エステ・脱毛業界でSEOは難しい?美容領域でのSEOの流れとポイント

更新日:
エステ・脱毛業界でSEOは難しい?美容領域でのSEOの流れとポイント

エステや脱毛、美容鍼などの美容関係のビジネスにおいて、ウェブ集客の施策のひとつとして挙げられるのがSEOです。

この記事では美容業界でのSEOについて、対策の流れやポイントを解説します。

\プロのノウハウを詰め込みました!資料ダウンロードはこちらから/

前提:エステ・脱毛サロンのSEOは難しい

前提として、脱毛・エステサロンなどの美容関係は、SEOで高い成果を上げることが難しい業界です。

その理由としては、下記の3つが挙げられます。

脱毛 seo

理由1 競合サイトが多い

1つ目の理由は、「美容情報を発信している競合サイトが多い」ことです。

美容系のキーワードで検索上位を狙うライバルには、「サロンを紹介するサイト」や「各サロンが運営する情報メディア」、「アフィリエイトブログ」など多くのサイトがあります。

SEOで集客するためには、そのようなサイトとの間で「記事やページの品質」「コンテンツ量」「ドメインパワー」などを巡った競争に勝たなければなりません。

理由2 YMYL領域である

2つ目の理由は、「美容がYMYL領域である」ことです。

YMYLは、「Your Money or Your Life」の略で、人の経済や健康に深く関わる分野を指します。読んだ方の人生を大きく変える可能性があることから、YMYL領域では正確で質の高いコンテンツが求められます。

このことから、「信頼性の高いサイト」が「信頼できる根拠や最新の情報を用いたコンテンツ」を作らない限り、あまり成果を上げることができません。

理由3 法律の規制がある

最後の理由は、「法律を遵守しながら情報発信をする必要がある」ことです。

美容分野で関係してくる法律は、薬機法や景品表示法などです。当然、法律に反した発信をしてしまうと、刑罰を受ける可能性があります。

このため、コンテンツを制作する際には、専門家の監修を付けるなど「法律を遵守するための体制構築」が必要です。

以上のことから、エステ・脱毛サロンでSEOを進めていくことは、基本的に難易度が高いものだと認識しておいてください。

エステ・脱毛サロンでSEOが効果的な3つの理由

エステ・脱毛サロンでのSEOは難易度が高い一方で、前述したハードルを乗り越えれば効果的な施策であることも事実です。

ここでは、エステ・脱毛サロンでSEOが効果的な3つの理由を見ていきましょう。

脱毛 seo

理由1 ネットでの集客が向いているから

エステ・脱毛サロンは、ネットで集客することが向いています。

その理由は、気恥ずかしさからサロンに通っていることを知られたくない方もいて、ネットで店舗を探す人が多いからです。このため、美容関連のキーワードで検索上位を獲得できれば、高い集客効果が期待できます。

理由2 ブランディングにつながるから

検索上位を獲得するために情報発信を続けることで、ユーザーから「このサロンは、美容に関する有用な発信をしている」という信頼感と知名度を獲得できます。

エステ・脱毛サロンは料金が高いことも多く、ユーザーは「高いお金を払って、本当にきれいになれるのか」といった不安を抱きやすいです。

そのため、ブランディングによって「名の知れたサロン」になることは、ユーザーにとっての安心感につながり、通ってもらいやすくなる効果があります。

理由3 広告費を抑えられるから

エステ・脱毛サロンのウェブ集客としては、SEO以外にも「ウェブ広告を出稿する」「ポータルサイトへ掲載依頼をする」といった手段もあります。

しかし、広告やポータルサイトへの掲載料は、継続的にコストがかかり続けることがデメリットです。特に脱毛・エステ領域では、リスティング広告CPC(クリック単価)が高くなる傾向もあります。

一方で、SEOコンテンツは、一度上位表示されれば長期的に集客やブランディングの効果を発揮し続けます。そのため、広告やポータルサイトと比較して、長期的にはコストを抑えることが可能です。

