SEOの最適な更新頻度は?上位表示につながるポイントを5つ解説

公開日:
SEOの最適な更新頻度は?上位表示につながるポイントを5つ解説

SEOでの評価を高めるために、どれくらいの頻度で記事を更新すればいいか悩まれたことはありませんか?

実は、更新頻度はSEOの評価に直結しません。しかし、更新することでSEOの評価が高まるケースもあります。

本記事では、SEOと更新頻度の関係性や、SEO評価を上げるポイントをまとめました。SEOの評価を高め、ウェブ集客を増やしたいと考えている方はぜひ最後までご覧ください。

「さらにSEOを学びたい!」という方へ

ナイルの人気SEO資料3点セットです。 SEO初心者の方やSEOについて把握したい方は、まずはこの3点の資料をご覧ください!

無料で資料を受け取る

ナイルの無料相談に申し込む

更新頻度とSEOの関係性

更新頻度とSEOの関係性を下記の観点から解説します。

更新頻度とSEOの関係性>ポイント1 更新頻度はSEOへ直接的には影響しないポイント2 更新頻度がSEOへの評価に重要なケースもあるポイント3 SEOにおいて更新頻度より記事の質が重要

 

更新頻度そのものはSEOに直接的な影響を与えません。しかし、更新することでSEOの評価が上がるケースはあります。そのため、自社のウェブサイトをどれくらいの頻度で更新すればいいか見極めることが重要です。

更新頻度はSEOへ直接的には影響しない

更新頻度はSEOの上位表示に直接影響しません。

現在のSEOでは更新頻度よりもコンテンツの品質が重要視されているからです。

更新頻度を重視するあまり、単語の修正や画像交換など軽微な修正を行う人もいますが、評価は大きく変わらないことを押さえておきましょう。

更新頻度がSEOへの評価に重要なケースもある

更新頻度の高さは上位表示に直接影響しませんが、情報の移り変わりが早いジャンルでは、上位表示に間接的な影響を及ぼします。

例えば、2024年1月現在のAI分野では、1週間前の情報が古いものとなるほどのスピードで情報が更新されます。このようなジャンルでは、素早い情報のキャッチアップとそれを記事に反映させることが重要です。

競合メディアが最新情報に更新しているなかで自社メディアだけが古い情報を掲載していると、メディア全体の評価や順位が下がってしまう恐れがあります。また、古い情報を掲載したままだと、SEOの評価だけではなく、読者からの信頼も損ないかねません。

したがって、更新頻度自体はSEOに直接的な影響を与えないものの、情報に新鮮さを求められるジャンルでは更新頻度も重要な要素のひとつです。

SEOにおいて更新頻度より記事の品質が重要

SEO評価において重視すべき点は「更新頻度」よりも「記事の品質を担保すること」です。頻繁に更新すること自体を目的とせず、提供する記事の品質を高めることに主眼を置きましょう。

例えば、更新頻度を高めたいからといって、軽微な修正を加えたり根拠のない情報を加えたりしても大きな意味はありません。むしろ情報の裏取りを怠って、誤った情報を掲載すると、ペナルティの対象となりかねません。

先述したAIの例では「更新頻度も重要」と述べましたが、その本質は正しい情報(最新の情報)を掲載するために、自然と更新頻度が上がるということです。

繰り返しになりますが、重要なのは更新頻度ではありません。読者に最新で正確な情報を提供することが、SEOでの評価を上げるため、そして読者に信頼されるメディアに育てるために大切です。

更新頻度より意識したいSEO評価を上げる5つのポイント

SEOの評価を上げるためには、更新頻度より下記のポイントを重視することをおすすめします。

SEO評価を上げる5つのポイント、ポイント1 品質の低い記事をリライトする、ポイント2 品質の低い記事を非公開にする、ポイント3 重複するテーマの記事を統一する、ポイント4 専門家の監修をつける、ポイント5 高品質な新規記事を作成する

 

ポイント1 品質の低い記事をリライトする

品質の低い記事とは、一般的に検索順位が低い記事やユーザーの離脱率が高いページです。例えば、情報が古くなった記事や、内容の浅い記事などが該当します。

このような記事のSEO評価を上げるためには、記事のリライトが有効です。具体的には、以下のようなステップで進めます。

  • ステップ1:記事の精査
  • ステップ2:情報の更新

まずは、品質の低い記事の内容を確認し、情報が古くなっている部分を特定しましょう。その上で、検索上位の記事を見て、不足している情報はないか探します。

その後、古い情報を最新のものに更新しつつ、不足している情報を追加します。

高品質な記事を作成するためには、このようなリライトが重要です。品質の高い記事はユーザーからの信頼も得られるため、訪問数や滞在時間の向上にもつながり、SEOの評価に貢献する可能性があります。

