パーマリンクとは?SEOへの影響や注意点について解説

更新日: 公開日:
パーマリンクとは?SEOへの影響や注意点について解説

パーマリンクとは、各ページに対して個別に与えられているURLのことです。基本的にパーマリンクの内容は直接SEOに影響はありませんが、視認性という観点では重要なものとなります。

ここでは、パーマリンクのSEOへの影響や注意点について解説します。

この記事のポイント

  • パーマリンクは、各ページに対して個別に与えられるURLのこと
  • パーマリンクは順位に影響しないが、ページの内容が分かるURLを設定したほうが望ましい
  • ページリリース後にパーマリンクを変更すると、リダイレクトを設定しない限り、外部リンクからアクセスできなくなるデメリットも

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

パーマリンクとは

パーマリンクとは、ウェブサイトの各ページに対して個別に与えられているURLのことです。つまりURL自身のことになります。パーマネントリンク(Permanent Link)の略で、ページが増えても恒久的に変わることのないリンクであることから、固定リンクとも呼ばれます。

permalink

パーマリンクとSEO

結論からいうと、基本的にはパーマリンクは検索順位に影響を与えません。

しかし、検索結果画面に表示されるときに、IDで書かれているよりもページ内容がわかるように書いていたほうがいいと言われています。下記の2つのURLで説明していきます。

https://www.seohacks.net/?=12345
https://www.seohacks.net/seo/

前者は、なにやら数字が書かれていますがそこからページの内容はわかりません。一方、後者であればSEOについて書かれたページであることが容易に理解できると思います。

ウェブページがどんなコンテンツを持っているか一目でわかることは、ユーザビリティの向上に繋がるため、Googleは後者のように人間が見て理解できるようなURLを推奨しています。
URL構造

特にワードプレスだと、デフォルトのパーマリンクが前者のようなID形式になっているため注意が必要です。

と、ここまで読まれた方は「おいおいこのサイトはID表記のURLじゃないか!」と思われたのではないでしょうか。

まさにその通りで、弊社は現在はID表記のURLを用いています。これは管理上ID表記のURLが都合が良かったことと、シェアされる際には多くのプラットフォームで、OGPが表示されるため視認性は一定あるだろうという考えの元、この実装にしています。

とはいえ、テキストベースでURLのやり取りをする際には、すぐに記事の内容がわからないこともあるため、この点に関しては、SEOのベストプラクティスではないとも言えます。

しかし、上記の通り、パーマリンクの内容自体は順位に影響はありませんので、皆様も「理想的なURLは見てすぐ分かるもの」という前提の元、自社にあったURLの形を選択してみてください。

日本語URLはSEOに有利か?

結論から申し上げると、日本語URLだからと言ってSEOへの効果が有利になることはありませんし、不利になることもありません。

ただ、日本語URLは、コピー&ペーストした際に英数字と記号が羅列されるURLになってしまい、文字数が多くなってしまったり、分析を行う際にも若干やりにくさを感じたりと、特に理由がないのであればわざわざ日本語URLを使用しなくてもいいと考えています。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

パーマリンク設定のポイント

パーマリンクを設定するにあたって、どのような点に気をつければいいのでしょうか。ポイント別に解説していきます。

パーマリンクで使える記号を用いる

サイトを開設してコンスタントに更新を続けていくと、記事数やページ数が多くなってきます。「パーマリンクに2つ以上の意味を持たせたい」という場合が出てくるかもしれません。

そんなときは、パーマリンクに記号を用いる方法があります。パーマリンクでは、英数字の他に「-(ハイフン)」と「_(アンダーバー)」の使用が可能です。うまく活用して「company-picture」「company_history」のようにパーマリンクの設定を行いましょう。

ニュース記事にはパーマリンクで日付を入れる

ニュース記事のように、いつその記事が書かれたかが重要な場合は、パーマリングに日付が入れる設定にしておくといいでしょう。URLに日付が入っていれば、SNSでシェアされたときにも、いつ書かれたのかが一目瞭然です。

