前のキーワードですが、一般ユーザーが使用するかというと決して多くはありません。検索されやすいのは、「家賃が安い」「住みやすい」など、検索する人の気持ちが表れたキーワードです。キーワードが口語体となることが多い傾向があるため、そのことを念頭に置いて、SEOを実施しましょう。

不動産を決める段階で検索する

不動産の購入や賃貸を決める段階のキーワードに、着目する必要があります。「家賃 内訳」「家賃 支払い方法」「家賃 コスパ」といった家賃に関するキーワードが挙げられます。「この物件を選んでも損はしないだろうか?」という心理が働き、家賃の詳細や条件を比較するのは、ごく自然な流れと言えるでしょう。

位置情報の影響を受ける

不動産関連の検索を考える上で、「位置情報」について押さえていく必要があります。例えば、品川区内で「賃貸」というキーワードのみで検索するとします。すると「品川区」というキーワードを入れなくても、上位には品川区内の賃貸情報が表示されます。不動産サイトのSEOにおいて、位置情報の影響を受けることは把握しておくべきです。

不動産サイトでのキーワード例

不動産サイトで検索されるキーワードの具体例を見ていきましょう。検索ボリュームが多いビッグワードだけではなく、さまざまなキーワードが考えられます。

ビッグワード:「賃貸」「新築マンション」「中古マンション」

ビッグワードとは、検索エンジンで多く検索されるキーワードを指します。不動産業界におけるビッグワードは、「賃貸」「新築マンション」「中古マンション」「一戸建て」などがあります。ビッグワードについては、有名ポータルサイトが軒並み上位に表示されてきます。難易度が高いものの、検索上位に表示されれば、非常に大きなリターンがあるのがビッグワードです。

ミドルワード:「エリア×不動産」「エリア×賃貸」「エリア×中古マンション」

ビッグワードほどの検索数には達しませんが、スモールワードと呼ばれるほどには検索数が少なくない。これを「ミドルワード」と呼びます。ある程度、検索対象が絞られ、複数のキーワードを組み合わせたものが挙げられます。不動産業界におけるミドルワードは、「エリア×不動産」「エリア×賃貸」「エリア×中古マンション」など、エリアとビッグワードの組み合わせが挙げられます。こちらについても、有名ポータルサイトが上位検索を占めるケースが見られます。

顕在的なニーズがあるキーワード

ニーズが顕在化、すなわち「具体的に買いたい」「借りたい不動産が絞られてきている」場合にも、一つの特徴が生まれます。固有のマンション名を、ダイレクトに打ち込んだ検索です。「このマンションに住みたい」という段階まで気持ちが動いているユーザーなので、前述した「キーワードが具体的」という部分の条件も満たしているといえます。

潜在的なニーズがあるキーワード

不動産業界で潜在的なニーズがあるキーワードとしては、「エリア×家賃」や「子育てしやすい街」といったものが挙げられます。渋谷に住むとは決めていなくても、家賃の相場を見るために「渋谷 家賃」と調べることは考えられますし、少なくとも引越しを検討しはじめているといえるでしょう。また「子育てしやすい街」も、手狭な住まいの見直しを考えるファミリー層が予想されます。

\成果につながる記事を作る!資料ダウンロードはこちらから/

不動産サイトでユーザーにリーチする方法

大手不動産のポータルサイトと同じ土俵で勝負しても、勝ち目はほぼないでしょう。アクセスよりも問い合せの件数を増やせるように、よりユーザーの感情にリーチした方法をご紹介します。

サイトを充実させる

不動産の購入や賃貸を検討するユーザーが「知りたい情報」は、実に多岐にわたります。取扱物件の中から「ターゲットとするユーザーは、どんな情報が気になるか」を丁寧に検討し、より効果的なキーワードを見つけてください。初めて住む地域であれば、「どんなお店があるのか?」「周辺エリアに何があるのか?」「電車や道路は混んでいるのか?」など、念入りに調べる可能性が高いです。サイトの情報を強化していき、ユーザーのニーズに応えられるような情報提供を行いましょう。より具体的で、複合的なキーワードの組み合わせにフォーカスし、購買意欲の高いユーザーの目に留まる可能性を追求していきます。

SNSを活用する

TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeといったSNSを活用して、情報発信を行うのも有効な手段です。不動産サイトをみるだけではなく、SNSを活用して「よりリアルな情報」を入手しようとする傾向があります。直接的なSEO効果につながる場合もありますし、そうではなくても「問い合わせ件数」を増加させるには、SNSでの露出は一定の効果につながる可能性があります。

Googleマイビジネスを活用する

Googleマイビジネスを、積極的に活用することをおすすめします。Googleマイビジネスとは、Googleが提供するさまざまなサービス(Google検索やGoogleマップなど)上に、ローカルビジネス情報を表示して管理できる無料ツールです。

ユーザーのなかには、大手不動産ポータルでまず検索し、不動産店舗を知ったうえで絞り込んで検索する可能性が考えられます。その際、Googleマジビジネスに登録しておけば、ユーザーはより正確で詳細な情報を得ることができます。また、Googleマイビジネスを通して、ユーザーからの質問を直接受けることができるも、大きなメリットです。

詳細情報を発信することがおすすめ

不動産についてのユーザーが知りたいと思える詳細な情報を、コンテンツとして発信していくようにしてください。自社の強みを知り、不動産サイトにも強みを反映していくようなSEO施策が求められます。

なお、ナイルでは、集客だけではなく成果につなげるためのSEOコンサルティングが可能です。不動産サイトでも実績が豊富にありますので、ぜひ一度、ご相談ください

ナイルでは成果を追求するSEOコンサルティングを提供しております。支援実績やコンサルティングの詳細は、ナイルのSEOコンサルティングサービスをご覧ください。

 

関連記事

SEOで本当によく見る”もったいない”内部リンク設計

アンサー度とは

アンサー度とは

本日のSEOニュース(2021年8月6日収集分)

ユニバーサル検索はユーザーのクリックの影響を受ける?

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る