アンカーテキストとは

SEOで使われる用語「アンカーテキスト(anchor text)」について解説しています。

アンカーテキストとは

アンカーテキスト(anchor text)とは、簡単に言えばリンクされている部分のテキストのことで、SEO対策←こういったもののことを指します。HTMLタグの<a></a>で囲まれた部分はリンクを意味し、アンカータグと呼ばれます。アンカーテキストは、もっと素直に「リンクテキスト」と呼ばれることもあります。

SEO上での効果

アンカーテキストに目標キーワードを含める、というのはGoogleのSEO対策においても基本中の基本とされています。自分のWEBサイトへのリンクのアンカーテキストにSEO対策で目標とするキーワードが多く含まれている場合、Googleはそのキーワードをよりページ内の重要なテーマであると認識してくれますので、多くの場合にそのキーワードでのランキングの向上に役に立ちます。

ただしSEOでは全てにおいて同じことが言えますが、過剰にランキングアップを意識するあまりにアンカーテキストが目標とするキーワードだらけになってしまうのはあまりに不自然で、それが原因で逆にGoogleの検索順位を落としてしまうような現象も多数確認されています。

自然に獲得されるリンクの場合のアンカーテキストはごく自然に「ブログの記事タイトル」「サイト名」などをアンカーテキストとしたリンクが通常は多くなりますので余計な心配をする必要はありませんが、SEOサービスを利用する場合や自社サイト間でリンクし合う際には、このアンカーテキストの適度なバランスというものを意識する必要が出てきます。

このバランスというのは「目標キーワードが全体の○%までであれば問題ない」というような単純なものではなく、ページ本来のテーマやその他の被リンク状況などあらゆる要因によって異なるものですし、過剰な偏りによって何かしらのネガティブ評価を受けるラインもアルゴリズムの調整によって変動しているように見えます。

言葉の使い方

「今回大幅に順位が下がったのは過剰なアンカーテキストが原因かもしれない」
「アンカーテキストマッチが少なくてもGoogleはテーマを認識できるようになってきている」

こういったものはよくみかける文脈ですが、前者について、「過剰なアンカーテキスト」というものは「SEO対策を必要以上に意識しすぎた偏ったアンカーテキスト」という意味として使われます。後者については、あまりリンク元のアンカーテキストにキーワードが含まれていない場合でも、Googleの言語の解釈の技術が進歩したことで、テーマを適切に認識できるようになっている、という意味です。

被リンクのアンカーテキストの取り扱いや考え方は外部SEO施策を含むSEOサービスを提供する側としては特に重要な項目として着目している要素でもあります。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。