企業ブログを運用する場合、無料ブログサービスと自社ドメイン内、どちらが良いでしょうか?

更新日:
企業ブログを運用する場合、無料ブログサービスと自社ドメイン内、どちらが良いでしょうか?

外部の無料ブログを利用するメリットデメリット、独自ドメイン内でブログを展開するメリットデメリットについて解説しておきます。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

汎用的な良し悪しでは語れません

非常によく頂く質問なのですが、これは一般的な善し悪しがあるわけではなく、何を目的として、誰をターゲットとして、どのようにそのブログを運用していくのか、等によってメリットデメリットが分かれます。

自社ドメイン内でブログを展開する際の注意点

例えば、自社ドメイン内でブログを運用する場合は、そのドメイン内で書かれているサイトテーマに沿った内容でブログが書かれるのであれば問題ありませんが、今日のランチはどこで食べたとか、サイトのテーマから逸脱するような内容をブログで書かれていくと、どんどんサイトテーマにブレが生じてきます。

つまりブログで更新されるコンテンツのテーマや品質(ここでは、それなりにボリュームがあるか、専門的か、詳しく分かりやすく書いてあるか、などの意味)が問われる、ということです。

自社ドメイン内でブログを展開する場合、多くは「コンテンツボリュームや更新性を高めることでSEOを改善する」が1つの目的になっている場合が多いです。

しかし、ドメインのテーマとの関連性がなく、薄いコンテンツを大量に更新する、などの運用を行ってしまいますと高確率でSEOにとって逆効果になります。

そのように比較的ライトな情報発信ツールのような形でブログを活用したいのであれば、無理に同一ドメイン内でブログを運用せず、外部の無料ブログサービスで記事を更新することをオススメします。

外部の無料ブログサービスでブログを展開する際の注意点

一般に無料ブログを利用するメリットとしては、無料で利用できる、というだけではなく、利用するブログサービス内には一定数のブログユーザー、閲覧者が存在しますので、ここから運用サイト本体への流入も考えられます。

ブログサービス内の「読者」「お気に入り」などの機能で、自社ドメインでは獲得し得なかったユーザー層と接点を持つこともしやすいでしょう。

そういう用途で、無料ブログを使うというのもひとつの手段だと思います。

しかし外部のブログサービスを使う時点で、そのブログに掲載したコンテンツや集まったリンクについてはブログサービス本体のドメインに蓄積されますので、自社の資産とはなりません。あくまでも人が集まる場所を間借りして、情報を発信する場として利用するしかありません。

\コンテンツマーケティングを中心に支援!資料ダウンロードはこちらから/

まとめ

独自ドメインでブログを展開するポイントは、このようにまとめられます。

  • 記事のテーマがサイトテーマと合致していて、一定水準以上の品質であることが条件
  • コンテンツやリンクなどの資産が自社ドメインに蓄積されるという点でSEO上推奨できる
  • ただし薄いコンテンツ、関連性の低いコンテンツの量産はSEOには逆効果なので注意

 

外部の無料ブログサービスでブログを展開するポイントは、このようにまとめられます。

  • 本体ドメインと切り離されているため、品質やテーマにそこまでこだわる必要がない
  • コンテンツやリンクなどの資産は自社ドメインに蓄積されないためSEOの観点での投資対効果は低い
  • ブログサービス内に存在するユーザー、機能、コミュニティなどを最初から活用できる利点はある

昨今の一般的な企業ブログのトレンドとしては、自社サイトそのものを、人が集まるメディアにしてしまおう(=オウンドメディア化しよう)という傾向が高まってきています。

以上、それぞれ場合によって善し悪しがあるものですので、こうしたことを参考に選択してみたらいかがでしょうか。

 


◎SEO戦略設計・運用コンサルティング
ナイルのSEOコンサルティングは戦略立案~運用改善~コンテンツ制作まで、コンサルタント・編集者がお客様に伴走し、全体を通して支援します。

ビジネスの成果に繋がるSEO450

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

SEO事例一覧へ


編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

100万UUのメディアから稼ぐメディアへ!「ARUHIマガジン」の進化

OGPとは?メリットや設定方法、効果的な3つのテクニックをわかりやすく解説

OGPとは?メリットや設定方法、効果的な3つのテクニックをわかりやすく解説

「コンテンツの品質向上」についてGoogleや欧州メディアが本格始動。4月のコンテンツマーケニュースまとめ

新着記事

就活企業リサーチ行動調査

【就活における企業リサーチ行動調査】

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

【完全ガイド】Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

サイト内検索

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。