「403 Forbidden」エラーはなぜ起こる?その意味や原因、解決方法までを解説

「403 Forbidden」エラーはなぜ起こる?その意味や原因、解決方法までを解説

ウェブサイトが閲覧できないときに見かけるエラーメッセージに「403 Forbidden」があります。サイト管理者側のミスで生じるケースが多く、ユーザーでは対処のしようがないエラーのひとつです。

今回の記事では、放置すれば知らず知らずに機会損失をまねく「403 Forbidden」の原因と解決方法を紹介します。

以下の資料ではSEO対策を社内でする際のよくある質問をまとめていますので、ぜひダウンロードしてご活用ください(無料)。

\プロの回答だから現場で役立つ!資料ダウンロードはこちらから/

「403 Forbidden」エラーとは

「403 Forbidden」(403エラー)とは、ウェブサイトのアクセス拒否を意味するエラー表示です。

403 Forbidden(403エラー)

403の数字3桁は、サーバーからのレスポンスによって表す「HTTPステータスコード」です。なんらかの理由でサイトを見る権限が削除・制限されているときにこの「403」が返されます。

ほとんどがサイト側の原因で起こるため、403エラーに遭遇したユーザー自身で解決することは困難です。よって、ユーザーとしては、管理者側の対応を待つか、問い合わせて管理者に確認するくらいのことしかできません。

403エラーが起きる原因とその対処法

サイト管理者側としては、早急に対応するためにも原因を究明したいところです。

「403エラー」の原因は主に5つあります。対処法も含めてそれぞれ解説します。

015_403エラーが起きる原因

アクセス権限で記述ミスをしている

サイトへのアクセス権限を設定する段階でミスが生じていると、403エラーが表示される可能性があります。

代表例として「.htaccess」の記述ミスです。「.htaccess」はIPアドレスに対してアクセス制限をかけられるため、悪質なユーザーや海外IPを排除する目的で、あえて特定のIPアドレスを拒否することもあります。

意図的であれば良いのですが、単なる記述の間違いであれば、権限付与などの早い対応が必要です。

indexファイルが間違って設置されている

サイトのディレクトリにindexファイルが無い場合も、403エラーが返される原因となります。

indexファイルは必ずサイトの「一番上の階層」に設置すると決まっていて、無ければ、データの検査に時間がかかる上、ページが正常に表示されません。

そのため、まずはファイル名の末尾に「html」「php」などが記載されているindexファイルが存在しているかを確認します。または、そのindexファイルに実際のトップページへのリダイレクトを設定することでも対処が可能です。

アクセス過多でサーバーに負担がかかっている

アクセスが集中してサーバーに負荷がかかった場合に、エラーが発生することもあります。

SNSで多くの人に拡散されたなど、過剰にアクセスが集まるような場合は注意が必要です。サーバー容量に対してアクセス過多になっていれば、アクセスに見合ったサーバー整備をします。

ウェブサイトが成長フェーズに入っているなら、サイト規模の拡大を見据えて、負荷に耐えられるサーバーを事前に導入することも考えましょう。

DNS設定に不備がある

ドメインの設定不備が原因になる場合もあります。

ネット上の住所といえるドメインに記載の誤りがあれば、サイトまでたどり着かず、403エラーが表示されます。ドメイン名をIPアドレスに変換させるDNS設定に問題がないかを確認してください。

WAF機能の誤作動が原因となっている

レンタルサーバーを使っている場合、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)機能が誤作動を起こしているケースがあります。

WAFは、ウェブアプリの脆弱性を悪用した攻撃を検出・低減する対策です。ただし、セキュリティーレベルが厳しすぎると、正常な通信を誤って不正と判断してしまう場合もあるといいます。

WAFの誤作動に関しては、レンタルサーバー側で対応方法が異なるため、使用しているサーバーのサポート窓口で指示を受けてください。

\ご不明な点は、ナイルにいつでもご相談ください!/

403エラーがSEOに与える影響

403エラーに関して、Google Search Consoleの「インデックス カバレッジ レポート」では、以下のように言及しています。

送信されたURLが403を返しました:Googlebot がサーバーにログインしたことは認識されましたが、Google によるコンテンツへのアクセスは拒否されました。このページをインデックスに登録する必要がある場合は、匿名の訪問者にアクセスを許可してください。それ以外の場合は、このページをインデックスに登録するために送信しないでください。

引用:インデックス カバレッジ レポート(Google Search Console ヘルプ)

上記内容から、403エラーが表示されているページはアクセスできず、インデックス不可なことがわかります。インデックスさせたいページで、403エラーが表示されている場合は速やかに対応しましょう。

そのほかのよくあるエラーについても解説!

403エラー以外にも、エラーメッセージはいくつかあります。

アクセスに対して正常にレスポンスできない場合に表示されるステータスコード400番台と500番台から、代表的なものを取り上げておきます。

404 Not Found

「404 Not Found」は、リクエストしたサイトが見つからない場合に表示されます。

具体的には、サイトが閉鎖されたり、サイト内の特定のページが削除されたりした場合に起こります。

404エラーをそのまま放置すると、ユーザーが離脱をしてしまう可能性が高くなるため、「カスタム404ページ」という他ページへの導線を設けたページを作成することが推奨されます。

503 Service Unavailable

「503 Service Unavailable」は、サーバーが過負荷状態になるなどの一時的にサイトが表示できないときに用いられる「サービス利用不可」を表すコードです。

一気にアクセスが大量に集中すると発生するため、比較的見かけることの多いエラーでしょう。なお、サイトメンテナンスに伴って一時的にサービスを停止する際は、Googleが「503エラー」を返すように推奨しており、必ずしも不具合というわけではありません。

参考:サイトのダウン タイムへの対処の仕方(Google 検索セントラル)

エラーに気づく体制づくりが重要

403エラーの状態が長引くとアクセス機会の損失だけでなく、検索エンジンにインデックスされないなどのデメリットを引き起こします。

403エラーは、エラーコードの中でもアクセス拒否を表すため、一刻も早い復旧が求められます。監視ツールを導入したり、頻繁にサイト内をチェックしたりできる「エラーに気付ける体制」を作っておくことが重要です。

また、ナイルでは記事のメンテナンスについて資料をご用意しております。ウェブサイトでの記事作成は記事を公開してからさらに注目するべきポイントがあるのです。ナイルでは重要な記事は30回以上リライトし、1位表示や資料ダウンロードの獲得につなげています。

ナイルのウェブサイトが、どのように記事のメンテナンスを考えているのか、その秘訣を公開しています。ぜひ、以下よりご覧ください(ダウンロード無料)。

  • 記事パフォーマンスの確認方法
  • パフォーマンスが良い場合に取り組むべきこと
  • 流入はあるが、コンバージョンはしていない場合に考えられること
  • 流入もコンバージョンもしていない場合に考えられること

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

リンク否認ツールの使い方・注意点・使用事例などまとめ

リンク否認ツールの使い方・注意点・使用事例などまとめ

自社ECサイトの集客のためのSEO講座

自社ECサイトに集客するには?SEOノウハウをプロが公開!

HTTPステータスコードとは

【よく見るものを解説】HTTPステータスコードとは?コード番号別に詳しく解説

新着記事

岸 穂太佳が執筆した『現場のプロが教える! BtoBマーケティングの基礎知識』発売中!

ecサイト

ECサイトとは?実際の運営ポイントまで解説

スラッグ

スラッグって何?WordPressでの設定方法と少しSEOに効くポイント