※ただし、SEOコンテンツも定期的なリライト(記事やページの加筆修正)は必要になるため、運用コストが0になるわけではありません。

エステ・脱毛サロンにおけるSEOの流れ

エステ・脱毛サロンにおけるSEOは、下記の6ステップで進めていきます。

ここでは、それぞれの詳細について見ていきましょう。

脱毛 seo

ステップ1 サイトを立ち上げる

まず、自社のホームページがなければ、サイトを立ち上げるところから始めます。

最低限、サイトに掲載しておきたい主な情報は以下の6つです。

  • 施術内容の紹介
  • 料金体系
  • 予約方法
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 店舗紹介

また、サイトを立ち上げた際には、MEOの手順として以下の作業も併せて行ってください。

    1. Google ビジネス プロフィールに登録する
    2. 所在地を明確にする
    3. 事業内容を明確にする
    4. 他サイトからのリンクやユーザーからの口コミを集める
    5. 構造化データでMAP情報やビジネス情報をマークアップする

参考:構造化データを使用して検索結果のコンテンツを充実させる(Google検索セントラルブログ)

ステップ2 ターゲットを設定する

サイトが完成したら、次に「誰に向けて情報発信をするのか」というターゲット設定をします。

このとき、年齢・性別・職業・年収などを細かく決めたターゲットのことを「ペルソナ」といいます。ペルソナは、下記の3ステップで設定していってください。

  1. ユーザーをよく知るスタッフへのインタビュー
  2. ユーザーへのアンケート
  3. ユーザーへの直接インタビュー

なお、ペルソナの設定方法については、下記の記事で詳しく解説しています。こちらも併せて参考にしてみてください。

ステップ3 対策するキーワードを選定する

続いてのステップでは、検索結果の上位表示を狙うキーワードを検討します。

キーワード選定で意識すべきポイントは、以下の6つです。

  1. 地域名
  2. 悩み
  3. 施術名
  4. 部位
  5. 不安要素
  6. メンズ

脱毛・エステ対策キーワード1:地域名

ポイントの1つ目は、「地域名」に関するキーワードを検討することです。

傾向として、ユーザーが脱毛・エステサロンを探す際には、通える地域名を入れて検索することが多くなります。このため、自身のサロンの所在地に関するキーワードの対策には力を入れるべきです。

脱毛・エステ対策キーワード2:悩み

2つ目のポイントは、ユーザーの「悩み」に注目することです。

検索するユーザーの中には、「毛が濃い」や「顔が小さくなりたい」といった悩みを解消するために、エステに通いたい人もいます。このため、「剛毛」「小顔」「痩身」など、悩みに寄り添うキーワードの対策をすると効果的です。

エステ・脱毛サロン対策キーワード3:施術名

ポイントの3つ目として、「医療脱毛」「レーザー脱毛」「ブライダルエステ」といった施術名を含むキーワードの対策が挙げられます。

施術名で検索するユーザーは、興味のある施術があり、エステに行くこと自体は前向きに検討している場合が多いため、コンバージョンにつながりやすいといえます。

そのため、施術名を含んだキーワードで検索上位を獲得できれば、高い成果が期待できるでしょう。

エステ・脱毛サロン対策キーワード4:部位

4つ目のポイントとして、施術名と同じように「施術する部位」が決まっているユーザーも、サイトに流入してもらえれば問い合わせや予約につながりやすいです。

施術部位に関するキーワードとしては、「VIO」「フェイシャルエステ」「ヘッドスパ」などがあります。

エステ・脱毛サロンキーワード5:不安要素

ポイントの5つ目は、ユーザーが抱える「不安要素」に関するキーワードの対策をすることです。

脱毛やエステに通おうとしているユーザーは、「痛くないのか?」「想定以上に費用がかからないか?」など、施術に対する不安を抱えていることも多いです。

そこで、「痛くない」や「通い放題」といった不安の解消につながるキーワードからサイトに流入してもらうことで、問い合わせや予約をしてもらいやすくなります。

エステ・脱毛サロン対策キーワード6:メンズ

最後のポイントは、男性用の施術がある場合には、「メンズ」や「男性」といったキーワードの対策も検討することです。

近年では、脱毛やエステに通う男性も多いことから、集客アップのためには忘れずに対策することをおすすめします。

以上、エステ・脱毛サロンのサイトでキーワードを選定する際のポイントを解説しました。キーワードの選び方については、下記の記事でも解説していますので併せてご覧ください。

