スラッグって何?WordPressでの設定方法と少しSEOに効くポイント

公開日:
スラッグって何?WordPressでの設定方法と少しSEOに効くポイント

ウェブサイトを編集するときにWordPressを使用している人が多いと思います。WordPressでページを投稿するとき、「スラッグ」という言葉をよく目にすることでしょう。スラッグは、適切に設定することでSEOの向上が期待できるなどのメリットがあります。

今回の記事では、スラッグの意味から設定する上でのポイントまで解説していきます。 そして、SEOをより深く解説している贅沢な3点資料セットもご用意していますので、ぜひ併せてご覧ください(以下よりダウンロード無料です!)。

\プロのノウハウを詰め込みました!資料ダウンロードはこちらから/

スラッグって何?

スラッグとは、URLの一部分の文字列のことで、自由に設定できるものを指します。

カテゴリーごとに設定するスラッグと各ページに設定するスラッグとの2種類があります。

スラッグ

例えば、「https://www.seohacks.net/service/seo-consulting/」というURLのうち、「/service/」がカテゴリーに付けられたスラッグ、「/seo-consulting/」がウェブページごとに振ることができるスラッグになります。

スラッグを設定していない場合、カテゴリーもページもデフォルトで割り振られたID番号が設定されます(弊社の例では、工数の関係でページごとにスラッグを割り振っていないため、IDが振られています)。

スラッグとパーマリンクは何が違う?

パーマリンクとは、ウェブサイトの各ページに対して個別に与えられているURLのことを指します。

スラッグはURLを構成する一部の文字列であることに対して、パーマリンクは各ウェブページの全URLを指します(固定リンク)。本ページであれば、「https://www.seohacks.net/blog/14089/」がパーマリンクです。

パーマリンクは「Permanent Link(=恒久的なリンク)」の略称で、ウェブページが増えても恒久的に変わることのないリンクであることからこの名前がついています。ただ、パーマリンクを付けるルールをWordPressの管理画面で設定できるため、いつでも変更が可能です。

パーマリンクはURLそのものを、スラッグはURLの中の自由に設定できるテキストと理解するとよいでしょう。

スラッグを設定するメリット

スラッグの設定は、そのページの内容を端的に表した単語にすることをおすすめします。

誰にとってもURLを見ただけで「何について書かれたウェブページなのか」おおよその見当がつくものにしましょう。ここでは、わかりやすいスラッグを設定するメリットを挙げていきます。

スラッグ

ユーザーにとってわかりやすい

スラッグがページの内容を簡潔に表していれば、ユーザーはURLを見ただけで自分の求める情報があるかどうかを瞬時に見極められるためクリックしやすくなります。

Googleの検索結果では、ウェブページのタイトルやページの概要を記述したディスクリプションに加えて、URLも表示されます。検索結果で表示できる情報量には限りがありますから、活用できるものはできるだけ活用しておきたいところです。

検索エンジンのクローラーにとってわかりやすい

スラッグをわかりやすい文字列で設定すればクローラーの内容理解を助けることになります。

Googleなどの検索エンジンは、「クローラー」と呼ばれるロボットが世界中のウェブサイトを巡回して内容をチェック・評価し、検索結果の順位を決めています。クローラーはさまざまな観点でページ内容を把握していますが、URLもその1つだからです。

ただし、クローラーがURLをチェックしてページ内容を把握するのは、初めてクロールしたときだけです。そのため、スラッグによく検索されているキーワードを入れ込んでおけば評価が上がるわけではありません。

管理者にとって手間が省けるので便利

スラッグをわかりやすいものにしておくと、管理者にとっても便利です。

GoogleサーチコンソールなどでページごとのPV数や順位を確認することがありますが、リストにはスラッグが表示されます。このとき、スラッグが自動的に割り振られた文字列だと一見して何のページかわかりにくく、ウェブページを開いて中身を確認する手間がかかります。

もちろんページが増えれば増えるほど、確認は困難になるでしょう。その点、内容を簡潔に示したスラッグが振られていれば、ウェブページが増えていっても各ページの内容把握は容易になるので日々の管理や改善がスムーズに行えます。

スラッグを設定するときのポイント

スラッグは適切に設定することで、SEOに効果があるなどのメリットがあります。

SEO効果が期待できる設定ポイントを覚えておきましょう。

スラッグは英数字のみで構成する

スラッグは日本語で設定することもできますが、基本的には英数字で表記するようにしましょう。

日本語でスラッグを設定すると、URL化するときに手間がかかります。URLとして使用できない文字や記号を使用可能なものに自動的に変換する「URLエンコード」という処理がかかり、長大な文字列に置き換わってしまうのです。

スラッグはなるべく少ない単語数でシンプルに

スラッグはできるだけ簡潔で、わかりやすい単語1語で表記するよう心がけましょう。

WordPressでは、ウェブページのタイトルがスラッグになるようデフォルトで設定されています。日本語表記を避け、英数字で記述できるようタイトルを英訳したり、ローマ字表記にしたりすると長い文字列が出来上がります。

