CVRとは?コンバージョン率の意味と改善について

意味:CVR(コンバージョン率)とは

CVRとは、Conversion Rate(コンバージョン率)の略で、Webサイトに発生したアクセスのどれだけがサイトの成果=コンバージョンを達成したかの割合を表す指標です。(商品の購入や申込みなど、単なる閲覧から”転換(Conversion)”した具体的なアクションをコンバージョンといいます)

「CVR(コンバージョン率)=コンバージョン数 / 訪問数(セッション数)」で求めるのが一般的です。例えば、1000件のセッションで10件のCVを獲得した場合はCVRは1%となります。

CVRの重要性

CVRは、流入経路や商品カテゴリ単位、個別ページ単位といった分析単位ごとのパフォーマンスの良し悪しを表す指標です。ビジネスの成果を表すCVRの状況から、Webサイトで施策の優先度や施策を行うページを洗い出すことが出来ます。

 

例えば、下記のようなサイトがあったとします。

cvrの例

この時、商品カテゴリAのページで考えるべき施策は「セッション数を増やす施策」で、Bのページで考えるべき施策は「CVRを改善する施策」です。

AのページはすでにCVRが高いため、セッション数を増やせば増やした分だけ効率よく「コンバージョン数が増える=売上が上がる」ことが見込まれます。一方、Bのページは、Aと同じだけの流入があるにもかかわらず、コンバージョン数が相対的に少ないため、セッション数を増やしても絶対的なコンバージョン数はあまり増やせません。

そこで、Bのページでは、まず「どうすればCVRが改善するのか?」を考えるべきである、という方針を立てることができます。CVRはビジネスの成果につながる意思決定をするための、重要な指標なのです。

CVRを改善するにはどうすればいいのか?

サイトごとに何をコンバージョンとみなすかは異なるため、一概には言えませんが、改善の鍵となるのは「集客」と「接客」の改善です。

「集客の改善」は、「よりコンバージョンしやすいユーザーを多く集めること」を指します。SEOの観点でいえば、コンバージョンしやすいユーザーの特徴や、その行動フローを把握した上で、コンバージョンに近いタイミングの検索キーワードの順位を高めるなどの施策が考えられます。逆にSEOでの集客改善でありがちな落とし穴ですが、「コンバージョンから遠いユーザー」をむやみに集めても、ビジネスの成果には繋がらないため注意が必要です

「接客の改善」は、「訪問したユーザーがコンバージョンするように誘導すること」を指します。ランディングページのUIやリンク導線の改善を行ったり、チャットボットといった「Web接客ツール」を導入するといった施策が挙げられます。

まとめ

・CVRは、Webサイトに発生したアクセスのうち、どれだけがコンバージョンしたかを表す指標

・CVR=コンバージョン数 / 訪問数(セッション数)

・CVRの状況から、Webサイトで行う施策の優先度や方針を立てられる

・CVRを改善するには、集客・接客それぞれを改善する必要がある

SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。
SEOとは?SEO対策を検索エンジンの仕組みと絡めて技術要件、コンテンツ制作など詳しく解説

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。