インプレッションの意味とは?計算方法やSNSでの概念を解説

更新日: 公開日:
インプレッションの意味とは?計算方法やSNSでの概念を解説

インプレッションとは、Web広告がブラウザ上でユーザーに表示された回数を指す言葉です。また、TwitterやFacebookといったSNSでは、広告だけではなく、通常の投稿の表示回数を指す場合があります。

ここでは、インプレッションの概要や計算方法のほか、インプレッションとPV、リーチの違いについて解説します。

この記事のポイント

  • インプレッションは、Web広告がブラウザ上でユーザーに表示された回数
  • ユーザーが見た1ページに2つの広告が掲載されると、2インプレッションとなる
  • TwitterやFacebookといったSNSでは、広告だけではなく、通常の投稿の表示回数を指す場合もある

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

インプレッションとは

インプレッション(impression)とは、ある広告がブラウザ上でユーザーに表示された回数を指す言葉です。そして実際に表示された回数をインプレッション数といいます。

また、TwitterやFacebookといったSNSでは、Web広告だけではなく、通常の投稿の表示回数を指す場合もあります。

なお、サーバーに広告の表示を要求することをリクエストと言いますが、リクエスト中(表示途中)でユーザーがページから離脱してしまうと実際にはそのページが表示されていないことになるため、リクエストとインプレッションは厳密には区別されます(リクエスト数をインプレッション数と表示してしまう広告配信システムもあります)。

インプレッションとPV、リーチの違い

インプレッションと類似した数字に、PV(ページビュー)があります。PVはページの表示回数を指す概念で、あくまでも単位はページです。一方、インプレッションは、ページに表示されている広告あるいは投稿の掲載数を表します。

単位は、ページではなくページあたりに表示される広告あるいは投稿の数です。例えば、ユーザーが1ページを見たら1PVですが、そのページに広告が2つある場合には2インプレッションとなります。

また、リーチもインプレッションと混同されやすい言葉です。リーチとは、広告または投稿がディスプレイ上に表示されたユーザー数を表します。

インプレッション、PV、リーチ、どれもよく使われる数字になりますので、その違いをしっかりと把握しておきましょう。

 

インプレッションの計算方法

一般的にインプレッションを算出するにはPV(ページビュー)×そのページあたりに表示されている広告掲載数」という式を用います。

例えば、ページビュー数が10で、そのページで表示されている広告掲載数が2つだった場合には、掛け算をしてインプレッション数は20となります。

ただし、メディアによってはインプレッションの定義が、広告がどのくらい表示されたかによって変わるため、出稿先のインプレッションの定義の確認が必要です。

インプレッションの計算方法

SNSにおけるインプレッション

TwitterFacebookなどのSNSでも、インプレッションという言葉が使われます。それぞれのメディアごとのインプレッションの定義について説明します。

Twitter

Twitterは、140字制限でツイート(つぶやき)を投稿するSNSです。ユーザーは投稿を読みたいと思ったユーザーをフォローすると、その人のツイートが自身のタイムラインに流れてきます。もちろん、自分自身がフォローされることもあり、中には数十万人ものフォロワーを抱えるインフルエンサーも存在します。

Twitterにおけるインプレッションとは、自分の投稿(ツイート)がほかのユーザーに表示された回数になります。また、プロモーションツイートという形で広告を表示できますが、このプロモーションツイートがタイムラインに何回表示されたのかという数値として、インプレッションが使用されます。

もう一つ覚えておきたいのがエンゲージメントです。エンゲージメントとは、自分の投稿にほかのユーザーが「いいね」や「リツイート」といった反応をしてくれた回数のこと。

Twitterではリツイートやいいねをすることで、そのフォロワーをフォローしているユーザーのタイムラインにもツイートが表示されるという仕様になっており、これらの拡散効果は絶大です。リツイートやいいね自体の回数はインプレッションには含まれませんが、リツイートやいいねされることで結果としてインプレッションを大きく伸ばすことが期待できます。

Facebook

Facebookは、実名利用を基本としたSNSです。そのため、Twitterほどの匿名性がなく、職場や家族などリアルのつながりを反映した使い方になることが多いSNSです。

Facebookにおけるインプレッションとは、自分の投稿がほかのユーザーに表示された回数になります。また、Facebook広告では、ほかのユーザーに広告が表示された回数として、インプレッションが使用されます。ただし、広告全体が表示されないとインプレッションとして見なされず、管理画面の数値にも反映されません。