長い文字列では、ユーザーの視認性が当然落ちてしまいます。ウェブページの内容を象徴する端的な言葉を考えたスラッグで設定しましょう。スラッグをどうしても1語で収められない場合は、単語を「-」(ハイフン)でつないで表記すると見やすく仕上げられます(「_」(アンダースコア)も可能ですが、Googleはハイフンを推奨しています)。

参考:シンプルな URL 構造を維持する(Google 検索セントラル)

スラッグには検索キーワードを盛り込む

スラッグに検索キーワードを盛り込むと、ユーザーにもSEOにも効果的です。

理由は、検索エンジンのクローラーが初めてウェブページを巡回するとき、URLをチェックしてページ内容を理解する材料にするとされているからです。

また、ユーザーにとっても、自分が検索したキーワードや関連するキーワードがURLに入っていれば、求める情報のあるページかもしれないと感じてクリックしやすくなります。

ただし、無理に検索キーワードを入れようとしてスラッグが長くなってしまったり、一見して読み取りにくくなったりしてしまっては逆効果なので、できる範囲で心がけてみてください。

スラッグは重複しないように注意する

スラッグを設定する上での基本的なことですが、異なるページで同一のスラッグを設定することはできません。

スラッグが重複すると、自動的にスラッグの末尾に枝番号が振られるのでURLを構成すること自体はできます。

しかし、URLだけを見たユーザーには枝番号1と2の違いは何なのかがわからないため、スラッグを設定するメリットがありません。設定する際は重複しないようにしましょう。

\サイトリニューアルで気をつけるべきポイントはこちらから/

スラッグの設定方法

ここではスラッグの設定方法を、ウェブサイトのエディタとして多く使われているWordPressを例に説明していきます。

投稿ページ・固定ページのスラッグを設定する方法は?

WordPressでは、頻繁に更新する「投稿ページ」(ブログやニュースなど)と、基本的には更新しない「固定ページ」(会社概要や運営者プロフィールなど)があります。

投稿ページでも固定ページでもスラッグの設定の仕方は同じです。WordPressダッシュボードにログインして、画面左にあるメニューから「投稿」>「投稿一覧」と進み、該当ページの編集画面を開きます。

編集画面上部のタイトル欄直下にある「パーマリンク」欄の「編集」ボタンをクリックすると、スラッグに任意の文字列が入力できるようになります。

「パーマリンク」欄が表示されていない場合は、編集画面右上にある「表示オプション」をクリックして、「ボックス」内の「スラッグ」にチェックを入れてください。

なお、WordPressの新しいエディタであるGutenberg(グーテンベルク)の場合は、編集画面の右側のメニューにある「パーマリンク」を開くと、スラッグを入力できるボックスが表示されて設定できます。

カテゴリーのスラッグを設定する方法は?

カテゴリーの各種設定は、画面左側のメニューから「投稿」>「カテゴリー」をクリックし、「カテゴリー」ページに移動します。

編集画面内の「新規カテゴリーを追加」欄で、カテゴリー名とスラッグが設定可能です。画面右側には、これまで作成したカテゴリーの名前や説明文、スラッグが一覧表示されます。既存のカテゴリーのスラッグを変更したい場合は、カテゴリー名をクリックすると表示される編集画面で変更可能です。

スラッグを設定したら変更しないこと!

スラッグはいつでも変更することができますが、変更してしまうと以前のURLでは404エラーが出てアクセスできなくなってしまいます。

スラッグを予告なく変更してしまうと、ブックマークして何度もページを閲覧しているユーザーやSNSで過去にシェアされたURLをクリックしたユーザーがアクセスできなくなってしまいます。

また、URLが変わることによって、これまでの検索エンジンからの評価がリセットされてしまい、検索結果の表示順位が下がる恐れもあります。ユーザーはもちろん、ウェブサイトの運営にとってもデメリットが大きいため、スラッグをみだりに変更することは避けましょう。

スラッグを設定しよう

スラッグの設定は、メディア運営をスタートするタイミングでぜひ検討しましょう。

後から変える場合には、リダイレクトの設定が必要になり、サイト構造が複雑になってしまいがちです。サイトを分析する際やユーザビリティのためにもスラッグを設定をおすすめします。

スラッグ設定を含めたウェブページ構築をお考えの場合は、ぜひナイルへご相談ください。

無料のご相談はこちらから

また、ナイルでは、サイトリニューアルでSEO上、気をつけるべきポイントをまとめた資料をご用意しております。

  • なにか重大なことを見落としていないか...
  • リニューアル後、サイトのパフォーマンスが落ちたらどうしよう...

とサイトリニューアルでは、ハラハラすることも多いかと思います。だからこそ正確な情報を把握することが必要です。資料の具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

meta-description(メタディスクリプション)の基本を解説!

meta description(メタディスクリプション)の基本を解説!/SEOで押さえたい6つのポイント

代替テキストとは

代替テキストとは?SEOに効果的な画像・動画のalt属性の書き方について

自然検索

【初心者向け】自然検索とは?どうすれば流入を増やせるのかを解説

新着記事

岸 穂太佳が執筆した『現場のプロが教える! BtoBマーケティングの基礎知識』発売中!

ecサイト

ECサイトとは?実際の運営ポイントまで解説

スラッグ

スラッグって何?WordPressでの設定方法と少しSEOに効くポイント