ステップ4 検索意図を考える

上位表示を狙うキーワードが決まったら、次にユーザーが「なぜ、その言葉で検索するのか」を考えます。

せっかくコンテンツを作っても、ユーザーの知りたい情報が載っていないとすぐに離脱されてしまい、コンバージョンにはつながりません。ユーザーの検索意図はじっくりと検討するようにしてください。

検索意図は、以下のポイントから推測してみましょう。

  1. お問い合わせなどでいただいたコメントを参考にする
  2. 顧客にヒアリングさせてもらう
  3. 友人と会話してみる
  4. 現在、検索上位を獲得している記事を参考にする
  5. サジェストキーワードを確認する
  6. 関連キーワードを参考にする

なお、検索意図の把握の仕方については、下記の記事でも詳しく解説しています。

ステップ5 コンテンツを作成する

検索意図が見抜けたら、いよいよ選定したキーワードの対策に必要な記事やページを作っていきます。

ここではすぐに本文を書くのではなく、まずは記事やページ全体の構成(目次)を練るようにしましょう。構成の段階で編集者やディレクターがチェックしておくと、後で大幅な修正をせずに済みます。

本文を執筆する際、より質の高い記事にするためには、以下のポイントに気をつけてください。

  • わかりやすい原稿にする
  • 情報源は信頼性を重視する
  • 画像や図解を入れる

良い記事を書くコツについては下記の記事でも解説していますので、併せてご覧ください。

一旦記事が完成したら、何度も読み直して質を上げていきます。ライターの作業が終わったら、編集者やディレクターによる校正・校閲も行ってください。校正・校閲の詳しいやり方については、下記の記事で解説しています。

ステップ6 コンテンツのリライトをする

記事が完成しても、作りっぱなしにしてはいけません。

検索上位を獲得し、それをキープするためには、常に状況を確認しながらコンテンツの質を高める努力が必要です。

リライトの際は、手を加える前後の「検索順位の変動」や「コンバージョン状況」を確認しておくと、効果を明確に把握できます。

また、記事の数が増えてきたら、内部リンクを貼って各コンテンツをつなげると、ユーザーの利便性が上がるだけではなく、Googleのクローラーが巡回しやすくなり、より検索エンジンに評価されやすいサイトになります。

効果的なリライト方法については、下記の記事でも解説していますので、併せて参考にしてください。

リライト方法に不安がある方は、ナイルにいつでもご相談ください。

\記事のパフォーマンスが確認できる!資料ダウンロードはこちらから/

エステ・脱毛サロンにおけるSEOの7つのポイント

エステ・脱毛サロンでSEOに取り組む際のコツとして、下記の7つのポイントが挙げられます。

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

脱毛 seo

ポイント1 ユーザーがポータルサイトを使わない理由を考える

エステ・脱毛サロンを探すユーザーは、「ホットペッパー」などのポータルサイトを使うことが多いです。

そこで、SEOに取り組む上では、ユーザーがあえてポータルサイト以外のページを見る理由を考えます。具体的な理由として考えられるのは、以下の2つです。

理由1:専門性の高いサロンを探している

理由2:公式サイト独自の割引を期待している

まず1つ目の理由は、「専門性の高いサロンを探している」からです。ユーザーは検索エンジンを使って、ポータルサイトでは目につきづらい「技術」を基準にサロンを探している可能性があります。

このようなユーザーに対しては、スタッフの技術力の高さをアピールしたり、サロンで使っている最新の機器を紹介したりすることが効果的です。

理由の2つ目は、「公式サイト独自の割引を期待している」からです。ユーザーは、「ポータルサイトには載っていない特別割引があるのでは?」と考えて公式サイトを検索することがあります。

公式サイトで特別割引を実施するかしないかについては、各サロンの戦略によりますが、もし割引を実施する場合は、トップページや料金体系のページに目立つように記載するのがおすすめです。

ポイント2 サイトの運営体制を整える

「ビッグキーワード」と呼ばれる検索回数の多いキーワードで上位表示できれば、サイトへの流入数が一気に増えて、利用客の増加につながります。

しかし、ビッグキーワードで上位を獲得するのはとても難易度が高く、以下のような施策が必要になります。

  • 関連するページを複数作成する
  • それらの複数ページを内部リンクでつなぐ

このように、SEOで大きな成果を出すには多くのコンテンツを作らなければならないため、それが可能な制作体制を整えることが重要です。具体的には、以下のような人材を確保する必要があります。