また、「いいね」や「シェア」されても、それはインプレッションには数えません。Twitter同様にいいねやシェアされることで、投稿がほかのユーザーのタイムラインに表示されることがあります。

Instagram

Instagramは、写真の投稿がメインとなるSNSです。TwitterFacebookとはユーザー層が異なるため、プラットフォームとしてもまた違った魅力があります。

Instagramにおけるインプレッションとは、TwitterやFacebookと同様に、自分の投稿がほかのユーザーに表示された回数になります。やはり「いいね」等はインプレッションには含めません。

プロアカウントに切り替えることで、「インサイトを表示」することができ、各投稿ごとのいいね!数やリーチ、エンゲージメントなどの詳しい反応を確認することができます。

また、Instagramでもタイムラインに広告を表示できます。「ストーリーズ」と呼ばれる24時間で消える短時間動画を投稿できるシステムが人気で、そこにも広告表示できます。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

SEOにおけるインプレッションとは?

SEOにおけるインプレッションは「検索結果への自社サイトURLの表示回数」を指すことが多いです。

Google Search Consoleで表示回数を確認することができますが、表示回数の定義は複雑なので、下記ヘルプを参考にしてください。

参考:表示回数、掲載順位、クリック数とは - Search Console ヘルプ

インプレッションを増やす方法

多くの場合、インプレッションを増やすことが広告を出稿する際の目的となります。インプレッションが増えるということは、それだけ認知が増えるということだからです。どうすればインプレッションを増やせるのか、2つの方法をご紹介します。

予算を増やすこと

手っ取り早いのは投入する予算を増やすことです。広告を掲載するメディアでは1インプレッションごとに単価を決めています。たとえばFacebookではあらかじめ予算を設定しておき、その予算分のインプレッションを達成したところで広告の表示が停止されます。つまり、予算をたくさんかければかけるだけインプレッションを増やせるのです。

キーワードを絞る

リスティング広告の場合は「検索キーワードを絞る」という方法が有効です。リスティング広告は入札制になっており、競合が多い人気のキーワードであるほど1インプレッションあたりの単価が上がります。

たとえば「レストラン」というキーワードは広告を表示したい企業が多いので、その分単価が高くなります。これでは限られた予算でインプレッションを増やすことが難しくなります。そこで、検索キーワードを絞ります。「レストラン 東京」というキーワードにすれば、東京以外の地方では競合が減るため、単価も下がります。「レストラン 東京 イタリアン」のようにもっと絞れば、さらに競合が減り単価を安くできます。費用対効果の高いキーワードを模索してみましょう。

適切なインプレッション数か分析すべき

1インプレッションでも、ターゲットに対して適切なメディアを用いた1インプレッションと、そうでない1インプレッションでは重みが変わってきます。

中高年をターゲットにした商材の広告出稿を、若年層向けのSNSに対して行っているのと、中高年がよく見るであろうニュースサイトに対して行っているのとでは、ターゲットに対する広告効果は異なってきます。

さらに、若者をターゲットにした商材でも、それがコスメやファッションなのか、就職活動用のリクルートスーツなのかでは、効果を出すための出稿先のメディアの選択肢は変わります。インプレッション数だけではなく、実際にそのインプレッション数が広告成果・売上にどう貢献しているのかが重要になります。

インプレッションは成果を測る上で重要な指標ではありますが、数ある指標の1つでしかありません。もしこうした指標に関して「何をKPIにおくべきなんだろう?」といった困りごとがございましたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。



SEO対策の全体像を知りたい方は以下の記事も読んでみてください。

検索エンジンの仕組み、リスティング広告との違い、技術要件、コンテンツ制作について1つ1つ解説しています。

関連記事

KGI・KPIとは?Webマーケティングにおける目標設定の方法を解説

CM 線引き

テレビCMの線引きとは?種類とチェックポイントを解説

GDPR(一般データ保護規則)とは?日本で対応する方法について解説

GDPR(一般データ保護規則)とは?日本で対応する方法について解説

新着記事

ホワイトペーパー ダウンロード

ホワイトペーパーのダウンロード数を伸ばす方法とは?

ホワイトペーパー 意味

ホワイトペーパーの意味は?営業資料との違いや種類を解説

リード 獲得 単価

リード獲得単価(CPL)とは?活用方法から改善のコツまで解説

サイト内検索