成果につながるコンテンツ制作とは?4つの種類や作成する9ステップを解説

成果につながるコンテンツ制作とは?4つの種類や作成する9ステップを解説

コンテンツ制作は、自社の認知度を高め、見込み客を獲得するための重要な施策です。しかし、質の高いコンテンツを継続的に作成することは簡単ではありません。コンテンツ制作には、多くの時間と労力が必要で専門的なスキルも求められます。

ナイルは、書籍・雑誌の紙媒体やWebメディアにおいて豊富な編集・ライティング実績を持つ編集者が在籍し、高品質なコンテンツを制作している会社です。その知見を活かし、本記事ではコンテンツ制作の種類やメリット・デメリット、作成する9ステップを詳しく解説します。

コンテンツ制作の課題解決に役立つ内容となっていますので、ぜひ最後までご一読ください。

コンテンツ制作・作成の基本を押さえてスムーズに進めたい方は、「ナイル流・コンテンツマーケティング資料」をぜひダウンロードしてください。

コンテンツマーケティングの戦略を自社で立てるのは難しそうと思った方へ

闇雲にコンテンツを制作して消耗していませんか?コンテンツマーケティングの成功には戦略が欠かせません。本資料で戦略を立てる際にチェックすべきトピックをまとめています。戦略立案にお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

無料で資料を受け取る

ナイルの無料相談に申し込む

コンテンツ制作とは

コンテンツ制作とは、インターネット、テレビ、新聞、雑誌などに載せる記事や画像、動画などの情報を作ることを指します。

コンテンツ制作の主な目的は、認知度の向上や集客です。ユーザーにとって有益または関心のある情報を発信し、認知度アップや集客を図ります。また、自社が専門性や権威性のある情報を発信し、信頼やブランディングにもつなげることが可能です。

コンテンツ制作は、Webマーケティングにおいて欠かせない存在といえます。Webマーケティングとは、インターネットを活用して商品やサービスの認知度や見込み客を獲得し、売上を増加させるための活動のことです。魅力的なコンテンツを展開することによって、潜在顧客の注意を引き、リード獲得やブランディングにつながります。

適切なコンテンツを作成・発信すれば、効果的な集客やブランディングが可能です。Webマーケティングの具体的な方法については以下の記事で解説しているので、ご参照ください。

コンテンツの4つの種類

コンテンツには、以下のような種類があります。それぞれの特徴を理解し、自社に適したコンテンツ選定が大切です。ここでは、本や雑誌などのコンテンツを除いたWebコンテンツに絞った種類を解説します。

コンテンツ4つの種類

種類1 記事コンテンツ

記事コンテンツは、自社で運営するメディアやオウンドメディアに公開するブログやコラムのことです。

記事コンテンツの例

 

SEO対策をした記事を公開することで、検索結果の上位に自社の記事が表示されるようになり、見込み顧客の流入や獲得が期待できます。

オウンドメディアにおける、記事コンテンツの公開は半年から1年間ほど継続的に行わないと効果がでませんが、初期費用や広告費用を抑えて始められる点がメリットです。

オウンドメディアは成長すると強力な集客チャネルになります。実際にナイルでは現在約50%の顧客獲得をオウンドメディアから得ています。

種類2 動画コンテンツ

動画コンテンツは、音声と映像を同時に届けるコンテンツのことです。テキストと比較してより多くの情報を短時間で伝えられます。企業の担当者や専門家が動画に出演すれば、視聴者からの信用につなげることも可能です。

近年、YouTubeのチャンネルを開設する企業も多く、動画コンテンツを活用して、商品やサービスの紹介、ユーザーインタビュー、ノウハウ公開など、さまざまな目的に応じた発信を行っています。

適切な動画コンテンツを制作・配信すると、イメージ向上や顧客エンゲージメントの強化が可能です。

動画コンテンツの例

 

ナイルでもYouTubeチャンネル「ナイルTV」を運営しており、コンテンツ制作やWebマーケティングのノウハウを発信しています。

種類3 メールマガジン

メールマガジンは、配信登録した購読者に情報提供やイベント・セミナー情報を発信する手法です。メールマガジンは、購読者自身が能動的に行動して登録してくれているため、商品やサービスに興味関心の高い購読者に対して効果的に情報を届けられます。

