【よく見るものを解説】HTTPステータスコードとは/301、404、503などの意味を解説

更新日: 公開日:

Webサイトにアクセスしたとき、正常な画面ではなく「404」や「503」といった数字が表示された経験はないでしょうか。この3桁の数字のことを「HTTPステータスコード」と呼びます。HTTPステータスコードはたくさんの種類があり、それぞれ意味する内容が異なります。

HTTPステータスコードについて知ることで、アクセスしたWebサイトに何が起きているのかを理解できるようになります。

この記事のポイント

  • HTTPステータスコードは、特定の HTTP リクエストが正常に完了したかどうかを示す3桁の数値で表されるもの
  • 大まかに200番台の成功レスポンス、300番台のリダイレクト、400番台のクライアントエラー、500番台のサーバエラーと覚えておきましょう
  • 同じ番台でも、500 Internal Server Error、503 Service Unavailableなどそれぞれ意味が異なる
\ SEOについて調べても分からないこと、私たちが解決します /

HTTPステータスコードとは

HTTPステータスコードとは、Webサイトにアクセスした際に、表示されることがある「404」や「503」といった3桁の数字のことです。

これらの数字にはそれぞれ意味があり、

ページがなくなっていてアクセスできない場合は「404」、サービスメンテナンス中などは「503」が表示されます。

ステータスコードは、開発者ツール(ディベロッパーツール)や、拡張機能を用いることで確認することができます。

開発者ツール

開発者ツール

拡張機能:Redirect Path

拡張機能:Redirect Path

ステータスコードの分類と意味

HTTPステータスコードは3桁の数字で表示されます。

つまり、HTTPステータスコードを見れば、Webサイトが問題なく表示されているのか、リダイレクトされているのか、正常に表示されない(応答しない)原因は何かなどがわかるのです。

では、ステータスコードの数字がそれぞれ何を表すのか、ここでは、よく見ることがあるHTTPステータスコードを中心に、それぞれの意味について説明します。

 

\ SEOの疑問を一気に解決!15分~まずは無料できいてみませんか? /

 

ステータスコード100番台

リクエストが処理中であることを意味するステータスコードです。

リクエストそのものは拒否されていませんが、クライアント(リクエストする側)はWebサーバの要求に従って対処する必要があります。

100番台のステータスコードには「リクエスト継続中」を意味する「100 Continue」や、「プロトコルの切り替え」を意味する「101 Switching Protocols」、「処理中」を意味する「102 Processing」などがあります。

とはいえ、100番台のステータスコードは一般的にほとんど見かけることはないでしょう。

ステータスコード200番台

クライアントからのリクエストが正常に受付されたことを示すステータスコードです。

このほかにも「201 Created」や「202 Accepted」、「203 Non-Authoritative Information」「204 No Content」など多数の200番台ステータスコードが存在します。

200 OK

リクエストは成功しており、要求通りの情報がレスポンスされています。つまり、「正常にWebサイトが表示された」状態を示します。

私たちがWebサイトを見ているときの多くが「200 OK」だといえます。

200 OK

ステータスコード300番台

「リダイレクト」が発生した際に表示されるステータスコードです。

リダイレクトとは、Webサイトが移転した場合に、古いサイトへアクセスした際、自動的に新しいサイトへと遷移する仕組みのことです。

厳密にいえば、「リダイレクトを達成するためにブラウザ側で追加の処理を実行する必要がある」ことを意味しています。

301 Moved Permanently

「恒久的に移動した」ことを表すステータスコードです。

301はWebサイトが移転し、新サイトにリダイレクトされた場合などに用いられます。また、URLの末尾に「/」をつけずにアクセスした場合も、自動的に「/」がついたサイトへ遷移するため「301 Moved Permanently」となることがあります。

301 Moved Permanently

参考:SEOにおける301リダイレクトのポイント

302 Found

「発見」を意味するステータスコードです。

リクエストした先のページが一時的に移動されている場合に用いられます。「301 Moved Permanently」との違いは、恒久的か一時的かという点です。たとえばサイトメンテナンスで一時的にサイトを別の場所に移動しており、メンテナンス終了後にまた元の場所に戻す場合などが当てはまります。

302 Found

参考:SEOにおける302リダイレクトのポイント

304 Not Modified

これはリダイレクトではありませんが、補足的に説明をしておきます。

304は「未更新」を表します。私達が正常にWebページを見れているとき、多くは200ステータスが返ってきているのですが、実際には304ステータスのコンテンツが混ざっていることもあります。

この際、Webサーバからはメッセージボディ、つまりコンテンツが返ってきません。ブラウザ側では304を受け取ると、ブラウザ内のキャッシュに残っているコンテンツを使ってWebページを表示しています。 画像などコンテンツ内容が基本的に変わることがないコンテンツは、304を返すように設定することで、再度リソースを読み込む必要なく、キャッシュを用いることでページを表示させることができるようになります。

304 Not Modified

307 Temporary Redirect

あまり見ることはありませんが、307も一時的なリダイレクトを意味するステータスコードです。

リクエストしたリソースが一時的に移動されている場合に用いられます。元々、このステータスコードは「302 Moved Temporarily」であり、302番で使われていたのですが、規格外の使用が目立つようになったため、改めて「307 Temporary Redirect」として定義されました。

ステータスコード307でリダイレクトされているのを見ると、正常でないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、端的に言うと301リダイレクトとして処理されますので、過度に心配しないで大丈夫です。