ブログ記事のリライトによる検索順位の向上方法については「ブログ記事をリライトして検索順位を上げるには?」で詳しく解説していますので、併せてご一読ください。

ポイント2 品質の低い記事を非公開にする

品質の低い記事については、すべてをリライトするという選択肢もありますが、実際にはその費用対効果を考慮する必要があります。具体的には、CVにあまり関与していない記事については、リライトしてSEO評価が高くなっても、メディアの目的を果たせない可能性が高いです。

メディアには目的があるはずなので、その目的につながらない記事は非公開にすることも検討しましょう。または、インデックスされない処理(noindex)を施すこともおすすめです。

一方で、現状PVは少ないけれどもCVには関与している記事は、記事を削除して新たな記事として書き直すという手段も選択肢に入れましょう。リライトよりも新たに書き直した方が、時間をかけずに高品質な記事が完成する場合もあります。

ポイント3 重複するテーマの記事を統一する

SEOの評価を向上させるためには、同じテーマの記事が複数存在する(重複記事がある)場合に、それらを統一することも重要です。特に、長期間オウンドメディアを運営していると、似たような内容の記事を作ることがあります。

重複記事の存在は、SEOの評価に悪影響を与えかねません。また、重複記事がいくつもあり、かつ書かれている情報に相違があると、読者はどの情報を信じればいいかわからなくなってしまいます。

重複記事を統一する際は、被リンクが多い記事を残し、少ない記事を削除するのがおすすめです。しかし、削除した記事へのリンクが切れてしまうとSEO評価を下げる可能性があるため、301リダイレクトが欠かせません。301リダイレクトとは、削除されたURLへのアクセスを新しいURLへ自動的に転送する設定のことです。これにより、ユーザーはリンク切れを感じることなくスムーズに新しいページへアクセスでき、SEOの評価も保たれます。

ウェブサイトにおける重複コンテンツチェックの重要性と対策については「重複コンテンツチェックはなぜ重要?重複の基準とペナルティ対策」で詳しく解説しています。

ポイント4 専門家の監修をつける

SEOの評価基準のひとつに「E-E-A-T」があります。

E-E-A-Tとは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取ったもので、ウェブサイトを評価する基準のひとつです。

「E-E-A-T」とは<経験・専門性・権威性・信頼性>

 

Googleはこれらの要素を評価して、ユーザーが求める価値ある情報を提供するサイトを上位表示しています。

専門家による監修があれば記事の専門性や権威性を示すことができ、読者の信頼性も高まります。もちろん、専門家は経験も豊富なはずなので、よりユーザーに役立つ情報の発信が可能です。

例えば、法律関連の記事であれば弁護士に監修を依頼し、監修者を記事で明示することで、E-E-A-Tをすべて網羅した記事に仕上がります。

E-E-A-Tについては「E-E-A-Tとは?品質評価ガイドラインから読み解く重要性」で詳しく解説していますのでご参照ください。

ポイント5 高品質な新規記事を作成する

新規記事を作成する際は、最初からできる限り品質の高い記事を作成することが重要です。なぜなら、メンテナンスのコストが下がり、ウェブ担当者はほかの業務にリソースを割けるからです。

「高品質な記事」は人によって解釈が異なる場合もありますが、本質的には「ユーザーの悩みを解決できる記事」を指します。具体的には以下のような要素を持つ記事です。

高品質な記事7つの条件

 

例えば、健康に関する記事の場合は、最新の医学研究にもとづく情報と具体的な健康法を示した記事と言えます。そして、それを一般の方々でも理解できるような言葉と構成で伝えることが重要です。また、競合記事にはない独自の情報や、E-E-A-Tも欠かせません。

高品質な記事の作り方は「高品質な記事作成に必要な5ステップ!外部パートナーとの付き合い方も紹介」でまとめています。

更新頻度の目安

更新頻度の目安を下記の2パターンから考えてみましょう。

更新頻度の目安

  • パターン1 新規記事の更新の目安
  • パターン2 既存記事の更新の目安

新規記事の作成と既存記事の更新で、それぞれベストとされるタイミングは異なるため、しっかりと把握しておきましょう。

パターン1 新規記事の更新の目安

新規記事の更新頻度は、1日1記事のような高頻度が理想です。なぜなら、記事数が多ければ多いほど、ユーザーにアプローチできる機会が増えるからです。

しかし、1日1記事を投稿するために低品質な記事を量産しても、流入が見込めなければ大きな意味はありません。低品質な記事が多いと、サイト全体のSEO評価を下げてしまう恐れもあります。

そのため、更新頻度を保つために品質を犠牲にするのではなく、更新頻度と品質の両立が重要です。

初めて取り組む方は、3日に1記事程度の頻度から始めてみることをおすすめします。この頻度なら、1記事の作成に十分な時間と労力を割くことができ、品質の高い記事に仕上げられる可能性が高くなります。

記事作成にかかる時間は、作成する記事の内容や担当する人のスキル・経験によって変わります。自メディアにあった更新頻度を見つけられるよう、「月に◯記事作成する」という目標を立てて取り組み、目標の数値を変えながらベストな更新頻度を探りましょう。