メールマガジンの例

 

メールマガジンの配信には、配信プラットフォームの利用が一般的です。配信プラットフォームでは、アドレス管理、スケジュール設定、分析などが可能で、テンプレートやセグメント機能で効果的な配信をサポートしてくれる機能があります。

メールマガジンの作り方は、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご確認ください。

種類4 ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、自社の商品・サービスに関する詳細な情報をまとめた資料で、レポートや調査資料なども含まれます。

ホワイトペーパーの例

 

ホワイトペーパーを通じて事業内容やサービスの特徴を深く理解してもらい、問い合わせや購入につなげることを目指します。

ホワイトペーパーをダウンロードする際に、メールマガジン登録や会社情報の提供をお願いすることで、リード獲得の機会を広げることが可能です。ホワイトペーパーは、ほかの手法と組み合わせるとマーケティング活動の効果が高められる施策です。

ホワイトペーパーのメリットや作り方は、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご確認ください。

コンテンツ制作の5つのメリット

コンテンツ制作には、以下のようなメリットが存在します。

コンテンツ制作の5つのメリット

メリット1 継続的に集客ができる

コンテンツ制作のメリットは、高品質なコンテンツがある限り継続的な集客が見込める点にあります。メンテナンスする必要はあるものの、一度仕組みを構築すれば、自動的に集客の流れを作れます。

コンテンツ制作は、制作から公開までに手間や時間がかかりますが、一度作成したコンテンツは削除しない限り長期的に活用が可能です。特に、オウンドメディアのコンテンツが検索エンジンで上位表示されていれば、検索経由で継続的な集客を期待できます。

コンテンツからの継続的な集客は、顧客獲得単価を下げることにつながり、結果として、広告に依存しない集客が可能です。

メリット2 制作したコンテンツが資産になりやすい

自社で作成した記事や動画、画像などのコンテンツは、長期的な資産として活用できます。一度制作したコンテンツは繰り返し使えるため、記事にしたものをメールマガジンやYouTubeなど、別のコンテンツに転用可能です。

コンテンツの流用相関図

 

その結果、多くのユーザーに閲覧され、ブランド認知度の向上や信頼性の構築に役立ちます。また、ノウハウをまとめたコンテンツを社内で共有すれば、社内教育にも使えます。

例えば、顧客がなぜ自社商品やサービスを利用しているのかを事例としてまとめると、営業ツールとしての活用が可能です。営業資料以外にも、自社の強みや先輩社員のインタビューなどのコンテンツは採用活用や新人研修にも利用できます。

メリット3 ユーザーからの信頼やブランディングにつながる

コンテンツ制作では、ユーザーのニーズに合ったコンテンツ提供が重要です。自社に強みのあるテーマでユーザーの悩みに対する解決策を提示できると、ユーザーと信頼関係を構築しやすくなります。

ユーザーの悩みを理解して、わかりやすい解決策を提示するコンテンツを発信すると効果的です。ユーザーは自分の抱えている問題を理解し、解決してくれる媒体や企業を信用してくれます。

さらに、質の高いコンテンツを継続的に発信できれば、特定の分野で「〇〇といえばA社」とブランディングにつながるケースも少なくありません。

ナイルでは、企業名や商品・サービス名などの指名検索について、学べる資料をご用意しております。指名検索を増やしたい方やブランディングでお悩みの方は、下記から資料をダウンロードして基礎を学んでおきましょう。

メリット4 ほかの施策と比べて開始のハードルが低い

コンテンツ制作は、ほかのWebマーケティングの施策と比べて始めやすく、初期費用を抑えられます。

例えば、広告キャンペーンを立ち上げる際には、多くの準備と費用が必要です。しかし、SEO記事制作であれば、社内の担当者でも比較的手軽に始められます。そのため、予算や人員に限りのある中小企業やスタートアップにとっても、コンテンツ制作は取り組みやすい施策です。

社内のリソースを大きく割くことなく、外部のライターやクリエイターに制作を依頼する選択肢もあります。無理のない範囲でスタートし、徐々に規模を拡大できるため、柔軟性が高いのも特徴です。