ステータスコード400番台

400番台はエラーコードです。

リクエストに対して正常にレスポンスできない場合に用いられます。後述する500番台もエラーコードですが、400番台は特にクライアント側に原因があることを示しています。

403 Forbidden

「禁止されている」ことを表すステータスコードです。

リクエストはしたものの拒否されたり、処理できなかったりした場合に用いられます。たとえば社内のイントラネットからしかアクセスできないURLに、社外からアクセスした場合などに表示されます。「403 Forbidden」が表示されたら、アクセス権の有無などを確認してみましょう。

404 Not Found

「リクエストしたWebサイトが見つからない」場合に表示されるステータスコードです。

404 Not Found

多くの人が一度は見たことのある表示でしょう。Webサイトが閉鎖されている場合や、Webサイト内の特定のページが消えている場合にアクセスすると「404 Not Found」と表示されます。

その際、そのまま「404」と表示すると、ユーザーが離脱してしまう可能性が高くなるため、カスタム404ページという、他のページへの動線を設けたページを表示させることが多いです。

参考:カスタム404ページとは

ソフト404エラー

ブラウザ上では「ページが存在しない」ことを表すメッセージが表示されているものの、ステータスコードは「正常にレスポンスしている」という意味の「200OK」を返しているケースを「ソフト404エラー」と呼びます。

ソフト404エラー

他にも、検索エンジンがページを正しくレンダリングできない場合や、商品の品切れや求人情報の掲載期間切れなどを起こしている場合にソフト404エラーが発生することがあります。

なお、ソフト404エラーを判断するのは検索エンジンのため、確認するためにはGoogle Search Consoleなどのツールが必要になります。

参考:ソフト404エラーとは

410 Gone

「消滅した」を意味するステータスコードです。「404 Not Found」と同様にWebサイトが見つからない場合に表示されます。「404 Not Found」との違いは、「ページが消滅しており二度と復活しない」を意味しているということです。「410 Gone」は特別に設定しないと表示されず、通常は「404 Not Found」が使われます。

410 Gone

ステータスコード500番台

500番台のステータスコードも400番台と同じくエラーコードとなります。400番台と異なるのは、Webサーバ側にエラーの原因があることです。Webサーバがリクエストの処理に失敗した場合などに表示されます。

500 Internal Server Error

「サーバ内部エラー」を意味するステータスコードです。サーバの内部に何らかのエラーがあり、正常にリクエストを処理できずWebサイトを表示できない場合などに用いられます。

500 Internal Server Error

503 Service Unavailable

「サービス利用不可」を意味するステータスコードです。Webサーバが過負荷状態に陥るなどして一時的にWebサイトが表示できないときに用いられます。一気に大量のアクセスが集中すると発生するため、比較的見かけることの多いエラーコードです。

なお、サイトメンテナンスでサービスをストップさせている間には、「503 Service Unavailable」を返すことがGoogleから推奨されており、意図的に設置している場合は、不具合ではない場合もあります。

503 Service Unavailable

 

\ SEO未経験者も内製化を実現! /

より深く知りたい人へ~HTTPレスポンスに関して

冒頭で解説した「HTTPレスポンス」の仕組みについて、もう少し詳しく説明します。

そもそも「Webサイトにアクセスする」とはどういうことでしょうか。

私たちがPCやスマートフォンからWebサイトにアクセスする場合、必ずモバイル回線やWi-Fiなどの通信が発生しています。この通信を介して、Webサイトのファイルが存在するコンピュータ(Webサーバ)に「PC(スマホ)の画面にWebサイトを表示してほしい」という「リクエスト」を送っているのです。

リクエストを受け取ったWebサーバは、適切な「レスポンス」を返します。すなわち、「PC(スマホ)の画面にWebサイトを表示してほしい」というリクエストに対して、「WebサイトのデータをPC(スマホ)に送る」というレスポンスを行うわけです。

「HTTPレスポンス」の仕組み

私たちがインターネットを通じてWebサイトにアクセスする場合、このように「リクエストし、レスポンスが返ってくる」というプロセスが裏で実行されています。

しかし、ごくまれに「リクエスト通りのレスポンスが返せないケース」が発生することがあります。たとえば、アクセスしようとしたWebサイトがすでに閉鎖されていて、Webサーバにファイルが存在しない場合です。

リクエストに対して正常に応えられないWebサーバは、代わりに「リクエストに応えられない理由」をレスポンスします。これが「HTTPステータスコード」で表されているのです。

まとめ

Webサイトにアクセスした際に表示されることのある「404」や「503」といった数字はHTTPステータスコードと呼ばれるものです。Webサイトのデータをユーザー「リクエスト」したのに対して、Webサーバ側の「レスポンス」として表示されます。

ステータスコードにはたくさんの種類があり、意味を知ることで「表示のルール」「エラーの原因」を読み解けます。Webサイトを運営するのであればぜひ知っておきたい知識であり、ユーザーとしてWebサイトを閲覧する際にも役立つことでしょう。

「Search Consoleによくわからないステータスコードが多く表示されていて、困っている」

「リニューアル続きで、リダイレクトが複雑になってしまった」

など、もしお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

関連記事

【保存版】2013年のSEO周辺事情の振り返り、2014年に向けて改めて読んでおきたいSEO情報×50記事

パーソナライズド検索とは?Googleのパーソナライズ機能とSEO上の注意点

パーソナライズド検索とは?Googleのパーソナライズ機能とSEO上の注意点

サイトマップとは?

サイトマップとは?SEO効果、XMLサイトマップの作成方法を解説

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索