SEOは自社でできる?SEO内製化のメリットや注意点を解説

公開日:
SEO
SEOは自社でできる?SEO内製化のメリットや注意点を解説

「SEOは自社では無理、専門の会社に任せなくては」と考えている人は多いのではないでしょうか。確かにその通りなのですが、自社でSEOを行うことは、不可能ではありません。課題を解決しながら移行を進めれば、自社内で完結するSEO、つまりインハウスSEOを実現することは可能です。

ここでは、自社でSEOを行うメリットや注意点、自社でSEOを実施するためのポイントを解説します。

自社でSEOを行うメリットは?

そもそもSEOとは、検索エンジンによる評価を考慮して、自社サイトのページを最適化する施策のことです。

SEOは高度な知識や技術に加え、Googleの検索アルゴリズムの更新にも即応できる体制が必要です。SEOには多くの作業があり、そのすべてを自社内で行うことは簡単ではありません。ただそれでも、自社でSEOを内製化することで得られるメリットは大きいのです。どのようなメリットがあるのか、具体的に確認していきましょう。

自社でSEOを内製化することで得られるメリット

メリット1 社内にSEOのノウハウを蓄積できる

SEOを外部委託し続けていると、いつまで経ってもSEOのノウハウを獲得することができず、社内の人材も育ちません。しかし、自社でSEOを行うことによって、ノウハウを積み重ねることができ、優れた人材を社内で育てることが可能になるのです。

SEOは広告と異なり、中長期的な施策ですので、人材育成を行うことで、継続的にSEOを実施しやすくなります。

メリット2 外注費が削減できる

SEOを外部委託すると、当然ながら外注費がかかります。その額は施策の内容によって変わりますが、月額数十万円、時にはそれ以上ということも珍しくありません。しかし自社で内製化できれば、この外注費は不要になります。

ただし、自社でSEOを行うことで、社内の人件費は想定しておくべきです。外注費と社内の人件費、どちらが費用対効果が高いのかは検討しておきましょう。

メリット3 臨機応変にSEOを実施できる

SEO施策は、マーケッターをはじめデザイナーやエンジニア、ライターや編集者など、多くのスタッフとの共同作業です。

これらのスタッフをすべて社内でまかなえれば、それだけSEOを実行するフットワークが軽くなります。消費者の興味や市場のニーズが変動したり、Googleの検索アルゴリズムがアップデートしたりと、大きな変化が起こったときでも、臨機応変なSEOが可能になります。

メリット4 専門性の高いコンテンツを作りやすい

SEOにおいてコンテンツを制作する場合、専門性を持った人材が、直接情報発信できるというのもメリットです。自社の商品やサービス、顧客の属性、さらに業界の事情も熟知した自社スタッフがSEOまで手がけることで、情報の信憑性が高まり、ユーザーにとって有益な情報を効率良く届けられます。

自社でSEOを行うには?

SEOの作業は範囲が広いこともあり、すべてを一気に内製化するのは難しいことです。現在SEOを外部委託しているなら、段階的に内製化していくことで、自社でのSEOを目指すことができます。

例えば、SEOを意識したコンテンツ作成を、内製化することは検討してもいいでしょう。メリットでもご紹介しましたが、自社商品や顧客層の特性などを熟知している社内メンバーがコンテンツを作れば、ユーザーにとって価値ある内容になっていきます。ただし、編集者やライターといった専門的な経験のあるメンバーが必要になりますので、コンテンツ制作の体制構築にも注意が必要です。

なお、ナイルでは、SEOの外部委託だけではなく、インハウス化の支援も行っています。インハウスSEOを実現するために、ナイルでは下記の4つのステップに分けて進めてまいります。

■インハウス化のための4つのステップ

STEP1 スケジュールを設定する
STEP2 インハウス化の課題を明確にする
STEP3 予算を確保する
STEP4 担当者をアサインする

自社でのSEOのためにサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

自社でSEOを実施できる企業の条件とは?

さて、自社でSEOを行うにあたって、どんな企業が向いているのでしょうか。自社でSEOを行う条件がいくつかありますので、それぞれ確認していきましょう。

SEOの専任者がいること

SEO業務は、とても多くの作業をこなさなくてはなりません。他の業務とSEO業務を兼任するとなると、SEOの内製化の実現が遠のいてしまうことも考えられます。「自社でSEOを実施するんだ!」という確固とした意志があるなら、専任のSEO担当者を置くべきでしょう。

SEOの重要性が社内で理解されていること

SEOが自社のビジネスにどのように貢献するのか、どのようなメリットがあるのか、こうしたSEOの重要性が、社内で理解されていることは大切です。特に経営層の理解は、必須となります。SEOの内製化のために、担当者のジョブローテーションを調整したり、SEO専任のスタッフを配置したりすることは、経営層の理解なしには実現できません。