メリット5 顧客を教育できる

コンテンツを通じて、商品やサービスの特徴、およびそれらの活用方法を顧客に伝えることで、顧客へ情報提供できるメリットもあります。

課題や疑問に対して、解決策や答えを提供すると、顧客との信頼関係を強化することが可能です。顧客の知識やスキルが向上すれば、製品やサービスの利用率が上がり、継続率や追加購入率の向上が期待できます。

また、コンテンツを充実させることで、顧客自身が問題を解決できるようになります。これにより、カスタマーサポートの負荷が軽減されます。

見込み客を効果的に獲得し、育成するためのポイントについては、以下の記事でチェックしてください。

コンテンツ制作の4つのデメリット

メリットの多いコンテンツ制作ですが、以下のデメリットも存在します。

コンテンツ制作の4つのデメリット

デメリット1 制作に時間を要する

記事執筆には、企画、構成、執筆の工程があり制作に時間がかかります

 

コンテンツ制作のデメリットは、時間と労力がかかる点です。ユーザーに響くコンテンツを制作するには、ターゲットの課題やニーズを理解し、それらにわかりやすい文章、図解、動画で応える必要があります。

高品質なコンテンツを作るには、ライティングスキルや動画編集スキルなどのスキルが求められます。

また、コンテンツ制作には企画、情報収集、制作、編集といった多くの工程が必要です。そのため、社内のリソースを確保することが難しい場合もあるでしょう。自社でリソースを確保できない場合は、コンテンツ制作の外注化を検討するのがおすすめです。

ナイルでは、コンテンツ制作を外注したい方に向けて記事制作・SEOコンテンツ制作代行サービスをご用意しています。プロにコンテンツ制作を任せてみたいという方は、下記からご相談ください。

デメリット2 コンテンツ量が多いと管理が難しくなる

コンテンツ制作は、量が増えていくと管理が難しくなっていきます。

一例として、オウンドメディアで毎月30本を目標に記事を公開するケースを考えましょう。目標どおりに毎月記事を公開するには、ライターや編集者、ディレクターなど、多くの人員の管理が必要です。

作成するコンテンツが増えるほど、打ち合わせや制作・修正の依頼などの工数が増大し、管理が複雑になります。一方で、強引にプロジェクトを進めると、納品物の品質低下や遅延につながるリスクもあるため、適切な工数管理と人員管理が欠かせません。

メンバーの能力や負荷を考慮しながら、効率的にコンテンツを制作できる体制を整えることが重要です。

デメリット3 人材確保が難しい

質の高いコンテンツを生み出すには、専門的な知識や経験を持つライターやクリエイター、ディレクターなどの人材が必要です。医療系コンテンツでは医学的知識、IT系コンテンツではプログラミングの知識など、分野ごとの専門性が求められるケースもあります。

そのため、適切な人材を確保するのは容易ではありません。社内に人材がいない場合もあるため、多くの企業が外注に頼らざるを得ない状況にあります。

外注する場合も、社外とのコミュニケーションを円滑に進めるには窓口となる人材は必要です。社内のメンバーを2〜3名参画させて、外注先と密に連携できる体制が理想といえます。

デメリット4 効果が出るまでに時間がかかる

コンテンツマーケティングやSEOは中長期的な施策のため、すぐに効果が現れるわけではありません。高品質なコンテンツの制作には多くの時間を要します。さらに、そのコンテンツが公開されて、効果が現れるまでには数ヵ月から半年もかかる場合があります。

効果が出ない場合、コンテンツの内容や施策を見直しすることも大切です。半年から1年程度を目安に、検索エンジンからの流入数やCV数などのKPIを設定して判断するのが望ましいでしょう。

成果を上げるコンテンツを作成する9ステップ

決まったステップを踏みコンテンツ制作を行うことで成果が出やすくなります。ここでは多くの会社が取り組んでいる、SEO記事の作成ステップを紹介します。

SEO記事を内製で作る場合も、外注する場合も上記のステップで取り組むと良いでしょう。自社と外注スタッフを組み合わせた「半内製化」を目指す場合、ステップ6以降の内容を外注化すると管理がしやすくなります。