脱毛 seo

ポイント3 専門性を活かす

エステ・脱毛サロン領域でSEOコンテンツを作る際は、サロンスタッフの経験や知識などの「自社の専門性」を活かしましょう。

そうすることで、質の高い記事が作れるだけではなく、「他のサイトには載っていない一次情報」を発信できます。一次情報は他サイトとの差別化になり、ユーザーが「自社のサイトを見る理由」になります。

外部のライターに記事の執筆を依頼するのであれば、事前にサロンスタッフへインタビューをしてもらうなどで、専門知識を反映しましょう。

ポイント4 オリジナリティを出す

ユーザーから「他にはない有用な情報発信をしている」と思ってもらうため、コンテンツを作る上では他サイトとの差別化を図ってオリジナリティを出せると良いです。

具体的には、以下のようなコンテンツを作ることがおすすめです。

スタッフ紹介■

コンテンツ:サロンで働くスタッフのパーソナリティがわかるページ

効果:ユーザーが「このサロンで施術を受けたい」と思う技術の高さや知識の豊富さをアピールできる

お客様の声■

コンテンツ:お客様アンケートやインタビューのページ

効果:お客様からの施術に対する感想を掲載することで、他のサロンとの違いをアピールできる

サロンの写真■

コンテンツ:サロン内や施術の様子がわかるページ

効果:オリジナルのリアルな写真は、ユーザーの期待や安心感が得られる(フリー素材を多く使うと、リアル感がなく、またユーザーは既視感を覚え退屈に感じやすい)

ポイント5 長期的な取り組みであることを理解する

SEOは、短期間で効果が出る施策ではありません。

コンテンツ制作から検索結果の上位に表示されるまで、半年〜1年程度かかると考えておいたほうが良いです。このため、1〜2ヵ月で成果が出ないといってすぐに中止せず、長期的に取り組む姿勢が大切になります。

ポイント6 地名キーワードは“記事”で上位表示を目指さない

エステ・脱毛サロンでは、地名を入れたキーワードがコンバージョンにつながりやすいです。

ただし、その対策として「地名に関するコラム記事」を作ることはおすすめしません。例えば、「新宿 脱毛」というキーワードを狙って「新宿で脱毛するなら、当サロンがおすすめな理由」といった記事を作成したとします。

しかし、「新宿 脱毛」で検索した人の知りたいことは、基本的に「新宿にあるサロンやおすすめのクリニック」です。実際に「新宿 脱毛」で検索してみると、「クリニックの紹介ページ」や「おすすめサロン〇選」が上位表示されているのではないでしょうか。

その中で、自社のサロンをすすめる記事はユーザーの検索意図とずれるため、上位表示が難しくなります。地名を含むキーワードで上位表示を狙うなら、記事ではなくホームページのタイトルに地名を入れたり、店舗紹介ページを充実させたりすることのほうが有効です。

ポイント7 MEOにも力を入れる

MEOは「Map Engine Optimization」の略で、Googleマップでの検索結果において上位表示させることを指します。

MEOに取り組むことで、下記のように検索結果ページの上部に、自身の店舗情報を表示させることも可能です。

脱毛 seo

上位に表示されればユーザーの目にもつきやすいため、MEOが集客にもたらす効果はとても大きいといえます。

SEOについて詳しく知りたい方はこの記事も読んでみてください。

エステ・脱毛サロンにおけるSEO以外の3つの集客方法

エステ・脱毛サロンでの集客の手法としては、SEO以外に「地域施設との連携」「SNS」「リスティング広告」もあります。

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

脱毛 seo

方法1 地域施設との連携

エステ・脱毛サロンの主なターゲットは、サロンがあるエリアの近くに住んでいる人になります。

そのため、SEOなどのウェブ集客だけに頼るのではなく、リアルな接点を持てると良いでしょう。

具体的には、結婚式場と提携してブライダルエステの紹介をしたり、近隣大学の学生向けに特別割引を実施したりといった取り組みが考えられます。

方法2 SNS

10〜30代の方は情報収集する際、検索エンジンだけではなく、SNS内で検索するケースも多くなりつつあります。

そのため、脱毛・エステのメインターゲットになるであろう10〜30代の女性にリーチするにはSNSの運用が効果的です。活用するSNSを選ぶ上では、以下のようなそれぞれの特徴を押さえておくことが重要になります。