重要なのは、更新頻度に注目するあまり、内容の薄い記事を作成しないことです。

パターン2 既存記事の更新の目安

既存記事は、3ヵ月〜半年程度でリライトするのが目安です。

新規記事は通常1〜3ヵ月程度でインデックスされる傾向にあります。インデックスされる前では、その記事がどのように評価されているかわからないため、何をどう変えればいいかわかりません。

インデックスされることでSEOでの順位が決まるため、そこで初めて上位記事と比較して何をどう修正するかを判断できます。

ただし、記事に書いている内容が古くなったら、インデックスを待たずに情報を更新することも必要です。重要なのは、既存記事の情報が古くなった場合に放置せず、常に最新の状態を維持することです。

SEOメディアを効率的に記事を更新するためのコツ

張り切ってメディアを立ち上げたものの、数ヵ月で更新が止まってしまうケースもよく見られます。このような失敗を防ぐため、効率的に更新し続けるためのコツを2つ紹介します。

効率的に更新するためのコツ コツ1 ツールを使いこなす、コツ2 運用体制を整える

 

コツ1 ツールを使いこなす

SEOメディアの運営には、自社メディアの分析、競合の分析、キーワード選定など、やらなければならないことがたくさんあります。これらの作業を効率化するためには、適切なツールの活用が重要です。

具体的なツールとしては、以下のようなものがあります。

ツール できること
Google アナリティクス4 自社サイトの分析。どの記事がどれだけのアクセスを集めているか、読者がどう行動しているかなどがわかる。
Google Search Console 自社サイトへの流入分析。読者が流入しているキーワードやキーワードごとの順位などがわかる。
Googleキーワードプランナー キーワードの調査。検索されているキーワードや、そのキーワードの検索ボリュームなどがわかる。
Google トレンド 検索キーワードのトレンド把握。時期によるキーワードの需要変動などがわかる。
ラッコキーワード サジェストキーワードの調査や、上位サイトの見出し抽出ができる。
Ahrefs 自社サイトや競合サイトの分析。自分のサイトがどう評価されているか、競合はどんなキーワードで記事を書いているかなどがわかる

 

これらのツールを使いこなすことで、どのような記事を作成するかを効率的に判断でき、より高品質な記事作成に時間を費やせます。

おすすめSEO分析、キーワード調査ツール16選!コンサルタントが活用法を解説」では、SEO分析やキーワード調査に適したツールとその活用方法について解説しています。

コツ2 運用体制を整える

SEOメディアを更新し続けるためには、持続可能な運用体制の構築が不可欠です。

具体的には、以下のように役割分担することが多いです。

  • ディレクター:全体の戦略を練り、メディア運営を指揮する
  • エンジニア:メディアの構築やリニューアルを担当する
  • 編集者、ライター:記事を作成する

どの役割が欠けても、メディアの更新が停滞してしまいます。したがって、これらの役割を適切に分担し、各役割に適した人材を配置することが重要です。

もし自社だけでは人材が不足する場合、業務を外注することもひとつの選択肢です。例えば、ディレクターとエンジニアは自社で担当し、記事作成は外注するという方法もよくあります。

SEOにおいては更新頻度より質の高さが重要

SEOで上位表示を狙うためには、更新の頻度よりも、記事の品質を重視しなければなりません。低品質な記事を量産してもSEOで評価されにくいですし、読者に信頼してもらえません。

大切なのは、読者が求めている情報を、正しく、かつわかりやすく伝えることです。そのため、持続可能な運用体制を構築し、ツールを活用しながらメディアを運営しましょう。

なお、SEOメディアで狙った成果を出すためには、専門企業の支援を受けるのも手段の一つです。ナイルでは、SEOのコンサルティングサービスを提供しています。

無料で相談に乗ることもできるので、SEOを強化・改善したい方は、ぜひ下記より問い合わせください。

SEO対策の悩みをプロに相談してみませんか?

SEOやWebマーケティングの悩みがありましたら、お気軽にナイルの無料相談をご利用ください!資料では、ナイルのSEO支援実績(事例)、コンサルティングの方針や進め方、費用の目安といった情報をご紹介しています。あわせてご覧ください。

サービス資料をダウンロードする

無料でナイルに相談する

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

アイキャッチ1

本日のSEOニュース(2021年2月1日収集分)

SEOとURLの関係とは?効果的なURLの付け方や、Google推奨のURL構造を解説

SEOとURLの関係とは?効果的なURLの付け方や、Google推奨のURL構造を解説

本日のSEOニュース(2021年6月4日収集分)

コアウェブバイタル・ページエクスペリエンスアップデートに関するニュースまとめ

新着記事

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

動画で学ぶGA4

動画で学ぶWebマーケティング【Googleアナリティクス4/サイト分析編】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。