会社のコーポレートサイトは投稿名で設定する

会社のコーポレートサイトであれば、パーマリンク設定は「投稿名」を選択してもいいでしょう。会社概要のページであれば「/company/」、社史のページであれば「/history/」、サービスの紹介は「/service /」などに設定しておくと、URLから内容をイメージできるので、ユーザーにも親切です。

ECサイトはカテゴリ名で設定

ECサイトやショッピングサイト、情報サイトなどの場合は、カスタム構造を用いて、カテゴリ名でパーマリンクを設定しておくと、管理しやすく、かつユーザーにもわかりやすいです。

ただし、注意点として、パーマリンクをカテゴリ名で設定した場合に、あとでカテゴリが変更されると、URLも変わってしまいます。パーマリンクの設定は途中で変更すると、SEOにおいて不利になり、管理も難しくなります。サイトの設計時点で、カテゴリを固めておくようにしましょう。

個人ブログは投稿名で設定する

個人ブログの場合は、パーマリンクは「投稿名」にしておくと、任意の文字列に設定が可能です。例えば、スポーツに関する記事であれば「/sports/」、読書に関する記事であれば「/book/」などのように設定します。

パーマリンク設定方

パーマリンクの設定方法はいくつかあります。WordPressを用いた場合に、どうやって設定するのか。それぞれ説明していきます。

WordPressの「パーマリンク設定」を変更する

WordPressの初期設定で、管理画面からパーマリンクをデフォルトから変更することができます。まず、管理画面のメニュー画面で「設定」を選択。パーマリンク設定をクリックします。

初期設定のパーマリンクは「日付(投稿日)と記事タイトル(投稿名)」になっているので、適切なものを選択して設定を変えましょう。

投稿時にパーマリンクの設定・変更する

WordPressの投稿する際に、編集画面でパーマリンクの修正を行うことも可能です。記事を書いたら、いったん「下書き保存」を行い、その後に、パーマリンクの設定および修正を行ってください。

パーマリンクを初期段階で設定すべき理由

パーマリンクの設定でとても大切なのは「初期段階で設定する」ということです。ページリリース後に、パーマリンクを設定すると、下記のようなデメリットがあります。

他のWebページからのリンクが無効になる

「パーマリンクを設定し直す」ということは、これまで公開していたウェブページのURLが変更されてしまうということです。もし、サイトが紹介されていた場合や外部リンクをもらっていた場合、そのリンクを経由したアクセスができなくなってしまったり、ページランクが反映されなくなったりします。被リンクが外れてしまうと、検索エンジンからの評価も大きく下がってしまい、SEOにもマイナスの影響を与えることになります。

この問題は301リダイレクトなどのリダイレクトで解決できますが、なるべく途中で変更せずに済むように、各ページにどのようなパーマリンクをつけるかは、サイトの制作段階で意識するようにしましょう。

ドメインのSEO評価がリセットされる

パーマリンクを後から変更すると、「別ページ扱い」になります。そのため、これまで積み上げてきたドメインのSEO評価がリセットしてゼロになってしまいます。

また、SEOの文脈とは少し外れますが、Facebookのいいね!やtwitterでのシェア数といったソーシャルカウントもリセットされてしまいます。

「パーマリンクは途中で変更はしない」という前提を頭において、初期設定の段階で、パーマリンクを設定するようにしましょう。

なお、ナイルでは、集客だけではなく成果につなげるためのSEOコンサルティングが可能です。自社でSEOを実施するインハウスSEOに向かうためのサポートもできますので、ぜひ一度、ご相談ください。

\SEOの疑問がある場合は、ぜひご相談ください!/

また、SEO成功事例・法則資料をまとめた資料もご用意しております。

  • SEOの基礎知識
  • 効果的なSEO戦略の立て方
  • キーワード戦略の考え方
  • ナイルのコンサルティングサービスのご紹介

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

オーガニック検索とは?検索結果上での自然検索枠と広告枠の違い

オーガニック検索とは?検索結果上での自然検索枠と広告枠の違い

確実に成果を出すためのSEOの方程式

SEO HACKSブログ記事のキービジュアル

SEO施策を実行する前に必ず確認しておきたい3つのポイント

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索