ステップ1 目的を定める

コンテンツ制作で最も大切なのは、明確な目的を設定することです。コンテンツを作る理由や、達成したいことを具体的に定めましょう。

例えば、オウンドメディアを立ち上げてリード獲得を目的とします。この場合「月に10件のリードを獲得する」などの具体的な目標を設定すると、コンテンツ制作の方向性が明確になります。

目的を明確にすると、プロジェクトメンバー全員で同じゴールに向かって進むことが可能です。関係者が同じ方向を見ることは、成果を生み出す上で欠かせません。目的を定めずに進めてしまうと、読者のニーズに合わないコンテンツを制作してしまうリスクがあります。

ステップ2 ターゲットを決める

コンテンツの読者となるターゲット層を明確にしましょう。例えば、自社製品やサービスのユーザー属性(年齢、職種、関心事など)をもとに設定するのがポイントです。

ターゲットを絞ることで、読者の気持ちを理解しやすくなり、ニーズに合ったコンテンツを作成できます。「30代のWebマーケティング担当者」のように、具体的なターゲットを設定することが大切です。

ステップ3 ペルソナを作成する

ターゲットとペルソナの違いの図解

 

ペルソナとは、前述したターゲット層をより詳細に描写した人物像です。年齢や職業、趣味、悩み、目標などの具体的な特徴を設定すると、読者の視点に立ったコンテンツを作成しやすくなります。

ペルソナは、さまざまな情報を設定して詳細な人物像を作成することが重要です。具体的な方法については、下記の記事をご確認ください。

ステップ4 カスタマージャーニーマップを作成する

カスタマージャーニーマップは、顧客が商品やサービスを認知してから購入に至るまでの一連の流れを可視化した表のことです。

「請求管理ツール」のカスタマージャーニーマップ

 

各段階で顧客が抱える問題や必要とする情報を明確にすると、適切なコンテンツを提供しやすくなります。また、顧客がどのような流れで意思決定をしているのかを理解することも可能です。

カスタマージャーニーマップの作成方法は、下記の記事でご確認ください。

ステップ5 キーワードを調査する

次に、ターゲットとなるペルソナが検索しそうなキーワードを調査するステップです。

Googleキーワードプランナーなどのツールを使い、検索ボリュームや難易度を確認した上で、ペルソナのニーズと自社の優位性を分析します。また、関連するキーワードを組み合わせ、自社のコンテンツテーマに合ったものを選定することも重要です。

ニーズ分析をして、自社のテーマにマッチするキーワードを選ぶことで、より効果的なコンテンツ制作を進められます。

また、下記の記事も参考にすると、適切なキーワード選定ができるようになります。

ステップ6 記事構成を作成する

選定したキーワードを元に、記事の構成(書籍の目次のようなもの)を作成します。構成で記事の主題や目的を明確にし、読者にとって価値ある情報を論理的な流れで配置しましょう。下記はナイルが実際に使用している記事構成シートです。

記事構成の作成例

 

記事の見出し構成を見て、本文を読むかどうかを判断する読者もいます。そのため、構成では記事に書かれている内容を端的に表現し、読者がある程度の内容を把握できるように書くことが大切です。

ナイルで使っている記事構成シートの解説を含め、SEOを意識した記事構成の具体的な作り方や考え方は以下の記事で詳しく解説しています。

ステップ7 レギュレーションを作成する

レギュレーションとは、記事を書くときのルールのことです。「です・ます調で書く」「商品名は『』で囲む」などの文体や表記ルール、画像の使用方法などのガイドラインを設定します。

複数のライターが関わる場合、コンテンツ制作者がレギュレーションを設定することで、統一感のあるコンテンツ制作が可能です。レギュレーションがないと、サイト全体のトーンとマナーが合わず、読者が混乱してしまうなどの悪影響があります。

ステップ8 執筆する

これまでのステップを踏まえて、実際にコンテンツ制作を開始します。設定したペルソナのニーズや悩みに寄り添い、わかりやすく有益な情報を読みやすい形式で提供しましょう。

また、スケジュール管理ツールなどを利用して、進捗状況を可視化しておくことをおすすめします。定期的にミーティングを開催するなど、チームメンバーでの進捗共有も重要です。

