オウンドメディアでSNSを活用するには?集客のためにそれぞれの特徴を紹介

更新日: 公開日:
オウンドメディアでSNSを活用するには?集客のためにそれぞれの特徴を紹介

オウンドメディアまでユーザーを導くためにSEOは不可欠ですが、集客のために活用しておきたいのがSNSです。

ここでは、SNSを使ったオウンドメディアへの集客について解説していきます。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

オウンドメディアとSNS、それぞれの特徴は?

まずはオウンドメディアとSNSについて、確認しておきましょう。オウンドメディアは、企業がコントロールしやすいメディアですが、単体では拡散力に優れているわけではありません。

SNSとは、Social Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)の略称で、FacebookやInstagram、Twitterなどがよく知られています。ユーザー側から情報が発信され、非常に拡散力に優れたメディアです。オウンドメディアとSNSを併用して、うまく活用すれば、強力なPR効果につながります。

オウンドメディアにおけるSNSの活用ポイント

オウンドメディアへの集客にSNSを活用する際には、いくつかのポイントがあります。SNSの注意点を踏まえて、SNSを活用するためのポイントを確認していきましょう。

オウンドメディア SNS

運用体制を整える

SNSを継続的に投稿していくのには、人的リソースがかかります。単にコンテンツを投稿するだけではなく、内容をチェックしたり、何かあった時には迅速な対応をとったり、やるべき業務は決して少なくありません。

また、成果につなげるには的確な効果検証が不可欠です。定量的に測れる指標はモニタリングしなければなりませんし、社内で「投稿→チェック→モニタリング」を無理なくできるように、運用体制を築く必要があります。

運用方針に沿って進めていく

SNSでは投稿頻度が重要となりますが、闇雲に投稿を繰り返すのではなく、目的やターゲットを決めたうえで、コンセプトに沿った運用が必要です。内容に統一性がなく、バラバラなテーマの投稿になっていては、ユーザーの心をつかむことができません。

また「認知度アップが目的なのに、集客を図る投稿しかしていない」など、目的と投稿内容のミスマッチも避けたいところ。一貫性のある運用を行うようにしましょう。

コミュニケーションに細心の注意をはらう

拡散力に優れたSNSですが、外部に広がっていくのはポジティブなものばかりではありません。不用意な投稿をすることによって、瞬く間にブランド力を損ない、評判を落としてしまう危険性もはらんでいます。仮に投稿を削除しても、スクリーンショットなどでデータは残ってしまいます。ユーザーとの距離も近いがゆえに、言葉遣いなどにも注意をはらい、発信内容のチェックは怠らないようにしましょう。

SNSをオウンドメディアへの集客にどう活かすか?

SNSによるオウンドメディア集客を行う場合、SNSの特性をしっかり把握する必要があります。オウンドメディアの運用方針にマッチしたSNSを選択すべきです。

主要なSNSの特性について紹介していきますので、参考にしてみてください。

Facebook:ビジネスパーソンにリーチしやすい

Facebookの特徴は、実名登録を原則としている点にあります。日本ではほかのSNSと比較してユーザーの年齢層が高いことも特徴で、30~50代の利用が多く、10代の利用率が低くなっています。実名の信頼性も相まって、ビジネスパーソンにリーチしやすく、いわゆる「炎上しづらい」SNSといえるでしょう。

企業がFacebookアカウントを取得していることが多く、プレスリリースをはじめ、フォーマルな情報発信や企業広報に活用される場面も多くみられます。

Twitter:拡散力に優れている

Twitterは、記事のシェア機能である「リツイート」が備わっており、即時性が非常に高く、拡散力は他のSNSと比較しても大きいといえます。ハッシュタグ機能により、自分の投稿が何に関する内容なのかをアピールしやすく、気軽に意見や好みを主張することも可能です。ユーザー層も10~40代が中心と幅広くなっています。

拡散力が高いということは、ネガティブな情報が広まりやすく、「炎上しやすい」SNSであることには注意が必要です。

Instagram:ビジュアルに訴えることができる

画像を共有することを主眼に置いたSNSがInstagramです。「インスタ映え」という言葉に象徴されるようにビジュアル意識の高いユーザーから支持を集めています。もともと若年層、特に10~30代の女性利用率が高いSNSでしたが、近年では40代以上にも浸透し、男性の利用率も増加傾向にあります。

また、投稿画像にタグをつけられる機能により、例えば紹介した商品をそのまま購入ページへ誘導することも可能です。見た目を重視した飲食やファッション、住宅リフォーム業界などの情報発信に適していますし、インフルエンサーを活用したマーケティングも実施しやすいSNSです。

自社のSNSアカウントを育てよう

SNSの特性をしっかり理解して、的確に運用すれば、オウンドメディアの集客につなげることができます。「どの時間帯に投稿するか?」「どれくらいの頻度で投稿するか?」を意識すると、より良いユーザーアクションを促すことが可能です。試行錯誤しながら、自社のSNSアカウントを育てていってください。

ナイルでは、オウンドメディアでよくある課題と解決策をまとめた資料もご用意しております。

  • 1.成果を評価できない
  • 2.質を担保できない
  • 3.ネタ切れしてしまう
  • 4.人手不足・スキル不足

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

オウンドメディアとは

【図解】オウンドメディアとは?基礎から作り方までわかりやすく解説

記事の外注のメリット

記事の外注のメリットは?依頼時に気をつけるべき点も解説

メジャーリーグ行きが決まった大谷翔平選手に学ぶ「急がば回れ」

新着記事

本日のSEOニュース(2021年11月24日収集分)

noindexとcanonicalの併用に関して

本日のSEOニュース(2021年11月18日収集分)

コアアップデート実施(November 2021 Core Update)

オウンドメディア 企画書

オウンドメディアの企画書を通すには?社内プレゼンのポイントを解説

サイト内検索