SEOの効果はどのように判断すればよいのでしょうか?

更新日:
SEO
SEOの効果はどのように判断すればよいのでしょうか?

メルマガバックナンバー第4回目、2021年8月20日送信分です。

メールマガジンで不定期に配信している回答を、一定期間の後にブログにバックナンバーとして掲載しております。

新規登録はこちらのフォームから無料で行なえます。

現在、ご質問はセミナーなどでいただいたものを回答しております。よろしければ、募集中のセミナーにどうぞお気軽にご参加下さい。

すぐに解決したい!というご質問は、こちらよりお問い合わせ下さい。弊社セールスメンバーがご対応させていただきます。

最新のSEOについて知りたい方はこちら

 


 

こんにちは!ナイルの青木です。

こちらのメールでは、「SEO内製化」に関する質問にお答えしたいと思います。

--------------
■今回のご質問

  1. SEOの効果判断基準が曖昧で難しく感じています。どのように効果を判断すればよいでしょうか?

--------------

質問1.SEOの効果判断基準が曖昧で難しく感じています。どのように効果を判断すればよいでしょうか?

回答:
自然検索流入経由で、目標の数値にどれだけ貢献したかという点を、シンプルに判断することがオススメです。

そして、そのためにはKPIをしっかりと設計し、サイトにどのような変数(指標)があるのかを可視化することも大切です。

KPIは、会社やサイトタイプ、規模、自然検索流入の重要性などによっても左右される部分ではありますが、

基本的には順位などの包括される指標ではなく、資料ダウンロード数や、購入数などの数値をKPIに設定し、

その数値を改善する指標としてセッション数、順位、CTRなどの指標を考えるといいと思います。

また、Webでのコンバージョンの後に、インサイドセールスなどが関与する場合は、有効商談化したユーザーの「自然検索流入」の割合を確認するのもSEOの効果測定に効果的です。

このように整理すると、SEOの成功にはCRO施策などのサイト改善が欠かせないことがわかります。
なかなかSEOの効果が出ていない!という方は、サイト改善にも改めて取り組んでみることを推奨します。

※ナイルではSEOだけでなく、サイト改善サービスもご提供しています。
ご予算が未定でも、お気軽にご連絡下さい!

今回の回答は以上です!

 


 

メルマガの登録はこちらからお願いします。週1~2通お役立ち情報を配信しています。

その他のメルマガバックナンバーはこちらからご覧になれます。

集客・コンバージョン数を増やしたい方へ

ナイルのSEOコンサルティングは流入数の改善はもちろん、売上に貢献するコンバージョンも増やします。予算未定でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい!

サービス紹介をダウンロードする

ナイルに無料相談する

ナイルのSEOコンサルティングサービスの詳細と実績はこちら

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

Googleがアルゴリズムを変更する目的とSEOの役割

サジェスト汚染とは?原因と対処法を紹介

【対策】サジェスト汚染はなぜ起きる?ネガティブキーワードの消し方を紹介

クローキングとは?意図せずにペナルティを受ける可能性を解説

クローキングとは?意図せずにペナルティを受ける可能性を解説

新着記事

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

動画で学ぶGA4

動画で学ぶWebマーケティング【Googleアナリティクス4/サイト分析編】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。