Facebook
  • 日本では30代〜40代の利用率が高い
  • 基本的に実名でアカウント登録している
  • 世界で利用しているSNSの中で1番利用者が多い
  • Facebookページで企業情報を記載できる
  • 広告の出稿ができる
Twitter
  • 主に10代〜20代の利用率が高い
  • リツイート機能で情報の拡散を狙える
  • 匿名でアカウント登録ができる
  • 複数のアカウントを作成でき、用途に応じて使い分ける人も多い
Instagram
  • 10代〜30代の利用率が高い
  • 写真や動画が中心のSNS
  • ライブ配信を行い、Instagram利用者とのやりとりができる
  • 匿名でアカウント登録ができる
LINE
  • 全世代で利用率が高く利用者も多い
  • コミュニケーションのインフラ的存在になっている
  • スマートフォン1台につき1アカウントのみ登録できる
  • 自動チャットツールがある
YouTube
  • ほぼ全世代で利用率が高い
  • 動画配信がメインのSNS
  • ライブ配信があり、利用者とリアルタイムでやり取りできる
  • 人気の高いYouTuberに商品やサービスのレビューなどを依頼できる
TikTok
  • 主に10代の利用率が高い
  • 短い動画を主体としたSNS
  • おすすめの情報が自然に流れてくるため、新しい情報も認知されやすい
  • 動画の投稿だけではなく、ライブ配信もできる

特にInstagramは、エステ・脱毛サロンのターゲットとなる10代〜30代の女性の利用率が高いことから、成果につなげやすいSNSだと考えられます。Instagramのアカウントを持っていないのであれば早めに取得して、ブランディングも兼ねつつ運用してみてください。

参考:令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書(令和3年8月総務省情報通信政策研究所)

なお、SNSでの集客については、下記の記事でも詳しく解説しています。

方法3 リスティング広告

エステ・脱毛サロンの集客方法としては、リスティング広告もあります。

リスティング広告とは、下記のように検索結果ページの上部に表示される広告のことです。

脱毛 seo

SEO記事は検索結果の上位に表示されるまでに時間を要しますが、リスティング広告なら即座に上位表示されます。そのため、すぐに効果が欲しい場合には、リスティング広告を活用するのも一手です。後でSEO記事の効果が出てきたら、広告費を下げることもできます。

エステ・脱毛サロンでSEOに力を入れて、集客を強化しよう

競合サイトが多く、YMYL領域でもあることから、エステ・脱毛サロンでSEOを成功させるのは難易度が高いといえます。

一方で、脱毛・エステサロンをネットで探す人が多いことも事実です。SEOに力を入れて、関連キーワードで検索上位を獲得できれば、大きな集客アップが期待できます。

本記事では、エステ・脱毛サロンでのSEOの流れやポイントを丁寧に解説しました。実際にSEOに取り組む際は、ぜひここで紹介したことを参考にして成果につなげてください。

また、ナイルではSEOについてまとめた資料をご用意しております。SEOについてより深く知りたい方は、この3点の資料をぜひご覧ください。ダウンロードは無料です。

  • SEO成功事例・法則資料
  • SEO1問1答 全30問
  • SEO内製化 (インハウスSEO) 進め方ロードマップ

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

「さらにSEOを学びたい!」という方へ

ナイルの人気SEO資料3点セットです。 SEO初心者の方やSEOについて把握したい方は、まずはこの3点の資料をご覧ください!

無料で資料を受け取る

ナイルの無料相談に申し込む

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

【家具EC事例】内部リンク設計でカテゴリページへの検索流入が1157%改善したSEO事例

【家具ECサイトのSEO事例】内部リンク設計でカテゴリページへの検索流入が1,157%改善

アパレル SEO

アパレルECサイトでSEO集客を効果的に実施する6のポイント

旅行代理店 SEO

旅行代理店のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

新着記事

【下書き_五十嵐】コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介

【2024年バレンタインギフト購買調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。