ポータルサイト(Portal Site)とは

意味:ポータルサイト(Portal Site)とは

ポータルサイトとは、インターネット上にある様々なページの玄関口となる巨大なWebサイトのことをいいます。検索エンジンやリンク集が掲載されているサイトを経由し、Webサイトにアクセスすることから、港(port)の派生語で「入口」という意味を持つ「ポータル」サイトと呼ばれるようになりました。



◎SEO戦略設計・運用コンサルティング
ナイルのSEOコンサルティングは戦略立案~運用改善~コンテンツ制作まで、コンサルタント・編集者がお客様に伴走し、全体を通して支援します。

ビジネスの成果に繋がるSEO450


ポータルサイトのメリット

ポータルサイトのメリットとして、インターネット上に大量に散らばっている情報の中から、ユーザーが自分に必要なものだけを検索などを通して、簡単に探し出せることが挙げられますまた検索の他にも、天気・テレビ番組表・株価などの多様な情報をユーザーが知ることができることも、ポータルサイトの魅力です。

企業視点では、ポータルサイトを運用(あるいは外部ポータルサイトへ掲載)することにより、通常のコーポレートサイトでは接触が難しい層に対してアプローチすることが可能になります。さらに、サイトのアクセス数やPV数が伸びてくると、広告掲載費による収益といった、新たな収益源の獲得を検討することも長期的には考えられます。

ポータルサイトの種類

総合ポータルサイト

総合ポータルサイトとは、検索エンジンやリンク集、天気予報、株価などの多種多様なコンテンツやサービスを提供しているサイトのことをいいます。例えば、Yahoo! Japanは代表的な総合ポータルサイトの一つです。

企業内ポータルサイト

企業内ポータルサイトとは、企業が扱っている情報をまとめ、社内に情報を共有するためのサイトのことをいいます。ここでは、日報や週報といった社員同士のコミュニケーションや、上層部からの連絡共有などの役割があります。また、サイトを閲覧するには認証が必要で、利用者は社内の人か関係者に制限されているのが特徴です。

地域ポータルサイト

地域ポータルサイトとは、特定の地域に関する情報を提供するサイトのことをいいます。観光客向けの情報も発信し、観光地としての魅力を伝えることもできるといった役割があります。代表的な地域ポータルサイトの例として、マイフェバが挙げられます。

%e5%9b%b31

口コミ型ポータルサイト

ユーザーの口コミを集めたサイトのことを、口コミ型ポータルサイトといいます。ユーザーのリアルな声が見れるので、商品やお店が良いか悪いか判断できるといったメリットがあります。口コミ型ポータルサイトの代表例として、価格.comがあります。

まとめ

今回はポータルサイトの意味やメリットについてご紹介しました。また、一口にポータルサイトといっても、サイトの目的に応じて、さまざまな種類があることもお分かりいただけたかと思います。各サイトの役割を上手く生かしながら運用することができれば、新たな集客獲得や収益源の獲得のチャンスに繋がります。

 

ポータルサイトにはさまざまなタイプがあり、目的に沿って運用することが大切です。もしお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。



◎「ビジネスの成果」につながったSEO事例

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

SEO事例一覧へ


Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×