SEOツールのおすすめをコンサルタントが正直に説明します

更新日: 公開日:

SEO対策を行う場合、欠かせないのがSEOツールです。SEOの観点からウェブサイトの内容をチェックしたり、現在の検索順位をキーワードごとに確認したり、対策すべきキーワードを洗い出したりと、膨大な作業をツールを使うことで効率よくこなしていくことができます。

SEOツールには無料のものと有料のものがあり、さらに目的に応じて様々なサービスが各社から提供されています。本記事では主なSEOツールと、その活用方法について解説していきます。

とくに良く使うツールに★をつけています。

ウェブサイト全体を調査するSEO分析ツール

Ahrefs (★)

SEO対策を進めるにあたり、まず行わなければならないのは自社サイトの現状を把握することです。ユーザーがどんなキーワードで流入しているのか、被リンクの数はどれくらいか、どこからどんなアンカーテキストでリンクされているのか等を調査することで、適切なSEO対策につなげることができます。

AhrefsはSEOコンサルタントから非常の信頼を集める調査ツールです。ダッシュボードにドメインを入れるだけでウェブサイトの状況を一覧することができ、Google Consoleと同等レベルのチェックが可能です。特に被リンクと流入キーワードの詳細なデータはSEO対策の戦略構築に欠かせません。

被リンク数はもちろん、サイト内での被リンクの多いページ、SNSでのシェア数、アンカーテキスト情報、オーガニック検索数、検索キーワード、競合しているサイトなど、様々な情報を深堀りして調査することができます。

まさにウェブサイトの健康診断ともいえるツールであり、SEO対策のスタート地点となるサービスです。

関連記事

 

検索順位チェックツール

GRC(★)

キーワードの検索順位をボタン一つで大量に調べられるのが「GRC」です。多くのSEOコンサルタントやマーケターが愛用しています。

全機能を利用するにはライセンスを購入する必要のある有料ツールですが、機能を考えると決して高くありません。ライセンス購入後、ソフトをダウンロード、インストールして使用します。

GRCの特徴は、PCでの検索順位とモバイルでの検索順位の両方をそれぞれ確認できる点です(ただし両方と契約する必要があります)。

検索順位を確認できるツールとしては他にGoogle Consoleが有名ですが、Google ConsolePCとモバイル、どちらかの検索順位しか確認することができません。どちらになるかは、GoogleMFI(モバイルファーストインデックス)が適用されているかどうかで決まります。つまりユーザー側でコントロールできないのです。その点、GRCはどちらも確認することができます(ただしPC版とモバイル版、両方の契約が必要です)。

また、直近の順位変動や過去の順位変動をグラフでわかりやすく表示したり、起動時や指定時刻に順位をチェックしたり、競合サイトの検索順位を追跡したりすることもできます。多彩な機能を備えており、検索順位をチェックしたいときはまずこれといえる優秀なツールです。

Serposcope

GRCと同じく検索順位を調べることができるツールです。

機能面はほぼGRCと同じですが、インターフェースはGRCよりも少し使いにくいところがあります。また、日本語版や日本語サポートも用意されていないので、その点も注意が必要です。

メリットは完全無料で利用できる点。GRCと同等の機能が無料で使えるのは破格です。とりあえず無料で検索順位を確認したい場合や、普段はGRCを使っているけれど何らかの理由で使えない状況になったときの代替に便利です。

検索順位チェッカー

無料でキーワードの検索順位がチェックできるツールです。ダウンロードやインストール、会員登録などは不要で手軽に使える点が優れています。GoogleYahooBingといった主要な検索エンジンの順位を100位まで調べられます。PC版だけでなくモバイル版の検索順位もチェックできます。

弱点は一度に5つまでのキーワードしかチェックできないこと。数百〜数千といった大量のキーワードを一気にチェックしたいときはGRCSerposcopeを使用する方が無難です。

有料でもいいので高機能なツールが使いたければGRC、多少の不便はあっても高機能かつ無料なツールが良いならSerposcope、チェックしたいキーワードが少なく手軽に無料で確認したいときは検索順位チェッカーというふうに使い分けると良いでしょう。

ランキングチェッカー

ランキングチェッカーも完全無料で主要な検索エンジンの順位を確認できるツールです。

機能としてはほぼ検索順位チェッカーと同じです。一度に確認できるキーワードは5つまで。GoogleYahooBingにおける検索順位を100位まで調査できます。チェックできるのはPC版の順位だけでモバイル版はありません。

オホーツク

検索順位チェッカーやランキングチェッカーと同じく検索順位をチェックできる無料ツール。こちらは300位まで確認することができます。ただし、一度に確認できるキーワードは3つまでと限定的です。

トラフィック遷移やSNSでの反響なども調査することができます。Google Analyticsが扱いづらいと感じている場合は、代替ツールとしても便利です。

どのページがどんなキーワードで検索順位上位に表示されているのか、キーワードの検索ボリューム、CPCなどが一覧で確認でき、自社サイトの強みと弱みを知ることができます。同様の調査を競合サイトに対して行うことも可能です。自然検索だけでなく広告の出稿キーワードについても調査することができます。

Googleキーワードプランナー(★)

Googleが公式に提供する無料のキーワード調査ツールです。

指定したキーワードの検索結果と関連キーワード、検索ボリュームなどを調べられるので、SEO対策におけるキーワードの選定に役立ちます。検索ボリュームは月ごとやデバイスごと、地域ごとに傾向を見ることもできます。