ステップ9 入稿する

最後は、完成したコンテンツを入稿・公開します。オウンドメディアの場合、WordPressなどのCMSへの入稿が一般的です。

入稿の際は記事の見た目を整えるために、見出しの階層や画像の配置など、読みやすさを意識してデザインを設定しましょう。この設定作業には、HTMLCSSなどの知識が必要となるため、必要に応じてWebデザインの専門家への相談をおすすめします。

ナイルでは、自社でのコンテンツ制作やSEOを進めたいとお考えの方に向けて内製化・インハウス支援サービスも行っています。詳しい内容は以下からご確認ください。

高品質なコンテンツを作成する3つのコツ

高品質なコンテンツを制作するには、以下の3つのコツを押さえることが重要です。

高品質なコンテンツを作成する3つのコツ

コツ1 信頼性が高くユーザーが知りたい情報を記載する

コンテンツを作成する際、ユーザー目線に立った情報発信が不可欠です。ペルソナのニーズや悩みに合致したコンテンツや、ユーザーにとって有益な情報を提供することが、購買や集客につながります。

自社製品やサービスの特徴を説明するだけではなく、抱える問題をどのように解決するのかを具体的に示すことで、ユーザーの興味を引きます。

また、実際の顧客やクライアントからのフィードバックを受けて、コンテンツの企画や改善点を見つけることも有効です。

コツ2 コンテンツを定期的に更新する

ユーザーの満足度を高めるためには、常に新鮮な情報を提供し続けることが重要です。

単に新しいコンテンツを追加するだけではなく、古いコンテンツも見直して情報を更新します。古い情報を放置しておくと、ユーザーの信頼を失いかねません。継続的なコンテンツ更新を実現するには、社内体制の整備が不可欠です。

例えば、各部署や外注先の担当者が協力してコンテンツを制作する仕組みを構築するとします。マーケティング部門がコンテンツの企画を担当し、ライターやデザイナーが制作を担当するなど、役割分担を明確にすれば、効率的かつ継続的なコンテンツ制作が可能です。

コツ3 外部のリソースを活用する

自社のリソースだけでは、コンテンツ制作が難しい場合もあります。特に、専門的な知識やスキルが必要とされる場合、社内のリソースでは対応しきれないケースも珍しくありません。

そのような場合、実績のある制作会社に依頼するのがおすすめです。経験豊富なライターやデザイナーが在籍している制作会社であれば、安定した品質のコンテンツを制作してもらえます。

また、SEO対策など専門的な部分を委託すると、自社では対応が難しい領域への対応が可能です。自社スタッフ数名と外注先を組み合わせることで、自社ならではの視点を維持しつつ、高品質なコンテンツ制作を進められます。

効果的なコンテンツ制作のポイントを押さえて成果を上げよう

コンテンツ制作は一朝一夕にはできませんが、本記事で紹介したポイントを押さえ、継続的な努力を重ねると、着実に成果を上げられます。

自社の強みを生かしつつ、外部の専門家とも協力しながら、質の高いコンテンツを制作しましょう。戦略的にコンテンツ制作に取り組めば、ビジネスの発展につなげられます。

ナイルには、SEOの支援実績が2,000社以上あり、多くの業種・業態に合わせたコンテンツ制作が可能です。コンテンツ制作代行のプランを用意しているので、制作したいけれどなかなか記事を書くリソースがないという方は、お気軽にご相談ください。

コンテンツマーケティングの戦略を自社で立てるのは難しそうと思った方へ

闇雲にコンテンツを制作して消耗していませんか?コンテンツマーケティングの成功には戦略が欠かせません。本資料で戦略を立てる際にチェックすべきトピックをまとめています。戦略立案にお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

無料で資料を受け取る

ナイルの無料相談に申し込む

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

採用オウンドメディアの始め方 メリット・デメリットも解説

採用オウンドメディアとは?増加している3つの理由と始め方も紹介

10倍はかどるSEOの進め方

弊社メンバーが執筆『10倍はかどるSEOの進め方』が10/19に発売

愛とは、この女が他の女とは違うという幻想である【コンテンツマーケティングの格言 第3回】

新着記事

下層ページはSEO対策が必要 メリット、対策方法を詳しく解説

下層ページはSEO対策が必要!メリット、対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説!

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。