状況によっては、SEO内製化への道筋をトップが示し、社内の理解を得ていく、という行動も必要でしょう。

積極的にSEOの情報収集を行うこと

自社でSEOを行う場合、「外部からの情報収集は不可欠」です。SEOの専門会社に外注するのであれば、最新情報や他社での事例などの情報共有が行われます。しかし、自社だけでSEOを行う場合は、情報収集も自社で動く必要が出てきます。だからこそ、外部からの情報収集を積極的に行わなくてはなりません。

SEOに関する国内外の情報をチェックしながら、関連するウェビナーには積極的に参加して交流を図ってみてもいいでしょう。

自社でSEOを行う際に活用したいツール8選

自社でSEOを行うにあたって、ツールの活用は必須です。無料ツールを中心に、有料ツールも合わせてご紹介いたしますので、チェックしてみてください。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。有料の上位版もありますが、まずは無料版で問題ないでしょう。サイトを登録しておくと、訪れたユーザーの人数や使用デバイス、直前の経路など、数多くのデータを抽出できます。

SEOを行うには、なくてはならない基本ツールです。

Googleアナリティクス

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Google Search Console

Google Search Consoleは、ユーザーがサイトを訪れる前の行動を情報として確認できるツールです。登録したサイトのページが、どのようなキーワードで検索されたか、何回表示されたか、クリック数やクリック率はどれほどあるのか、チェックできます。

Googleアナリティクスとともに、こちらもSEOには欠かせないツールです。

Google Search Console

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが用意しているキーワード調査ツールです。自社の商品・サービスに関係の深い言葉を入力すると、キーワードの候補が提案され、それぞれに検索ボリュームや競合性、Google広告での入札単価などが一覧表示されます。

無料で使えますが、Google広告に一定額以上の広告出稿をしないと、詳細なデータが得られない仕組みになっていますので注意が必要です。

Googleキーワードプランナー

Googleトレンド

Googleトレンド

Googleトレンドは、検索キーワードの検索回数を測定し、その推移を追跡するツールです。文字通り、検索キーワードの変化からユーザーのトレンドの動きを読み取ることができます。自社サイト内で対策済みのキーワードの検索ボリュームを調べて見直しを図ったり、急上昇しているキーワードに合ったコンテンツをタイムリーに用意したり。キーワードに関するさまざまな調査を行うことで、対策を施すことができます。

Googleトレンド

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、関連キーワードを調査してくれるツールです。特定のキーワードを入力すると、Googleでサジェストとして表示されるであろうキーワードや、実際に表示されているキーワードを抽出します。

また、「YAHOO!知恵袋」と「教えて!goo」を検索し、入力したキーワードに関連する質問投稿をピックアップしてくれます。ユーザーがどのような情報を欲しがっているのかをチェックできるツールです。

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

ahrefs(エイチレフス)

ahrefs

ahrefsは、被リンク調査ツールとして知られています。競合サイトの調査分析、SNSで話題になっているコンテンツの調査、特定キーワードによる検索ボリュームの調査など、幅広い機能を備えています。2021年7月の時点では有料版のみですが、ライトプランが99ドル、スタンダード179ドルと、導入のハードルは高くはありません。

ahrefs

SEMRush(セムラッシュ)

SEMRush

SEMRushは、オールインワンツールで、幅広い機能がバランスよくまとめられています。専門のSEO会社であれば、特定の機能に特化したツールを使い分けることが一般的ですが、自社でSEOを行うのであれば、必要な機能が高レベルでまとめられているSEMRushひとつで十分でしょう。世界的にはスタンダードなSEOツールです。

SEMRush

GRC(ジーアルシー)

GRC

GRCは、自然検索によるサイトの表示順位を測定してくれるツールです。チェックしたいサイトのURLと、特定のキーワードを登録しておくだけで、日々の検索順位を測定できます。サイトURLだけでなく、順位がついているページを表示することもでき、さらに競合サイトの順位も追跡可能です。

GRC

【完全版】おすすめSEOツール16選!コンサルタントが活用法を解説

自社SEOへ向かって、一歩ずつ着実に

SEOは専門性の高い業務であり、内製化するには解決すべき課題がいくつもあります。しかし、決して不可能なことではありません。

ナイルでは、SEOを委託していただくことはもちろん、セミインハウス、さらにインハウスSEOへ向かうためのサポートも行っています。状況をヒアリングした上で、インハウスSEOの実現に向けて何が必要なのか、どのように進めればいいのか、ご提案させていただきます。ぜひ一度、ご相談ください。

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

関連記事

クローラーとは?SEOにおける6つのクローラーを意識すべきポイント

クローラーとは?SEOにおける6つのクローラーを意識すべきポイント

単発のSEOコンサルの費用相場

SEO対策の費用相場を解説!依頼時にチェックするべきポイントとは?

titleタグなどのキーワード最適化は「ページの内容」ではなく「検索する人」に合わせて言葉を書く

新着記事

SEOは自社でできる?SEO内製化のメリットや注意点を解説

インハウスSEOの成功事例5選!どのような成果が出たかを解説

アフィリエイトリンクはGoogle検索エンジンから隠すべき?

サイト内検索