Googleトレンド(★)

検索トレンドをチェックするためのGoogleの公式ツールです。

Googleで検索されているキーワードの検索ボリュームの推移を調べることができます。国や期間を指定して調査することができ、特に検索数が上昇したキーワードは「急上昇ワード」としてピックアップされます。時期や地域によって検索キーワードのボリュームがどのように上下するのかを知ることで、先を読んだSEO施策が打てるでしょう。

パスカル(★)

パスカルは検索結果の上位に表示されるウェブサイトの内部施策を可視化してくれるツールです。

解析対象となるのは検索順位に影響を与えている項目です。ページの文字数やキーワードの使用数、見出しタグの文字数やキーワード使用数、strongalt属性といったSEO対策に重要なタグなどを抽出して解析し、最適な状態と比較して現状がどうなのかを教えてくれます。

自社サイトだけでなく競合サイトとの比較分析もできるので、検索上位のサイトに比べて自社サイトは何が不足しているのかを知る手助けにもなるでしょう。

この他、流入キーワードや関連キーワードの分析、検索ボリューム予測、Google Search Consoleとの連携など多くの機能を備えています。

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))(★)

キーワードを入力すると、サジェストキーワード(関連キーワード)に加えて「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」の投稿の中からそのキーワードが使われている投稿をピックアップしてくれるサービスです。

たとえば「東京 レストラン」と入力してみると、夜景のきれいなレストランについて質問している投稿やディズニーリゾート内のレストランについて質問している投稿などが見つかります。つまり、「東京 レストラン」でSEO対策しているのであれば、夜景がきれいに見えるレストラン情報やディズニーリゾートのレストランについてのコンテンツを用意しておくと良いことがわかります。

質問サイトで質問されている内容は、まさに一般のユーザーがそのキーワードに関して疑問に感じていること。ここから、コンテンツを用意するべき関連キーワードが見つかるというわけです。

SEO難易度チェックツール

SEO対策の難易度はキーワードによって異なります。検索順位を上げやすいキーワードもあれば、上げるのが難しいキーワードもあります。競合サイトの多いビッグワードは検索順位を上げるのが難しく、競合サイトの少ないスモールワードは比較的SEO対策しやすいのです。なかなか順位の上がらないビッグワードよりもスモールワードに注力した方が良い場面は多いです。

そうしたキーワードごとのSEO難易度をチェックできるのが「SEO難易度チェックツール」です。

キーワードを入れるとSEO難易度、競合上位10件のうちタイトルやトップページにキーワードが含まれている数がわかります。CPCや関連キーワードも合わせて調査できるのが便利です。

コンテンツ制作でおすすめのツール

検索順位を上げるためにはユーザーのニーズに沿ったコンテンツを充実させる必要があります。コンテンツを制作する際に役立つツールを紹介します。

ラッコツールズ(★)

ラッコツールズはキーワードを入力すると、検索上位のサイトを分析して文字数や見出しタグ、Whois情報など様々なサイト情報を抽出してくれる無料のツールです。直接対象のURLを入力しても調べることができます。

特に見出しタグはSEOで重要な役割を果たす要素。見出しタグの設定をする際の参考になるでしょう。

コピらん

別のコンテンツとテキストが似通っている場合、Googleに重複コンテンツと判断されることがあります。重複コンテンツはペナルティを受けることがあるので、絶対に避けなければなりません。とはいえ、意図せず重複コンテンツになってしまうこともないとはいえません。

そこで便利なのが「コピらん」です。

入力したテキストを自動的に分解し、他のサイトで使われていないかどうかをチェックできます。コンテンツを制作した際は、念のためテキストをコピらんに入力してみると良いでしょう。

Google Search Console(★)

自社サイトにおける検索パフォーマンスを確認することができるツールです。

Google Search Consoleをチェックすることで、検索ワードの観点から自社サイトの分析を行うことができます。ユーザーがどんな検索ワードで自社サイトに流入してきたか、自社サイトが特定の検索ワードでどれくらい表示されたのか、表示された回数のうちクリック数はどれくらいだったのか。検索に関する詳細な情報を分析することで、自社サイトにどのような改善が必要かが見えてくるでしょう。

競合調査ツール

SEO対策を行う上で競合分析は欠かせません。競合サイトにおけるキーワードごとの検索順位や被リンク数、広告出稿の状況、内部施策といった情報を入手することが競合分析の第一歩です。それらの情報はただサイトを眺めていてもわかりません。ツールを利用して効率よく情報を入手しましょう。

SEMrush(★)

競合調査だけでなくSEOに関する様々な情報を可視化できる非常に高機能なツールです。

無料でもある程度の機能が使えますが、有料プランにすることでSNS分析など便利な機能が追加で使えるようになります。

全体的には先に紹介したAhrefsと似ていますが、自社サイトと競合サイトを比較したレポートが作成できるなど競合比較についてはSEMrushの方が便利です。

また、SEO対策だけでなくリスティング広告やSNSのマーケティング業務を効率化することができるのも便利な点です。

similarweb

SEMrushに機能は似ていますが、similarwebは競合サイトの情報を入手する目的に特化しています。

競合調査だけならどちらを利用しても問題ありませんが、業務の効率化や施策のアイデアを考える上ではSEMrushの方が使いやすいでしょう。

サイト内検索

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら