SEOの効果はどのように判断すればよいのでしょうか?

公開日:
SEO
SEOの効果はどのように判断すればよいのでしょうか?

メルマガバックナンバー第4回目、2021年8月20日送信分です。

メールマガジンで不定期に配信している回答を、一定期間の後にブログにバックナンバーとして掲載しております。

新規登録はこちらのフォームから無料で行なえます。

現在、ご質問はセミナーなどでいただいたものを回答しております。よろしければ、募集中のセミナーにどうぞお気軽にご参加下さい。

すぐに解決したい!というご質問は、こちらよりお問い合わせ下さい。弊社セールスメンバーがご対応させていただきます。




こんにちは!ナイルの青木です。

こちらのメールでは、「SEO内製化」に関する質問にお答えしたいと思います。

--------------
■今回のご質問

  1. SEOの効果判断基準が曖昧で難しく感じています。どのように効果を判断すればよいでしょうか?
--------------

質問1.SEOの効果判断基準が曖昧で難しく感じています。どのように効果を判断すればよいでしょうか?

回答:
自然検索流入経由で、目標の数値にどれだけ貢献したかという点を、シンプルに判断することがオススメです。

そして、そのためにはKPIをしっかりと設計し、サイトにどのような変数(指標)があるのかを可視化することも大切です。

KPIは、会社やサイトタイプ、規模、自然検索流入の重要性などによっても左右される部分ではありますが、

基本的には順位などの包括される指標ではなく、資料ダウンロード数や、購入数などの数値をKPIに設定し、

その数値を改善する指標としてセッション数、順位、CTRなどの指標を考えるといいと思います。

また、Webでのコンバージョンの後に、インサイドセールスなどが関与する場合は、有効商談化したユーザーの「自然検索流入」の割合を確認するのもSEOの効果測定に効果的です。

このように整理すると、SEOの成功にはCRO施策などのサイト改善が欠かせないことがわかります。
なかなかSEOの効果が出ていない!という方は、サイト改善にも改めて取り組んでみることを推奨します。

※ナイルではSEOだけでなく、サイト改善サービスもご提供しています。
ご予算が未定でも、お気軽にご連絡下さい!

今回の回答は以上です!




メルマガの登録はこちらからお願いします。週1~2通お役立ち情報を配信しています。

その他のメルマガバックナンバーはこちらからご覧になれます。

関連記事

ソフトウェア業界のWebマーケティングで気をつけたいSEOの考え方

国内の検索エンジンとSEOの歴史を振り返る(~2014年)

リダイレクトとは

リダイレクトとは?各リダイレクトの違いやSEO効果について解説

新着記事

マーケティング 集客

集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

ウェブ集客

ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

リスティング広告

リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

サイト内検索